FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

あたくしは「運がいい」とよく言われるのだが、その秘密を探ってみようかと思う試み04●嫉妬とかとの上手な付き合い方って実は単純だったりするよーな気がしてきた今日このごろ 

2015.12.23

とーじ!!!!

ってもう昨日ですが、当時ではなく冬至。

あたくし、ちゃんとかぼちゃ食べました!!!!! ゆず湯も入ったよ!!!!!

てなぐあいで本日も陶磁のごとくつややかなお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、まことにありがとうございます!!!!

なんかちょっとリニューアル?してから、ランキング参加してみたはいいものの、

まったくしくみが謎

なじょーたいで続けてたら、やっぱ雨風呂にしたほーがいーよとかお言葉いただいたんですが(ありがとうございます)、

ごめん、雨風呂苦手なんだつかうの(笑)。

やっぱFC2がやりやすいの!!! とゆーわけで地味にこちらで粛々と続けてゆきますのでお時間のある方、お付き合いいただけると幸いです。
地味にマイナーチェンジとかしてるんで、時系列でご覧くださってる方には、ちょいと読みづらくて申し訳なし(汗)。
まあそんなかんじで、「ラッキー」について考察するつづき、イくYO!!!!!w


で、おさらいとゆーか(笑)、当地は昔からラッキーな同志の方々が多く、偽善者上等で(笑)、目に見えない何かで確実につながってる我々は、マジでラッキーの循環みたいなのが起こったりしてるんですね。
ってこれは過去に度々こちらのブログでも申し上げてるので、お時間のありあまった方は、たどっていただけるとおわかりいただけるかと思います(笑)。

で(二度目)、ラッキーっつーものは、全部自分のその時の「状態」だったり「気分」だったり、全部「ほんとうにラッキーかどうか」は、あきらかに「本人次第」だとゆーことがわかりますた。たぶん。
あたくし自身、これ書きながら自分の考えがまとまってゆくので(笑)、なんか矛盾とかでてきそーだがまあいいか(笑)。
所詮当地は自由激情だから!!!!!(お約束)


で(三度目)、自分でラッキーを決められるとかゆっても、例えば他人にあきらかに「ラッキー」がおきてるのを目の前でみたら、ぜったい嫉妬とかジェラシーとか、もやもやした気分になる時って絶対あると思うんですよね。

自分にラッキーがおきてるときはいーけど、他人にラッキーっぽいことがおきると、なんかもやっとする(笑)。

これねえ、永遠のテーマだよね(笑)。

よく自己啓発書とかエッセイなんかには、

そーゆーもやっとする気分が起きても当然。まずはその気持ちを自分で受け入れましょう。そして、なるべくその気分を長引かせないよーに、「自分はもやっとしてるんだな」と自分を冷静に観察したり、なにかほかの好きなことをやって気をまぎらわせましょう。その気分を長引かせていても、あなたにとっていいことはなにひとつないのだとゆーことをよくおぼえておいてください。

てなことはさんざん書き尽くされてると思うんですね。

はっきりいってあたくしは、この手の類の書をアホなくらい読んできたので(まあおしごと柄ってのもあるけどな)、

著者がゆわんとしてることはわかるし、まあ共感は、します。

だが、一読者として、わらにもすがりたいよーなひとにとっては(特にまじめな人ほど、そーゆーもやっとした気分を持つ自分を責めがちだし、どっちかーっつーとあたくし自身もその傾向がつよい。ほんとだよ!!!(なぜか必死))、

クソだな!!!!

と思うことが何度もありますた。

だって何の役にもたってねーじゃん。そんなもやっとした気分持ち続けたって、自分にとっていいことじゃないなんて、当人がいちばんよくわかってんよ。それをきれーな言葉でご託並べてるみてーに語ったってさ、ちっとも読者にとどかねーじゃん。
マジうぜーよ、こいつら。
かかわってる担当編集もなにやってんだよ。自分のところから出す本に、売れっ子著者だからって、同じことしかゆってねー著者から、肝心な新しい言葉引き出さないでどーすんだよ。1行でもいーから、この著者から「初めてみました」って読者からゆわれるよーなオリジナリティがなくちゃ、本つくる意味ねーじゃん。ただの金儲け主義と同じじゃん。

でも……!

とうとう見つけたんですよ!!!

そのもやっとしたのに風穴をあけてくれる著者を!!!!

つーか本ですが。


それは、LICAさんの書いた『人生が輝きだす YES!の魔法 ~パリコレ&30億ブランドを成功させた!引き寄せの法則』(宝島社)です。

これね、なにが驚いたかって、「自分のもった怒りやもやっとした気持ちに対しても、『YES!』をしましょう」と、はっきり書いてあるところなんですよ。

「私はちょーむかついてるんだ!」に対して、「YES!」って自分でいっていいってゆってるのね。

たぶん既存のこれ系の本には、ここまではっきり書いてあるのってまず皆無で、だから読者は、「あーまた怒っちゃった……。だめだめ、怒っちゃいけない、怒っちゃいけない」って一生懸命自分をおさえよーとして、すべてわきおこるネガティブな感情にふたをして、それでいっしょうけんめい気をまぎらわそうとほかのことをしても、まだやっぱりもやっとした気持がひっかかる……ってゆうループだったと思うんですよ。

しょーじき、あたくしはそうでした。

ふだんはほんとにぼーっとしてるので、怒ることとかは少ないんですけど、やっぱスチールさんのおしごとになると、以前も申し上げましたが、スポーツ紙とかの屈強な男性カメラマンさんたちの中に紛れ込んで、少しでもいい写真とるっつー激しいものになるので、やっぱいちおー小柄な女子(笑)としては、もう気合と負けん気だけが頼りなんですね。

さすがにみんないちおーは大人だし、みんな高価な機材もってるのはわかってるから、現場では乱闘になったりとかはぜったいしないんですけど(笑)、ふつーに怒号は飛び交いますしね。「じゃまだ!」とか「どけ!」とか、小柄な女子だからって、かばってもらえない。

ってかばってもらうつもりもないですけど(笑)、逆に小柄で女子なのを利用して、壇上のタレントさんに気づいてもらえるよーに、するっとちゃっかり前に出るとか、そーゆー技を使ったりするんですよ。特に女性アイドルの取材現場だと、あたくしみたいな女性カメラマンが少ないから、なんか安心されるみたいで、「そこの女性の方」とかゆって質問する特権与えられたりするチャンスもけっこうあったりするのです。

で(四度目)、やっぱりスチールさんのおしごとはじめたばっかのころは、マジこわかったですもん(笑)。
それまで経験した「取材」は、ちゃんとタレントさんとかの事務所にアポとって、電話とかでスケジュール調整して、ふつーにお話がうかがえるレストランとかお店で場所セッティングして、ってゆう丁寧な段取りをふまえるものばっかりだったんですよ。

でも、ニュース記事の取材となると、もうそんな段取りとか全部すっとばして、はい、今日の17時から新宿の○○○○でXXXXXの記者会見あるから、いってきて。っていきなり投げられて、現場いったらいったで、でっかい機材もったでっかい男性たちがプレスパスつけて待ってて、そいで会見はじまる前とかのブリーフィングで担当者の方の段取りが悪いと、その場でブーイングだし、会見はじまったらはじまったで「どけ!」とか怒号飛び交うし、ほんとさいしょはめっちゃむかつくし傷ついてましたよ(笑)。
どけとかゆーなら、てめーがもっと早くきて、いい撮影場所確保しとけよ! うるせーよ!! とかその場で思っても、叫んでる間にフォトセッション終わっちゃうしね(笑)、なんかいっつも怒りながら撮影してた記憶があります(笑)。

けどだんだん慣れてきて、そーゆー感情に支配されることは少なくなってきてたんですけど、実は最近になって、ひっさびさにちょうむかつく現場に遭遇したことがあったんですね。
さつえーしながら「うぜーよ!!」ってなって、前のあたくしだったら食ってかかってた可能性もあるくらいの(笑)むかつき具合だったんだが、LICAさんの本を読んでたおかげで、「うぜーってなってる自分、YES!」って思ったら、なんかさくっと大丈夫な気持ちになったんですよ。
この時は1回「YES!」ってやるだけでよかったんですけど、もし1回だけじゃ無理だったら、自分でなっとくするまで、「むかついてる自分、YES!」って何回も何回もやればいいんだなって。

これ、けっこーでかい発見でしたね。

とにかくむかつく自分、YES。って受け止めること。

むかついていいんだ、怒っていいんだ。ってゆーのがなんか腑におちた。

だからもし他人に、自分からみて「ラッキー」なことがおこったら、例えば、同期入社のあいつが自分より先に昇進したとか、ふつーになかよしだった友達に恋人ができたとか、心の底ではすんげー嫉妬してんのに、それを隠して「おめでとう、よかったね!」とか引きつった笑顔でゆった後、だれにもみられない非常階段とかで、
「なんであいつが? むかつく! って思う自分YES!」
「本心からよかったねとか思ってない自分YES!」
「いい人ぶっておめでとうとかゆった自分YES!」
ってやればいいよね(笑)。

まずはそこからはじめてみると、事態はいがいと単純に好転してゆくような気がするのです。
たぶんね。


とゆーわけでお付き合いくださった方、もしいらしたらありがとうございます!!

今日もラッキー波動を受け取ってみてくださいぬ!(笑)



▼人生を語りだすブログにした記念? にランキングに参加してみた。ありがとうございます♪
バナアを押していただいた方には、湊みらい特製★ラッキー波動が流れるようなしくみになってるYO!!!(爆)
戯れてみてねww(ちゃんとレイキアチューンメントしてるんだお☆)







あたくしは「運がいい」とよく言われるのだが、その秘密を探ってみようかと思う試み03●君がラッキーとさえ思えば、それは確実にラッキーなのだ 

2015.12.20

♪きみのーあいはーやがて〜


本日もすべてを包むお言葉たち&拍手喝采をいただき、ありがとうございます!

なんかこの時期って、過去の例から、春さめ再演のニュースが飛び込んできそーでなんかそわそわするんてすけど(笑)。


ってまたしてもマニアックなオープニングですが(笑)、好きなんだ!

なんども卒業決意してるけどな!(笑)



で、ラッキー。とゆう物事についてのとらえ方ですが。

ちょっと思い返していただきたいのですが、

あなたが、ラッキー起こった!


ってゆう時って、どうゆう状況でした?


まあ臨時収入入ったとか、なんかひとからプレゼントされたとか、
そーゆーのってふつーに考えてラッキーだと思うんですよ。

単純にうれしい! やったー!

って気持ちになることが多いと思います。

でもね、ほんとに素直にうれしくない時も絶対あるはずなんですね。


例えば、虫歯で歯医者さんかよってるときに、ハイチュウとか歯にくっつくキャンディもらっても、ちょっと困るでしょ?(笑)

逆になんか口さみしくて、噛み応えのあるお菓子ほしいなって思ってたら、ハイチュウは超うれしいと思うの。

つまりほんとにラッキーかどうかは、その時の自分の状況によって変わってくるわけです。


先日のあたくしの場合も例として考えてみると、もし会議前とか、その前日のあたくしは岸田シェフのことを知る前なので、
もし急に「岸田シェフに取材申し込みしといて」とかゆわれたら、絶対困ってましたもん。
え、それ、どなた?
企画内容もまだぼんやりしてんのに、何を取材すればいいの??
ってなってたと思うんですね。
その時点でもし岸田シェフとコンタクトがとれても、なんかとりあえずしごとはこなしてほっとしたーってくらいで、
実際になった
やったー!あの岸田シェフにこんな早く取材日時まで決まるなんてラッキーすぎる!
みたくはなりにくかったとゆう気がするですよ。


だから、そこで大事なのって、自分の気持ちなんですね。
自分がラッキー!って思えば、それはだれになんとゆわれよーとも、絶対ラッキーなんですよ。
はたからどうアンラッキーに見えても、自分がラッキーかどうかを決められるんですよ。

そーゆー意味じゃ、岸田シェフと取材日時が決まった時、あたくしの中に選択肢があったわけですね。
前にも申し上げますたが、あたくしはグルメ系のおしごとはじめたばっかりで、とにかく知識が乏しい。
まあ大昔赤プリでバイトしてたんで、ゴブレットとかフィンガーボウルの使い方ぐらいは知ってましたが(笑)、ジビエとかほんと知らなかったしね…。
ミシュラン三ツ星がすごい、のはわかるけど、一つ星だってすごいじゃん、なにがどうちがうの? って(笑)。
そーゆー自分のネックである知識不足に自分で負けて、
「やっぱ無理、だれかグルメ知識のあるひとに、取材変わってもらおう」って道もあったわけです。

でも、こんなスピードでお目にかかれるなんてラッキーだし、まだ取材まで日にちあるし、付け焼き刃でもちょっとぐらいはグルメ知識つめこめられんだろ、あとは失礼だけどわからんことはシェフにきいたほうが早いわ。
ってあたくしは判断したんですね。
自分のビビりのためだけに、あたくしはこのラッキーを手放すの?
って考えたら、単純にやだなあ。って思ったんですね。
自分の気持ちが、それじゃつまんない。ってなった。
だから岸田シェフごめんなさいと思いつつ(笑)、
いつものマニアック根性で、岸田シェフに関する情報、集めて読みまくりました(笑)。
したらどんどんおもしろくなっちゃって。

で、やっぱさらにラッキーなことが増えていくんですよ。


とゆーわけで、お付き合いくださった方々ありがとうございます!

次回はもう少しラッキーの正体について考えてみたいと思いますので、乞うご期待(笑)。



今日もラッキー波動を受け取ってみてくださいぬ!(笑)



▼人生を語りだすブログにした記念? にランキングに参加してみた。ありがとうございます♪
バナアを押していただいた方には、湊みらい特製★ラッキー波動が流れるようなしくみになってるYO!!!(爆)
戯れてみてねww(ちゃんとレイキアチューンメントしてるんだお☆)













あたくしは「運がいい」とよく言われるのだが、その秘密を探ってみようかと思う試み02●ラッキーな出来事。は、あくまで基準は個人 

2015.12.17

ぐーてんなはと。

なぜかドイツ語ではじましますたが本日もよき夜のごとく麗しきお言葉たち&拍手喝采を賜わりまして、
まことに
ありがとうございます!

えー
なぜかタイトル長くするブームがまたやってきたので、えっらい長いタイトルで申し訳なし(笑)。
しばらく続く予感大なので、耐えうる豪の方(笑)、お付き合いいただけると幸いです。


で、運がいい。とか、ラッキーな出来事がよくおこる。ってことに関して、まず大前提があると思うんですよ。

この、いい、とか、ラッキー、とか、それに反する悪い、とか、アンラッキー、って、


ぜんぶ人による。


のが基準な気がするんですね。

ぜんぶその人の基準がもとになってる。


それをきっちりわかってると、たぶん、こちらをご覧くださってる同志の方々も、相対的に全員が運がいい。ってなると思うのね。

まあ昔から当地ご来訪の方々とは、目に見えないなにかで繋がってるので(笑)、やっぱりラッキーな方々がほんとに多いんですよ。あたくしも同志の方々のおかげでおきたラッキーほーこくばっかしてるし、へこんでたけど、当地にいらしてなんか元気になった、とかおっしゃっていただくことも多くて。


そーゆー前提なんですが、ってここまで書いたら時間が!


とゆーわけで、お付き合いくださった方、もしいらしたらありがとうございます!



今日もラッキー波動を受け取ってみてくださいぬ!(笑)



▼人生を語りだすブログにした記念? にランキングに参加してみた。ありがとうございます♪
バナアを押していただいた方には、湊みらい特製★ラッキー波動が流れるようなしくみになってるYO!!!(爆)
戯れてみてねww(ちゃんとレイキアチューンメントしてるんだお☆)

あたくしは「運がいい」とよく言われるのだが、その秘密を探ってみようかと思う試み01 

2015.12.15

♪じんぐるべーるじんぐるべーるくりすます〜

なんか違う気がしますが、本日もメリーなお言葉たち&パチパチをいただき、ありがとうございます!


岸田シェフのことを書いてて気づいたんですが、あたくし、「タイミングがいい」とか「もってる」とかゆわれることが多いんですよ。
で、今日もそれゆわれて、いままでラッキーだったなあと思うことを思い返してみたんですが、なんかそこには一定の法則みたいのがある気がして。
いわゆる引寄せの法則ってやつかもですが、人生を語る上で(笑)、なんかの役に立つよーなかんじもするので、あたくしなりに検証していってみたいと思います。

お時間のありあまった奇特な方々(笑)、お付き合いいただけると幸いです。


たとえば岸田シェフに関しては、正直申し上げて、存じ上げることになったのは、去年のいまごろなんですね。
ごめんなさい…。
はじめてグルメ系のおしごとに関わって、なんかすごい料理人さんにインタビューしよう、とゆう企画に携わったのがきっかけでした。
で、グルメ系の知識は皆無に等しかったので、ただ企画会議の席では黙って参加メンバーの話をきいてたんですが、ちんぷんかんぷんで(笑)。
そいで最終的に、岸田さんにアタックしてみましょう、となって、担当のあたくしが岸田さんにご連絡差し上げてみることになったのでした。
その会議中って、実はずーっと岸田さん、と苗字だけが出てて、下のお名前も、料理ジャンルも、まったくわからんやったんですよ。でも、ミシュランの星をとってることはわかったので、ネット検索かけたら、すんげー方だった!
ヤバい、こんな毎年ミシュラン三ツ星とりつづけてるすごすぎる方に、取材受けていただけるんだろか?

ビビりました、あたくし(笑)。
おしごと柄、著名人の方々にアポとったり、取材するのは慣れてはいるのですが、まず自分にはグルメ系の知識が乏しいのは明白なので、そこがネックだと思いますた。
だって、ジビエとかも知らなかったんだよ(笑)。
グランメゾンてなに!

が。
とにかくまずはアタックが先だよね。断られる可能性のが高いんだし。
と思い直したあたくし、会議後すぐに、天下のカンテサンスに電話をかけました。
広報らしき方に取材させていただきたい旨をお伝えしたところ、
「少々お待ちください」
とお言葉をいただき…

岸田シェフご本人が電話口に出てくださったー!

これ、マジびっくりですよ。
まさかご本人にこんな早くお話しできるとか予想外だったし。

その後、あっとゆう間に取材させていただく日時まで決まってしまったのでした。


この間、わずか1時間。
会議が1時間あって、そこで岸田シェフのお話が出て、会議終了後、なんとなくいまお電話したほーがいーよーな気がして、取材日が決まるまで、の時間です。
つまり、2時間前まで存じ上げなかった方に、2時間後にお会いすることになったわけです。

岸田シェフの取材日時決まりました、ってほーこくしたら、やっぱり驚かれましたよね。
だって、さっきまで、お忙しい方だから、お断りされる可能性のが高いよね、とかみんな思ってたから。
もちろん岸田シェフの気さくなお人柄のおかげによる部分も大きいはずですが、まさかダイレクトにお話できるとか、ほんとミラクルだと思いました。
「もってるね〜」ってゆわれましたもん。


この時はとにかくうれしくて、いろんな方々に感謝したのですが、
さて。
このラッキーが起こった目に見えない法則みたいなのを探るのが目的なので、次回はその検証をしてみたいと思います。


ほんと諸々ありがとうございます!

今日もラッキー波動を受け取ってみてくださいぬ!(笑)



▼人生を語りだすブログにした記念? にランキングに参加してみた。ありがとうございます♪
バナアを押していただいた方には、湊みらい特製★ラッキー波動が流れるようなしくみになってるYO!!!(爆)
戯れてみてねww(ちゃんとレイキアチューンメントしてるんだお☆)





この世の大前提。女子はすべてお姫様である。02 

2015.12.08

えー

本日も芳しきお言葉たち&拍手喝采を頂戴しまして、
まこと に
ありがとうございま す!


んーとね

当地にはありがたいことに、昔からご来訪くださる物好きな(笑)同志の方々がいらっしゃるのですが(ほんといつもありがとうございます…)、統合してからなんか喜んでいただいてるよーなんですよね(笑)。

へんな話、あたくしは文章書く時、だいたいギャラが発生するおしごとなので、ここはほんっとに趣味の舞台にかかわることだけを語る場所にしようって自分では思ってて、時々それに付随するおしごとに関することはちょこちょこ入れてましたけど、例えば星付きレストランのシェフとお会いしたりするおしごとで、めっちゃおもろいお話うかがって、語りたい!って思っても、別のところで語ったり、とか分散してたら、自分でもどこでどんな話したかとか忘れちゃったんですよ(笑)。

で、やっぱりここ数年で、あたくしが全身全霊かけて、魂もってかれた劇団四季『春のめざめ』は、あたくしにとってやっぱすげー特別で、何度も卒業決意してるが(笑)、それも含めてめっちゃお世話になったのは、ほんとこちらの同志の方々だなあってつくづく思ったんですね。

それは、毎回ゆってますが、偽善者上等で(笑)、同志の方々とあたくしたちは、顔も名前も知らなくても、明らかに繋がってて、だから柿澤くん退団の時とか、ごーるでんかぽー京都登板1回だけとか、白瀬くん復活とか、絶望と希望を、同じ思いを確実にわかちあってきたんですよ。だから同志、なわけで。

同志の方々のおかげですげーラッキーもあたくし自身に起きたし、逆に同志の方々にもそれぞれラッキーは起きてて、やっぱ世界は、ラッキーの循環でできてるよなって。マジで。

だったらちょっと停滞してたここを使って、またラッキーを循環させれば、同志の方々とまた遊べるじゃん! と気づいたのだった。

自分のへんな枠みたいな、ここは舞台のことについてだけ書くってゆーのは、あたくしだけの勝手なこだわりで、それはそれでいいんだけど、昔からご来訪の同志の方々には、それはどーでもいーことなんだよね。

もちろん中には、舞台以外のこと書かれてる時はスルーする方もいらっしゃいますが、なんか大半の方々は、あたくしが記事更新してるだけで喜んでくださる方ばっかなんですよ。

だったらそれでいいじゃん。
ってなんか思ったの。

いままでもほんとにてきとーに自由激情を叫んでたんだけど、それでいいんじゃん。

あたくしが、あたくしの好き勝手に、自分で好きにアホをさらすだけでいいんじゃん。


つまりこれって、あたくしは自分自身を、ちゃんと「お姫様」だと思ってて、自身をそう扱ってるってことなんですね。

あたくし自身は、自分の好きにやってる。
もちろん必要最小限のことには気をつかうけど(誤字脱字ないよーにとか、こうゆっても通じるかなとか)、それは自己中とは違う。単なる生存本能に基づく危険回避。
で、それをおもろいとか喜んでくださる同志の方々がいる。
そんで、それをきくとあたくしもうれしいし、さらに好きに語る、ってゆう流れができてる。

ほらね、これってだれも嫌な気分になってないでしょ?

あたくしはお姫様なんだから、お姫様らしく、自分の好きにふるまうし、でもわざと人を傷つけるよーなこととかは、したくないからしない。逆になんかされてムカついたらムカつくし、場合によっては戦うだけのこと。
そーすると、周囲もちゃんとあたくしをお姫様らしく、大事に、尊厳をもって扱ってくれるし、受け入れてくれるんですね。

例えば、夕飯作って、彼氏の帰り待ってたのに、なんの連絡もなしに夜遅くかえってきて、「あーごめん、飯食ってきちゃった。疲れたからもう寝るね」とかゆわれたら、どーするかな?

連絡くれてもいいのに…とかモヤッとするけど、彼氏は疲れてるみたいだし、夕飯勝手に作ってたのあたしだし、まーしょーがないか。
って自分納得させて、そのまま彼氏が寝るの許すパターンが多いと思うんだ。

でもね、あたくしだったら違うのですよ。
だってあたくしは、お姫様だから(笑)。
こんなぞんざいに扱われていい存在じゃないから。

まず、寝室にいこーとする彼氏に後ろから抱きつくよね。あるいは、飛び蹴りかます。
てめえ、ちょっと待てよ、と。
人が年に3回やればいいほうの料理作って待っててやったのに、連絡もよこさず、寝るだと?
それですむと思ってんのか?

たぶんね、これをやるってゆーか、できる女子は少ないと思うんですよ。

だって、やったら絶対うざがられるもん(笑)。絶対彼氏はいやがりますよね。

でもさ、自分はどう?

うざいってわかってるけど、ちょっとすっきりよね?

そしたらそれは、ちゃんと自分で自分をお姫様として扱えてることになる。

ムカついてうざいことした自分は、それでもお姫様なんだから、ちゃんと自分自身がすっきりするように、自分自身を扱ってあげるべきなのさ。


それに対して、彼氏が怒ったり、おまえうぜーよとか反論するなら、そいつは男じゃありません。

オスじゃねえ。


大事なことなので繰り返しますが、女子はすべてお姫様なんですよ?

自分も相手にも、大事にされて当然なのです。

男なら、かよわいお姫様の小さなうざさぐらい、受けとめられんとどーする!

その大原則がわからない男は、別れたほうが人類繁栄のためにはいいと思います。

だからね、逆にちゃんと将来王子様になる男は、怒ったりとかは絶対にしない。

ひたすら謝って許しを乞うんですね。彼女のご機嫌をなだめようとフォローする。

それは、やさしいというより、誠実、に近い。
言葉だけやさしい詐欺師みたいなのはいるからね(笑)。

もちろん限度はあるので、気をつける必要はありますが(笑)、どんな時でも王子様は、お姫様を正しくお姫様扱いしてくれるものなのです。


まあそんなわけで、もし自分がお姫様だってこと忘れちゃってる女子の皆さんに申し上げたい。

いいですか?

女子は、すべて、

あなたも、あたくしも、

みんな

お姫様なんだよ!


てなぐあいで、お付き合いくださった姫君、ありがとうございます(笑)。

ごきげんよう、またお目にかかります(笑)。






▼人生を語りだすブログにした記念? にランキングに参加してみた。ありがとうございます♪
バナアを押していただいた方には、湊みらい特製★ラッキー波動が流れるようなしくみになってるYO!!!(爆)
戯れてみてねww(ちゃんとレイキアチューンメントしてるんだお☆)



«  | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: