FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

2012年冬のたしなみシリーズ・スチール☆みらいの携帯カメラDE写真撮影教室ちょう番外編(暫定) 

2012.12.02

さーーーーーーむーーーーーーーいいいいいい!!!!


同志の皆様ご機嫌いかがでせうか寒い本日もご来訪いただきまして、まことにありがとうございます!!

ちゃんとあったかくして、お体にはくれぐれもご自愛くださいね!!


で、突然なんですが、


あたくしとうとう……


……


……


Canon EOS 6Dを入手してしまいましたーーーーー!!!!!!


わーーーーーーーー!!!!!!


わーーーーーーーーーーーー!!!!!!


きゃーーーーーーーーーー!!!!!


うれしいいいいいいいい!!!!!


とゆーわけで、これから使いこなせるよーになるべく、


「スチール☆みらいのCanon EOS 6Dで写真撮影練習教室」


を時々お贈りしていってみようかと(笑)。


どーなるかはまったくもって謎ですが、


稚拙画像をお披露目することで、


成長がはやまる可能性もあるかしら、とか(笑)。


といってもたいへんな自由激情なので、


お時間のありあまったもの好きな方々のみ、


ご期待いただけると幸いです(笑)。



さーーー


どーなるか……(笑)。






どーでもいーけど、おしごとで1年半ぶりに来日なさったい・みんほさんにお目にかかってきたんですが、

メイクするのすっかり忘れてて、


すっぴんでお話してた


ことにさっき気づきますた……。



終わっ た……


女子として……_ノ乙(、ン、)_



つーより日本女子として


ほんとうに申し訳ありませ ん……_| ̄|○ il|!



メルヒユタ(上川一哉くん)と


マスカラ落ちたパンダ目全開でお会いした


以来の大ショック!!



あ、でもあの時は一応メイクしてたから、まだ救われるかな……???


……って悩む次元が女子として低すぎる!!!!!!


ざんね ん_ノ乙(、ン、)_



2012年あきのたしなみシリーズ04(暫定) 

2012.11.21

劇団四季『キャッツ』横浜公演がとっくに千秋楽を迎え、『ジーザス・クライスト=スーパースター』が開幕し(しかもエルサレム版おわっとる)、四季が「マンマ・ミーア! 千秋楽」で検索かけてあいぴーを残されていった今日このごろ、同志の皆様ごきげんいかがでせうかハンシェン×エルンスト愛好委員会会員NO.110湊みらいでございますまめら!!!!!!(『ライオンキング』的ごあいさつ)


またしてもだいぶ間があいちゃいますたが、その間もお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございます!!!


ついでに申し上げると、『キャッツ』横浜千秋楽当日の11月11日、ってこれ去年も申し上げたんだが(笑)、戸籍上夫(あだ名はハチ)とあたくしの入籍記念日でございますた。
そちらに関する祝辞も賜りまして、重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございます!!

って申し訳ありません、こちらからで(汗)。


で、いろいろ申し上げたいこともつみかさなってしまったので(笑)、一気にここで叫ばせていただく!!

お時間のある方、もしいらっしゃいましたらお付き合いのほど。

ってすんげー地味すぎるので気をつけて!!






・『イル・トロヴァトーレ』みた。
『リゴレット』『椿姫』が大嫌いなので、ヴェルディ嫌いかと思ってたら、やっぱ基本そーみたいだった自分(笑)。でも『イル~』は魔女狩り?の話もからんでるっぽいので、そこらへんは好きです。
つーか憂いをひめたおかんジプシーはすごかった。マジ鳥肌立ってめっちゃ共感してしまったので、もしかして前世ジプシーだったかも!!(爆)
ちなみに、『ライオンキング』ごーるでんかぽー版拝見の次の日にみたので、テンションの落差が激しかった……(遠い目)。



デイヴィッド・フォスター&フレンズじゃぱんつあー いった。
ほんとありがとうございます……!! 号泣しすぎてたいへんなことに!!
だってだって、ピーター・セテラの『Hard to say I'm sorry』、ベビーフェイスの『End Of The Road』と『I'll Make Love To You』を生で拝聴できたんだもの!!!!!
Boyz II Men信者だったあたくしとしては、つーかいまもかなり好きだけど、これはもー泣く!!!!!!
つい歌詞を口ずさんでしまい、しかも泣いてたもんだから、となりのひとにはいい迷惑だったと思う……。ごめんなさい!!
でもチャカ・カーンの時はいっしょに踊り狂ってたから、まあいいか!!!



・『スリル・ミー』2013年3月公演チケット、3キャスト全員分とれますたーーーーー!!!
わーーーーーーー!!!
こちらもありがとうございます!!!!
何より韓国ペアがとれたのがうれしい!!!!
半分以上「無理かなー?」と思ってたので。



・『ライオンキング』ごーるでんかぽーはずれんの、早すぎ!!!!!
せめてもう3ヶ月ぐらいやってくれーーーーー!!!!!
つーかこのまま大阪入りですか??
それならそれでいいけど!!!!!!(真顔)
尚、白瀬(英典)くんバンザイ、連投おつかれさまです!!
くれぐれもご自愛を!!!!




……ふう……

すっきりした!!!!(笑)


お付き合いくださった方、もしいらっしゃいましたらありがとうございます(爆)。


あとはなんかもーおしごとで正気を保ってたので、あ、『てふてふ荘へようこそ』見逃したーーーーーーー!!!!!

今気づいた!!!!!!

あああああああああああ!!!!!!!





……_| ̄|○ il|!




なんかここんとこおしごとで携わった記事がやたらとやふーとかのとぴっくすにのるので、それはそれでありがたいしうれしいのだが、こーゆー個人的なたしなみをうっかり逃す弊害が起こってしまう罠……(遠い目)。


もしあたくしのおしごとで手がけたものをどこかで見かけたら、「ああ、これは湊みらいが、『てふてふ荘』で松下洸平くんの『彼』台詞『おまえがいなきゃだめなんだ』を聞きのがした上に成り立っているのだな、さぞかし忸怩たる思いだろうな」と同情してやってください……(涙)。




♪もーーーっとつよくもっと!!!!!!!



2012年あきのたしなみシリーズ03(暫定)  

2012.11.08

全国津々浦々ハンシェン&エルンスト愛好委員会会員の皆様おいえんおう(ごきげんよう)。会員No.110の湊みらいでございますおまえの中に生きている!!!(←『ライオンキング』的ごあいさつ)


本日も生き生きとしたお言葉たち&拍手喝采を頂戴いたしまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!


本日のあたくし、

本日こそはサバンナに!!!!

本日こそはごーるでんかぽーレイヨウズに!!!!!


と息巻いたのですが、


春劇場、見事に「貸切」だった……(遠い目)。



……???

なんだろうこの阻まれ具合。

社会人としてまともな行動を取ってたら、行き着いた先が「貸切」。

おっかしーなー???


とゆーわけで、かわりにたしなんでみたものたちについてイかせていただく。

お時間のありあまった上、ご興味のあるたいへん奇特な方々のみ、お付き合いいただけると幸いです。








ブリヂストン美術館コレクション展
『気ままにアートめぐり――印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術』



以前ちょこっと申し上げますたが、あたくしはたぶん前世が、1900年前後のタイプライターっぽかったので(爆)、その頃の印象派(新印象派)とか、アッシュカン系にめがっさひかれる傾向があります。なんか本能が呼ぶかんじがするんだよなー。

で、この展覧会では、ひとつの部屋に、マネとモネとドガとルノワールとカイユボットの作品が一堂に会してて、本気で倒れそうになりますた……(笑)。

一生この部屋に住む!!!!

と思った(爆)。

特にモネの『黄昏、ヴェネツィア』!!

初めて拝見したんだが、見た瞬間泣けた(爆)。
あたくし的に、今まで拝見したモネ作品の中で最強!!
大好き!!!!
ってなってしまいますたYO!!!

なんつーか、「世界は、3原色(シアン、マゼンタ、イエロー)でできてるんだ」っつーことがすっげーよくわかるイメージ。
「スペクトルを油絵にするとこーなる」みたいな(笑)。

その微妙にずれて変化してく色味の差が、堅実なのにやわらかいんですよね。

「自分が住む世界は、こんな美しいんだ」ってゆう気になるほどの。


実はモネ作品でいちばん好きだったのが、シカゴ美術館で見た『チャリング・クロス橋、ロンドン』だったんですよね。
実際にチャリング・クロスに立った時、そっから見た景色は「けっこう硬質だなあ」ってゆう印象だったんですけど、モネの目を通すと、こんなやさしくて淡い景色になるのか……とか思って、ずーっとその場に立ちつくしてたあやしい東洋人のあたくし(笑)。

けどそれを凌駕するほどのモネ作品が、日本にあったとは……!!

なんか「灯台下暗し」的な感動もあって、すごいうれしい!!


ってモネ語りで終わっちゃったけど(笑)、ほかにも食いついていきたい作品がいっぱいなんですよ。
エジプトのレリーフがあるかと思えば、岸田劉生から田中敦子まで、有名どころの作品をうまいぐあいに網羅してます。
なので、美術史に興味あるひととかの参考になると思う。
マジ住みたいです(笑)。








FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画展
『マグナムを創った写真家たち~キャパ、カルティエ=ブレッソン、ロジャー、シーモア~』



やっとイけたーーーーーーー!!!!
あたくしにとっては、つーよりカメラやるすべてのひとにとっては、神!! のマグナム・フォト四天王!!!
もーーーーーー大好き!!!

今回、ブレッソンの撮影したマティスと、ピカソ(とその息子)の写真があって、ちょっと和んだ(笑)。

息子を抱いてるピカソの手が、けっこーでかく写ってるんですけど、つーか初めてピカソの手を見たんだが、
「あーこれはすんげー器用な人の手だ」ってゆーのがえっらいわかりました。ちょう納得。
関節のところが節くれだってるんですよ。
こーゆー手の形したひとって、職人とか芸術家に多いんだよねえ。
なんかこんな形で「世紀の天才」の手をしみじみ見るとは!

あとやっぱキャパのは、見るだけで無条件に涙が出るよーになってるらしいあたくし(笑)。

昔、キャパが地雷を踏んだ時に持ってた最期のフィルムを見たことがあって、ほんとに最後の最後まで、いっしょに歩いてる兵士が写ってたんですよね。

なんかその生々しさがキョーレツに印象に残ってて、最後の瞬間はどんな思いだったのかなとか、もし生きてたらどんな写真を撮ったかなとか、いろいろ考えちゃうせいもあります。

キャパの作品は、泥臭いのにスタイリッシュで、たぶんキャパ自身がそんなひとだったんだろうな。


ってマグナム語るとなげーのでこのへんで(笑)。



そーいや写真つながりで思い出したが、こないだごはん食べてたらリアル斎藤ヤスカくんに遭遇しますた。

びっくりしたー!

なんだこのすげー偶然……(汗)。

「クラムチャウダーとパーニャカウダをなぜかいつも間違える」的なことをお話しなさってた気がするのだが(うろ覚え)、目の前の美食に夢中で、利き手のこととかうかがうのをすっかり忘れてた……_ノ乙(、ン、)_

なにやってんだ自分!!!!

せっかくのチャンスだったのに!!!!!(涙)


つーかあのリアル女子以上に美しいとゆわれるすてき俳優さんより、食い気が勝つってどーゆーことだ……(遠い目)。


女子として反省しよう……。


マ ジ で!!!!



2012年あきのたしなみシリーズ02(暫定)  

2012.10.20

♪おまえが天才ならーばー
おーれーはアーティスっ

んんんん

ああああ

えくすたしいいいいいいいい





……_ノ乙(、ン、)_





諸事情で今さらながら『テニスの王子様』ミュージカルをみてるあたくし湊みらいでございますこんにちわんわんわわわんわわん!!!!!

本日も王子様のごとく優雅なお言葉たち&拍手喝采を賜りましてありがとうございます!!!!


諸事情つーかつまりはおしごと関連資料としてなんですが、経緯はこう。


009 RE:CYBORG』のおしごとに→
009(島村ジョー)の声をあててるのが宮野真守さん→
過去テニミュに出てらしたらしい



……。



なんかもーどーにもこーにもテニミュがらみにイきつくので、ここは一度拝見しといたほうがよかろうもん!!!

とゆーわけで5代目キャスト版にお目にかかってみますた。

したら映画『富士見二丁目交響楽団 寒冷前線コンダクター』出演者(高崎翔太くん、新井裕介さん、馬場良馬くん)が、

全員いらした……(遠い目)。



ほかにもいろいろ申し上げたいこと満載なんだが、いろいろいろいろあっておもしろいなあテニミュ(笑)。


でもこれだけはどーしても申し上げたいので、叫ばせていただく!!!!!

四季信者として!!!!!




相葉裕樹くんて、

竹内一樹くんと

似てる気がするの!!!!!!







……ゆった……!!!!(笑)





あーーーーすっきりした(笑)。

お付き合いくださった方、ありがとうございます(笑)。


そして『ライオンキング』にまつわるふくざつな乙女ごころ、ご理解くださる方々、重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございます……。


やっぱおすすめは、最初の登場シーンらしいです。




……そうゆうわけなんで!!!!!!(笑)



あきとのたしなみはサバンナに限るよねえ……(謎)。






で、最近間があいてたのは、おしごとで正気保ってたせいなんですが、なんか久々に「おしごと」がすっごい楽しくてうれしかったんだ……。



『009 RE:CYBORG』サイコー!!!!(笑)



まあ前にもちこっと申し上げてますが、もともとヒーローものが大好きなせいもあって(子どものころ、いつも連れて歩いてたのは仮面ライダーだった(笑))、ここ連日の『009 RE:CYBORG』Night!イベントにおしごとで全部うかがえるなんて、ほんっと生きててよかった!!!! と思いました(笑)。

そんで神山健治監督をはじめ、トップクラスといわれるクリエイターの方々は、やっぱバランスがいいんだなあとゆう気がした。


技術力とか手際のよさはもちろんなんだけど、そーゆースキルの高いクリエイターはいっぱいいますよね。
その中から頭ひとつ抜きん出るには、「結果を出す」と意識する心意気にかかってるのかな。


神山監督は、「皆さんに観ていただくのが制作側の喜び。こんなにお客さんが集まってくれたのは、自分たちの誇りです」とゆうようなことをおっしゃっていた。

なんか「誇り」っていい言葉ですよね。

その「誇り」を手に入れるまでには、たくさん「削ぎ落とす」ことがあって、必要なのはそうする「勇気」だった可能性もある。

とか思ったらなんか泣けた(笑)。


何かを「削ぎ落とす」と、「誇り」のよーなすてきなものが手に入るらしい。

けどあたくしたちは、意外と頑固なので、「削ぎ落とす」のはすごい力が必要だと思いこみがちだ。

実はそーゆーのとは関係外のところで、あっさり「削ぎ落とす」行為をやっちゃうことが、「心意気」と比例するのかな。

それは「努力」と違って、なんか自分の中からわきあがるすごく自然なものなんだろう。

神山監督にとっては、絵コンテ描いたりするのが自然で、その技術を身につけるために、多少の「練習」とか「勉強」とかはなさったろーけど、それはやっぱり「努力」とは別物なはず。

なんとゆうか、「呼吸をするように、自然に自分ができること」以外は、ぜんぶ「削ぎ落とす」よーにすれば、おのずとスペックは上がっていくのかな。


みたいなことを考えたりしてたのだった。



どーもこないだから、同志の方々からいただいたお言葉たち(ありがとうございます!)について思いをめぐらせてると、「削ぎ落とす」がキーワードらしいね(笑)。

なんでこんなこだわってんのか、自分でも謎!

とかそんなかんじなんで(どんなだ)、とりあえずぐだぐだでごめんなさい……(笑)。

お付き合いくださった方、いらっしゃいましたら、ありがとうございます。

お疲れさまでした!!


次回は四季信者っぽい話もしたい……が!!

自由激情なので!!!


どうなるかは神のみぞ知る……ww



同志の皆様、季節柄、お体にはくれぐれもご自愛を!!!



2012年あきのたしなみシリーズ・スチール☆みらいの携帯カメラDE写真撮影教室「削ぎ落とす」編(暫定)  

2012.10.10

なんか「君がいた夏 齋藤ヤスカ」でぐぐったら、当地の「夏のたしなみシリーズ」がひっかかったらしく、それでご来訪くださった方がいらしたのですよ。

『君がいた夏』ってミスチル?? でも『齋藤ヤスカ』となんの関係が???」

と不思議に思ったので調べてみたら、こちら↓のことだったようです……。



きみのいた夏 前編 [DVD]



ヤスカくんまたびーえるですか!! なんてチャレンジャーなんだ!! とか思ってえらい感動してしまった(笑)。意外な結果にイきついたなあ。

まあ昔からずーっと申し上げてますが、アメリカにいたころの経験から、「同性愛も異性愛も、ただ嗜好の違いなだけであって、『愛』とゆー意味ではまったく同じ」とゆう考え方なので、それを包括するものに関しては、ニュートラルなスタンスです。偽善者上等で(笑)。

ましてやマイノリティに属するキャラクターを演じるのは、俳優さんの力量が問われるわけですから、それをさくさくとこなすヤスカくんは、ほんとすごい方だと思う。しかもカメラマンで料理上手で多才だし、素直に尊敬します。



とゆーわけで、ほんとは『スリル・ミー』語りのつづきにイこーとしてたんだが、カメラつながりでお贈りいたします「スチール☆みらいの携帯カメラDE写真撮影教室」!!



……ほんっと自由激情でごめん……_ノ乙(、ン、)_



でも念のため申し上げておくとね、当地は劇団四季信者のあたくしが、四季(つーか『春のめざめ』feat.伊藤綾祐くんエルンスト)について語るイタタタ!! なブログが本来の姿なわけですが、って違う!!
スイーツ(笑)系女子を目指すのが本来の目的だよ!!!

……まあそれはおいといて。

けどぽつぽつこーゆーミニコーナー?的なもののご要望とか、いろいろいろいろほんっとにいろいろお言葉たちもいただくので、それなりに考えて、お応えしてるつもりなんですよ(笑)。

なんとゆうか当地ご来訪同志の方々は、純粋な四季ファン、演劇ファン、の方もいらっしゃるのだが、なぜかそれぞれの方のメンタル的な部分とか、プライベート的なこととか、もーちょっと深いところにまで触れるよーなお言葉をいただくのが、けっこー多いんですね。

そーするとこちらとしても、いろいろ思うところも出てきますし、どうお伝えしたものか? とかやっぱちゃんと考えますもん。

てゆーかプライベートなブログやってると、それがいちばん楽しいんですけどね。

以前にも申し上げてますが、同志の方によっては、「ヘンなことゆってすみません」とかおっしゃるケースもあるんだけど、それはぜんぜん違うので。
むしろその「ヘンなこと」がすごいおもしろいし、その方の個性が垣間見えて、こちらとしてはとてもうれしいし、ありがとうございます! になるですよ。


だもんで今回は、「写真撮影教室」と見せかけて、実は続いちまう予定です(何)。

どなたにご覧いただいても、おわかりいただけるよーにまとめたつもりですが、なんせ自由激情だからなー……(遠い目)。

しかもなげーなげー!

お心あたりのある方、お付き合いいただければ幸いです(笑)。







Salon de the LADUREE



『ラデュレ』といへば、マカロン。マカロンといへば、『ラデュレ』。
とゆーわけで、シャンパンとマカロンのセットをいただいてみた。
この日、シャンパンは輸入の関係で、『ラデュレロゼ』のみだとゆーので、ローズ入りマカロンをチョイス。もう1つは大好きなプラリネ入りに。

なにこの完璧な選択!!!
さすがステキなアテクシ!!!!

とかやってたら(爆)、ローズ入りマカロンの色味にやられて、写真撮る前に食べちゃいましたYO!!!

さすが食いしんぼうばんざいなアテクシ!!!(笑)

なので写ってるのは、プラリネ入りのみとゆう結果に。



laduree.jpg





■スチール☆みらいのワンポイントあどばいす
※被写体は「削ぎ落とす」方向で入れとけ



だけど、ブラウンマカロン1個だけでも構図的にOKなのは、中心に背の高いもの(シャンパングラス)を持ってきて、右にやや重点をおいた(紙ナプキンにある『ラデュレ』の文字をぜんぶ見せる)かんじにしたからです。たぶん(笑)。

つまり、すでに胃の中にあるものを、「最初からないもの」とする。
ようは、「削ぎ落とす」とゆう考えで被写体を配置するのもひとつの手です。

構図がどーも苦手とゆうひとは、「あれも入れたいこれも入れたい」と欲張って、全部入れちゃうパターンが多い。結果、全体的に散漫になったり、ごちゃごちゃになってしまいやすいとゆう罠があります。

でも勇気を出して、余分なものは省いてみる。

そーするとあら不思議!
シンプルすっきりな構図ができあがり!

となるわけです。


特に物撮り(ブツどり。人物以外の物質、つまりモノを撮る)とかだと、撮影したい被写体が複数あるのが一般的ですが(例えば、「朝食シーン」のイメージが欲しいと、トースター、パン、コーヒーカップ、サラダ、ナイフ……とかいっぱい「ブツ」が必要になる)、ふだんから、フレーム内には「よけいなものは省く」ってゆう意識をしておくと、いざとゆう時役に立ったりします。

あたくしの場合、携帯カメラで撮影するのは、お料理が多いんですけど(まさに食いしんぼうばんざいだしな!!)、メインの被写体になるお皿がきたら、水の入ってるグラスをどかしたり(液体には光が反射してよけーなものが写りこんじゃう危険性があるので、それを避けたい時とか)、ナイフ&フォークを入れるか外すかバランス考えたりして、軽くセッティングするんですよ(笑)。
だからいっしょに食事してるひとには、あきれられるね。「またかよ」とかゆわれて(笑)。
でもあたくしのクセなので、だいたい協力はしてくれます。テーブル狭いと、撮影の間だけ、どかしたグラス持って待っててくれたりとか(笑)。
ただそーやってると、あったかいものはだいたい冷めちゃう。とゆう弊害が出ます。

……残念すぎる……_| ̄|○ il|!

まあそこまでやると、周囲のひとにうとまれる確率が高いのでどーかと思いますが(笑)、「削ぎ落とす」ってゆう方向性も視野に入れとくと、かえって構図の取り方のバリエーションが増えるんですよ。たぶん(笑)。





てなぐあいでお付き合いくださった方、いらっしゃいましたらありがとうございます!!

この世で大事なのは、何より守るべきは、「自分の心」だと思うので、どうぞそのためにすべての力を使ってくださいね。

届くのか、無駄なのか、どーなるか謎であろーとも、いつもいつも祈ってるのは確か。

偽善者上等だぜ。

だって自分の「真実」を知るのは、自分だけだからね。






«  | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: