FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『コーラスライン』を語る(竹内くんポール礼讃編) 

2011.11.17

びっ










劇団四季ミュージカル『春のめざめ』における最終お笑い兵器として、我々の腹を完膚なきまでによじってくださった大エルンストこと竹内一樹くんを拝見して

号泣する日

がくるとは……!!!!


驚 愕!!!



てなぐあいに本日も驚きのお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
ありがとうございます!!!!


いやー……

一部同志の方々に読まれてたので、てゆーかあたくし自身予感はありましたけど(笑)、そして自ら声高々に予言してますけど(爆)、

エルンストポール(@『コーラスライン』)に

お目にかかってまいりますた……!!!!


きゃーきゃーきゃーーーー!!!!!


なんだあのひょっこりカワイコちゃん!!!!!(錯乱)



てかごめん!!!


やっぱよくぼーおさえるのは無理やった!!!(爆)


とゆーわけで、エルンストポールが……!!!!(まだ錯乱中)


以前申し上げてますが、『コーラスライン』は初見がブロードウェイ版だったのですけど、これで魂持ってかれてたいへんなことになりますた(笑)。

で、四季版でマークがみくもり(三雲肇くん)とたまもり(玉井晴章くん)だったせいもあって(あとイルゼ(石塚智子さん)がヴァルだった)、けっこー何度か拝見してたんですよね。

ストーリー自体大好きで、ディアナの歌では必ず泣くってゆう(笑)。

だもんで、今回は竹内くんがポールで出てらっしゃるので、「すごい似合う気がする……」とか思って自由劇場にうかがったわけですが、

ちょっと!!!!!

竹内くんポール

似 合 い す ぎ!!!!!


ぶっちゃけ

竹内くん史上、

最もはまり役

な気がいたします。

マジ で!


個人的には、エルンストよりもスカイよりもケンよりも、例えとなりに一和(洋輔)くんがいても、

いちばんいい!!!!

と思うです。


ポールってゆうキャラの本来やさしくて、不器用な部分が、竹内くんだとすんごいはまる。

なんかえっらいリアリティあるんだもん!!!

おかげで例のモノローグシーンでは、たんたんとしゃべる竹内くんポールの言葉どーりに、光景がありありと目に浮かんじゃって!!!

特におとーさんが「プロデューサーに、『息子をよろしく』ってゆう」シーンとか!!!

オールカラー&ドルビーサラウンド並の映像で!!!!


気づいたら


涙でて た……_| ̄|○ il|!



くっそう……!!!


お笑いエルンストに泣かされたぜ!!!!(爆)


ちなみに、脳内映像における「竹内くんポールのおとーさん」は、なぜか田代(隆秀)さんで、「竹内くんポールのおかーさん」は、小野(さや香)さんでした……(遠い目)。

たぶんこれって、竹内くんポールに、ちょっとケン(@『嵐の中の子どもたち』)が入ってたせいもある。うん。

パーカーのそでで涙とか汗ぬぐうのは、竹内くんの素っぽいですね。
でもそこがなんかケンなんだよなー(どんなだ)。


てなかんじで竹内くんポール礼讃で終わっちゃった(笑)。

お付き合いくださった方々、ありがとうございます!!

『コーラスライン』はねー
以前さんざん語ってるので、もうおなかいぱーいな感もありますが、テーマがすげえリアルで個人にたきつけてくるものなので、拝見する度、自分の人生についてとか、いろいろ考えちゃいますよね(笑)。

ただゆえるのは、「やりたいから、やる」。

それでいいんだと思います。

自分で選んだなら、ね。


劇団四季『キャッツ』横浜公演2周年を祝す会 

2011.11.11

『キャッツ』横浜公演2周年おめでとうございます!!!!!

わーわーわーーーーー!!!!!

パチパチパチパチ!!!!!


てなかんじで本日もおめでたいお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございます!!!

どさくさにまぎれて申し上げますと(笑)、実は本日、あたくしと戸籍上夫(あだ名はハチ)のけっこんきねんびでございます(笑)。

なんでかこちらもおぼえててくださった方がいらして、お祝いのお言葉まで頂戴してしまいますた(笑)。

ありがとうございます!!!!

おかげさまで戸籍上夫(あだ名はハチ)は、絶賛犬系男子のままでございます!!!!(そっちか)


そんな記念日の11月11日といへば。


去年の今日、あたくしは京都におりますた……。

なぜなら、劇団四季ミュージカル『春のめざめ』京都公演を拝見するために!!!!(爆)


そして今年の今日。

横浜キャッツシアターにいたあたくし……。

しかも

おしごと で。




……??


なんでこんなことに……??


戸籍上夫(あだ名はハチ)より、どんだけ四季のが大事なんだ自分(爆)。


とゆーわけで、『キャッツ』横浜公演2周年記念特別カーテンこうるにおしごとでうかがってきたんですけど、なんか……すんげー不思議(笑)。

こーしたラッキーが起こるのは、ほんっとにご来訪同志の方々のおかげだなあってつくづく思った。

何度も申し上げちゃうんだが、
ほんっとにありがとうございます!!!


ほかにも同志の方々のおかげで、ラッキーが降り続いており(ありがとうございます!)それはおいおい申し上げていきますね。

いただいたラッキーは、くださった同志の方々とぜひシェアしたいのだ!!!

なのでお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます(笑)。



で、ご来訪同志の方々は、たいへんよくご存じですが、もともと四季信者のあたくし。
まあ厳密には、伊藤(綾祐)くんエルンスト至上主義信者だけどな!!!(笑)

そのあたくしが、四季へおしごとでうかがったら、

たいへんなことになる。

と予測されるわけですが(笑)、


まったくもってあたくし、

めちゃめちゃ冷静です(真顔)。



……?


……なんでこんなことに??



うーん……

やっぱ『キャッツ』は大好きなんですけど、観客としてものすごく拝見してるぶん、おしごとだとほんとに「おしごとモード」に入っちゃうみたいなんですよね。なんか劇場が視界に入った途端の気分が、明らかに違う(笑)。

こないだ観客として拝見しにいったときは、「うおー! ジェリクル!!!」とかちょう上機嫌なんだけど(つまり楽しすぎて意味不明になる)、今日は、「うーん……やっぱキャッツシアターだと、プレス席、最後尾だよなー。どー考えても写真撮影厳しいんですけど……」とか算段するあたり……(遠い目)。

ちなみにマニアックなことを申し上げると(笑)、舞台挨拶とかのイベントがある時は、プレス席つーかスチール席は最前列になる場合がほとんどです。かわりにムービーさんは、後方になります。機材でっかいからね。


だもんでまあ、すごい勢いで「おしごとモード」になってたので、自分でも自分にびっくりしますた。
だって特別カテコの最後、久しぶりに幻の「タガー締め」(ラム・タム・タガーさまは田邊真也さんでした)を拝見したとゆーのに、「マジかー! ダメだ、撮影しても画が死ぬ!!!」ってなって(フラッシュ禁止だった)、

意識が完璧にスチール撮影を優先させてる

なんて、

いったい何事よあたくし!!!!

あんな大好きなタガー締めなのに!!!

とか思って、

そーゆー意味では内乱状態だった……_| ̄|○ il|!


でも佐渡寧子さんグリザベラに初めてお目にかかれたのは、うれしかったなあ。

あと、マルタジェミマ(撫佐仁美さん)もいらしたので、「マルタ―――!!! 海(『マンマ・ミーア』)以来!!! お元気そうでよかったーーーーー!!!!」とか思ってカメラ構えてますた。


……ってなんだよやっぱたいへんなことになってんじゃん!!!!!!(爆)


……いや……違うな……


そーだ!!!!

所詮『春さめ』好きなんだよ!!!!!

卒業決意したくせに!!!!!(爆)




てなぐあいで、お約束で終わりましたが(笑)、これこそ「湊みらい締め」ってところでしょーか(笑)。

お付き合いくださった方々、ありがとうございます!!!!

これからも皆様と共にラッキーは続きます!!!

♪さあゆこおおおおおおおお


劇団四季『コーラスライン』竹内くんポール登場を祝す会 

2011.11.07

とうとうキターーーーーー!!!!!!!


待ってたYO!!!!!!(爆)


お笑いエルンスト(竹内一樹くん)が


ポールだーーーーー!!!!!!
(@『コーラスライン』)





じょうほう上書きされちゃうのでコピペ↓



キャスト

ザック 加藤敬二
ラリー 影山 徹
ダン 金久 烈
マギー 松元恵美
マイク 笹岡征矢
コニー 桜野あら
グレッグ 道口瑞之
キャシー 坂田加奈子
シーラ 団 こと葉
ボビー 丹下博喜
ビビ 出口恵理
ジュディ 坂本すみれ
リチー 松島勇気
アル 川口雄二
クリスティン 染谷早紀
ヴァル 鳥海郁衣
マーク 山本 道
ポール 竹内一樹
ディアナ 鳥原如未

※現時点における出演予定のキャスト情報です。
※出演者は都合により、急遽変更になる場合がございます。

(2011年11月7日更新)




うわーーーーーーーー!!!!!


こーきたかーーーーー!!!!



わーわーわー!!!!!


ありがとうございます!!!!(爆)



てなかんじで大騒ぎではじまりますたが、っていつものことですが、本日もポールダンスのごとくはげしいお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことにありがとうございます(深々)。


いやーボビーってた竹内くんに

ぜったいお目にかかりたい!!!!

とか機会をねらってたんですが、

ぼんやりしてたら先週おはずれになったので、

『コーラスライン』の神様に見捨てられた……!

とか思ってあきらめてたんですが、

こーゆーことだったのかーーーーー!!!!


田中(彰孝)さんポールとビルパパザック(脇坂真人さん)も拝見したかったんで、やっぱ開幕直後行くべきだったなあとか思ったんですが、まあこれも運命!!!
こーゆー形でないすかぽーの相方にお目にかかれるとは……!!!!









!!



……ってあたくしどんだけないすかぽー好きなの?(笑)


そしてはやくも

突発しそーな予感……_ノ乙(、ン、)_


ヤバい……!!!!(爆)



いやーほんとは『スリミ』語りを終わらせよーとせっせとつづきを書いてたんですが、つーか『スリミ』のオフブロードウェイ版オリジナルスクリプトについてもつっこんでいきたいんで(またかい)、さらなるロングラン予測がなされてるんですけどね、やっぱ『春さめ』お笑いエルンストネタが降りかかると、こっちにイっちゃうんだなあとつくづく思いますた……(遠い目)。


つーかたぶん一部同志の方々には、読まれてるっぽいのではくじょうすると、

『マンマ・ミーア!』にないすかぽーが登板するだろうとゆう予測の下、

京都に飛ぶじゅんびはしてた。


……うん。








!!




……_ノ乙(、ン、)_




いやいや清水寺イきたいなとか湯葉食べたいなとか思ってたし……うんうん。

つまりはそーゆーことだ!!!!(爆)



てなかんじで竹内くんポールDEお祭り騒ぎ!! で終わってしまいますたがごめんなさい……(笑)。
ここまでお付き合いくださった方、ありがとうございます……(爆)。


そんでもし竹内くんポールをご覧になった方、いらっしゃいましたら、お言葉お待ち申し上げておりますのでよろしくお願いいたします……。


……ええ、あたくし自身に関しては、早くも突発の予感大なので、いちおー自粛してるんですよ。

だってこないだの海劇場『マンマ』で、アホのよーにないすかぽー拝見しちゃったからな!!!!(爆)



劇団四季『マンマ・ミーア!』京都公演開幕を祝す会 

2011.10.23

いいなあ京都……!!!


劇団四季『マンマ・ミーア!』京都公演開幕、

おめでとうございます!!!!


わーわーわーーー!!!!

きゃーきゃーきゃーーー!!!!!



なんか一和(洋輔)くんがロルフ(@『さうんどおぶみゅうじっく』)から抜けた時、いっしょに竹内(一樹)くんもボビー(@『コーラスライン』)からお名前が外れてたそーですね。


さすがないすかぽー!!!

このままふたりで京都マンマにいくのか!!!!


とゆーよーなちょう期待のお言葉をいただいたので、

なにい!!! とばかりにあわてて公式飛んだら、竹内くんはボビーのままだった……。


ぬかよろこびしちまったぜ!!!!



見事、一和くんはペッパーでマンマ入りでいらっしゃいますね。


じょうほう上書きされちゃうのでコピペ↓。




キャスト

ドナ・シェリダン 樋口麻美
ソフィ・シェリダン 谷口あかり
ターニャ 八重沢真美
ロージー 出雲 綾
サム・カーマイケル 荒川 務
ハリー・ブライト 佐野正幸
ビル・オースティン 脇坂真人
スカイ 鈴木涼太
アリ 朴 悠那
リサ 若奈まりえ
エディ 大塚道人
ペッパー 一和洋輔

※現時点における出演予定のキャスト情報です。
※出演者は都合により、急遽変更になる場合がございます。
(2011年10月23日更新)




やっぱ気になるのは、ハリパパにファントム(佐野さん)、リサちんにマジョリンさん(若奈さん)が入られたところですよね。


ファントムとマジョリンさん……。


『マンマ』じたいが魔法っぽいストーリーな気がしてきた(かなり違う)。


でもってビルパパ(脇坂さん)がザック(@『コーラスライン』)でいらしたので、ぜってー拝見したい!! と思ってたんですよ。
おととし、加藤(敬二)さんザックにはけっこーお目にかかってるので。

つーか、みくもり(三雲肇くん)とたまもり(玉井晴章くん)がマークだったからね!!!!!!(爆)


大塚さんに関しては、「いいひと」全開なエディも好きなんですけど、やっぱぶっ飛んでうっぜえペッパーがめっちゃ愛しいなー(笑)。


ヤバい、京都イきたくなってきた……


って実はないすかぽー降臨! なら、本気で京都飛ぼうと思ってたんですよ。


……どんだけないすかぽー好きだ自分……(笑)。



いやいや京都は毎年桜みにいってたくらいだし、清水寺大好きだし、ふつーに観光ついでに『マンマ』みたいなって……


……


……


……わかった!!!!


はくじょうするよ!!!!!!




京都でないすかぽーの『春さめ』を拝見したいんだああああああ!!!!!!!!




……ええ、本音はそれさ!!!!


卒業決意したくせにな!!!!!!!(爆)



そーいや京都といへば、去年の『春さめ』公演中、南(晶人)くんと山下(啓太)くんがいっしょにお帰りになる「リアルダーリン状態」に出くわしたっけな……


って思い出しちまったぜ!!!!!!!


ぐわあああああああ!!!!!


大丈夫大丈夫、南くんはあんまき持って、名古屋でボックなう(@『ウィキッド』)な伊藤(綾祐)くんのご実家に、ごあいさつイってるはずだから……!!!


だいじょう ぶ!!!!!!!




……てなかんじで本日もたいへんどうかしてる当地へ、ご来訪まことにありがとうございます。

さらに麗しきお言葉たち&拍手喝采を賜り、重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございます!!!


まあ昔っからずーーーーーーーーっと申し上げてますが、あたくしは伊藤くんエルンスト至上主義者なので、ガチお似合いのお相手・南くんハンシェンとごーるでんかぽーだと信じてます(真顔)。


だってスタバつながりだもの!!!!!
(マニアすぎ)


さらに何度も何度も何度も申し上げますが、当地はあたくし湊みらいが、ちょう自由に激情を吐露するたいへん危険地帯でございますので、この傍若無人&縦横無尽な自由激情に耐えうる豪の方のみご期待くださいますよう、重ねてお願い申し上げます……。




来い、ごーるでんかぽーーー!!!!



……ええ、本音の本音はそれさ!!!!(爆)





劇団四季『ソング&ダンス The Sprit』を語る(ざくっと編) 

2011.10.15

♪もおブチ切れそお




がまんできないっ!!!!





とゆーわけで、いきなりですが、劇団四季『ソング&ダンス The Sprit』を拝見してまいりますた。


あいかわらずこらえ性のないあたくし……(遠い目)。


まいっか!!!!(爆)



てなわけで本日もがまんできないほどの麗しきお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!!


以下、『ソンダンスピ』語り(略しすぎ)、ざくっといかせていただきたく存じますので、お時間のありあまった方、お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。




まず全体的に、なんか魂(スピリット)を込めたってゆうより、やりたいこと全部つめたでしょ(笑)、みたいな。

以前、『ソング&ダンス 55steps』語りでちこっと申し上げましたが、「ミュージカルのおもちゃ箱」ってかんじ。
「本気で遊ぶ」感がぎっしりつまってて、やっぱ「加藤敬二つめあわせセット」かな(笑)。「いろんな味が入ってて楽しいですよ」的な。「四季からのお歳暮」ってところでしょーか(笑)。


で、個人的ツボ、ざくっと列挙。

・実は生阿久津(陽一郎)さんにはじめてお目にかかった。「永遠の王子枠」だと思ってたイメージのななめ上をゆくコミカルさ。

・おかげでずーっと笑いをこらえるのがたいへんだった(困った客)。

・大塚(道人)さんペッパー(@『マンマ・ミーア!』)に、心をなでられた時と同じ愛しさを感じる。男前なのに柔らかい雰囲気って、おもしろい方だ。

・ロルフせんせい(飯田達郎さん、10年末『美しい日本語教室』まんまと参加のケン参照)がメルヒオール・ガボールなケン(♪ブチ切れそう)。上川(一哉)くんメルヒの系譜なイメージ。

・てゆーかなんだあのボイパ!!!!
前世はきっとマイクだと思う(真顔)。

・たまもり(玉井晴章くん)が起き上がりこぼし健在なケン(10年版『春さめ』名古屋公演たまもり語り参照)。素人目に見ても、身体的にもんのすごく芯がしっかりしてるのがわかる。

・どんな衣装で登場しようとも、すぐにたまもりを発見できてしまうケン(『春さめ』みすぎた弊害)。

・自ら命をたつたまもりが、ちょう笑顔で
♪ 生きているってすばらしい~
とかゆってるケン(正しくはコーラス)。

・わざわざ『春さめ』から2曲も採用したのは、来年再演への布石な気がする(真顔)。

・李涛さんが客席に降りてきた際、ちょう接近席にいたのだが、ものすごい雄大な風と土のにおいがして(『春さめ』曲効果で、五感がどうかしてきた)、本気で倒れそうになった。

・りたおさんの『人生を踊り明かせ』をすごい久々に拝聴できて、テンションMAX(『ウィキッド』好きとしては卒倒もの)。

・サムパパ(阿久津さん)とロージーさん(青山弥生さん)が座敷わらしなケン(♪おれたちゃペドロ一家)。実はこれがいちばんのツボ(マニアすぎ)。




ほかにもあるんだが、つーか『春さめ』フリークとしては、

『♪ブチ切れそう』でたまもりが激しく歌い踊るケン

にめがっさ突っ込んでいきたいんだが、一応ここまでに(笑)。

まあトータル的に、『春さめ』『ウィキッド』『ユタ』『マンマ』好きのあたくしとしては、すごい楽しいしうれしいですね!!

あ、あと、『♪サークル・オブ・ライフ』で、青山さんラフィキの後ろで、阿久津さんとりたおさんの

Wシンバの図

が楽しかった。

去年、『春さめ』東京公演のイベントで、一和(洋輔)くんハンシェンの両サイドに、伊藤(綾祐)くんと山下(啓太)くんの

Wエルンストの図

を思い出しちゃっ……




……_| ̄|○ il|!


『春さめ』卒業したつもりなのに!!!!!

四季めえええ!!!!!!!!(爆)



ってまあ純粋に『春さめ』フリークの方は、『スピ』(さらに略しすぎ)バージョンの『ブチ切れ』と『ママ』は、けっこーお気に召す気がするのだがどうだろう?
もちろんもとの四季版『春さめ』の世界観が大好きな方は違うはずだけど、個人的には、あの絶望感がなくて、従来の『春さめ』とはまったく別ものとして拝見できたので、かなり好きだなあ。
ただあのエッジのきいたギターのカッティングとか、原曲の持つパンチ力は健在なので、「ああーやっぱ『春さめ』だああああ!!」みたいな戦慄が走るのは確かです(笑)。


でもって『♪サークル~』でジャンベ出てきてすごいうれしかったーーーー!!!!(爆)

高校時代、コンガやってたんで(そのほかに、なぜかクラシックギターとラテンパーカッション担当だった)、あーゆー打楽器大好きなんですよ!!!!

わーーーーーーーー!!!!

ジャンベ―――――――!!!!!!!

ジャンベ打ってるーーーーーーー!!!!

あの皮の押さえ具合!!!!

そーとー練習なさったんだろーなー……。

むずかしいんだよあの角度で抱えながらあーゆー高い音出すのって!!!!

すげーなさすが四季!!!!

ジャンベもこなすか!!!!


とか不思議なところで大喜びしてたあたくし。


いやーーーーー

いいわジャンベ!!!!!!
(そっちか)



てなぐあいで最後はお約束なかんじになりましたが(笑)、お付き合いくださった方、ありがとうございます!!!!

次回はたぶん、『スリミ』語りにイく……かな……???


とりあえず、魂を込めて。


つあいちぇん!!!
(なぜか中国語)



«  | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: