FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<なぜか金曜日に  | ホーム | ミュージカル『スリル・ミー』2014年11月公演を語る16(田代万里生さん×伊礼彼方さん版04) >>

ミュージカル『スリル・ミー』2014年11月公演を語る17(田代万里生さん×伊礼彼方さん版05) 

2014.12.11

♪むすこのいのち~

最近気づくとなぜかこのフレーズばっかり口ずさんでるあたくし湊みらいでございます待ってたよ!!(『スリル・ミー』的ごあいさつ)

こんな危険な歌詞をふつーにうたってるとか思うと、そーとーヤバイ状態な気がする……ってもとからヤバイけどな!!!

てなぐあいで本日もすくいのお言葉たち&拍手喝采をいただきまして、たいへんありがとうございます!!!

そして田代さん「私」×伊礼さん「彼」版語り、イかせていただく!!
まだごきょーみのある稀有な方、お付き合いいただけると幸いです……。



さて、情念系カワイコちゃんと化した田代さん「私」が思いを寄せる(?)伊礼さん「彼」ですが。

はくじょうしよう。

あたくし、伊礼さん「彼」が登場して、ゆっくり舞台前方に出ていらした瞬間、
マジでときめきました(真顔)。

もちろん伊藤(綾祐)くんエルンストとかね、ふっつーにときめいたりはしてるんですけど、なんつーの? 一目ぼれっつーか、なんかを考えるまえに胸がどきっとしたんですよ、伊礼さん「彼」って(笑)。

しょーじき申し上げて、舞台で生の俳優さんが出てきた瞬間ときめいたっつーのは、生まれて初めての経験です。ええ。

度々申し上げてますが、伊礼さんに初めてお目にかかったのって、おしごとで『サイド・ショウ』を拝見した時だったんですけど(その節はお世話になりましてありがとうございます……(笑))、ぜんぜんふっつーに「あーあまい声だなー。ナイスガイキャラだね!」とかそーゆー認識だったんですよ。でもなんかあの七三分けでぴったり髪なでつけてる伊礼さん「彼」は、まさに「!!」なかんじでした(爆)。
「ヤバイ、この『彼』、ぜってー男にも女にもモテる!! ほんとに会ったすべての人間を魅了するタイプだ!!」
ってなって、一瞬すげーあせった(笑)。


で、まあときめいたのはほんとにその最初の一瞬だけだったので(笑)、あとは「なんであたくしときめいた……?」とか思いながら伊礼さん「彼」を目で追ってたわけですが、すぐにその理由がわかりますた。

伊礼さん「彼」って、歴代「彼」史上、いちばん「いいひと」なんですよ。

……ってもちろんあたくしの個人的なイメージなので、ご了承ください(笑)。

基本「彼」は「私」に強硬な態度を取るSな俺様系なので、ドSハンシェン様のよーな俺様好きのあたくしとしましては(笑)、そのせいかな? ってちょっと思ったんですよ。
伊礼さん「彼」って、けっこーおさえた演技なさってるし、トーンも抑揚が少なくて、「静かなるS」っぽい雰囲気でいらした記憶があるのです。

が!

それにだまされた!!!!(笑)

そーやって頑ななSな態度の中に、時折すんげー人間くさい表情とかを入れてらっしゃるんですよね。
サブリミナル効果みたく(笑)。

一番印象的だったのは、田代さん「私」に「抱きしめてほしい」って背中越しにゆわれた瞬間、「えっ? ヤバイ!」みたいな表情をなさるんですよね。明らかに動揺してるってゆーか。そーゆー一瞬の表情を見せてから、何も聞かなかったかのよーに、「そーだ明日はオヤジのオフィスにしないか」って口を切る。

なにこのひと、ほんとはえっらいいいひとじゃん!!!(笑)


たぶん初演から『スリル・ミー』を追っかけてるあたくしの本能が、伊礼さん「彼」の「実はいいひと」ってゆーのを嗅ぎとったからときめいたのだと思われます(笑)。だって一瞬ときめいた自分にびっくりしたもん。あたくしの本命は、初演のニイロさん「彼」だってゆーのにさ!!!(爆)


伊礼さん「彼」の強硬な態度とは裏腹に、時々入れてくる「動揺の表情」は、えっらい効果ありますよねえ……(笑)。
「抱きしめてほしい」の後の「ヤバイ!」ってゆう表情、ほんっとヘタレ丸出しなかんじで(ごめんなさい(笑))、「そうきたか……!」とか思って、つくづくお上手だなあと(笑)。

「彼」を「実はいいひと(つーかヘタレ。あるいは小心者)」ってゆー解釈にしたのって、かなり斬新ですよね。今回の演出で、「『彼』の『私』への愛が消えた」分、そーゆー意味では、伊礼さん「彼」の田代さん「私」に対する愛ってゆーか、ゆがんだ愛情みたいな「所有欲」的なものは垣間見えた気がいたしました。
「そこに愛はあるのか?」でいったら、たぶんこのペアが一番あったかなー?? とゆうイメージ。
でもその「愛」は、あたくしが初演から度肝を抜かれた「IQ高い子同士の愛憎劇」としての「愛」とは違って、なんつーかもう少し人間の心理的なレトリックによってつむがれる「愛」に近いかなってゆー気がします。計算高さが見え隠れする的な。
田代さん「私」に、そーゆー計算高さがあるのは当然なんだけど、伊礼さん「彼」の発する「愛」も、どっかそんなにおいがするのね。ニイロさん「彼」は、田代さん「私」をある意味純粋な「愛情」として愛してたんだけど(あくまでもあたくしのイメージです(笑))、伊礼さん「彼」は、純粋な愛情とゆーより、田代さん「私」がいると便利だから的な部分も含んだ「愛」なかんじがいたします。

だからたぶん伊礼さん「彼」って憎めないんですよね(笑)。韓国ペア語りでも申し上げましたが、「私」に対してほんっとビジネスライクな「彼」は、やっぱ「ちょっとー! ひどいね!!」ってなるんだけど、伊礼さん「彼」は、「うーん、まあしょーがないよねー」みたいなかんじになる(笑)。

やっぱ時折見せる動揺の表情は、伊礼さん「彼」の特徴ってゆーか武器なのかなーとゆう気がいたします。





って語った語った……!!

でもまだ伊礼さん「彼」について語りたいのでまた次回(何)。

お付き合いくださった方、ありがとうございます!


♪おくってあげよー

 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: