FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<ミュージカル『スリル・ミー』2013年3月公演チケット一般発売を祝す会  | ホーム | トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演『Live in toRAIN No.A-h』を語る02>>

トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演『Live in toRAIN No.A-h』を語る03 

2012.11.30

北の大地でないすかぽーがふっかつな今日この頃(正しくは、一和洋輔くんペッパー×竹内一樹くんスカイ登場 in 『マンマ・ミーア!』@ほっかいどう)、ハンシェン×エルンスト愛好委員会会員の皆様おいえんおうそれでも心が求めてる!!!!(←『マンマ』的ごあいさつ)

本日も求める以上のお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!


あ、同志の方々からいろいろ教えていただいておりますが(ありがとうございます!!)、あたくしネタバレ大歓迎派なので(笑)、心ゆくまで語っていただけると
ひじょうにうれしゅうございます
(「しゅう」で韻を踏んでみたことに大満足。
最近のBGMはなつかしす KICK THE CAN CREW ゆえだぜへいめーん)。

引き続き、麗しきお言葉たち、お待ち申し上げております……(笑)。


で、昨日お贈りした『Live~』なのですが、「冷静すぎてどーしたww」的なツッコミが入りますた……(笑)。

ありがとうございます!!(爆)

あのさー
いちおーあたくしもいい年した社会人なわけですよー。
こないだの『ライオンキング』ごーるでんかぽー登板時のノリでイったら、どーなるかご想像つくでしょー??

つーかそこらへん察してくれよ!!!
ほんっとわがままなんだからっ!!!(笑)


とゆーわけで、こー見えてかなり冷静(のつもり)なままお贈りいたします『Live~』語り個人バージョンその後。
お、チケットの発売は、明日、12月1日(土)10:00~
のよーですね↓。
http://www.tokyo-engeki.com/ticket.html


またしてもちょう個人的な視点で危険度満載状態でお贈りいたしますので、お時間のありあまった強者の方のみ、ご高覧いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

しかも長い。

そしてうざい。


マジ気をつけ て!!!!!








演出の小林拓生せんせいが、濱田真和さんに脚本をお願いした時、「原発、原爆、いじめその他もろもろ、『いまの日本の問題をぜんぶ入れて』」ってリクエストしたお話は、語り01で申し上げましたよね。

それで、濱田さんから上がってきたのを見た小林せんせいは、ほんとに「すごくいいものが上がってきた」と思われたそうです。
あのね、これ文字にしてるから伝わりにくいんですけど、「ほんっとに満足!」ってゆう表情なさってたんですよ(笑)。「相当自信ある」ってゆーか、心の底から真剣に認めてるのがわかるかんじ。教え子なんでね、そこらへんはわかります(笑)。

何より濱田さんが、「ものすごく素直に、一生懸命に取り組んでくれた」のに感動なさったみたいで、「あの世代って一生懸命やってくれるでしょ」って、すごいうれしそうだった(笑)。「あーわかります!!」ってあたくしもめっちゃ同意しちゃって(笑)。

なんとゆうか、20代が持つ特有のひたむきさとか情熱って、やっぱすごく素直だし、一生懸命なエネルギーだと思うんですよね。
自分が濱田さんと同じ25歳のころって、濱田さんに比べるとうんとアホでしたけど(笑)、情熱だけは確かにあって、それがすべてだった。
むしろそれだけが頼りで、それだけで世界が変わると信じてた。

そーゆー意味で、2012年の25歳が情熱をぶつけてできた脚本は、きっと、世界を変えるんだろうなあ。例え、ささやかでも。
なんてふと考えたりしました。

ただ、お話をうかがってた段階では、脚本がまだ5稿だったんですよ。なので、決定稿が上がったら、改めて濱田さんのお話をうかがいたいなあとか思いました。


で、濱田さんと同じ年の齋藤ヤスカくんは、「自分もいろんなことを細かく調べて、つなげていって、つくるのが好きなので」、脚本を見て共感なさったとか。最初からエンディングまでの流れが、「美しい」とおっしゃってたのも印象的だったなあ。「スムーズ」の意味だそうですが。

あ、今これ書いてて気づいたんだが、「器用」なひとって、「いろんなことを細かく調べて、つなげていって、つくるのが好き」なのでしょうかね?(笑)
濱田さんやヤスカくんみたく、「器用」とゆうか「多才」になりたい場合は、「細かく調べて、つなげて、つくりあげる」よーなプロセスを意識するといいのかも。あたくしはめっちゃ不器用なので、なんかいいヒント知ったな、ってゆうかんじですけど(笑)。


そんで、主演の意気込みをヤスカくんにうかがったら、
「最終の大枠を取るのは小林せんせいなんですけど、その枠の中で暴れるのは演者なので、役者の気持ちを足して、台詞をあわせられて、それがお客さんにメッセージとして届くようになればいいですね」
とか、すごくかっこいいお言葉を頂戴したんですよ。

したらその後、
「……俺、言ってること大丈夫ですか?」
ってそばにいらした小林せんせいに確認なさるもんだから、あたくし声上げて笑ってしまいますた(笑)。
「だって『主演の子が、考えてる方向性違うんだよね』とか言われたら……(笑)」
って心配なさってましたけど、小林せんせいは「大丈夫、大丈夫」ってくり返してらっしゃいましたから、大丈夫なのでしょう(笑)。

そーいえば昔、小林せんせいに教えていただいたんですけど、最近の海外の舞台のカンパニーでは、「演出家もスタッフも俳優も、全員で話し合って、上演に向けて作り上げていく傾向が多くなってる」らしいです。
確かそのカンパニー全員が「魚」で、上演という「海」を目指して泳いでいく、ってゆう例えを使うとかなんとかおっしゃってた気がする(うろ覚えですみません)。
「昔は、演出家は絶対で、その意図にあわせて俳優やスタッフが動くのが主流だった」よーですが、小林せんせいは日本演出者協会国際部に所属の方なので、けっこう海外のスタイルを取り入れるケースが多いんですよね。なのでこちらの舞台も、たぶんそーゆー形で行われるんだろうとゆう気がいたします。


それにしても、お話なさる時のヤスカくんは、時折ものすごい憂いのある目をなさるので、ちょっとびっくりしました。

あ、もちろんあくまでもあたくしの個人的な印象なので、ご容赦願います(笑)。

なんとゆうか、一瞬目の色が深緑色っぽく変わったよーに見えたんですよね。カラコン入れてらっしゃった可能性もあるんだが(笑)、時々ふっと「ジャングルの緑」な色になる。秘境とかにそびえる木々の色。

……だいじょうぶ、あたくし正気です(笑)。

それでなんか瞬間的に、この方はたくさんのものを「捨ててきた」ってゆう印象を受けたんですよ。
それはもうたくさんのものを「捨てて」、今日まできたんだなあって。

意図的にせよ、偶発的にせよ、「捨てる」とゆう行為は、多少の「痛み」を伴うと思うんですよね。「切なさ」だったり、「哀しみ」だったり、「すっきり」の場合もあるけど、それもやっぱりどこかで「傷」みたいな「跡は残る」ってゆうか。


昔、上司の社長が、封をしたままの手紙とか書類を、がしがしゴミ箱に投げ入れてるところに出くわしたんですよね。あたくしが驚いて目を丸くしてたら、社長が切ないよーな、どっか悲しそーな笑みを浮かべて、「俺、捨てるのが仕事だからさ」っておっしゃったんですよ。

その瞬間、なんか涙ぐんじゃって(笑)、「はい」って答えるのに精一杯でした。
「捨てる者の孤独」って、すさまじい責任と覚悟と、情を押し殺す強烈な自我と理性が必要なわけで、そのリアルな姿を見たら、なんかもう、自分ができるのは、見てることだけなんだなあって痛感したんですよね。


ヤスカくんは、ご自身が「ほかの25歳のひとと比べると、自分は頭でっかちなほうだと思う」って分析されてたんだけど、それだけ「捨てて」きたから、すごい考えてる証拠なんだろうなあ。
今まで感性だけで乗り越えてきた部分は、そろそろ難しくなるってことを本能的に感じ取ってて、だからそれを押し流すために、ものすごく生き急いでらっしゃるようにも見える。
ああ、この方は、ジャングルの緑みたいなプリミティブな感性で、いっぱいいっぱい「捨てて」、これからももっとたくさん「捨てて」いくんだろうなあ。ってゆう気がしたんですよ。

そしてこれからも続くその行為が、少しでもたおやかで、残ったものが、あるいは行き着いた先が、バリの海みたく、空の色をそのまま映すような澄んだ色だといいなあ。光が自由に乱反射して流れるような場所だといいなあ。
とか祈るように思ったりしたのでした。

ほんとよけいなお世話なんだけどさ(笑)、なんか心から願ってしまう。
あの一瞬見えた深緑色が、艶然と笑えますように、って。





ってなげーなげー!!!!(大笑い)

とりあえずお話をうかがった11月中にまとめておこーとしたら、こんなんなっちゃいますたごめんなさい_ノ乙(、ン、)_

お付き合いくださった方々、いらっしゃいましたらありがとうございます!!

お疲れさまでした!!!


とゆーわけで、11月千秋楽、今月もお世話になりましてありがとうございます!

ほんと寒い日が続きますので、くれぐれもご自愛のほど。

また来月お目にかかれれば大変幸甚に存じます。

ムーディ!(爆)














おまけ。

スチール☆みらいの携帯カメラDE写真撮影教室番外編・『Canon EOS 6D』発売記念にまつわるどーでもいー叫び。


ほんっとどーでもいーYO!!!!!(笑)



本日発売の

Canon EOS 6D



心の底から

ほ し い!!!!!!


やっぱほんとは、5D MarkⅢがほしいんだけど、だって画素数2230万て!! どんだけ美しいんだーーーーーー!!!!

でも6Dは2020万画素だから、なんならKiss X6(1800万画素)でもいいか……という気がしてきた……(笑)。

うーんうーん……。

知り合いのカメラマンさんと6Dの話題で盛り上がってたんだが、みんなそわそわしちゃってかわいかったなあ(笑)。
「でもやっぱMarkⅢほしいですよねー」
「ほんとだよねー。けど高いもんねー」
ってゆう同じ会話が、どの現場でも展開されるのはなぜだ(笑)。カメラ専門のプロでも、MarkⅢは高いってゆー認識なんだなあ。
つーかあたしみたいなちゅーとはんぱなカメラマンは、MarkⅢ手に入れても使いこなせんのかっつー疑問が残ることに気づいた……。
ぬーん……_ノ乙(、ン、)_



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: