FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<劇団四季『ライオンキング』を語る(ごーるでんかぽーレイヨウズ&ゲオルグバンザイ降臨 編)  | ホーム | ミュージカル『スリル・ミー』2012年7月公演を語る14(松下洸平くん×柿澤勇人くん版01編)>>

2012年あきのたしなみシリーズ03(暫定)  

2012.11.08

全国津々浦々ハンシェン&エルンスト愛好委員会会員の皆様おいえんおう(ごきげんよう)。会員No.110の湊みらいでございますおまえの中に生きている!!!(←『ライオンキング』的ごあいさつ)


本日も生き生きとしたお言葉たち&拍手喝采を頂戴いたしまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!


本日のあたくし、

本日こそはサバンナに!!!!

本日こそはごーるでんかぽーレイヨウズに!!!!!


と息巻いたのですが、


春劇場、見事に「貸切」だった……(遠い目)。



……???

なんだろうこの阻まれ具合。

社会人としてまともな行動を取ってたら、行き着いた先が「貸切」。

おっかしーなー???


とゆーわけで、かわりにたしなんでみたものたちについてイかせていただく。

お時間のありあまった上、ご興味のあるたいへん奇特な方々のみ、お付き合いいただけると幸いです。








ブリヂストン美術館コレクション展
『気ままにアートめぐり――印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術』



以前ちょこっと申し上げますたが、あたくしはたぶん前世が、1900年前後のタイプライターっぽかったので(爆)、その頃の印象派(新印象派)とか、アッシュカン系にめがっさひかれる傾向があります。なんか本能が呼ぶかんじがするんだよなー。

で、この展覧会では、ひとつの部屋に、マネとモネとドガとルノワールとカイユボットの作品が一堂に会してて、本気で倒れそうになりますた……(笑)。

一生この部屋に住む!!!!

と思った(爆)。

特にモネの『黄昏、ヴェネツィア』!!

初めて拝見したんだが、見た瞬間泣けた(爆)。
あたくし的に、今まで拝見したモネ作品の中で最強!!
大好き!!!!
ってなってしまいますたYO!!!

なんつーか、「世界は、3原色(シアン、マゼンタ、イエロー)でできてるんだ」っつーことがすっげーよくわかるイメージ。
「スペクトルを油絵にするとこーなる」みたいな(笑)。

その微妙にずれて変化してく色味の差が、堅実なのにやわらかいんですよね。

「自分が住む世界は、こんな美しいんだ」ってゆう気になるほどの。


実はモネ作品でいちばん好きだったのが、シカゴ美術館で見た『チャリング・クロス橋、ロンドン』だったんですよね。
実際にチャリング・クロスに立った時、そっから見た景色は「けっこう硬質だなあ」ってゆう印象だったんですけど、モネの目を通すと、こんなやさしくて淡い景色になるのか……とか思って、ずーっとその場に立ちつくしてたあやしい東洋人のあたくし(笑)。

けどそれを凌駕するほどのモネ作品が、日本にあったとは……!!

なんか「灯台下暗し」的な感動もあって、すごいうれしい!!


ってモネ語りで終わっちゃったけど(笑)、ほかにも食いついていきたい作品がいっぱいなんですよ。
エジプトのレリーフがあるかと思えば、岸田劉生から田中敦子まで、有名どころの作品をうまいぐあいに網羅してます。
なので、美術史に興味あるひととかの参考になると思う。
マジ住みたいです(笑)。








FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画展
『マグナムを創った写真家たち~キャパ、カルティエ=ブレッソン、ロジャー、シーモア~』



やっとイけたーーーーーーー!!!!
あたくしにとっては、つーよりカメラやるすべてのひとにとっては、神!! のマグナム・フォト四天王!!!
もーーーーーー大好き!!!

今回、ブレッソンの撮影したマティスと、ピカソ(とその息子)の写真があって、ちょっと和んだ(笑)。

息子を抱いてるピカソの手が、けっこーでかく写ってるんですけど、つーか初めてピカソの手を見たんだが、
「あーこれはすんげー器用な人の手だ」ってゆーのがえっらいわかりました。ちょう納得。
関節のところが節くれだってるんですよ。
こーゆー手の形したひとって、職人とか芸術家に多いんだよねえ。
なんかこんな形で「世紀の天才」の手をしみじみ見るとは!

あとやっぱキャパのは、見るだけで無条件に涙が出るよーになってるらしいあたくし(笑)。

昔、キャパが地雷を踏んだ時に持ってた最期のフィルムを見たことがあって、ほんとに最後の最後まで、いっしょに歩いてる兵士が写ってたんですよね。

なんかその生々しさがキョーレツに印象に残ってて、最後の瞬間はどんな思いだったのかなとか、もし生きてたらどんな写真を撮ったかなとか、いろいろ考えちゃうせいもあります。

キャパの作品は、泥臭いのにスタイリッシュで、たぶんキャパ自身がそんなひとだったんだろうな。


ってマグナム語るとなげーのでこのへんで(笑)。



そーいや写真つながりで思い出したが、こないだごはん食べてたらリアル斎藤ヤスカくんに遭遇しますた。

びっくりしたー!

なんだこのすげー偶然……(汗)。

「クラムチャウダーとパーニャカウダをなぜかいつも間違える」的なことをお話しなさってた気がするのだが(うろ覚え)、目の前の美食に夢中で、利き手のこととかうかがうのをすっかり忘れてた……_ノ乙(、ン、)_

なにやってんだ自分!!!!

せっかくのチャンスだったのに!!!!!(涙)


つーかあのリアル女子以上に美しいとゆわれるすてき俳優さんより、食い気が勝つってどーゆーことだ……(遠い目)。


女子として反省しよう……。


マ ジ で!!!!



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: