FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<劇団四季『ユタと不思議な仲間たち』に祈る04  | ホーム | かんそうきょくのかんそう>>

劇団四季『間奏曲』を語る02(千秋楽を祝す編) 

2012.05.12

遅ればせな が ら!!!




音楽劇『間奏曲』が千秋楽を迎えました




おめでとうございま す!!!!





とゆーわけで本日も当地のかんそうを綴ったお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、ありがとうございます!


なんか今回の『間奏曲』は、前予でもよゆーでチケット取れるだろーとタカをくくっておりましたが、あまかった……!

四方八方手をつくしても、どこも完売の嵐!

なんでだろう?

ゴールデンウイーク中だったから??


けどやっとチケット取れて拝見しにいった時、エントランス前に「四季受付」とかゆう看板?が出てたんですよ。
だもんで関係者の方々で席がうまってたからかな? とゆう気もした。

どーなんでしょーね?


まあどっちにしても、小さい自由劇場の客席があんなにうまってるとうれしい(笑)。
『春さめ』の空き状態を考えるとな!(笑)


ちなみに会場に入ろうとしたら、男のひとが入口で立ちふさがってて、「ここで待機ってことなのかな?」とか思ってそのひとをじっと見てたんですよ。したら、「あ、すみません」ってゆってどいてくれたんだが、それがシンバ(田中彰孝さん)だったのでびっくり。

おお、サバンナの風!

ってなった(笑)。


つーかハンシェンレイヨウ(南晶人くん)はどこですか……(行き着くところはやはりそこらしい)。



そんでまあお目当ては神ゲオルグこと白瀬(英典)くん復活を確かめることだったので、しょーじき内容とかあっとゆーまに飛びますた(笑)。


あ、おとーさん(志村要さん)が最初から登場なさってたのはふつーにうれしかったです。

だがラスト、

同じ舞台上に、

おとーさんとゲオルグが

いっしょに立ってるー!!!!!!!



ってなって、涙ぐんでた困った客のあたくし……(遠い目)。





結局、ジロドゥの解釈がどーのとゆーより、最後のおとーさんの台詞につきるんだろうなあと思います。



「お金は金持ちのもとへ、幸せは幸せ者のもとへ、再びいくようになった」



すなわち「求めよ、さらば与えん」とゆうか。

ネガティブなことばっかゆったり考えてるとネガティブな人生になるし、ポジティブならポジティブな人生になる的な。

お金が好きなひとはお金に興味があるから、お金も集まりやすいし、エルンストが好きなハンシェンはエルンストに興味があるから、京都まで追っかけていくし(ないすかぽーいん『マンマ』)、『春さめ』が好きなあたくしはゲオルグに興味があるから、『間奏曲』みにいく。


……卒業決意したくせにな!!!!(爆)



とーぜんながら、へこんでるのに無理やりポジティブ思考したりすると、かえってさらにネガティブ方向へいってしまうのが常なので、ちゃんといったんネガティブ状態を受け入れて、ニュートラルに戻るっつーのが大前提。

それを考えたら、白瀬くんが「四季を離れてた」っつー事実は、あたくしたち『春さめ』フリークにとっては「ネガティブな状態」だったけど、あくまでも「一時的」な話だったよーな気がする。

つまりこーして神ゲオルグが復活したとゆーことは、まさに

「『春さめ』のゲオルグは『春さめ』フリークのもとへ、再びいくようになった」



だからなんかもう、歯を食いしばって、「これが努力だ!」とかいいながら、心では違和感感じてることに従事する時代は終わったんだろうなあとつくづく思います。

もっと軽やかに、自由に、自らの魂が求める方向へ、素直に従っていくべきなんだろう。
それが「幸せ」ってやつで、そーして「幸せは幸せ者のもとへ」いくようになる。

だもんで「自らの幸せ」に従った白瀬くんは、あの美声を堂々と再公開したんだなあ。

「すべて壊してしまえ」の後にくるのは、やっぱ再生なんだね。



てなかんじでお付き合いくださった方々、ありがとうございます!

『ユタ』東北公演も開幕したし、「祈り」についてもーちょっと語りたい気分になってきた(笑)。

ので、ご興味のある奇特な(笑)方々、自由激情の行く末をご期待ください!





♪スペインにはパエリアが多い~


……やっぱ食べ物ネタにいくのか自分……(笑)。






 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: