FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<約束  | ホーム | どうしても叫びたくなったこと>>

謹啓 

2011.03.12

この度、数々のお言葉を賜り、ありがとうございます。私儀無事にすごしております。
そして、被害にあわれた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。


騒乱から一夜明け、まだ余震が続いておりますが、いろいろお気遣いくださった方々、本当にありがとうございます。


なんかもー……
さっきからずーっと泣いてばっかいる。
かなしくてかなしくて涙が止まらん。
それでも日本は、この国は、ほんとすげえいい国だ! と思ったのもたしかなんですよね。

昨日、電車とまっちゃってたので、新宿をめざしてえんえんと歩いてたんですが、日中のビジネス街をざくざくと歩く人々の群れ、ネオンがこうこうと輝いてる景色をずっと眺めてた。
あれだけの揺れがあったのに、断水とか停電どころか、街は機能してて、人々の表情は冷静だし、むしろ帰宅難民がいっぱい出てるもんだから、お店は「飲み物半額ですよ!」とか呼び込みやってるし。


なんだろうこの国は。
なんてやさしくてたくましいんだろう。


5年前、3大疾病のうちのひとつを患ったあたしは、人間の生と死について、本気で考える直面に出くわしたんですよ。
それまでてきとーにたのしく生きてきたので、せーてんのへきれきっつーか、ああ、人間の命には限りがあるんだなあってことをキョーレツに意識した。
「死ぬ」ことに対し、どんな方法でそこへ至ろうとも、すべての命は平等なんだという摂理を実感したんですよね。
それならなんで神様は、わざわざあたしを生きびさせるんだ?
なんであたしを今この場所におくんだ?
とかまで考えが及ぶと、やっぱ「おまえはおまえのやるべきことをやれ」って意味なのかなあとゆう結果に落ち着いたのです。


人知をこえたものにあうと、なぜ、なんの意味があってこんな仕打ちを受けるんだ? とか、自分の無力さを嘆いたりとか、いろいろ考えたりする。
でもそれは、魂をかけるほどの過酷さでもって、試されてるんだと思う。
この現実を目の前にして、おまえは何をやるのか、と。

愛しいひとには愛しいといおう。
会いたいひとには会いにいこう。
声が聞きたければ聞きにいこう。
ムカつくやつとは戦おう。
正当な怒りは口にしよう。
くだらない泣き言は吐き出そう。
不景気がなんだ、絶望がなんだ。
やるべきことがぜったいあるんだ。
例えばあたしが今すぐ救助にいきたくても、
救助隊員の方並の働きは無理だし、
つまりはそういうことなんだ。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: