FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<劇団四季『春のめざめ』ハンシェン×エルンストその後を予測する会 幕間(危うし! 嵐の中のないすかぽー編)  | ホーム | 劇団四季『春のめざめ』を語る(南くんハンシェン w/一和くんハンシェン考察編14)>>

劇団四季『春のめざめ』ハンシェン×エルンストその後を予測する会 幕間(脳内劇場おとなVer.プロローグ編) 

2011.02.24

『春さめ』全米ツアー?に登場のハンシェン様ことAndy Mientusくんの動画を拝見してたら、



脳内がたいへんなことに……!!!!



この方、オリジナルのジョナサン・B・ライトくんよりも、

ハンシェン様っぽい気がするんですけど!!!

なんかハンシェン様のキモさが増してて、

すっげー腹いたい……(笑)。


こーゆーおかしなハンシェン様もいいね!!!!!(爆)



てなかんじで本日もおかしな当地への愛あるお言葉たち&拍手喝采、ありがとうございます!!!!


アンディくんハンシェンのおかげで、

ハンシェン×エルンスト その後劇場
プロローグ ハンシェンの帰還

ができてしまっ……(爆)。


いや、伊藤(綾祐)くんエルンスト語りをはじめるにあたって(笑)、予習のためにアメリカ版『春さめ』動画をみまくってるんですよね……(遠い目)。

まったくもってロングラン予測なので、いちおーきりのいい3月1日からまいにちこうしん!! を目標に、はじめよーかと思ってるんですけど(真顔)。


とゆーわけで、この↑危険度満載脳内劇場、一部文字化してみますた(爆)。

お時間のありあまった強者の方々、お覚悟を召された場合のみ、ご高覧のほどいただけると大変幸甚に存じます……。


大 爆 笑!!!!!!






故郷の土は、あいかわらずの赤だった。いつも乾いて、雨を待ち望む。

まるで僕だ。
ハンシェンは思う。
半日かけて戻ってきたのは、新たな人生を歩むため。
大学を卒業し、実家から通える銀行で、この春から働くことが決まったからだ。


革のスーツケースは、大学4年分の重み。左手で持ちながらも、意外に重厚だ。
やがて、パン屋の角を曲がると見えてくる。
柵で囲われた重厚な建物。ひときわ異彩を放ち、まるでこの場は聖域なのだと主張しているかのように。

やっぱり僕は、「ここ」なのか。
ため息と共に門へ向かう。
代々政治家をつとめる人間を送り出す血筋は、己の中に十分影響を与えている。

それでも、大学で手に入れたのは、むしろ自信の喪失だった。
明晰な頭脳、端麗な容姿、伝統ある家柄。
だれもがひれ伏す魅力を持っていると自覚していた。どんなものでも、最高級を得るのだ、と。


確かにそうだった。
表面上は。
群がる美女たち、優秀な人材、耳に入るのは礼讃のみ。
確かに、そうだった。

ところがある日、思い知る。
3ヶ月かけて口説いた美女は、同級生の妹。艶やかなあま色の髪に、深い茶色の目をしていた。
いざ唇を奪おうとして、放たれた言葉。
「あなたが好きなのは、私の髪と目の色だけでしょう?」

瞬間、固まったまま見つめると、
「兄さんがいってたわ。ハンシェンはいつも、茶色の髪と目の子ばっかり口説く、って」
ハンシェンは、己を呪った。
過去に犯した過ちは、過ちなどではない。
自分の根幹をなす真実だったのだ。


「ハンシェン、大好きだよ。いつかきみがぼくを嫌いになっても、ぼくはきみを好きでいてもいい? 絶対迷惑かけないから……」

その瞳は確か、深い茶色。
沈みゆく夕日に反射して、水を含んでいたようにも思える。
赤い唇はますます色を増し、僕は、その甘さを味わうのが好きだった。

「エルンスト」
思わず口にするその名前。
結局僕は、「ここ」なのだ。
重厚さに裏打ちされたはずの自信は、ただの見せかけ。何の根拠もなく、無駄に積み重ねられた時間によるもの。
そして唯一求めるのは、痛すぎる純粋。
あの一途さを汚したのは、実に楽しかった。

ハンシェンは自嘲気味に笑いをもらす。
故郷の土のように、いつも乾いて、雨を待ち望む。
僕に潤いを与えるのは、そう。
あの痛すぎる純粋。

そしてその笑い声は、豪華な鉄門に響き、消えた。












ハンシェン様、ご帰還!!!!!(爆)


この後、銀行家になったハンシェン様は、牧師さん研修中でどっか遠いところにいるエルンストにt




……各方面に申し訳ありません(深々)。


お付き合いいただいた方、もしいらっしゃいましたらありがとうございます。

しかし


逃げて!!!!(爆)




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: