FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<劇団四季2011年年賀状喪失にショックの会  | ホーム | 劇団四季『美しい日本語の話し方教室』うっかり参加ごほーこく>>

劇団四季『春のめざめ』を語る(南くんハンシェン w/一和くんハンシェン考察編9) 

2011.01.07

ストライプ幸福(亀山翔大くん@『ドリーミング』)が、ロルフ再び(@『さうんど・おぶ・みゅーじっく』)な今日この頃、軽くうれしい湊みらいでございますこんばんわんわんわわわわわわん!!!!

本日も幸福満載なお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございますありがとうございます!!!!


こないだテレビ東京で『サウンド~』の映画がやってたのでみたのですが、ロルフのキャラが違ってて驚いた!!

亡命するために隠れてたトラップ一家が、ナチスになったロルフに見つかっちゃったラストの場面。

舞台の四季版だと、ロルフは恋人のリーズルがいたから、「ここにトラップ一家はいません!」みたいなこと叫んで、見逃してあげてましたよね。

でも映画だと、トラップ大佐と対峙して、「ここにいます!」とかばらしちゃうんですよ。


ひどい!!!!(涙)


これけっこーショックで、3日ほど本気でへんこでますた(真顔)。


とゆーのも、以前にも錯乱状態を申し上げてますが、

ロルフ→ナチス→ハンシェン

なので、「エルンストを裏切ったハンシェン」な差し替え劇場が無意識に脳内上演されたからです。


やっぱSやろうはひどすぎる!!!!!!
(違)



てなかんじでSやろうを思い出したところで、

ハンシェン×エルンスト愛好委員会同志の皆様、

たいへん

お待たせいたしますた……!!!

イかせていただきましょう、
「南(晶人)くんハンシェン w/一和(洋輔)くんハンシェン語り」!!!!(爆)

今回は、ハンシェン×エルンスト2回目のキス以降の一和くんハンシェン編から考察です。

こちらの語りは年をまたいじゃったので、去年にお贈りしたぶんは、後ほどタイトル変えますね。

ほんと自由激情でごめんなさい!

さっそく弊害が出た……。

ってもとからだけどさ!!!!(笑)


昨年にも増して、ますますお時間のある強者の方々、お付き合いのほどよろしくお願いいたします……。

気をつけて!!!!(真顔)










(エルンスト「じゃあ、今、この瞬間は?」に対し、「もちろん、美しいさ」と放った後)

キス2回目



「先手必勝キス」をぶちかます南くんハンシェンに対し、一和くんハンシェンは「誘い受け的攻めキス」を敢行する。
終始一貫して「小賢しい俺様」は、「実際には自分で自分の手を汚さず相手の気を引く」方法が基本。そのため、自ら行動を起こすのは声を出す程度にとどまり、後は相手からの反応を待つ(相手に食いつかせる)という、実質的には「誘い受け」のテクニックを駆使している。
結果、相手(エルンスト)と同時に顔を寄せあう、あるいはエルンストのが先に迫ってくる形になり、Sらしいスマートさが表れてる印象。

実は同志の方から、
「竹内(一樹くん)エルンスト相手だと水音(リップ音)120%でしたよ。劇場に響き渡るくらい(笑)」
といふお言葉を頂戴してたのだが(ありがとうございます(笑))、個人的にないすかぽーを拝見した際における水音発生率は50%程度だったと記憶している。
2009年の開幕直後は発生率が低く、千秋楽に近づくにつれてその完成度も上昇していった感あり。
したがって、同志の方の目撃した事実及びあたくしの記憶に基づいて判断した場合、「一和くんハンシェンは、竹内くんエルンストに対してのみ無敵」すなわち「竹内くんエルンストが陥落するのは、一和くんハンシェンに限られる」といった仮説が導き出される。おそらくこれが「ないすかぽーのないすかぽーたるゆえん」にあたるものだろう。

ただし、やはり一和くんハンシェンがキスする際の水音発生率は、総合的に不安定なため、「一歩引いて状況を見てる策士」のイメージ。つまり、自分では軽くジャブをかます程度の小手先だけで相手を引き寄せる手腕なので、最終的に「小賢しい」のは確かなのだが、「自ら手を汚さない」のか「汚せない」のか、解釈をわけて考えてみるのもまた一興。







……南くんハンシェン語りなのに、また一和くんハンシェンで終わってしまっ……_ノ乙(、ン、)_


ほんっとーに長々とお付き合いくださった方々、ありがとうございます。

お疲れ様です……。


そしてまだ続く!!!!!!!!


次回は、カワイコちゃんエルンストの「今日は話をするだけだと思っていたのに」に対し、「じゃあ嫌なのかい?」のSやろう炸裂台詞あたりからお贈り予定です。


……今度で終わる……かな???


どーだろ……(遠い目)。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: