FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<劇団四季会報誌「ラ・アルプ」2010年11月号(vol.309)チェックの会  | ホーム | 劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)17>>

劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)18 

2010.11.29

南(晶人)くんの手相ってマスカケ??



劇団四季;;『春のめざめ』;;キャストコメントリレー(13)

【TC】1:27

特に左手がそー見えるのですが……???




いきなりなオープニングですが、なんかふと思ったのでどーしても申し上げたかったの!!!!(爆)

てなかんじで、本日もマスマスあたくしにまほうをカケるがごとく見事なお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!!!


『春さめ』京都公演の特別カテコ動画うpをあきらめたので、コメントリレー↑ばっか拝見してる今日この頃(笑)。

てゆーかさ、今気づいたんだけど、この南くんのコメントがリレーのラストだったわけだが、うp日が11月10日になってるんですよね。

千秋楽の2日前にうpしてもどーなのよ……(遠い目)。

「京都劇場でお待ちしております」

のお言葉がむなしく響いてしまふ……_| ̄|○ il|!


せっかくのドSハンシェンがちょう笑顔なのに!!!!!!(意味不明)


なんかわざわざコメント13人分も撮ったけど、迷走してる間に編集が遅れて、うpがこんなギリギリになったのか、それとも『春さめ』の扱いはぞんざいでいいからなのか(笑)、はなはだいろいろな疑問は残るわけですが、

まー終わっちゃったからいいんだけどさ!!!!!



とゆーわけで、本日もたのしく迷走中、なんでか続いてる「林(香純)さんベンドラと歴代メルヒを考察する」シリーズ、一和(洋輔)くんメルヒ編!!

あ、上川(一哉)くんメルヒ編ですが、めがっさご賛同&お褒めのお言葉たちなどをいただきまして、ありがとうございます!!!

まああんだけ語れるってことは、そんだけ上川くんメルヒを拝見してるってことなんですけど(笑)、そーすると、それ以上に、一和くんハンシェンを拝見してる計算になる……(爆)。

なのでけっこーむずかしいぞ、今回の対一和くんメルヒ語りは(笑)。

ほんとは柿澤(勇人)くんメルヒ編みたく、短めにすませよーと思ってたんですけど、なんだろなー、長くなりそーな予感(爆)。

『春さめ』京都公演語りは、ほんっとーに以前より増して気まぐれに展開しておりますので、このゆるいてきとー&助長気味&自由すぎる激情に耐えうる方々のみ、お付き合いのほど……(笑)。

実はこの「樫の木シーン」シリーズの次は、「小枝シーン」で考察してみよーと思ってるんですが、どーだろう……??(爆)






■3代目:一和くんメルヒ→

『春さめ』京都公演拝見直後にも申し上げましたが、一和くんメルヒが、冒頭ラテン語授業シーンでぶちかます「しーっ」のしぐさ。

「いちわーーー!!! おまえかわいすぎんだよ!! 反則だろ!!!」

な勢いで、これにKOされた方々は、四季版『春さめ』日本上演回数を軽く上回るほどいらっしゃると思います。

たしかに、ヤバい。

ヤられる。

うん。


つーか、能面一和くんハンシェンをよく知ってる我々としては、

「うおーーー!! 能面があんな表情しやがった!! やべーー!!!!」
的な、何度も恋人がラジオかけて声を上げてイく顔は見たはずなのに、まるではじめてイくのを見たかのよーな新鮮さを伴うわけです。


だがしかし。

メルヒオール・ガボールなる主人公の少年は、親友をかばおうとして、教師相手に既存の理論を覆そうと戦いを挑む「愛と勇気のひと」なはず。
ましてや、「新しい解釈の可能性を秘めている」とか提唱するほど、ひじょーに斬新で自主性のある「生命力」にあふれた設定だとゆうのは、冒頭シーンの台詞だけから十分読み取れます。


だもんで、「しーっ」のしぐさは、「一和くんファン」にとっては完璧な破壊力をもたらすのですが、あたくしのよーに「伊藤(綾祐)くんエルンスト至上主義者」とか、「ハンシェン×エルンストファン」みたく、ちょっと別の嗜好を持った側からすると、どーしても「子どものしぐさ」に見えちゃうんですよね。
教師を論破しよーとする子なら、そーゆー「子どものしぐさ」はたぶんしない。むしろなんのしぐさもしないで、頭を使ってなんとかする。


そもそも授業中シーンの間中、男の子たちはほぼ同じ姿勢のままですよね。ハンドマイク取り出して心情を歌う時は別ですが、ずーっと椅子に座ったまま緊張したかんじで、しいて動かすのは表情と手ぐらい。


なので、「子どものしぐさ」をする一和くんメルヒは、「頭でっかちなガキ」とゆう印象になったんですよ。
親友をかばう行為は、「生命力」とか「思いやり」とか「勇気」とか、そーゆー情感的なものからじゃなく、「瞬間的」に、「無意識」にやっちゃった。ってかんじ。目の前にあったコップがテーブルから落ちたので、瞬間的に手を伸ばしてつかんだ。みたいな。
そこに、「コップ落ちたらかわいそう」とかゆう感情は、一切ありませんよね(笑)。


つまりそーゆー情感がない、無意識に体が動いただけなのは、すでに大人に手を加えられてて(いろんな意味で「教え込まれて」る)、それさえも自分で気づいてない「被害者」の証拠な気がいたします。



加えて、一和くんとゆう俳優さんは、瞬発力に優れてるから、それが瞬間的なエロさにつながるんですよね。
どーゆーことかとゆーと、あたくし去年、一和くんハンシェンについて、こんなふうに語ってますた(爆)。




一和くんて、動きがすっごいしなやかなんですよねえ。なんつーか、器械体操的な美しさなの。健康的でセクシー。
だからふだんの細かい動きとかは小さいんだけど、いざって時(踊り出す時とか)がダイナミックだから、えっらい落差が激しくて、一瞬にしてこっちの下半身が刺激されるんですよ(笑)。
瞬時にぶわっ!! とフェロモンがにじみ出る。それがすんごいの。

はじめてみた時、
「うわーこのひとエロい!!」
とか思ったんですが、あたくしの本能は正しかったみたいですね(笑)。ほんとに器械体操やってらしたそーで(昨日知った)。
なんつーか、潜在エロがすげーんだが、ふだんそれをひた隠しにしてるとゆうか、自然に隠されてしまっているとゆうか。


劇団四季『春のめざめ』キャスト陣を語る(男子群編1)
2009.09.04




いうなれば「一和くんメルヒに生命力が見当たらない」のは、この「瞬発力」が秀でてるせいだと思うんですよ。

例えば、上川くんメルヒのスタイルは、「最後の最後まで目の前の対象物に視線を残す」ものだと申し上げましたが、その上川くんメルヒの「温度」は、相手(対象物)によって変化するわけです。
ピアノのレッスンを思い出した白瀬(英典)くんゲオルグが笑ってれば、それを見送る上川くんメルヒも笑ってるし、「もう俺帰るよ!!」ってダッシュしてくもりもりが困惑してれば、「モリッツ、待てよ!!」って追いかけよーとする上川くんメルヒも困惑してる。

一方、一和くんメルヒは、「上手な器械体操をする流れ」に似てるスタイルなんですよね。
一和くん自身が、おそらくすぐれた選手?だった可能性が高い(たぶんパワーウェイトレシオがけっこー小さい)と思うのですが、器械体操って、さいしょにふんばる(力を入れる)場合が多いですよね。

例えば、鉄棒とかって、小学生の時を思い出していただきたいのですけど(笑)、まず最初に鉄棒をぐっとつかんで(力を入れて)、そこから自分の力とタイミングとバランスと、いろいろ考えながら回転するわけですが、それに必要なのはやっぱ「瞬発力」だと思うんですよ。


そーゆー「最初に力を入れて(アクセントをつけて)、後は瞬発力でスムーズに流れるようにする」ってゆースタイルは、ハンシェンみたいなポーカーフェイスなキャラの場合、それはそれは美しく整った旋律のごとくあうんだけど、メルヒオールみたく、教師に反発して、女はらませたあげく死においやるよーなアップダウンの激しいタイプだと、演じてるひととキャラの間に「温度差」が出ちゃう時がある。


それは、相手がいる場合も然りで、


ってまーた長くなっちゃったのでいったん切り上げ!!


お付き合いくださった方々、ありがとうございます。
お疲れさまでした……。

続きはやっと本題の「林さんベンドラと一和くんメルヒを考察する」に入ります(笑)。


たぶ ん!!!




あ、でも明日は11月終わっちゃうので、今月のアルプチェックをお贈りします!!!







……おせーよ!!!!!(爆)



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: