FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)06  | ホーム | 劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)04>>

劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)05 

2010.11.08

あーうん。

そーくるよね。





※情報上書きされちゃうのでコピペ!!




ベンドラ 林 香純
マルタ 撫佐仁美
テーア 岸本美香
アンナ 山中由貴
イルゼ 真 優香
   
メルヒオール 一和洋輔
モリッツ 玉井晴章
ハンシェン 南 晶人
エルンスト 山下啓太
ゲオルグ 白瀬英典
オットー 加藤 迪
   
大人の女性 中野今日子
大人の男性 田代隆秀

※現時点における出演予定のキャスト情報です。
※出演者は都合により、急遽変更になる場合がございます。
(2010年11月8日更新)





……(遠い目)。



ま、人生いろいろあるわな!!!(爆)






てなかんじで、本日もいと麗しきお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございます……!!!


いやー……

なんかいろいろいろいろいただいておりまして……。


つーかさーーー


もーさーーーーーーー


マジかんべんしてください!!!!!!!


どーしてこーも同志の方々は、


あたくしを本気で泣かせたら


気がすむのかね!!!!!!!!!(爆)



パソ前でひとり号泣する危険な女がここにいます……(遠い目)。





吉野弘の『生命は』とゆう詩に、


世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士


とあるのですが、

なんとゆうか……

まさにこれだよなあ……とか思うと、

ほんとーに何度も何度も申し上げますが(笑)、

つーかマジしつこいんだが(笑)、

でもほんっとーにあたくしが

同志の方々に申し上げられるのは、


ありがとうございます。


だけだったりするのです。


自分の無知を棚に上げ、あらゆる辞書をひっくり返し、えらいせんせいに尋ねてみても、

出てくる言葉は、

知ってる言葉は、

それだけだったりする。


つーか、ほかに何か適切な言葉があるのなら、どなたか教えてくれ(笑)。



なんかもー
やっぱどーしても信じる信じない以前に、百鬼夜行のネット世界でも、こんなにも手に取るよーに通じちゃうのは、事実なんだよねえ(笑)。

偽善者とゆわれよーとも、楽観すぎとゆわれよーとも、
顔も名前も知らなくたって、伝わっちゃうんだよねえ。


なにこれ?(笑)





だもんで、うん、なんとなくやっと見えてきたかんじ……??(笑)

『春さめ』京都公演の全体像は、

ラスト、『パーポー様』で、

どんなに

どんなに高らかに希望を歌い上げても、

「他者の総和」にたどり着かないんですよ。



「あいつらは好き勝手に世界をめちゃくちゃにしていくんだ!」

そう叫び、自らの喉元にナイフをかざす一和(洋輔)くんメルヒオール。
すでに大人に手を加えられた「被害者」のままな子どもは、その狭い「世界」がすべてだと思ってる。

「世界」はけしてひとりでは完成しないのに、自らの無知で何の罪もないひとひとりの命を奪ったのに、その「世界」にいるのは「自分だけ」だと信じてる。

無知な子ども特有の傲慢さ。

だからそんな簡単に、「世界」なる言葉を口にできるし、気軽に命を絶とうともできる。

それは、例え「子どもだから」とゆう理由で、不可抗力だったとしても、自分の力で考えようとせず、何の疑問も抱かず、疑うことさえやめた末の「自主性の欠如」、つまり「自らに眠る生命力」を放棄した代償。

「好き勝手に『世界』をめちゃくちゃにした」のは、実は「自分」だというのに。


賛否両論いろいろあるかとは思いますが(笑)、あたくしは、てめーひとりで完成される「世界」なんて、クソだと思ってる。

そんな自己陶酔の極みに、はたして美しさはあるのか?
とか考えたら、「ある」と答えるひともいるだろうし、むしろそれを望むひとも多い可能性は高い。

だけど「世界」は、清濁混合してるから「世界」なんであって、そのつじつまを合わせようとか、途中のものを作り上げていこうとか、すでにできあがったものをぶっ壊そうとか、そーやって「他者の総和」を目指すからこそ、「世界」は完成に近づく。

そうしなければ、すべて至るのは「死」のみ。

あたくしはそれこそが「悲劇」だと信じてるので、「被害者」が「被害者」のままで終わるのは、どーしても直視できないわけです(笑)。


そーするとどーしても、「他者の総和」を迎えた時に出てくる言葉は、

ありがとうございます。

になってしまう(笑)。


例えそれが刹那的なものだとしても、「総和」を目指したのは事実。
正しいとか間違ってるとか、いいとか悪いとかの問題じゃなく、実際「目指す」ってゆう行動を起こすのが、「自主性」であり「生命力」なんだと思います。



てなかんじで、あいかわらず内乱状態が続いておりますが(笑)、
つーかやっぱまだなんか何いってんかわかんねー!!!(爆)

お付き合いくださった方々、心より御礼申し上げます(笑)。

ありがとうございます……!!!






コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: