FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<劇団四季『春のめざめ』名古屋公演特別カーテンコールについてどうしても叫びたいケン  | ホーム | 劇団四季『春のめざめ』名古屋公演を語る5(三雲くんモリッツを通じて全体像をさらに考察するそしてやっぱり長くてごめんなさい 編)>>

劇団四季『春のめざめ』名古屋公演@ウインクあいち9月10日リハーサル見学会うっかり参加ご報告(ニュース速報形式 編) 

2010.09.10

本日もご来訪ありがとうございます!

1時間ほど前にイベントが終了したので、ニュース速報なかんじでまとめてみた……(笑)。


お時間のある方、お付き合いのほど(笑)。
けっこーリアルタイムです(笑)。






10日、愛知県名古屋市・ウインクあいちで上演中の劇団四季『春のめざめ』リハーサル見学会が行なわれ、劇団四季友の会会員約150名が参加した。


見学会は2部構成。14時47分の開場とともに客席に入ると、舞台上はすでに熱気であふれている。ゲオルグ役の白瀬(英典)指導の下、ピアノを囲んで激しく歌う少女たち5人。劇中冒頭歌『ママ』だ。その様子を、大人の男性役・田代隆秀、大人の女性役・都築香弥子、メルヒオール役の上川(一哉)が客席から見守る。

「(視線が)すごい前向いてるのは感じるんだけど、もう少し上、空間をもっと見て」と上川がアドバイス。すると、イルゼ役の金平(真弥)が、「何で(前向いた感じになるの)やろうねえ?」と首をかしげる。出身地の大阪弁が素直に出てしまうほど、リラックスしているようだ。

最後、少女たちが1列に並ぶ立ち位置を確認し、前半は終了。
「ありがとうございました~」とマルタ役の撫佐(仁美)の声が明るく響く。同時に、下手からオットー役の加藤(迪・すすむ)がひっそり登場。「えっと、こんにちは! 皆さん」と客席に向かって挨拶すると、「こんにちは~」となぜか笑いの混ざった声で応える客席。後半のはじまりだ。
舞台に並ぶのは、司会進行役の加藤、田代、アンナ役の山中(由貴)、撫佐、ベンドラ役の小松(加奈)、上川。参加者から事前に回収していた質問に対して、俳優たちが答えていく。

今回の名古屋公演で『春のめざめ』に初参加した小松は、「(他の)女の子たちといるシーンが多いので、(舞台以外で)なかよくなるのに時間がかかるんじゃないか、プライベート的なことを考えてました」と意外にも不安に思っていたことを披露。「でも今は皆さんにやさしくしていただいて」と語ると、他の俳優たちもにこやかにうなずいた。

「ステージシート(お客さんがとなりに座ってる状態)で、やりにくいと思うことは?」の質問には、「息切れを隠すのが大変」と上川。それを受けて加藤が、「そう、とにかく男性陣は汗をかくので。特に僕はすごく汗をかくので、どうやって息を整えるか考えてます」と続ける。「じゃあ、やりにくいのは、『すすむの汗』ってことで」と上川がうまくまとめ、場内からは笑いが起きていた。


劇団四季ミュージカル『春のめざめ』は、アメリカ・ブロードウェイでトニー賞8部門、イギリス・ウェストエンドでオリビア賞4部門を受賞した名作の日本版。19世紀末のドイツを舞台に、世間や大人たちから抑圧され続ける10代の子どもたちの葛藤を、みずみずしく衝撃的に描く。






※150名とゆーのは、あたくしが客席をざっと見渡して数えたものなので、四季の公式発表ではありませぬこと、あらかじめご了承ください(笑)。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: