FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<劇団四季『春のめざめ』2010年版東京公演を語る こころの激情・終わりなき夜 文字Remix Ver.2 (09年版メルヒ柿澤くんへのはなむけを考察する 編)  | ホーム | 突発お話会GWすぺさる終了ありがとうございます~!>>

劇団四季『春のめざめ』2010年版東京公演を語る こころの激情・終わりなき夜 文字Remix Ver.1 ( 09年版メルヒ柿澤くんと10年版メルヒ上川くんを通じて全体像を考察する 編) 

2010.04.30

柿澤くん
スキンブルさんと
ペアルック?
(字あまり)

詠み人:湊みらい




劇団四季『春のめざめ』を拝見しに自由劇場へ行き、09年版メルヒオールこと柿澤(勇人)くんに座席への通り道をあけていただくとゆう「Oh God!((C)エルンスト)」な事態に遭遇し、その際柿澤くんのお召しになってたトップスが、スキンブルさん(スキンブルシャンクス・鉄道猫さん@『キャッツ』)と同じ白シャツ+黒ベストのスタイルでしたよ、の意。


ちなみに、ボトムはジーンズ(青)で、レインボーカラーっぽいベルトをお召しになってらっしゃいました。



……って、あたくし変態っぽいなヲイ!!!
(逃げて柿澤くん!!)



いやいやいやいや!!
だって、ほんっとにすぐ近くの席だったんだもの!!!!
座ってらっしゃる柿澤くんのひざが、ふつーに視界に入ってくる位置だったんだもの!!!!!!!

けしてガン見とかしてないです!!!!!!!
若干キョドってたとは思うけど!!!!!!!!


信 じ て……!!!!!!!(涙)



……って己の変態っぽさを弁解するよーなオープニングではじまりますたが湊みらいでございますムーディ!!!!


いや、あたくしこの

「ムーディ!」を広めたい!!!

と思っておりまして、ごあいさつに代えてみた。


なんでかとゆうと、先日の『春さめ』リハ見学イベントに参加なさった方から、しょーげきの情報をいただいた(ありがとうございます!)からです!

一和(洋輔)くんと竹内(一樹)くんが、

ハンシェン×エルンストの例の語らいシーンを

ふ た り で 特 訓 し て た 時、

お稽古場の明かりを、

「薄暗く、ムーディな感じ」

にしてたのですって!!!!


したら、見回りのひとに見つかって、

本 気 で ち ゅ ー し て る



勘 違 い

された。


のですって!!!!!!!!!




……けはっ!!!!!!!!!
(魂を抜かれた模様)



なんなのこのナイスカップルを証明するお約束な展開!!!

やっぱお笑い枠最終兵器カップルは、期待を上回るね!!!!!

もーいーよ、

ほ ん と に

け っ こ ん し て も

驚 か な い

から!!!!!!!


とゆうか、むしろ

推 奨!!!!!!


心からおふたりを祝福する!!!!!!!!




とゆうわけで、本日も期待以上にムーディなお言葉たち&パチパチをいただき、ありがとうございます!!

加えて、『春さめ』拝見合宿ビジュアルRemix Ver.には、たいへんご好評をいただきまして、重ねて御礼申し上げます!!

誠に
ありがとうございます!!!!!!!


ほんとねえ、何度も何度も申し上げますが、当地ご来訪の方々は、なんと猛者が多いのか!!!
あたくしの壊れっぷりをさらせばさらすほど、喜んでいただけるとゆう事実……(笑)。

お言葉に甘えて、これからもイタさ全開でお贈りしてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます……(深々)。




で、『春さめ』10年版語りですが。


……何からいこーかな(笑)。


何しろ申し上げたいことが
山ほどなんだもん(爆)。



……よし、まずは全体的な印象からにしよう(笑)。




簡単に申し上げると、

全体が底上げされてて、そこにとても落ち着いた上川(一哉)くんメルヒオールひとりを投入することによって、安定感が出た。

とゆう印象でした。

しょーじき拝見中は、ほんっとすぐ近くに09版メルヒ(柿澤くん)がいらしたので、つい「どんな気持ちでご覧になってるのかなあ」とか考えちゃって、意識がそっちに飛んでる時も多々あったことをご了承ください(笑)。


なんとゆうか……

すごい安心して拝見できたんですよね。

メルヒ以外は、ほぼ09年版のオリジナルキャストが続投で、皆さんそれぞれの力が伸びてるので、とーぜん全体としてのレベルが上がる。
つまり、ひとりひとりのパワーが上がってるから、全体のパワーが底上げされてるわけですね。
その上に、上川くんとゆう主人公メルヒオールがおかれると、全体がきっちり「締まる」。
底がパワーアップして、でもその上ずみはちょっとデコボコしてる部分があるんだけど、上川くんのおかげでまっさらになった。
あるいは、上川くんが均した(ならした)。
ってゆうかんじ。


たったひとりの俳優さん(上川くん)の投入で、こうも全体の印象が変わるのか、と思いました。



09年版メルヒ柿澤くん最大の魅力は、ご本人の素である持って生まれた高貴さと、静かな情熱による繊細な危うさだった気がするのですよ。
だもんであたくしは、柿澤くんを「王子枠」とお呼びしておりましたが。
つまり、本能全開! な動物(シンバ)とかより、理知的な雰囲気をかもし出す人間、特に王子系がお似合いだろう、と。

で、そんな柿澤くんのイメージがそのまま投影された09版メルヒオールは、「隙のない完璧な優等生」な印象でした。
とにかく、いろんな意味で、「綺麗」ってゆう言葉があてはまる。

そーすると、その主人公の危うい綺麗さは、とーぜん全体にも影響を及ぼすわけで、結果、「傷ついた子どもたちが、自らの血をだらだら流しながらその痛みを叫んでるだけ」な印象になったんですよね。
「痛いよう痛いよう」っていいながら、治す術を知らない無知な子どもたち。
こんなにこんなに、「痛い!!」って訴えてるのに、それがただ自分を傷つけてるだけってことに気づかない。
その叫びが『マジでFuck!』だと解釈したので、あたくしは毎回毎回そこを拝見するたび、心臓が本気で痛くなって、涙腺がぶっ壊れるので、たいへん困ったのだった(笑)。

この時の柿澤くんメルヒは、一切笑顔を見せず、終始まじめな顔でスライディングし、綺麗に綺麗に品のない言葉を吐く。
それはまるで、ざっくりナイフで切った傷口から、真紅の鮮血がだらだら白い肌の上を流れる様を、見せられてるみたいだった。



けど、10年版メルヒの上川くんは、『マジでFuck!』で、肩をすくめて鼻で笑うのです。自嘲気味な笑いを見せる。

これはねえ……

実はメルヒが「優等生だけど、完璧じゃない」のを見事表してると思うんですよね。

綺麗とゆうより、もっとしたたかなメルヒ。
だからたぶん、血を流しはするんだけど、とりあえず止血はするだろう、と(笑)。
つまり、「痛い!!」を叫ぶだけだった綺麗さは、それはそれで切なくて、ぐわっと心臓持ってかれるかんじになるんだけど、叫びに加えて、実際に行動を起こすしたたかさを兼ね備えてる。
あいかわらずここで号泣するのは同じなんですが(笑)、それは09年版とは違う痛みなんですよ。
抑圧されて、自らの痛みを持てあますだけだった子どもは、自分に「生きる力」があるってことを忘れてただけだった、とゆう印象。天を仰ぐだけ、血を流しっぱなしにするだけだったけど、ちゃんと自分で血を止めようとする、つまり本来自分の中に眠る「動ける力」を思い出す、みたいな。
子どもはそもそも「生きる力」が満載なわけで、じっと止まってるほうがむしろ不自然な生き物ですよね。動き回ってなんぼ。

だもんで、あたくしがさんざん「取ってつけたよーで大嫌いだし、納得いかない!!」とかゆってたエンディングは、10年版ではすっげえスムーズに感じたんですよ。
もちろんいきなり全員が笑顔全開で出てくる部分とか、「うーん……?」なところもまだまだあるのですが、「ぶっ壊れた子どもたちは、一応正気を取り戻した」なイメージ。「傷はあいかわらず負ってて、まだぶっ壊れてる部分もいっぱい残ってるんだけど、とりあえず自分には『生きる力』があるんだ、っつーことを漠然とでも再確認できた」とゆうか。
だから、「ああ、よかったなあ……」みたいなほっとした感が残るんですね(笑)。
それを安定感とゆうなら、09年版のエッジのきいた切なさは薄れたとも取れる。
あの綺麗さ、繊細な危うさは、柿澤くんメルヒだから成り立ってた全体像だし、上川くんメルヒのかもし出す、人生のつじつまをあわせようとする「生きる力」は、本来の『春のめざめ』の根底に流れてるものだと思う。



スキンブルさんとおそろいスタイルだった柿澤くんは、幕間に『春さめ』10年版パンフレットを入手したらしく、2幕がはじまるまでの少しの間、パラパラとめくってご覧になっていた。その奥の自分の席に座るべく、あたくしは柿澤くんの読書を邪魔したわけだが(笑)、ふと柿澤くんは両手に持ってるパンフを胸元に引き寄せると、長い足を折り曲げて、スペースを作ってくださった。そしてあたくしが前を通りすぎると、またパンフに目を落としていた。
その目には、あたくしが去年拝見した繊細な危うさは見当たらなかった。ただ、いい意味でのしたたかさが加わってるようだった。明らかに。

柿澤くんの高貴な指が、静かにパンフをめくる音を聞きながら、例え去年と立ち位置は変わっても、土台がより強くしなやかになるのは清々しいな、と思った。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mintmir.blog91.fc2.com/tb.php/181-b6fc3069

 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: