FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

<<ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』を語る03  | ホーム | ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』を語る01>>

ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』を語る02 

2017.03.16

はい、そろそろいーかな…。

とゆーわけで、本日も麗しきお言葉たち&パチパチをいただきまして
たいへん
ありがとうございます!

きゃー!

…はい、ほんとはこーゆーおかしなハイテンションなのでね(笑)、いろいろ自粛してたのですが。

記事もいろいろ出回ったよーなので、このテンションを解禁してもいいかな、と(笑)。

てなぐあいでどーかしてるテンションでお贈りいたしますよ!

危険だよ!

気をつけて!



それにしてもまあ、おしごとで柿澤くんにお目にかかる機会って、とゆーか、ニアミスはけっこうあったんですよ、いままで。

ずーっとその時々で申し上げてきましたが、『すり身』とか、『ひみつのアッコちゃん』とか、じゃにーずの若手皆さん総出演の映画とか。

って映画の名前忘れてるじてんで(ごめんなさい)、どんだけショックだったのかっていう(笑)。

メインはあくまでもじゃにーずの皆さんなのに、「なんで柿澤くん登壇しないんですか? あんな重要な役どころなのに!」とか騒いで、「残念ですね。みらいさん、柿澤くん大好きですね(笑)」ってなまあたたかくかえされたと申し上げてますが、あのねえ、ここで反論するあたり、所詮『春さめ』マニアなんだよな…(遠い目)。

「柿澤くんは好きですけど、もとは『春のめざめ』好きなだけなので!」

なんのこだわりなのかよくわからんけど、やっぱりベースは何年たとうとそこなんですよね、あたくしの中で。

だから、観客としてふつーに柿澤くんを拝見しても、どーしてもメルヒのおもかげを追ってしまうのよ(笑)。

これはねえ…だれになんとゆわれよーと、どーしてもそーなっちゃうのね。

って昔から同志の皆様には申し上げてきてますが、なんかねえ…ここまでくるとしゅうちゃくとか単純な「好き」とかのレベルはとっくに超えてるよね(笑)。
なんとゆーか、業?(爆)
いや、それ以上に、細胞に刻み込まれてて、血として全身をめぐり、本能レベルであたくしを支配するもの。
あたくしにとって『春さめ』は、そーゆーものなんですよ。
何年たとうとも。
上演されないのにこんだけ好きって、相当なドMな気もしてるけど、たぶん違うけどね(笑)。

で、満を持して?やっとおしごとで柿澤くんにお目にかかれたわけですが、これもやっぱりタイミングかなあとかふと思ったの。

出会うべき時に出会うとゆうか。

運命なんて決まっちゃいないとは思ってるけど、でも「それにふさわしい時期」は確実にある。

トマトは熟して赤くなってからのが絶対おいしいしね。緑のままじゃ、とてもとても。

で、そーゆータイミングが、なんかうまくいってるかんじになると、「シンクロが起きる」とかいうんだろうね。いわゆる「ラッキーの象徴」。

実は、おけいこばには、プレス受付時間のかなり前に行ったのに、ムービーさんはすでにスタンバイしてて、スチールさんの列にも5人くらい並んでたんですよ。

ムービーさんのキー局はほとんど来てたみたいだし、「あ、すごい。これ、かなり期待度高いんだ」って思いながら受付してたら、ウエンツくんがひょこっと目の前にお出ましに。プレス受付にいたので、明らかに「このひと、プレスのひとだな」ってわかってくださったのでしょう、軽く会釈してくださって、あたくしも普通にご挨拶したんでした。

ウエンツくんは、その昔何度かおしごとでお目にかかってたんだけど、けっこう前だったので、どんなかんじになってらっしゃるのかなーと思ってたら、なんつーか、肌のかがやきが増してらした気がするんですよ。

あくまでもあたくし個人の印象ですが、なんか独特のキラキラ成分が増えてて、綺麗に成長なさってるなあって感動をおぼえたとゆーか。

やっぱり昔から子役としてご活躍されてるせいか、サービス精神は旺盛だし、パターンとして、あんなハンサムさんでキュートなのに、自分を三枚目キャラにしてオチをつけるのが多くて、どんなコメントをすればプレスが喜ぶかをよくご存じなので、そのプロとしての技にますます磨きがかかってらして、素直にすごいなあって。

で、のっけからウエンツくんに遭遇するとゆーラッキーがおきたので、「ヤバい、いまここで柿澤くんが通ったらどうしよう!」って内心すげードキドキしたよね(爆)。

でも、同志の皆様にはおわかりいただけると思うのですが、
この時のあたくしさー
もー本当にさー
すんげー内乱状態でたいへんだったんだよ!

ここで「メルヒがー!」とかこのテンション出したら、
社会人として致命的なので、
マジ耐えたよね…。

ほんとうに

耐えたよ…。

したら結局なにもおこらなかったけどね…(笑)。

ふつーに待ってたら、ふつーに中に案内されたよね(笑)。

で、今回の舞台は、けっこー板が広い?らしくて、「ここが舞台の位置です」っていう一番前の部分がかなりあって、つまりかなりせり出してたんだけど、このギリギリのところまでキャストの皆さんがくるってゆーので、スチールの皆さんが、ほぼ横一列にならぶという狭さに(笑)。
かなりの数がいたので、「つめてあげてー」「ここ入れますよー」みたいな譲り合い精神が発動。
それでちょっとなごんだ(笑)。
皆さんやさしい。

おかげであたくしはけっこう前の順番だったので、オフィシャルさんのとなりのとなりぐらいの位置をとれました。つまりかなりセンターに近い場所とゆうことです。

そんでねえ、待ってる間は「メルヒオールが!」とかひとり内乱状態でたいへんなことになってたんだけど、撮影場所に案内されると、やっぱり「スチールさん」にスイッチが切り替わるんだなー。
「ここからだとあのイスが遠いなー」とか「本番明かりがこれなら、もーちょい明るさ出すか」とか、なんかね、急に真剣になっちゃうんですよ。

っておしごとできてるから、当たり前っちゃ当たり前なんだが、
でもさー
このいつもおかしなテンションのあたくしが、ぱたっとおしごとモードになるのって、
そこはなんか我ながらえらいと思う(爆)。

したら、ブリーフィング(進行説明)がはじまって、2幕でキスシーンがありますよー、シャッターチャンスなので、皆さんぜひいっぱい撮ってくださいね的なおはなしがあったんですよ。

なんかふつーに聞いてて、ふつーにだんどりとか考えてたんだけど、その説明してくださってる方の後ろの板の隙間を、なんか見覚えのある影がよぎったのね。

黒っぽいジャケット、黒っぽいパンツ。

あれ、あのジャケット見たことある…黒いんだけど、ちょっと紺ぽい気もするんだよな…どこで見た…

『すり身』のおけいこ風景だー!

松下くんを後ろからはがいじめにしてる
♪ひーのこーはーじーけてー
のところだ!

……ええ、柿澤くんでした。

ジャケットで判断できたあたくし、どんだけマニアックなのか…(遠い目)。

つーかあたくし目が悪いので、なんか遠くのものはよく見えないから、なんとなくぼんやりした「形」を覚えてて、それで認識するんですよ。

だからたぶんねえ、すり身おけいこの時と同じジャケットをお召しになってたと思うです。
ほんとたぶん、なんだけど。


ってまたしてもながくてごめんなさい。

お付き合いくださった方々、ありがとうございます。

…ええ、つづくよ(爆)。







 | HOME | 

▼バナアを押すと⁈
ラッキー波動が流れるYO!!ww (そうなるよーにレイキアチューンメントしてまふw)戯れてくださり、ありがとうございます♡
プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: