FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

ブロードウェイミュージカル『アメリカン・イディオット』を語る02 

2013.11.25

アメリカのアホ。


直訳するとこーなるので、「おもろいタイトルだなー。『ドン・キホーテ』みたいなアメリカ人が主人公のコメディなのかしら」と思ってた素直なあたくし湊みらいでございますこんばんわんわわわんわわわわわん!!!!!!


本日もコメディさながらおもろいお言葉たち&拍手喝采を頂戴しておりまして、ありがとうございます!!!!!


連日更新を誓ったあたくしへの励ましのお言葉もいただいておりまして、重ねて御礼申し上げます。

ありがとう

ございま す!!!!!



とゆーわけでゆーげんじっこーのあたくし、本日も登場ですYO!!!!!


ほめ て!!!!!!(爆)


あ、こないだすまほで文字打ってメール送ったら、
「できるじゃん!!!」
とお褒めのお言葉をいただきますた。

ありがとうございます……(笑)。


やればできる子!!!!!!


たぶん。



で、本日は、「アメリカのアホ」ことためにためてた『アメリカン・イディオット』語りのつづきでございますYO!!!!!

お時間のありあまった『春さめ』フリークの方のみ、お付き合いのほどよろしくお願いいたします……。

だってマニアックだから!!!!!


気をつけ て!!!!!!







えー
ひじょーにこまけーところからお話をいたしますと、
「Idiot」は本来「名詞」なので、前にくる「American」は「形容詞」の役割になって、後ろの「Idiot」を修飾するわけですから、訳としてはやっぱ冒頭の

アメリカのアホ。

が正しいところかと思われます。

つーかえーごきょーしとしては、そーやって教えたけどね。こーこーせーに(笑)。

ところが実際は、

バカなアメリカ人。

とゆー意味で、「バカなアメリカ人にはなりたくない!」って叫ぶ若者が主人公なんだが、結局なんだかんだとてんけーてきな「バカなアメリカ人」の行動をとって、傷ついて、故郷にかえってくる。っつーお話だったと記憶しています(はしょりすぎ)。

なんかこのかんじ、どこかでみたなと思ったら、

『HAIR』

だった……(遠い目)。


なんつーか、『HAIR』の現代(2000年代)版が『アメリカン・イディオット』かなとゆう気がいたしますた。

セックス、ドラッグ、軍隊、っつーこの3点セットは、「アメリカ人」を語るうえで、必ずいつの時代もついてまわる。ある種のお約束ってゆーか。


以前も申し上げましたが、大昔アメリカで生活してたこともあって、基本、「おおらかで明るいアメリカ」のイメージが強く、そーゆーところが大好きなんですよね。
だもんで、アメリカの「裏」をあえて見るのは、苦手だったりします。

『Anything Goes』とかに代表されるよーに、「アメリカ」は、明るくて華やかでゴージャスで、わーっと盛り上がって、みんなハッピー!!! でいいと思うのね(笑)。

「絶望的に終わる悲劇嫌い」としては、その対極にある「表のアメリカ」的なものが、いちばんお気に入りだったりするのです。


そーゆー意味で、『アメリカン~』は、「あー『表のアメリカ』と見せかけて(一見前途洋々に見える主人公が、意気揚々と『バカなアメリカ人にはなりたくない!』って叫ぶオープニングは、明るいといえば明るい)、実は『裏のアメリカ』を見せつけて、夢のような美しい照明と場面転換の少なくて狭い舞台で、明るいよーに見せてるんだなー」とかゆーかんじがしたのでした。

そこは『春さめ』と似てる。
「あーこれはやっぱりマイケル・メイヤーだよね」的な(笑)。
やさしい夜のよーな紺碧と、ぜったい三原色のレッドよね、っつーくらい鮮烈な赤い照明で、なんかこう、「不器用な人間が抱える抑圧した思い」と「情熱の吐露」をうまく表現してるなあ、とか思って。


けどなんだかんだいって、そーゆー「もどかしさを抱えてるくせに、不器用すぎて自分を傷つけてしまう人たち」に弱いあたくしは、やっぱ泣けたんだけどさ(笑)。
そして、ただただ願うんだ。
「バカでも、さいてーでも、どこまで逃げても、ひきょーものでもいーから、絶対に生きのびろ」って。
モリッツみたく、自ら死を選ぶ前に。


そんでやっぱいちばん好きな劇中歌は、『Tales of Another Broken Home』だなあって思った。
日本だと、えてして「逃げるのは卑怯」とかゆー風潮があるけど、ただの「精神論」にまかせてるだけの「正義」は、愚の骨頂だと信じている。
「逃げる」ってゆー選択肢は、あって当然なんだよね。
「裏のアメリカ」は、こーゆー一見「敗北」とも思える方法をよしとするところがあるから、そーゆーのはやっぱ好きだなあ。
それで救われるなら、最高だよね。





……ってほんとはもーちょっと『春さめ』にからめて語りたいんだが、すんげー長くなるのでここらへんで打ち止め(笑)。

お付き合いくださった方、ありがとうございます……。

お疲れさまでした(笑)。

やっぱ『春さめ』はおもしろいのよね!!!

なんだかんだと。

何度も何度も卒業決意してるけど!!!!!!(爆)




……とお約束でおわる(笑)。


劇団四季『ジョン万次郎の夢』を語る02 

2013.11.24

あれっ??

『ソンダン劇場』って今日が千秋楽ですか???


……しまった……!!


Sハンシェン様に、
「いつまでもエルンストエリック王子とないすかぽーでいてください!! ずーっとおうえんしてます!!」
って伝えたかったのに……!!!!


またしてもチャンスを逃してしまっ……_| ̄|○ il|!




しかも『ジーザス』では、ユダな芝(清道)さんと、アンサンブルなベンドラ(林香純さん)とゆう、個人的に大変ツボな方々が出てらっしゃるので、拝見したい……!!

んだが、なんせエルサレムだしな……(遠い目)。



そんな中、半年以上前の『ジョン万次郎』を語ろうとしているあたくし、どう考えてもチャレンジャーだね!!!(笑)


てなかんじで本日も当地に麗しきお言葉たち&拍手喝采を投下してくださるチャレンジャーの方々、ようこそ(笑)。
ご来訪ありがとうございます!!


そのジョン万次郎こと岸(佳宏)さんは、現在絶賛名古屋でナチス将校でいらっしゃいますが(正しくは、ロルフ@『サウンド・オブ・ミュージック』)、そんな事情もぜんぶぶっとばしてイくのが当地クオリティ。

お時間のありあまった、今さら感に耐えうる方のみ、お付き合いいただけると幸いです。合掌。





ぶっちゃけ「ジョン万次郎」ってゆーと、あたくしにとっては、

居酒屋

のイメージだったんですよね(真顔)。

しょーじき昔は、「人の名前にしちゃおもしろすぎるから、なんかむかしの有名な喜劇芸人さんかなんかかな?」と本気で思ってました(ごめんなさい)。

だから勝手に「たのしいひと」ってゆーイメージがあったんですけど、四季版ジョン万次郎さんは、ちょーーーーーかっこいい方でした。

まあミュージカルで、語り部が「アメリカと日本の新聞記者」ってゆう設定で2組いるから、音楽とダンスにのせてひとの一生語るせいか、全編ふつーに楽しいんですけどね。
けど、あの短さでひとひとりの一生追うと、あの若さで遭難して、アメリカいって、えっらい勉強して優秀な成績おさめて、日本かえってきて、またアメリカいくってゆう、なんかもうすんごいジェットコースターみたいな人生なのがよくわかる。

ましてやあんな時代に、そこまで「無理」を通せちゃった理由は何なんだろう、って考えさせられますね。

めっちゃ陳腐なんだけど、たぶん情熱だけだったんだろうなあ。

そんな理想に燃えて猛々しくみずみずしいジョン万次郎さんは、ふつーにかっこいいですね。それを演じてらした岸さんも、『王様の耳はロバの耳』のときの詩人さんとは大違い!(笑)
「これから航海に出るぞ」的なうたは、演出的な部分もあるとは思うんだが、「海の男」って基本、それだけでかっこいいんだなーってつくづく感心しちゃいました(笑)。
「未知の荒野(大海原とか)に立ち向かう若者」は、いつの時代もちょうクールなのだ!!


で、まんじろさんのおかーさんが、「気をつけていっておいでよ」的に、ちょっと登場するんですが、ずいぶん声の響く上手な方だなあと思ってたら、ロージーさん(出雲綾さん)でしたよ(笑)。

そこに、語り部役で、Wベンドラ(谷口あかりさん&林さん)が登場なさったもんだから、あたくし一瞬、エーゲ海が見えた気がしました(爆)。

ヤバい!
ぜったいここにないすかぽーいるよ!!!
「君は僕の世界の天と地を変えてしまったんだぜっ!」とかゆってるエルンストの横で、「んーそうだね」ってハンシェン様がたたずんd


……(遠い目)。


まあお約束でそーなりますわね(笑)。

つーか同じ海でも、こっちは太平洋だから!!!!


ところで余談なんだが、Wベンドラ拝見してて、四季の俳優さんがどの役に選ばれるかは、声が基準になってるのかな? ってゆー気がちょっとした。

例えば林さんと谷口さんは、それぞれ単体で拝見してたんだけど、おふたりともお顔のイメージはけっこう違いますよね?
でもそのおふたりが、いっしょに歌ったり踊ったりしてるの拝見したら、ほんっとによく似てるなあって思って。姉妹設定があるのは別としても、背格好とか声のトーンとか、「双子?」って一瞬錯覚するぐらいそっくりなんですよ。
だもんで、なんかこのおふたりが「ベンドラだった」っつーのがなんかみょーに納得したっつーか、腑に落ちたっつーか。素人のあたくしが聴いても、おふたりのお声が「すごくあってる」ってわかるよーな、「耳に心地いい安定感のある音」なんですよね。

これってどっかで感じたな、って思ったんだけど、去年『ライオンキング』でごーるでんかぽーレイヨウズを拝見したときなんですよ。南(晶人)くんと伊藤(綾祐)くんの声って、あわさるとすげえ耳に心地よかったなあ、と。もちろんハンシェン×エルンストのイメージもあるんだけど(笑)、やっぱ「声のトーンが合う」ってゆーのは、一人芝居は別として、お芝居では一番重要視されるかな?? とゆう気がいたしました。

いっそこのちょーしで、大阪『ライオンキング』のナラを伊藤くんエルンストにs



……(遠い目)。


もどってもどって。

でもって最後。まんじろさんが、1回日本に帰ってから、またアメリカに戻ってくるシーンで終わるんだけど、そのときの台詞が以前申し上げたこれ。


「日本が心を開く日が来ました。」


こーれーさーーーーー

もーーーーーー号泣だよね!!(爆)

やっぱ自分から心を開いていけば、相手もいつかきっと心を開いてくれるんだよ!!!

最初いきなりキスして、「いやなのかい?」とか迫っても、「いや、そうじゃない。大好き! こんな気持ちはじめて!」って相手がゆってくれるよーになるんだよ!!!!

そーよねハンシェン様!!!!!





……(遠い目)。

おかしいな……。

なぜかんどうのまんじろさん語りが、ハンシェン様礼讃で終わるのか……???


謎すぎる!!!!!!


いや、たぶん、『ソンダン劇場』では、ハンシェン様が、一瞬このまんじろさんになるせいだと思う……。

前日譚としての役割は果たしたぞ……(笑)。

たぶん(笑)。


てなかんじでお付き合いくださった方々、ありがとうございます……(笑)。


♪あしたをともにー
つくろーおー




劇団四季『春のめざめ』にセンチメンタルの会09 

2013.11.23

……っ……_ノ乙(、ン、)_


またしても間があいてしまっ……

そして『メリリー・ウィー~』も見逃し……


どーしてなの??


なにをやってるのあたくし!!!!!


それもこれもどれもごーるでんかぽーが離ればなれ絶賛続行中なせいよ!!!!!!

きーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!





……きのうは「いいふうふの日」だったそーですが。

どうしてなのごーるでんかぽー……!!!

四季めえええええええええ!!!!!


ってあーそっか、「離れててもこころはいつもそばにいるからだいじょぶだよ」ってことですかそうですか!!!

んーそーだねハンシェン様!!!!!




……久々に登場したと思ったら、またしてもどーかした状態で申し訳なし……(遠い目)。

きんろーかんしゃな本日もどーかしてる当地にねぎらいのお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、ありがとうございます!!!!


なんだかんだと11月も終わりだっつーのに、こんなだらだらやってたらダメ!! ぜったい!!! とゆーわけで(なにが)、とりあえずあたくし、決意してみますた。


今日から毎日ブログを書き続けることを!!!!


……なにその仰々しい書き方(笑)。

てかなんかやっぱりいろいろ停滞してると、だってだってなんだもんなんですよね(だからなにが)。

なのでとりあえず、今月いっぱいは毎日更新してゆくつもりですので、おうえんよろしくおねがいいたします……。


ありがとうございます!!!!




で、ここ最近、なんでか柿澤(勇人)くんがらみの『春さめ』ネタの反響? が多かったので不思議に思ってたのですが、おそらくこちらのせいでしょーかね?


『気になる新星インタビュー 柿澤勇人』
http://allabout.co.jp/gm/gc/433697/2/


教えていただいた……(笑)。ありがとうございます!!!

なんか……ちょっと気になるのが、今ごろになってはじめて柿澤くんが、「四季やめた理由」についてふれてるところなんですよね。

「大学戻りたかった」って、え、そうなの??
みたいな(笑)。

昔、「ユリイカ」かなんかの雑誌の「着物男子」っぽい連載記事とゆーかコーナーにのってらした記憶があるんだが、そのときの「四季やめた理由」ってゆーのが、「四季でいろいろやって、恵まれてたから、もっとほかのこともやってみたくなった」的なことをおっしゃってた気がするんですよ。

確かに「四季以外のこと(映像とかも含む)やりたい」っつーのは、「大学に戻る」のとかぶるといえばかぶるのだが、しょーじきもーちょっと答え方考えてほしいよね、と思ってしまった(笑)。

あたくしはあくまでも、『春さめ』とゆう作品ありきで、初代メルヒオール・ガボールの柿澤くんにひかれてたから、あーゆー形で四季を退団されたのは、ものっそいショックだったわけですよ(笑)。

当時のブログ読み返していただくと、おわかりいただけるかと思うのですが(笑)、やっぱり同志の方々がもんのすごく悲しんでて、なんかもうほんとにせつないなあってずーっと思ってた。

それが今になって、「そーゆー理由です」とかゆわれてもさ……みたいな(笑)。

もちろんインタビュー記事っつーのは、記事書くひとの思い通りに全部書けるかっつーたら、無理なのは同業者として百もしょーちです。
ましてやホリプロさん相手なら(笑)、ぜったい記事の事務所チェックは入ってるだろーし、といってもホリプロさんはけっこーやさしいんですけどね(笑)、文字数の関係とかいろいろ含めても、インタビュー相手の言葉をぜんぶ載せるのは無理だし。
だけど、「これだけは書いてほしい」とか「これだけは伝えてください」ってゆーのがあれば、インタビュアー側はだいたいそれを汲むものなんですよ。
目的は、インタビュー相手を「いかにかっこよく見せるか」だから、「こんなあつい思いを持ってるひとですよ」ってことを伝えるほうが記事としては書きやすい。

でも、それが見当たらないってことは、柿澤くんにとって、『春さめ』でさんざん熱狂して、さんざん泣いたファンがいたってことをもう忘れてるってことなんだよね。と思って。

頭のすみには少し残ってる可能性はあるけど、もうあれから4年もたったし、ホリプロで次々大役はれるくらいになったし、ある意味「黒歴史」っぽくとらえてても、それはそれでありうるなあって。

まあそれも正しいといえば正しいんだけどね。
ただもーちょっと「『春さめ』のメルヒ」だった自分にも、それにひかれたひとたちにも、気にかけてる部分があったらすてきなのになあと思ったりしたのでした。





……ってなんだこれ……


またセンチメンタルになっちまったぞ……(笑)。


それもこれもごーるでんかぽーが(略)



てなぐあいで、お付き合いくださった方々、もしいらしたらありがとうございます。

また明日お目にかかれ……るといいな!!!!(笑)



劇団四季『キャッツ』公演30周年&自由劇場設立10周年を祝す会 

2013.11.11

に゛ゃーーー!!!!



本日もじぇりくるむーん並にかがやくお言葉たち&パチパチを賜りまして、
まことに
ありがとうございます!!!!!


本日11月11日は、劇団四季『キャッツ』日本公演30周年記念日な上、自由劇場(激情ではない)設立10周年記念日でもあるのをさっき知りました……。

おめでとうございます!!!!

てか自由劇場って今日だったんですね。
四季信者になって約5年弱で初めて知った……(遠い目)。

ちなみに本日は、あたくしと戸籍上夫(あだ名はハチ)のけっこん記念日にもあたりまして、なんかポッキーの日はめでたいのかしら、などと個人的に思ったりします(笑)。


そーいや去年の今日は何してたか思い出してみたんですが、すっかり記憶がうすれてるので、
たぶんふつーにおしごとしてた。
のでしょう、たぶん(笑)。

でもっておととしの今日は、横浜キャッツ2周年記念の特別カーテンコールしゅざいにおしごとでうかがっており、

そのまた1年前の今日は、『春さめ』を拝見しに京都まで飛んでたな……


……


……


『春さめ』再演してくれえええええええ!!!!!!!(号泣)


つーかさー
せっかく自由劇場10周年なんだから、いままでの自由劇場上演作品を一挙上演!! とかやってほしい!!!

てか

やって!!!!!!!!!!



……とゆーわけでいきつくところはやはりそこ、ハンシェン×エルンスト愛好委員会会員No.110の湊みらいがお贈りいたしますた。

おやくそ く!!(笑)


お付き合いくださった方々、ありがとうございます!

来年は、『春さめ』横浜公演あたりにイけてる……といいな!!!!(笑)



とかゆってたら、あたくしと戸籍上夫(あだ名はハチ)のけっこんきねんおいわいのお言葉を今年もいただいてしまった……(笑)。

ありがとうございます!!!!


いつか夜を招き、星空をつくろう!!!!(笑)









PS
今年の今日は何してたかとゆーと、ふつーにおしごとしてました(笑)。
実は、映画『マイヤーリング』を拝見したのだった(関係各位の方々、お世話になりましてありがとうございます……)。


ヘップバーンがねー


めっちゃがわええ……!!!!


ほんっとびっくりするぐらいがわええ!!!!!!


しかも当時の旦那さん(メル・ファーラー)と共演してて、なんかもう、ほんっと輝いてる!! ってかんじでした。
「麗しい」ってこーゆーことゆーんだよね!!! みたいな。

公開は来年1月4日からのよーです。
この美しさは一見の価値ありと思う……!!


ついでにヘップバーン語りをちこっとさせていただくと(笑)、あたくし的にいっちばん好きなヘップバーン映画は、ダントツで『マイ・フェア・レディ』!! ですね。
『ローマの休日』も好きなんだけど、『マイ~』がカラー映画の走りで、いつもと違うヘップバーンのじゃじゃ馬キャラが、かえってすんごいキュートに見えるからなんですよね。競馬場でボロ出すシーンとか大好き(笑)。
あとラストの終わり方もなんとなくほやーんとしつつも、前向きさを予感させるところもいいですよね。
ついでに『教会へ急ごう』ってゆう曲が大好きなんですけど、それが劇中で歌われてるのもあたくし的ポイント。
そして上映時間がすんげー長いのに、最後まで観客を釘づけにさせちゃうおもしろさ。
ヘップバーンの歌はぜんぶ吹き替えでも、ストーリー重視なので、やっぱいちばんですね!!


……ってあれ??

王道の俳優さんについて語ったのって初めて……かも……??

いつもどんだけマニアックなんだ!! って話ですね、ええ(笑)。




「広島を荒らす新勢力『エデン』のリーダー」な柿澤くんにお目にかかれるかと期待してみた会 

2013.11.10

♪よーおこーそみなさーん

さーあ

こんにちわんわわわわん!!!!


佐野(正幸)さんがアップリケ(@『ソンダン劇場』)なケン以来、この『はじまりのうた』(だっけ?)が脳内ヘビロテ状態なあたくし湊みらいでございますおいえんおう(ごきげんよう)。

本日もアップでいとなお言葉たち&拍手喝采を頂戴しておりまして、
まことに
ありがとうございます!!!


なんでかここ最近、『春さめ』'10版PVについて語った記事にはくしゅをたくさんいただいてるんですけど(ありがとうございます)、どーしてなんだろう???

あと、『スリミ』の松柿版語りにも、次いでパチパチをいただいてるかんじなので(これまたありがとうございます)、もしかすると柿澤(勇人)くんつながりで、なんかあったとゆーことなのかしら????


とかゆってたら、きのーおしごとで『劇場版BAD BOYS J』公開初日ぶたいあいさつにうかがっ……_ノ乙(、ン、)_


なんだこれ……(笑)。


そうくるか……(遠い目)。


じゃにーずの若手ハンサムさんたちが勢ぞろいなさってたんですが、あたくしギリギリまで、
「柿澤くんは? 柿澤くんの登壇はありますよね?? てかあんなじゃにーずのハンサム集団にまぎれて新しい役(榊聖人@「エデン」のリーダー)はれるのって、柿澤くんだからですよ?? やっぱメルヒ仕込みだから『ちゃんとお願いするんだ』ができるんですよ!!(意味不明)」
って食いついてたんですが、
「残念でしたね……」
と苦笑いされました。
そして、
「『ひみつのアッコちゃん』(綾瀬はるかさん主演の映画版)のときも同じことゆってましたよね。みらいさん、ほんと柿澤くん大好きなんですね(笑)」
ってゆわれ……_| ̄|○ il|!



……(遠い目)。



たしかに な!!!!!!


つーか

単なる『春さめ』フリークだけどな!!!!

しかも何度も

卒業決意してるけどな!!!!!(爆)



それにしてもじゃにーずの皆さんは、ふつーにハンサムさんばっかりですね。
どーやったらあんな男前ばっかり集まるんだろう?
とかゆってるけど、ぶっちゃけ申し上げて、いっちばんうれしかったのは、AKBそつぎょう以来、ともちんこといたのともみさんに久々にお目にかかれたことでした……(笑)。
マジ泣きそうになった(真顔)。

あいかわらずきれいなおみ足で、思わず「ほっせえ」とかつぶやいてシャッター切ったら、となりのおにーさん(おそらくスポーツ紙のカメラマンさん)に笑われた……。

だってほんっときれいなんだもの!!!!

あの細さでよくあんな高いヒールであんなきれいに歩けるよね???


……逃げてともちん!!!!!!





……やっぱりどーしてもあたくし、オヤジ内蔵のまんまなんだろーか……??


つーかほんとは『ジョン万次郎』語りにイきかけてたのに、出だしがWベンドラのカワイコちゃん語りからはじまってたので、急きょストップをかけたのだった。


……_| ̄|○ il|!



今年中になんとかオヤジ脱却をするんだ!!!

たぶ ん!!!!








«  | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: