FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

ミュージカル『スリル・ミー』2013年3月公演を語る09(チェ・ジェウンさん×チェ・ジホさん版) 

2013.07.21

しゅーぎいん選挙投票の今日この頃、四季にも演目投票選挙があればいいのに!! 
と思うあたくし湊みらいでございますおいえんおう(ごきげんよう)。

本日もかあさんに誓ってガチですなお言葉たち&拍手喝采を頂戴いたしまして、
まことに
ありがとうございます!!!!


とかゆって、もしそんな四季選挙あったら、
ぜったい『春さめ』に投票するけどな!!!

卒業決意してるけど!!!!(爆)



てなかんじで『春さめ』気分続行中ですが、初代メルヒつながりで『スリル・ミー』語りにイかせていただきます(笑)。

いよいよラスト、韓国ペアについて!!

お時間のありあまった上、演目選挙では、『スリミ』に1票を投じる方のみお付き合いいただけると幸いです(笑)。



で、初観劇だった韓国バージョン。

一言でゆーと、

めっちゃわかりやすい!!!

「彼」がすごいリアルで、「私」が惹かれるのわかるし、「私」のやるせなさがちょう迫ってくる。

日本キャスト版は全体的に恋人的なラブ度は高いんだけど、韓国ペアはそーゆーラブさを持ってるのは「私」だけで、「彼」はほんとに「ビジネスパートナー」的に「私」をみてるかんじですね。その温度差がかわいそうなんだけど、「IQ高い子同士の心理戦」て意味では、韓国ペアがいちばん近いかな。


田新(田代万里生さん×新納慎也さん)版初演拝見の時からずーっと申し上げてますが、初めてこの作品をみた時、「不器用な子同士の愛憎劇」として捉えたので、やっぱそーゆー感情が混ざり合う系のが好きなんですよ。みてるこっちも心臓わしづかみにされるよーな(笑)。

だからあの「怒れる子供」なニイロさん「彼」と情念系の田代さん「私」があたくしの中で最高峰なんだが、もし先に今回の韓国ペア拝見してたら、それはそれで絶対韓国飛んでたのは確かです(爆)。

今回の韓国ペアの場合、ラストは「私」が罪を犯した理由が明確だし、「彼」を手に入れたつもりで、でも結局「彼」が離れていってしまう過程もすごいリアルです。
けどやっぱそのぶん「私」がかわいそうなんだよなあ。
すごく「彼」が好きで、ほんとにそれだけなのに、「彼」に嫌われちゃうやるせなさと、やってしまったことの無意味さ。
「彼」はゲーム好きの愛情に飢えたわかりやすい強がりさんだから、もっとうまいやり方で手に入れられたはずだと思うんですよねえ。わざわざひとひとりの命と引き換えにするには、代償が大きすぎた。

そーゆー意味では、このペアって、

スタイリッシュ&リアル

だね。
洗練されててオサレで、えっらい現実味がある。
『スリル・ミー』とゆー作品が本来持つ硬質な犯罪心理劇っつー意味では、やっぱこの韓国ペアがダントツですね。生粋の「IQ高い子同士の心理戦」としては、上質の名作になる。

まあお国柄とかもあるとは思うんだが、日本だと、どっちかっつーと「同性愛」とか「情念」とか、そーゆーほうに注目がいっちゃったから、こーゆー解釈になるのかなーとゆうのはおもしろいですね。


とゆーわけで、お付き合いくださった方々、ありがとうございます!!

てゆーか『スリミ』の再演はもうきびしいのかなー……(遠い目)。


♪おねがいほりーぷろ~


スポンサーサイト



ミュージカル『スリル・ミー』2013年3月公演を語る08(松下洸平くん×柿澤勇人くん版03) 

2013.07.19

いばんべーーーーー!!!!


そうか軽井沢か……

すずしくてよかろうもんくまもん!!!


ぎゃーーーーーーーー!!!!


……道中お気をつけて……!


てなかんじで本日も謎な当地になやみけとばす生き方なお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございます!!!


なんかここ最近、もぐろーとするほどショックな(笑)ことがあったのにもかかわらず、かえって『春さめ』を思い出すかんじになっちゃって、どーも楽しい方向へイきかけてるよーです(笑)。

……やっぱおたんじょうび軽井沢滞在のきっかけになったことで、耐性ついたかな……(笑)。


まあそんなかんじで何度も卒業を決意してる(ほんとにな!!)『春さめ』気分なんですが、たまりにたまった語りをコツコツ再開していこーかと思いますので、自由激情に耐えうる豪の方、ご期待ください……(笑)。


とゆーわけで『春さめ』気分初代メルヒつながりで、これまた今さら感満載の『スリル・ミー』松下洸平くん×柿澤勇人くん版語り!!

たいへんお待たせいたしますた一部同志の方々!!!(爆)

まだお待ちくださっていた気長で奇特な方のみ、お付き合いいただけると幸甚に存じます……。

♪もーもどれーなーいっ




前回、柿澤(勇人)くん「彼」の愛にあぐらをかいてたのも、松下くん「私」も同じだと申し上げますたが、それは「僕がこんなバカなこと続けてるのは、契約書があるからだ」ってたてついて、柿澤くん「彼」に抱きしめてほしいって迫るときにわかるかな。と思うんですよね。

なんかそのときの柿澤くん「彼」って、べつに約束を反故にするつもりとかと違ってて、ほんとにそのときはやだってだけなかんじなんですよ。

「明日はオヤジのオフィスにしないか」って、
つまりは一番愛情のほしい要を襲おうとしてる。

そこまで柿澤くん「彼」は愛情飢餓の悲鳴上げてるのに、松下くん「私」は、ふだん柿澤くん「彼」に従うかんじの印象なのに、意外とつっこんでいっちゃうんですよね。

いつもなら柿澤くん「彼」の気持ちを優先するのに、このときばかりは、とゆうか、劇中はじめて自分を押しつけんの。

これがねえ、松下くん「私」の柿澤くん「彼」の愛にあぐらかいてた部分かなー。


その証拠(?)に、5分後のふたりはめっちゃ対象的なんですよ。松下くん「私」はいそいそ身支度してるんだけど、柿澤くん「彼」はじーっと同じ姿勢でぼんやり一点だけ見つめてるんですよね。なんか完全に魂抜かれたみたいな。

新納(慎也)さん「彼」は、田代(万里生)さん「私」の動きを背中ごしに意識してて、それにあわせてちょっと動いたりしてたんですけど、柿澤くん「彼」はもうまさに人形になったよーな。
だからあたくし的には、
「あーこの瞬間に、柿澤くん『彼』の最後の良心が全部死んだんだ」
って印象になったんですね。

もし松下くん「私」が、柿澤くん「彼」の愛にあぐらかくのをやめてたら、「いまはまだだめーだっ」を素直に受け入れて、ただ愛情飢餓を主張する柿澤くん「彼」を抱きしめてたか、「いいよ、おじさんのオフィスを襲撃しよう」ってわざと加担して、柿澤くん「彼」の暴走を止められた気がするんだよなあ。
だって松下くん「私」のがIQ高いわけだし、理性的に考えられたはずだと思うんですよね。

そんなかんじで、やっぱどっかつめがあまくて、お互いがかなしいことになってるこのカップルは、

プリティ&ソロウ

だなあ。
そーゆー意味で、お互いがかわいくてすんごいあまやかしてるんだろーね。



てなぐあいでやっとおわった……_ノ乙(、ン、)_


ちょーーーーーーーー引っぱりまくって申し訳ない(汗)。

もしお付き合いくださった方いらっしゃいましたら、ありがとうございます!!!


そーすると、次回は韓国ペア語りかな。


た ぶん!!!!




……マジ で???


劇団四季『ライオンキング』南くんシンバのラジオ出演を聴いたみた会 

2013.07.18

あ゛づい゛

これはきっと大阪のサバンナと同じ……!!!


てなかんじで本日もはくなまたたなお言葉たち&パチパチを頂戴いたしまして
ありがとうございます!

ショックのあまり(笑)、しばらくもぐるつもりだったんですが、うっかり拝聴しちまいますた

タッキー816みのおエフエム!!



だってドSハンシェン様が王様だから!!!
サバンナのくりいむをなめとる子猫ちゃんだから!!!
おまえのなかに生きているから!!!!
(混乱)

……だんだんおかしくなってまいりますた。


つまりいよーなテンションなあたくし、勝手に生放送だと思い込んでたため、開始前からめっちゃドキドキしてたんですが、ふたをあけたら録音だった。

しかも6月27日(たぶん)だって。

1ヶ月近く前……!(遠い目)


この前のめり感、あたくしどんだけドSハンシェン様好きなんだ!!!!!!


で、はじめて知ったんだが、南(晶人)くんてばこのみのおFMには、京都劇場で『春さめ』のハンシェン様だったときご出演なさってたそーですね。

くっそー
今さらだが聴きてえ!!!!
そんときのんーそうだね!!!!(違)

でもってドSハンシェン様のとき、「将来やりたい役は?」って質問に、「シンバ」と即答なさってたとか。

すごいよねえ。
まさに有言実行ってゆーか。
さすが体制じたいを自分のために働かせてる男!!!!!(爆)


まー以前からアホのよーにいいつづけてるので、当地ご来訪同志の方々はよっくご存じとは思いますが、あたくしは基本伊藤(綾祐)くんエルンスト至上主義者なので、あのカワイコちゃんとさいこーにお似合いなハンシェン様は、やっぱドSが最強だろうと!!! 思うわけであります!!!!!!!

あのひとをひととも思わんよーな、「ぜんぶわかっててやる」っつー計算ずくの小ずるさ!
それが

♪イくのさ~

でウインク投げかけよーものなら、

す べ て の 
ハンシェン×エルンスト愛好委員会会員は、

まほうにかかるわけですよ!!!!!!!






……ってドSハンシェン様語りすんのすんげー久々でたのしいな(爆)。

くわしくは過去のハンシェン語り(一和洋輔くんハンシェンもいるよ!(爆))をご参照ください(笑)。


そんな南くんですが、このラジオ聴いたかぎりだと、なんかインタビューとか苦手そうなんだよな(笑)。

いや、ぜんぜんふっつーにきちんとしっかり答えてるんだけど、ぶっちゃけちょっと想定外っぽい質問だと、なんか動揺がみえる気がするんですよ……(笑)。

ごめん南くん(笑)。

でもこーゆーひとは、慣れてくるとすげーいいことゆってくれるタイプなので、めっちゃインタビューしやすいと思います。ってあくまでもあたくしの個人的なイメージだが(笑)。
てかあたくし自身、めちゃくちゃインタビュー好きなので、いつかおしごとで南くんにドSハンシェン様のおはなしうかがいたいなあ。


ってそっちかよ!!!

イきつくところはやはりそこ、ハンシェン×エルンスト愛好委員会会員No.110の湊みらいがお贈りいたしました。
お付き合いくださった方々、ありがとうございます!!


ムーディ!!!!
(なつかしいごあいさつ)


伊藤くんエルンストおたんじょうびおめでとうございますのその後に 

2013.07.16

おまえのなかーにっ

生きているのはドSな姿だけ……。


バンジェンざまあああああああ!!!!


うううううう……_| ̄|○ il|!



っていろいろ飛び回ってしゅくだひをこなしておりましたため、また間があいちゃいますた……。

その間にも、おまえこそ王となるお言葉たち&拍手喝采を頂戴しまして、
まことに
ありがとうございます……!!

うう……(感涙)。

ほんっとこーして支えてくださる方々のおかげで、今日もげんきです……。

ありがとうございます……!!!


そして……

本来ならば、大喜び!! とゆーか

おめでとうございます!!!!

と申し上げるべきところなのですが、

ハンシェン×エルンスト愛好委員会としては、

ごめん!!!!!

ダブルショックでまだだめだわ!!!!(爆)


伊藤くんエルンストおたんじょうびも

過ぎたばっかだとゆーのに……。

てかなんでそんな近いんだよ!!!!!!(笑)


もーほんと

どの愛を信じたらいいの……



しばらくもぐるか……な……(遠い目)。



ブロードウェイミュージカル『HAIR』を語る02 

2013.07.05

はくなまたた!!!!


本日もしんぱいだらけの当地に麗しきお言葉たち&パチパチをいただきまして、ありがとうございます!!!

なんとなく稼働しだしましたので(たぶん)、この間いろいろいただいてたお言葉たちやらじっくり拝見して、ご連絡差し上げますね☆
今しばらくお待ちくださいませ……。


ってほんっとーーーーーーーにありがとうございます!!!!



で、『HAIR』。


どーしても『春さめ』とかぶるので、つい語りがつづいてしまふ……_ノ乙(、ン、)_


お時間のある方、お付き合いいただけると幸いです。合掌。

つーか『HAIR』→『春さめ』→ハンシェン×エルンストその後劇場

ってゆー連鎖はあたくしの中で鉄板のため、

脳内がいまひっじょーにたいへんなことになってます。


っていつものことだけどな!!!!


はい、もどってもどって。




まさにタイトルが「髪の毛」なんですけど、最初なんでこんな不思議なのにしてんのかなとか思ってた(笑)。

したら反骨精神の象徴として、髪の毛を伸ばす若者たちっつー意味が含まれてたんですね。

いまでこそ男子のロン毛は市民権を得たけど、60年代とかのあの時代じゃー、単なるアウトローにされちゃうもんなあ。

そーゆー意味で、髪の毛って昔から思いの象徴みたいな役割果たすなあとか思った。
『春さめ』でモリッツが「いやだああああああああ」って飛び出してくるところの爆発ヘアスタイルとか、モリッツの怒りをまんま表してるんだろーなーとか。
ゲオルグのカールは、愉快キャラを象徴してるのかなーとか(笑)。
エルンストの七三分けは、「earnest(まじめな)」のとーり、名はたいをあらわすとゆーか。
そーするとハンシェン様の金髪でぺったりしたオールバックは、アングロサクソンの完成した美の最高峰に君臨する外見よね、とか。

やっぱ強力なSって、絶対外見とかきっちりしてるよね。すんごい整ってれば整ってるほど、内面は相当Sなんだよ!!!!!!



……ドSハンシェン様の王様姿がみたい……


南くん!!!!!!!!(涙)




……はい、もどってもどって。

そんなかんじで、最後、主人公(なのか?)クロードが短髪になって軍服着て登場した瞬間、涙腺崩壊しますたよ……。

ささやかでも抵抗したのに、命落とすのわかってて、無駄なのわかってて、それでもいくんだ……! とか思うとあまりにもつらい。その覚悟は結局ぜんぶ破滅につながってしまうとゆーのに……。

そーいえば映画『ランボー』でこんな台詞がありました。
ベトナム帰還兵のランボーは、
「俺たちはアメリカを愛したのに、アメリカは俺たちを愛してくれなかった」

なんかさー
せんそーってほんっと愚の骨頂だと思うね。
わざわざ意志を持って命を奪う行為に、いったい何の意味があんのかな?
意図的に生命を握りつぶすのを許すのって、ぜったいおかしいよ。
やっぱ生命っつーものは、伸びていくのが自然であって、そこに故意に圧力をかけてねじ曲げたところで、それでも日の当たる方向にいこーとするものなんだよね。
我々は、その自然の理に素直に従うだけでいーのに、なんでわざわざそれをこわそーとするのか。

クロードもモリッツも、そんなに素直な意思の持ち主だったんだから、もーちょっとぶざまにでも生きのびてほしかったなあ。


とかなんとかせつないかんじで終わっちゃったけど、お付き合いくださった方、もしいらしたらありがとうございます……。
でもほんとそー思うんだよねー。
だからなんかいま、『春さめ』がめっちゃみたいもん。

そーいや劇団四季会報誌「ラ・アルプ」の8月号の表1と表4が、四季60年の歴史を物語る上演作品の場面写真でうまってたんだが、

『春さめ』の写真はどこですか状態なのは、

どうしてなんだ!!!!!!!!!!!!


黒歴史とされてるのか???


こないだの『ソング&ダンス』では2曲も『春さめ』から抜粋したのに!!!!!!


なんでだーーーーーーーーーー!!!!!!!!




……とゆーわけで、やっぱり間があいても『春さめ』フリークなあたくし……。


ほんとに卒業できる日はいつなのか!!!!(爆)



あうふびだぜん!!



 | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: