FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

『渋谷甘味倶楽部』管理人・湊みらいと戯れる2012設置の会  

2012.12.17

本日も麗しきお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、

たいへん

ありがとうございます!!!!!!




とゆーわけで、年末恒例企画(?)



■『渋谷甘味倶楽部』管理人・湊みらいと戯れる2012




を設置してみますた!!


お時間のある方々、戯れていただければ幸いです。

どうぞよしなに(笑)。



って何のことかと申しますと、

年末は「劇団四季(舞台)と私」をテーマに、

ご来訪同志の方々から、

ご自身と舞台の年間総括?をいただいてるんですね。

で、毎年あたくしひとりが大喜びでごめんなさい状態なもので(笑)、

あたくし湊みらいから、ご来訪同志の方々に、

質問を5つさせていただくとゆー形式で、

ちょいと趣向を変えてみたのが、こちらでございます。


もちろん長文バージョンの「劇団四季(舞台)と私」も

心よりお待ち申し上げておりますので(笑)、

あわせてお付き合いいただけると

大変幸甚に存じます!!



あ、あたくし自身の「劇団四季(舞台)と私」については、昨年同様、だいたい大晦日近くにお贈りする予定ですので、豪の方々のみ、どうぞご期待くださいませ(笑)。





たいへん久々ではございますが 

2012.12.15

本日もご来訪ありがとうございます。

めっちゃお久しぶりではございますが

ここらへん

で何かが寒い真冬の日でもあなたとならあたたかいらしかったです。


ありがとうございます!!!


劇団四季『はだかの王様』おけいこ写真に目をこらす会 

2012.12.12

昨夜の『スリル・ミー』ちゃんねる(ニコ生)は、ほんっとにおもしろかったですね……(笑)。

まさに衝撃のラスト!!

とゆーか、その後の視聴者の方々のコメントがめっちゃおもしろくて、そちらをずーっと拝見しては大笑いしておりますた。

「続きは場所を変えてから」とか
「ちゃんとお願いするんだ」→「映って……ください……」とか、
もー本気で楽しい!!!


ありがとうございます……(笑)。



とゆーわけで本日もおもしろいお言葉たち&拍手喝采を頂戴いたしまして、
まことに
ありがとうございます!!!

『スリミ』クリスマスプレイベントのごほうこくもいただいておりまして、重ねて御礼申し上げます。

ありがとうございます!!!!


てなぐあいで気分は『スリミ』寄りになってたんですが、

ドSハンシェン様こと南晶人くんが、
デニム(@『はだかの王様』)に!?

とゆーしょーげきのお言葉をいただいたため(ありがとうございます!)、

一気にそちらへシフトしてしまいますた!!


……ええ、所詮『春さめ』フリークだぜ!!!!(笑)




見えない服が、あなたの心を見せてくれる。―『はだかの王様』東京公演の稽古が進行中!





で、こちら。


どー見てもメルヒ(上川一哉くん)がペテン師よね???


どー目をこらしてもあの情熱的なメルヒがペテン師よね????


でもって、ベンドラ(林香純さん)が、サテン王女っぽい気がするの。



……どうなのそれ!!!!!!



ベンドラとハンシェン様がラブくて、

あのかっこいいメルヒが、

あの何をおいても一番のメルヒが、

あの人間になりたい猫のメルヒが(まざった)、


ペ テ ン 師 ですYO!!!!!


さいこーすぎる!!!!!!(笑)



もしこのままのキャストだったら、ぜってー『はだかの王様』拝見するです!!!

オットー(加藤迪くん)がアロハさんだった時の衝撃が強すぎて(笑)、いちおーは満足してたんですが、
メルヒがヒール役(?)で、ハンシェン様が王子(つーかヒーロー)枠って、

なにその真逆現象!!!!!

どー考えてもエルンストが報われるじゃん!!!!!
(錯乱)





……ええ、所詮『春さめ』フリークなの!!!!

好きなの!!!!!

卒業決意して2年たってるけど!!!!!(爆)




てなかんじでお付き合いくださった方、いらしたらありがとうございます。

やっぱ『春さめ』で叫ぶと、ほんとーに楽しいわね!!


あたくし が!!!!!(笑)



このちょーしで週末、お話会開催予定です(笑)。

もしお時間のある方、お目にかかれれば大変光栄に存じます。

どうぞよしなに☆




ミュージカル『スリル・ミー』2013年3月公演ちらし(おそらく最終版)入手を祝す会(無駄に『カメラとあたくし』回顧録付き)  

2012.12.11

に゛ゃーーーーーーー!!!!


先日の『スリル・ミー』クリスマスプレイベントのおみやげは、『スリミ』おせんべだったそーですが!!!!

どんな味なんだろ??

すごくドキドキする味だといい!!!!


ずでぎ!!!!!!!




……コーフンのあまり猫化しますたが(謎)、本日もドキドキするお言葉たち&拍手喝采を頂戴いたしまして、
まことに
ありがとうございます!!!!!

『スリミ』イベントご参加された方々、お疲れさまでございました。
めっちゃ楽しいご様子だったとか。

いい な!!!!!(笑)

皆様からのご感想、心からお待ち申し上げておりますので、どうぞよしなに……(笑)。

楽し み!!!!!!



そーゆーあたくし、何してたかとゆーと、スチール☆みらいになってたんですけど(笑)、『スリミ』2013年3月公演本ちらし最終形(よね? たぶん)をいただいてまいりますた!!!!

わーーーーーー!!!!


ので記念さつえい。


tmf02_20121211011821.jpg



やっぱ両面フルカラーになりましたね(笑)。よかったー!

表面のほおずきは、『スリミ』のデフォなんですね。
裏面は、渋谷スペイン坂ポスター群のオールキャスト版と同じなよーです。

てか松柿版(松下洸平くん×柿澤勇人くん)は、『超人たち(Superior)』のシーンだから、柿澤くん「彼」があのあやしいコート着てて、「すんごい暗いペア」っぽくなってるんですけど、らっこ版(良知真次さん×小西遼生さん)が『やさしい炎(Nothing Like a Fire)』のところで、しかも良知さん「私」が笑ってるせいか、「めっちゃ明るいペア」なイメージになってる気がするんですよ(笑)。

やっぱそれぞれそーゆーイメージで演出されてるのかなあ??


てなぐあいで、こちらのさつえいは、Canon EOS 6Dでお贈りいたしますた(笑)。
まだぜっさん練習中! です。
はやく使いこなせるよーになりたいいいい!!!!



で、「スチールってなんぞや?」的なお言葉をいただいたりしたので、つーか前にもちこっと申し上げてるんですが、6D入手記念とゆーことで(どんなだ)、「カメラとあたくし」なるテーマで、無駄に長い回顧録をお贈りいたしたく存じます。

当地デフォなたいへんマニアック&危険度全開のため、お時間のありあまった上、ご興味のある豪の方のみお付き合いいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

気をつけ て!!!!








前にも申し上げておりまふが、なんでか写真(=静止画)を「スチール」とゆーよーで、写真撮影するカメラマンは、「スチールさん」と呼ばれます。
今年8月ぐらいに配られたプレスパスにも、「スチール」の文字が見える↓ので、やっぱり「スチール」が正しいんだろーなあ。
てか語源は「still(スチル)」から来てるとゆう説が有力らしーですが、音引きが入るよーになったのはいつごろからなんだろう??


pp02.jpg



対する動画は「ムービー」なので、テレビとかのカメラマンは「ムービーさん」とゆわれます。

で、あたくしは「スチールさん」な場合がほとんどなんですが、同時に取材記事も書くのも多いんですよ。だもんで、「スチール記者」とか称されるケースが多いかな、とゆうかんじ。記事のみを書く時は、「ペン記者」になるのかな。


そーゆー意味では、もともと編集者なので、何でもやるってゆうのが基本なんですよ。
取材して記事書くし、編集もするし、写真撮るし、デザインもやるし、ラフイラスト描くし、紙と印刷にも口出すし、原価計算して、リクープライン超えるかどーかを営業さんと相談して、ってゆーのを10年以上やってると、こーゆー立派な紙媒体ヲタクができあがります(笑)。


だから職業柄、プロカメラマンさんとおしごとする機会はけっこうあったんですが、カメラについてはほんっとに無知だったんですよね。
「『絞り』って、『茶巾絞り』の仲間? おいしいの?」
ってゆうレベル(笑)。

そもそも紙媒体ヲタクなんで、プロのカメラマンさんが、プロのモデルさんとかを撮影してる風景を見てる。のがいっちばん大好きなんですよ、ほんとは。
見学しながらだと、「さっきの写真、扉にもってきて……お、いまの表情いい!! やっぱカバーのがいいかな?」とか実際の紙面構成をその場でシミュレーションできるし、そーやっていろいろ考えるのがすっごい楽しくて。

どなたにも覚えがあると思うんですが、例えばケーキ屋さんとかで、ガラス越しにパティシエがケーキ作ってるところに出くわしたら、絶対見入っちゃいますよね?

あたくしの場合、そーゆーのが人一倍長いんですよ(笑)。
お蕎麦屋さんが蕎麦打ってるところとか、バーのカウンター越しにマスターがシェイカー振ってたりとか、いっつまでもずーっと見てる。
どーもプロが何かを作っていく過程を見るのが、かなり好きらしいです(笑)。



したら3年くらい前かな? に、グラビア本作ってた時、カメラマンさんが、
「『ダメ』ってゆわれるのわかっててゆうんだけど、巻頭グラビアだけでいーから、フィルムで撮りたいなあ」
って言い出したんですよ。このデジタル全盛の時代に(笑)。

それ聞いて、担当編集としては、予算とか期間的に「ダメ」ってゆうべきなんですが(笑)、気持ちはすっごいよくわかるわけで。
紙媒体ヲタクの自分が、
「ハードカバーで、タイトル金の箔押しの本作りたい」
とか思うのと同じですしね。

なので、「じゃあ予算とスケジュール、見直してみますね」とかゆって、細かい部分を洗い直したら、「おや、意外と大丈夫だぞ」ってゆうのがわかって、
「フィルム撮影いっちゃいましょう!」
ってなったんですよ。

もーねーこの時のカメラマンさん、めっちゃ大喜びしてて、あたくしもなんか楽しくて、みんなではしゃいでましたね。いい年したおとなたちが(笑)。


やっぱフィルム撮影って、近頃はほんとめずらしいから、カメラマンさんも
「これが最後かなー」
とかつぶやきつつ、シャッター切ってらっしゃいました。その横であたくしもなんかセンチメンタルになって(笑)。

とかやってたら、フィルムがちょっと余ったんで、
「せっかくだから、みらいさん撮りなよ」
ってカメラ渡されたんですよ。
プロが使ってるフィルムカメラ。

こーゆー機会は、これが最後な可能性もある! とか思って、「やったー!」って遊びで撮らせてもらったんですよ。
被写体のモデルさんも、わざと変顔作ってふざけてくれたり、カメラマンさんも横で直々に撮影のアドバイスしてくれたり、ほんと贅沢でしたね。ありがとうございます(笑)。


その後、写真現像して、どの写真使おうかってゆう相談をカメラマンさんとかとするのですが、あたくしが遊びで撮った写真を、なんか皆さん誉めてくださったんですよ。お世辞なのは百も承知ですが、ほんと口を揃えて「うまい」とかゆわれる。
そーすると、調子にのるわけですね。
「もしかして自分、カメラの才能あんじゃね?」って(爆)。

だったらちゃんとカメラのべんきょーしてみたらおもろいかな。とか思って、カメラ学校に通い出したんですよ。そこで初めて、「絞り」が「光の量を調節するもの」って知ったりとか(笑)。


そんでひととーり、「とりあえず一眼レフカメラで写真撮れます」ぐらいになった頃、新雑誌立ち上げの企画があったんですよ。したら記事書けるし、編集できるし、写真も撮れるし、ってんでお手伝いに駆り出されたんですね。もちろんちゃんとしたタレントさんの写真撮影は、プロのカメラマンさんにお願いしましたが、読モのカワイコちゃんたち座談会撮影とかスナップ撮影とかは、なんかやることになっちゃって。
だもんで、カメラマンとしては、いきなりの商業誌デビューでした(笑)。

けど編集者経験が長いもんで、どーもカメラマンとゆーより、編集者目線の写真になるらしいんですよ。「読者が喜ぶ」のが基準、とゆうか、「これだったら絶対読者泣くよね!」ってゆうツボをおさえてる的な(笑)。
ゆわれて気づいたんですが、紙面におこした時、レイアウトとか加工がしやすいとか、キャプションがつけやすいとか、なんか「編集者が編集しやすい写真」になるそーです。



最近はイベント取材で撮影して即入稿、ってゆー形のおしごとが多いので、つーかニュース速報として流すものが多いので、「この瞬間が命!!」っぽいゲリラ的な撮り方ばっかりしてますね。とにかく時間との戦いだし、どんだけ早く他社より先に出すかっつーのが勝負なので、スタイルとしては、報道カメラマンとか、スポーツカメラマンとかに似てるかな。
同時に記事も書いてるってゆーと、「たいへんそう」ってゆわれるんですが、とりあえず3桁はやってるので、場数はそれなりに踏んでるせいか、けっこーやりやすいんですよ。
そーゆー緊張感が漂う中で、ガタイのいいカメラマンさんの群れに飛び込んでいくのは、かなり楽しいです(笑)。
屈強な男性がほとんどなんで、一見怖そうに見えるんですが、ほんと親切な方が多いんですよ。ぶっきらぼうで怒号も飛び交う時もあるんだけど(笑)、困ってるとだいたいいっつも助けてくださいますね。

逆に、時間とか手間をかけられるスタジオ専属のカメラマンさんとかは、穏やかで人当たりのいい方が多いです。ライトあてて光の調節したりとか、いろいろ作り込んでいけるスタジオ撮影も好きなんですけど、そーゆー時はやっぱ編集者として見てるほうが楽しい。つーか、すっげー好き(笑)。
なんかお手伝いしながら、「もーちょっとレフ板立ててー」とかディレクションされると、ものっそテンション上がりますね。Mってゆーより、「あーこーやって光あてると、あそこの影が消えるんだ―」とか、プロの技がライブでわかるからだと思います。「この写真使うとしたら、キャプションはこうしよう」とかアイデアが浮かぶせいもあるかな。


てか所詮ただの紙媒体ヲタクなので、どーしても染み付いたマニアック気質が出ちゃうよね、ってだけの話なんですけどね(笑)。



そう、マニアで思い出したんだが、こないだちょう映画マニアと噂の斎藤工さんにおしごとでお目にかかったんですよ。
したらほんっとにマニアな方でいらした……!(笑)
あたくしもけっこう映画好きなので、おっしゃることが「わかります、それ!」的にいちいちうなずけちゃうってゆーか、めっちゃヘッドバンキングしてしまった。
斎藤さんといへば、『いつかの君へ』のやんちゃ系のリュウくんに近い方なのかなと勝手に思ってたんですが、どっちかとゆーとノボルくんのよーですね。思わず「マニアックなツボですねえ(笑)」って申し上げたら、「はい……(笑)」って照れ笑いなさってたのが印象的ですた。って、『春琴抄』も好きなんですけどね、金田敬監督だし(聞いてない)。


やっぱマニアックな方のお話って、ほんっとおもしろいなあ。ものっそ楽しくて、ずーっと笑ってばっかいたんですが、久々に『春さめ』マニアなお話がしたい!! とか思ってしまった(笑)。


とゆーわけで、今週末あたりにでも、
めがっさ久々の『春さめ』を語りつくせ!!お話会
なんぞをやろーかと。

北の大地が『嵐の中の子どもたち』三角関係再び状態な昨今、はたして山下(啓太)くんはないすかぽーの関係を打破する刺客になりうるか? をテーマに、徹底討論を展開いたしたく存じます!!!



……ってここまでご覧くださった方は、当地デフォな危険状態に耐えうるほんとに豪の方のはずなので、あえてこーゆーオチにしてみますた(爆)。

お楽しみいただけたでしょうか(笑)。

ありがとうございます!!!



ミュージカル『スリル・ミー』2013年3月公演ポスター群@渋谷スペイン坂を激写する会 w/Canon EOS 6D 

2012.12.05

麗しの6D♡ w/携帯カメラ


6d.jpg



使いこなせるよーになろーとして、とりあえずいっしょにお出かけしてみますた。

あたくしの場合、体でおぼえるタイプなので、説明書はスルーして、とにかく触っていろいろ試してみます。
そんで困ったらひとに聞くっていう(笑)。

てなぐあいで本日も麗しきお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、ありがとうございます!!

女子力UP祈願も賜り(爆)、重ねて御礼申し上げます……(笑)。

ありがとうございます!!


さて、6Dデビューにあたって、記念すべき被写体第1号はどうしましょ?
と考えた挙げ句、こちらになりますた!!


『スリル・ミー』ポスター群@渋谷スペイン坂!!!!(爆)



下から見上げてみた。


tm01thr.jpg



上から見下ろしてみた。


tm02und.jpg



正面から見てみた。


tm03sid.jpg




松柿版(松下洸平くん×柿澤勇人くん)に迫ってみた。


tms01mk.jpg



らっこ版(良知真次さん×小西遼生さん)に近づいてみた。


tms02rk.jpg



チェ版(チェ・ジェウンさん×チェ・ジホさん)に寄ってみた。


tms03ko.jpg



全員版に肉迫してみた。


tms04al.jpg





……以上、すべて6Dデビュー作でございました。

ご覧くださった方々、ありがとうございます……(笑)。


しかしかなり危険なひとでしたね、あたくし(笑)。


なにやってんだろマジで(笑)。


でもおもしろかったんだ……(笑)。



あのねえ、ご覧になるとおわかりいただけると思いますが、ほんっと狭いんですよね、ここ。しかも人がたくさん通るので、けっこータイミングはかるのが難しかったです。

だもんで、シャッタースピード上げて、連写形式で撮影しますたが、フォーカスはあえて全自動。


しーたーらーーー!!!!


やっぱすごいこの子!!!!!


とっても賢い!!!!!


感知度がめっちゃいい!!!!!!


思わず「すごいねえ!」って口にしちゃって、ますますあやしくなるあたくし……(笑)。


ってここまで書いたら、「カメラの性能で大喜びするって、男子だよ……ww」とツッコミが入った……。


たしかに な!!!!!(爆)



でもでもいちおーは女子だから!!!!


スイーツ(笑)系女子、めざしてるから!!!!!!


本気だから!!!!!!




とゆーわけで、ステキなアテクシ、Shibuya City Lounge@LOFTにて、優雅にお茶してまいりますた。

その証拠!


scf.jpg



……ほんとはスープ&サンドウィッチランチをいただいたんですが、そちらを食べ終わってから、写真撮り忘れたことに気づいた。



ってやっぱただの食いしんぼうばんざいなアテクシ!!!!(爆)



てか女子力は、どーやったら上がるのだろう??

勝手知ったる渋谷の街で、ちょっと真剣に考えたんですけど、6Dで次々シャッター切って喜んでる時点で、なんか……なにかが違う気がした……(遠い目)。


でもいいの!!!!


楽しいから!!!!!!(笑)




«  | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: