FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

2012年あきのたしなみシリーズ04(暫定) 

2012.11.21

劇団四季『キャッツ』横浜公演がとっくに千秋楽を迎え、『ジーザス・クライスト=スーパースター』が開幕し(しかもエルサレム版おわっとる)、四季が「マンマ・ミーア! 千秋楽」で検索かけてあいぴーを残されていった今日このごろ、同志の皆様ごきげんいかがでせうかハンシェン×エルンスト愛好委員会会員NO.110湊みらいでございますまめら!!!!!!(『ライオンキング』的ごあいさつ)


またしてもだいぶ間があいちゃいますたが、その間もお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございます!!!


ついでに申し上げると、『キャッツ』横浜千秋楽当日の11月11日、ってこれ去年も申し上げたんだが(笑)、戸籍上夫(あだ名はハチ)とあたくしの入籍記念日でございますた。
そちらに関する祝辞も賜りまして、重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございます!!

って申し訳ありません、こちらからで(汗)。


で、いろいろ申し上げたいこともつみかさなってしまったので(笑)、一気にここで叫ばせていただく!!

お時間のある方、もしいらっしゃいましたらお付き合いのほど。

ってすんげー地味すぎるので気をつけて!!






・『イル・トロヴァトーレ』みた。
『リゴレット』『椿姫』が大嫌いなので、ヴェルディ嫌いかと思ってたら、やっぱ基本そーみたいだった自分(笑)。でも『イル~』は魔女狩り?の話もからんでるっぽいので、そこらへんは好きです。
つーか憂いをひめたおかんジプシーはすごかった。マジ鳥肌立ってめっちゃ共感してしまったので、もしかして前世ジプシーだったかも!!(爆)
ちなみに、『ライオンキング』ごーるでんかぽー版拝見の次の日にみたので、テンションの落差が激しかった……(遠い目)。



デイヴィッド・フォスター&フレンズじゃぱんつあー いった。
ほんとありがとうございます……!! 号泣しすぎてたいへんなことに!!
だってだって、ピーター・セテラの『Hard to say I'm sorry』、ベビーフェイスの『End Of The Road』と『I'll Make Love To You』を生で拝聴できたんだもの!!!!!
Boyz II Men信者だったあたくしとしては、つーかいまもかなり好きだけど、これはもー泣く!!!!!!
つい歌詞を口ずさんでしまい、しかも泣いてたもんだから、となりのひとにはいい迷惑だったと思う……。ごめんなさい!!
でもチャカ・カーンの時はいっしょに踊り狂ってたから、まあいいか!!!



・『スリル・ミー』2013年3月公演チケット、3キャスト全員分とれますたーーーーー!!!
わーーーーーーー!!!
こちらもありがとうございます!!!!
何より韓国ペアがとれたのがうれしい!!!!
半分以上「無理かなー?」と思ってたので。



・『ライオンキング』ごーるでんかぽーはずれんの、早すぎ!!!!!
せめてもう3ヶ月ぐらいやってくれーーーーー!!!!!
つーかこのまま大阪入りですか??
それならそれでいいけど!!!!!!(真顔)
尚、白瀬(英典)くんバンザイ、連投おつかれさまです!!
くれぐれもご自愛を!!!!




……ふう……

すっきりした!!!!(笑)


お付き合いくださった方、もしいらっしゃいましたらありがとうございます(爆)。


あとはなんかもーおしごとで正気を保ってたので、あ、『てふてふ荘へようこそ』見逃したーーーーーーー!!!!!

今気づいた!!!!!!

あああああああああああ!!!!!!!





……_| ̄|○ il|!




なんかここんとこおしごとで携わった記事がやたらとやふーとかのとぴっくすにのるので、それはそれでありがたいしうれしいのだが、こーゆー個人的なたしなみをうっかり逃す弊害が起こってしまう罠……(遠い目)。


もしあたくしのおしごとで手がけたものをどこかで見かけたら、「ああ、これは湊みらいが、『てふてふ荘』で松下洸平くんの『彼』台詞『おまえがいなきゃだめなんだ』を聞きのがした上に成り立っているのだな、さぞかし忸怩たる思いだろうな」と同情してやってください……(涙)。




♪もーーーっとつよくもっと!!!!!!!



劇団四季『ライオンキング』を語る(ごーるでんかぽーレイヨウズ&ゲオルグバンザイ降臨 編) 

2012.11.09

『紺碧の夜』直前@浜松町


mbb.jpg



……ちょっと違う(笑)。

本日も夜のごとく静かなやさしいお言葉たち&拍手喝采をいただきまして、まことにありがとうございます。

社会人たるもの、なんとかおとなとしての責任をまっとうし、拝見してまいりますた『ライオンキング』ごーるでんかぽーレイヨウズ版!!!!!

なんかもーーーーー

感無量!!

やっぱ四季はいい!!!
なんか安心して拝見できるし、だいたい期待どおりな場合が多いなあ。
原点回帰な気分です(笑)。


そーいえば動く伊藤(綾祐)くんと南(晶人)くんにお目にかかったのって、2010年『春さめ』京都公演以来だったんでした。
実に2年ぶり。

伊藤くんはさらに動きがダイナミックになられましたねえ。あまりに以前と雰囲気が違くて(笑)、やっぱ大黒柱になると変わるんだなあとかしみじみ思った。

南くんは筋肉がついたかんじ。前はもっと細い印象だったんですけど、ちょっと育ってるよね?

そんで今さらなんだが、なぜあたくしこのおふたりが「ごーるでんかぽー」なのかわかった。つーか思い出した。

このおふたりの声質って、すごくあうんですよ。
なんか聞いててすごい安定感があるの。

ハンシェン×エルンストの時は、伊藤くんエルンストのカワイコちゃんぶりに集中してたせいもありますが(笑)、そーいえば
♪あーきーみがーほしーいー
のかけ合いが、めっさ自然だったんですよ。
南くんハンシェンの安定感に、伊藤くんエルンストの安定感が重なると、それだけでなんかもう完璧だったなあと。

素人のプリマヴェーラ☆みらい(爆)でさえ、アンサンブルやる時は、やっぱ「やりやすい人」は普通にいるんですけど、「やりやすい声」ってあるんですよね。それはその「人」がどうか以前に、ちょっと軽くあわせただけで、「お、お互いやりやすい声だね」ってすぐわかる。

南くんと伊藤くんは、同期だから「やりやすい人」があるとは思うんだが、聞いてて単純に「やりやすい声」同士な気がいたします。

もちろんハンシェン×エルンスト仕様はデフォだけどね!!!!!!


で、声つながりで白瀬(英典)くんバンザイ!!!

この方さー
ほんっっとにいいお声だよねえ。
のびがあってかっこいいので、特撮ヒーロー系の主題歌とかすっげーお似合いだと思うの。
あ、『リトルマーメイド』のセバスチャンあたりキャスティングされてそう。




……ってかなり冷静なかんじでお贈りしてますが、それはほんとに感無量だからです(笑)。「じーん」みたいな(笑)。

たぶん同志の方々のご想像どーりだとふんでますが、

白瀬くん+南くん+伊藤くん
(and権藤雄太朗くん)

が一堂に会した

カーテンコールで、

いちばん号泣してますた。



はっはっは!!!(爆)



まあそんなぐあいでお付き合いくださった方々、ありがとうございます。

ごーるでんかぽー拝見できてほんとよかったあ。

これも同志の方々のおかげです。

ありがとうございます!!!


ってなんかまともに終わったが(笑)、なつかしのぶっ壊れバージョンでもお贈りできますので、もしご希望の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします……ww




まめら!!!!!!




2012年あきのたしなみシリーズ03(暫定)  

2012.11.08

全国津々浦々ハンシェン&エルンスト愛好委員会会員の皆様おいえんおう(ごきげんよう)。会員No.110の湊みらいでございますおまえの中に生きている!!!(←『ライオンキング』的ごあいさつ)


本日も生き生きとしたお言葉たち&拍手喝采を頂戴いたしまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!


本日のあたくし、

本日こそはサバンナに!!!!

本日こそはごーるでんかぽーレイヨウズに!!!!!


と息巻いたのですが、


春劇場、見事に「貸切」だった……(遠い目)。



……???

なんだろうこの阻まれ具合。

社会人としてまともな行動を取ってたら、行き着いた先が「貸切」。

おっかしーなー???


とゆーわけで、かわりにたしなんでみたものたちについてイかせていただく。

お時間のありあまった上、ご興味のあるたいへん奇特な方々のみ、お付き合いいただけると幸いです。








ブリヂストン美術館コレクション展
『気ままにアートめぐり――印象派、エコール・ド・パリと20世紀美術』



以前ちょこっと申し上げますたが、あたくしはたぶん前世が、1900年前後のタイプライターっぽかったので(爆)、その頃の印象派(新印象派)とか、アッシュカン系にめがっさひかれる傾向があります。なんか本能が呼ぶかんじがするんだよなー。

で、この展覧会では、ひとつの部屋に、マネとモネとドガとルノワールとカイユボットの作品が一堂に会してて、本気で倒れそうになりますた……(笑)。

一生この部屋に住む!!!!

と思った(爆)。

特にモネの『黄昏、ヴェネツィア』!!

初めて拝見したんだが、見た瞬間泣けた(爆)。
あたくし的に、今まで拝見したモネ作品の中で最強!!
大好き!!!!
ってなってしまいますたYO!!!

なんつーか、「世界は、3原色(シアン、マゼンタ、イエロー)でできてるんだ」っつーことがすっげーよくわかるイメージ。
「スペクトルを油絵にするとこーなる」みたいな(笑)。

その微妙にずれて変化してく色味の差が、堅実なのにやわらかいんですよね。

「自分が住む世界は、こんな美しいんだ」ってゆう気になるほどの。


実はモネ作品でいちばん好きだったのが、シカゴ美術館で見た『チャリング・クロス橋、ロンドン』だったんですよね。
実際にチャリング・クロスに立った時、そっから見た景色は「けっこう硬質だなあ」ってゆう印象だったんですけど、モネの目を通すと、こんなやさしくて淡い景色になるのか……とか思って、ずーっとその場に立ちつくしてたあやしい東洋人のあたくし(笑)。

けどそれを凌駕するほどのモネ作品が、日本にあったとは……!!

なんか「灯台下暗し」的な感動もあって、すごいうれしい!!


ってモネ語りで終わっちゃったけど(笑)、ほかにも食いついていきたい作品がいっぱいなんですよ。
エジプトのレリーフがあるかと思えば、岸田劉生から田中敦子まで、有名どころの作品をうまいぐあいに網羅してます。
なので、美術史に興味あるひととかの参考になると思う。
マジ住みたいです(笑)。








FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画展
『マグナムを創った写真家たち~キャパ、カルティエ=ブレッソン、ロジャー、シーモア~』



やっとイけたーーーーーーー!!!!
あたくしにとっては、つーよりカメラやるすべてのひとにとっては、神!! のマグナム・フォト四天王!!!
もーーーーーー大好き!!!

今回、ブレッソンの撮影したマティスと、ピカソ(とその息子)の写真があって、ちょっと和んだ(笑)。

息子を抱いてるピカソの手が、けっこーでかく写ってるんですけど、つーか初めてピカソの手を見たんだが、
「あーこれはすんげー器用な人の手だ」ってゆーのがえっらいわかりました。ちょう納得。
関節のところが節くれだってるんですよ。
こーゆー手の形したひとって、職人とか芸術家に多いんだよねえ。
なんかこんな形で「世紀の天才」の手をしみじみ見るとは!

あとやっぱキャパのは、見るだけで無条件に涙が出るよーになってるらしいあたくし(笑)。

昔、キャパが地雷を踏んだ時に持ってた最期のフィルムを見たことがあって、ほんとに最後の最後まで、いっしょに歩いてる兵士が写ってたんですよね。

なんかその生々しさがキョーレツに印象に残ってて、最後の瞬間はどんな思いだったのかなとか、もし生きてたらどんな写真を撮ったかなとか、いろいろ考えちゃうせいもあります。

キャパの作品は、泥臭いのにスタイリッシュで、たぶんキャパ自身がそんなひとだったんだろうな。


ってマグナム語るとなげーのでこのへんで(笑)。



そーいや写真つながりで思い出したが、こないだごはん食べてたらリアル斎藤ヤスカくんに遭遇しますた。

びっくりしたー!

なんだこのすげー偶然……(汗)。

「クラムチャウダーとパーニャカウダをなぜかいつも間違える」的なことをお話しなさってた気がするのだが(うろ覚え)、目の前の美食に夢中で、利き手のこととかうかがうのをすっかり忘れてた……_ノ乙(、ン、)_

なにやってんだ自分!!!!

せっかくのチャンスだったのに!!!!!(涙)


つーかあのリアル女子以上に美しいとゆわれるすてき俳優さんより、食い気が勝つってどーゆーことだ……(遠い目)。


女子として反省しよう……。


マ ジ で!!!!



ミュージカル『スリル・ミー』2012年7月公演を語る14(松下洸平くん×柿澤勇人くん版01編) 

2012.11.04

やっべ!!

すっかり忘れてた!!!!


『スリミ』先行抽選ってもーはじまってたんだ!!!



やっぱ『春さめ』にかまけてると、ほかがおろそかになるあたり……。


どんだけ『春さめ』好きだよ!!!!(爆)


てゆーか「ホリプロオンラインチケット」と「スリルミークラブ」会員なんだけど、その違いはどーなってるの???

どっちを使えばいいのかしら???

一応「ホリプロオンライン」のほーにしてみたが、「スリミクラブ」のほーでも申し込みできるんかな????


謎!!!!!!




とゆーわけで本日も当地をかまってくださる方々からのお言葉たち&パチパチをいただいておりまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!


脳内思考がちょっと『スリミ』寄りになってきたんですけど、
えーと……どこまでいったっけ?(笑)


そう、やっぱ松柿(松下洸平くん×柿澤勇人くん)版からイきたくなったので、そちらから語らせていただく!!!


ほんっと今さらな上、自由激情でごめんなさい(笑)。


お時間のある方、お付き合いいただけると幸いです。合掌。


そしてやっぱりなげい&うざいので、

気をつけ て!!!!!







以前ちこっと申し上げますたが、2012年7月公演の柿澤くん「彼」は、「ろくでなし」度が増してて、ほんっと笑ってばっかいますた(こまった客)。


ちなみに新納(慎也)さん「彼」は、「人でなし」なんだよなあ。
なんでだろう?(笑)


そんで一方の松下くん「私」は、「犬」度とゆーか、「すがりつき」度が増してて、やっぱかわいかった(笑)。


でも根底にあるこのカップルの
キュート&スイート
な部分は同じで、その「甘さ」がより具体的になった。ってゆう印象かなあ。

お互い両思いなのはデフォで、柿澤くん「彼」のツンデレ度に比例して、松下くん「私」の「確固たる本命彼女の位置」が明確化した。みたいな(笑)。


まあ柿澤くん「彼」の「ろくでなし」化がいちばんわかりやすいのは、「これで満足か?」のキスシーンなんですけどね。
あと「早いとこすまそう」で洋服脱いでくところと、「わかっているよーレイ♪」の足湯キスシーンかな。

つまりエロ場面とゆえばそれまでなんだが(笑)、もーちょっと深追いしてみると、「私」が「報酬」としての「彼」の「体温」を与えられることにつながるんですよね。


前から申し上げてますが、このふたりの場合、「肉体と情がリンクしてる率」が案外近いので、一見切なさを伴う「からだだけの関係」がすでに予定調和っぽい。

「私」と体温を分けあう、または分けあった後の柿澤くん「彼」は、今回、もんのすげえいやらしい笑みを浮かべます。
ちょう小賢しいってゆーか、ほんっと嫌なやつ! みたいなニヤリ笑いとゆーか。


でもそこでいぢわるく笑うのって、実は相手に甘えてる証拠だと思うんですよ。

柿澤くん「彼」にとって、自分が何をしようと、松下くん「私」は「すべて許す」のがわかってる。
何があろーとも、松下くん「私」は、絶対自分に従うはずだってゆう自信がある。

そーゆー相手の情の上に成り立つ自分の立ち位置を十分わかってるから、あえてそーした「ろくでなし」なことができる気がするんですよね。
あの「ろくでなし」な笑いを見ると、「柿澤くん「彼」のS化が進んだ!!」ってゆう印象をお持ちになった方も増えたみたいなんですけど(笑)、そーゆー意味であたくし的には、柿澤くん「彼」は松下くん「私」の手の上で安心して踊ってる。っつーイメージ。
「ろくでなし」のふりをして、根幹的なところで松下くん「私」にすべてを委ねてるんだけど、本人は気づいてないっていう(笑)。

その証拠に、「いい加減な気持ちならいやだ」で、





ってほーらまーたなげええ!!!!!(笑)

なのでいったん切り上げ!!


お付き合いくださった方々、ありがとうございます!


予測通りのロングラン(笑)、耐えうる豪の方のみ、ご期待くださ い……_ノ乙(、ン、)_




♪いまはまだだめーだっ!!!



劇団四季会報誌「ラ・アルプ」2012年11月号(vol.333)チェックの会 

2012.11.03

♪いーのーちーはめーぐるー


なぜかBGMは『ライオンキング』なあたくし湊みらいでございますさーくるおぶらいふ!!!!(『ライキン』的ごあいさつ)


本日も王様並みに優雅なお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございます!!!!


ここんとこ『春さめ』系でプチ盛り上がり現象が起きてますが、先日の

ドSハンシェン様こと南(晶人)くん修行僧化現象の謎

がとけました!!!


「他の演目とかぶって無い場合は「黒髪短髪」って決まってる」

からだそーです!!!


教えていただいた(笑)。
ありがとうございます!!!


そーだったんだー。

たしかにマペットとかかぶって動き回るから、ロン毛とかだとあつくてたいへんだよね。

とゆーことはつまり、南くんは目下『ライキン』に集中! ってことになりますよね!!!

たのむ、このままずっと2枠で、6枠伊藤(綾祐)くんエルンストとごーるでんかぽー状態でいつづけてください……!!!

お願いしま す!!!!


とかやってたら、先ほど劇団四季会報誌「ラ・アルプ」2012年11月号がいらしてたので、さくっとめくってみたところ、
「楽屋の車窓から 『マンマ・ミーア!』カンパニー編」(P12)
で、

Wエルンスト現象が起きてたーーーー!!!(爆)


てか柿乙女エルンスト山下(啓太)くん、ヒゲ男爵(違)になってるってびっくり!!

2010年『春さめ』名古屋公演のアンサンブルの時も、うっすらヒゲってたよね??

てことはあの時も『マンマ』の練習に入ってたんだろーか???

あのカワイコちゃんがヒゲるとすげー別人!!!

こっちのがかっこいいと思うんだけどどーだろ(笑)。


でもって

お笑いエルンスト竹内(一樹)くんがーーーーーーー!!!!!!

もりじゃー(もりもりジャージ。別名「どんとどぅさどねすジャージ」)着てるーーーーーーーー!!!!!!

わーーーーーーーーー!!!!!(涙)




……って

食いつきどころそこか……_ノ乙(、ン、)_



それもこれもどれも

すべて『春さめ』再演を期待させる

四季のせいよ!!!!!!!


きーーーーーー!!!!!(爆)





てなぐあいでお付き合いくださった方々、もしいらっしゃいましたらありがとうございます……。

『スリミ』語りイきかけてたんだけどな……(笑)。


とゆーわけで、次回は『スリミ』松柿版の予定!!!


たぶ ん!!!!!





«  | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: