FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

なぜか 

2012.09.29

本日、四季があいぴーを残されていったんですけど
(ありがとうございます(笑))、

なんで今頃『間奏曲』が

検索ワードなの……??

再演フラグなの???

神ゲオルグ(白瀬英典くん)が登板なら、

ぜひお願いします!!!

つーかその前に、『青い鳥』に白瀬パンを!!!!!!



てなかんじで本日もご来訪ありがとうございます!!

とゆーわけでひさびさに

ここらへん

になんかい た。


ありがとうございます!!!!!


スポンサーサイト



劇団四季『マンマ・ミーア!』北海道キャスティングに衝撃の会 

2012.09.27

ちょ

待って待って!!!


ペッパーにハンシェンとエルンストって


なにそれなにそれなにそれ!!!!!!!



危険すぎ る!!!!!!!!!






てなぐあいで久々にどーかした大騒ぎではじまりましたが、本日も危険なほど香しきお言葉たち&拍手喝采を賜りました、
まことに
ありがとうございます!!!!!


ってなんの大騒ぎかと申しますと、同志の方からしょーげきのネタを教えていただいたからだ!!!!

ありがとうございます!!(笑)


昨日北海道四季劇場で開幕した『マンマ・ミーア!』ですが。


なん と


ペッパー役 に


一和(洋輔)くん





伊藤(綾祐)くん





キャスティングされてる



のですって!!!!!!!!!




なんやそらーーーーーーーーー!!!!!!(爆)




しかもアンサンブルに山下(啓太)くんも入ってて、

北の大地に
Sハンシェン+エルンスト三つ巴(竹内一樹くんスカイ含)の図

ってなんなんだよ!!!!


ないすかぽー&せんべいかぽー解散!!

と思ったら、

エルンスト入れ食い状態

ってSハンシェンがおいしすぎる構図!!!



ほんとなんなのこれ……(笑)。


なぜこんな不可思議組み合わせで

しかも性格真逆のハンシェンとエルンストを

同じペッパーに組み込むのか!!!






……は!!

これって四季からのハンシェン×エルンスト愛好委員会に対する招待状なの??

もーすぐ南(晶人)くんも追ってキャスティングされて、

北の大地に総ハンシェン×エルンストが集う前ぶれ

ってことなの????


ぎゃーーーーーーーー!!!!!!!
(なんか想像した)






……_ノ乙(、ン、)_



四季めええええええええ!!!!!!!!(爆)






とゆーわけで、しょーげきのあまり、見事四季に踊らされてる我々ハンシェン×エルンスト愛好委員会ですが(笑)、お付き合いくださった同志の方々、ありがとうございます!!

つーかこーゆー形でわが愛好委員会の神通力がふっかつするとは……(笑)。

なんなんだろね??

あとはもう、ドSハンシェン南くんが、北に降り立てばパーフェクト!!!!


それを願って、お約束のお言葉で次回お目にかかります。


ムーディ!!!!!!(爆)

















おまけ。

「スチール☆みらいの携帯カメラDE写真撮影教室」、引き続きご希望のお言葉をいただいておりまして、ありがとうございます(笑)。

先日お贈りしたFUGLEN TOKYOに続き、最近なんか代々木公園界隈づいてて(つーか正しくはなぜかこくえーほーそーにおしごとでうかがう機会が多い)、そのあたりで入ったお店の記念さつえーさせていただいてるのでお披露目。もちろんお店の方には許可いただいてますので、念のため(笑)。



violette


カジュアルなフレンチレストラン。オープンテラスもあるので、お天気のいい日にそこでランチなどいただいちゃったりすると、優雅な貴族気分的なかんじを味わえると思うYO!!(笑)


vio01.jpg


vio02.jpg



■スチール☆みらいのワンポイントあどばいす
※構図に迷ったら、とりあえず縦と横で撮っとけ


ご覧のとーり、同じ席から外に向かって、縦と横でさつえいしてます。
携帯カメラだとどーしても一発撮りになるので、フレーム内におさめたい絵(構図)を瞬時に判断しかねる時は、いちおー縦と横で同じ被写体を撮っとくと、後から目的にあわせて選択肢が増えるです。
この場合の縦は、店内が暗かったので(てゆーかお食事やさんの店内照明は、食べ物が美味しく見えるアンバーが多いのがふつうだが)光がほしかったのと、「オープンテラス」なのをお知らせしたくてこーなった。
で、横は、立派な「バーカウンター」があるのをお知らせしたいんだけど、横一直線のバーカウンターだけを入れちゃうと、このお店本来の「カジュアルなフレンチレストラン」の雰囲気とは違って、「ただのオサレバー」に見えちゃうので、ちょっと斜めにして、オープンテラスからの光も入るよーにしてみた。
だもんで、例えば、このブログが『Tokyo Tavern Travel』とかゆうこじゃれたタイトルだったとして、
管理人が「ダーリンはロンドン出張中なので、ひとりランチ。でも愛犬ルナといっしょに入れるお店だから、さみしくないよ☆」とかゆうようなひとなら、縦のほーをうp。
一方で、雑誌「LEON」とか愛読してて、ジローラモさんを意識してるよーなひとが管理人なら、横のほーをうpすれば、それぞれいいかんじにおさまるはず(笑)。
ようはさいしょから選択の幅を広げておいたほーが、後々なんかあった時にべんりだよ、ってゆうまめちしきですた(笑)。

ところで、このお店どっかで見たと思ったら、映画『愛の言霊』のロケ地だったらしい(爆)。
内装変わってるけど、つくりはたしかに同じだね。
「あそこにカメラおいて、こーゆーアングルで撮影したんだろーなー」とかいろいろ考えてたあたくしは、しょせんマニア気質なのか……(遠い目)。

ちなみに、『愛~』にご出演の斎藤ヤスカくんは、カメラマンでもいらっしゃるそーですね。
俳優さんとしてよりも、そっちの活動のが気になるので(ってすてき俳優さんに対して邪道だろうか……(笑)。ごめんなさい! 所詮カメラ好きなんだ……)、公式サイトの作品を拝見してみたんだが、「人好き」するテイストなんだねー。
利き目って左でいらっしゃるのかな??
もーすぐ個展も開催されるよーなので、ぜひうかがいたいところです。

ってその前に、鋤田正義展イく!!!

ぜったい!!!!!




劇団四季『マンマ・ミーア!』北海道開幕を祝す会(せんべいかぽー&ベンドラアンのゆくえ編) 

2012.09.26

さっきタイトル文字打ったら、「ゆくえへん」が「ゆくえ変」て出て、そっちのが正しい気がしたあたくし湊みらいでございますおいえんおう(ごきげんよう)!

本日もきよく正しいお言葉たち&パチパチを頂戴しまして、
まことに
ありがとうございます!!!!!!


なんかいろいろたいへんなことになってて、食いつき損ねた数々、やっとイかせていただく!

一気にイくから気をつけな! ケガするぜ!(笑)


……ハンシェン様……(遠い目)。




てかその前に、先日自由劇場で開幕した『赤毛のアン』ですが。

これさー
マジびっくりしたよね!!!!

てっきりドSハンシェン様トミー南(晶人)くん&お笑いエルンストギルバート竹内(一樹)くん+ベンドラアン林(香純)さんの
3ショットがお目見えすると思ってたのに!!!!!!


うう……

この奇跡の3ショットは幻かなあ……(涙)。



とゆーわけで、竹内くんは本日北海道で開幕(おめでとうございます)の『マンマ・ミーア!』に、林さんは『青い鳥』にいらっしゃるようで。

ハンシェン×エルンスト愛好委員会としては、北海道でないすかぽー再び? とか思ってたんだが、一和(洋輔)くんは福岡『さうんどおぶみゅうじっく』でロルフだしなー。

おそらく南(晶人)くんは大阪『ライオンキング』でしょ、伊藤(綾祐)くんは名古屋『ウィキッド』終わったし、いろいろありそーなご様子なのでしばらくお休みなさるよーな気がするの。


……なんか……

ハンシェン×エルンスト愛好委員会の神通力(?)、だいぶうすれてきたなあ。

このひとたちがこんなに離れてるのって、たぶんはじめてじゃん?

てゆーか、ないすかぽー解散のじてんでちょっと危険だったけどな!!!!



ところで、『青い鳥』にゲオルグパン(白瀬英典くん)はきてくださるのかしら??

絶賛バンザイ(『ライオンキング』)中でいらっしゃるよーだが、あのアラブ人衣装をお召しになったゲオルグパン、拝見したい!!!

だってもう二度と無理だと思ってたからね……(涙)。



……ってここまでつらつら書いて気づいたんだが、あたくしほんとにどんだけ『春さめ』好きなんだよ……(笑)。

何度卒業決意しt





……_ノ乙(、ン、)_



お付き合いくださった方々、ありがとうございます。なんだかんだと所詮四季信者なんだよな!(笑)

てなぐあいで、次回は『スリル・ミー』語りにイけれb





あうふびだぜん!!!!!!!!!






Dステ11th『クールの誕生』を語る 

2012.09.24

独り居の夜も
燃える日も
心に掛けぬお前の祈念を、
永遠の俺の心よ、かたく守れ。
――アルチュール・ランボオ






また間があいちゃいますたが本日もいろんな意味でもへるお言葉たち&拍手喝采を頂戴しまして、
たいへん
ありがとうございます!!!


『赤毛のアン』のせんべいかぽーはどこですかとかいろいろ申し上げたいことはあるのだが(笑)、とりあえず先にイかせていただくのは、

Dステ11th『クールの誕生』語り!!


ご興味のある方、お付き合いいただければ幸いです。合掌。







こちらは突然拝見できることになったので(ほんっとありがとうございます……!!)、前知識としてあったのが、D-BOYSの皆さんによるサラリーマンコメディなんだね。ってゆうのだけでした。
でもって季節柄夏だし、タイトルが「クール」だもんだから、きっと「オフィスでクールビズが誕生した秘話だよ」とか勝手に思い込んでいたのだった……(遠い目)。


ごめんなさ い_ノ乙(、ン、)_



が、会場について見えたのが、「演出・山田和也」の字。
山田さん……どっかで……と思ったら、去年舞台『ジキル&ハイド』と『ラ・カージュ・オ・フォール』のおしごとでお目にかかった演出家の方!!!

こりゃすげえ!!!!

個人的に山田さんは、「俳優の個性を生かす演出をする」ってゆうイメージなんですよ。『ジキル~』の製作発表のときも、たしか「だれも知らない濱田めぐみを引き出す」みたいなことをおっしゃってた記憶が。だもんでD-BOYSの皆さんの個性がいきたかんじになるのかな? とか思っていざ観劇。


したらさーーーー

なにこれ!!!!!!

ちょーーーーーーー傑作!!!!

こんなに泣いて笑ったのってすげー久々ですた。

今年拝見した舞台のあたくし的ベスト3に確実に入るね!!!!!!!(笑)



舞台は1960年代の高度成長期日本。東京オリンピック開催を目前に控え、関連商品を製造販売しようと奮闘する「東京堂物産」社員の皆さんの姿を描いてます。


サイトの作品紹介↑には、


会社人間なんてバカみたい。そんな現代へのアンチテーゼを。

会社はお金を稼ぐ場所、大切なのは個人の生活・・そんな現代に、「それほんとうか?仕事って、会社って、もっとドラマチックでエキサイティングなはずだよ」というメッセージを送ってみたい。


ってあって、ようは「サラリーマン」が会社を信じてた時代への、ある意味ノスタルジックなオマージュなんだが、あたくし的には「アンチテーゼ」とはちょっと違うよーな気がしたんですよ。そこまで積極的な「嫌悪感」みたいなものはうすいし。

結局、「サラリーマン」の根底は、今も昔も同じで、最終的には「個人」によるんだろうなあ。時代は変わっても、それぞれの人生を生きる「個人」への賛歌とゆーか、そーゆーのを伝えてるよーな印象なんですよね。

終身雇用制が崩壊して、「会社に尽くすのが果たして正解なのか」ってゆう昨今の日本でも、「社畜」になるひとはいまだいるし、ただ「働く」スタイルの選択肢が増えただけ。それで「個人」がどうしたいのか、「自分」で選んだことへの責任を自分で取る「覚悟」ができてるか? とかゆーのを暗に示してるのかなーとか。


とゆーのも、劇中一番インパクトの強かったのが、柳浩太郎さん演じる伝説のサラリーマン・塙徹(はなわとおる)さんのこの台詞。


「サラリーマンだって、クールを追いかければいい。『かっこいい』ってことにこだわるんだ。クリップの止め方も、接待のやり方も、他人の声ではなく、自分の心の声を聞く。」


「自分の心の声を聞いた」時、「会社人間のがかっこいい」と思えばそうなればいいし、「会社はお金を稼ぐ場所、大切なのは個人の生活」と思えば個人の生活を大事にすればいい。

つまり「アンチテーゼ」とゆうよりも、「自分には、『自由』がある」ってことを思い出せ、的なイメージなんですよね。



そーするともー……

なんかすんげー泣けてさあ!!!(爆)


ふり返ってみると、たしかに自分にも「会社人間」だったころはあって、つーかつい最近までほんとにそーで、でもどんなに本気で働いて利益出して愛情注いで、気の遠くなるほど祈っても、倒産するものはするんだ。「自分の心の声」は、「一生この会社で働くんだ」ってゆってても、倒産しちゃえばもうねえ、ってゆー話(笑)。

したらやっぱり、その時その時に「自分の声を聞いて」きた結果、いまの自分に行き着いたことになる。「自分にとって『かっこいいこと』」にこだわって選択していくと、それはそれで正解なんだろう。

だから、「お前の祈念を、永遠の俺の心よ、かたく守れ。」

他人の思惑とか、世間のしがらみとか、そーゆーものから、「自分の心」はずっと守っていけばいい。それが「自分の心の声を聞く」ことで、「自分の『かっこいい』」の指標になるよーに感じます。


ところで去年、映画『ヴァンパイア・ストーリーズ CHASERS』のおしごとでお目にかかった牧田(哲也)くんが、えっらい精悍さの増したお顔つきになってらして驚いた。

お会いした時は、共演者の皆さんから「まっきーの和服姿(200年生きてきたヴァンパイア役なので着物着てる設定)に注目してください」とかゆわれまくってて、完全な「いじられキャラ」のイメージが強かったんですけど、新進気鋭の若手社員役を堂々とこなしてらしたんですよね。
役柄のせいも少しはあるはずだが、なんか静かな自信をたたえてらして、それがにじみ出てるっつーの?(笑)
あーすごいなあ、やっぱ土台に厚みが増すのは「かっこいい」んだなあとか、改めて「かっこいい」の意味を考えてみたりしたのでした。

まさに堂々とした役の牧田くんは、「いま」の牧田くんそのまんまなんだろうなあと。
見事に「俳優の個性を生かす」よーな山田マジック演出になってて、そーゆー意味でもなんか泣けた……(笑)。

したら脚本の鈴木聡さんは、本作をあて書きで書きおろしたんだそーですね!
だからあんなに出演者の皆さんの個性が光ってたのか……。

えらい納得(笑)。

しかしほんとこれ名作だよなー。

来年DVDも出るそーなので、ぜひ入手したいところです。

つーかその前に再演希望なんですけど!!!(切実)










てなぐあいで語った語った!!

あーすっきりした!!(笑)


お付き合いくださった方、もしいらしたらありがとうございます!!

お疲れさまでした(笑)。



とゆーわけで、たぶん次回は、
藤原歌劇団『夢遊病の女』語り
の予定です(何)。

だってレポート提出が!!!!(爆)







やれやれ、可愛い、哀れな魂よ、
俺たちには永遠はまだ失われていないのだろうか。
――アルチュール・ランボオ




2012年夏のたしなみシリーズ03(暫定)  

2012.09.17

『スリル・ミー』2013年3月公演キャストがはっぴょうになったのに、『スリル・ミー』クラブからのお知らせメールとかはまだですかなのはあたくしのところだけ???

なんか入会方法とか間違ったかな????


?????


こーして謎が深まるのもスリルを味わせるための手段なのか……???


ホリプロめえええええええええ!!!!!!!!!(爆)




てなかんじで本日もスリル満載なお言葉たち&拍手喝采を頂戴しまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!!


えー『スリミ』語りイこーとしてたんですが、別ものの語りのほーが先にできてしまったので、そちらから先にお贈りいたします……(遠い目)。

……ほんっと自由激情だな……(笑)。

これに耐えうるご興味のある方のみ、お付き合いいただけると幸いです……。

そしてやっぱり無駄に長い(ようはうざい)ので

気をつけ て!!!!!!(笑)










とゆーわけで、先日なんか日本びーえる映画のことを申し上げたら、一部ミクロ同志の方々から、「もーちょっとつっこむといいよ!!」とゆうお言葉をいただいたので(ありがとうございます(笑))、お応えしてみる試み。

前から申し上げてますが、もともと映画好きなので、けっこーみてるほーだと自覚してたんですが、日本のびーえる映画は盲点だったのに気づいた……(笑)。

だもんでここで一気に映画好きの面目躍如!! として(どんなだ)、まとめてこのジャンルものの語り!!






『愛の言霊』
日本びーえる映画アウォードがあったら、着実にこれが最優秀賞でしょう!(笑)
金田敬監督のよさがいちばん出てるのに加え、脚本、キャスティング等々、すべてが絶妙なバランスでからみあって、コストパフォーマンスの高い作品になったっぽい。
おしごとでお目にかかった際の金田監督は、典型的な関西人とゆう印象が強かったんですよね。物事を決めるのにパキっとしてて、無駄が少ない。「ビジネス」をちゃんと捉えたプロフェッショナルな方だなあと。
とゆーのも、映画監督とかこーゆークリエイティブ要素のあるおしごとに関わる人たちは、どこか「自分の作風」とかにこだわって、予算とか商業的なことはどっか二の次にしちゃう「芸術系」の人も多いんだけど、金田監督にはそーゆーあまっちょろい部分が皆無なんですよ。「この予算内で、ある程度までの数字を出す」ってゆーのを優先させるイメージ。「監督の仕事」をすごくよくわかってらして、だからこの作品はこういう出来になったんだなーと思います。細かいツッコミどころは多少あってとーぜんだけど(笑)、ここまでクオリティの高い作品に仕上がったのは、金田監督の力量による部分が大きい気がします。
とーぜん脚本もすごーくよくて、横田理恵さんですが、この方の描くヒューマンドラマっぽいところが好きなんですけど、それがびーえるになると「ふつうの恋愛物語」になるから不思議だよなあ。
もちろん主演の徳山秀典さんと斎藤ヤスカくんの熱演もすばらしい!
徳山さんて、「陰があって女(恋愛)で苦労する男」のイメージが強い方だったんですけど(『さくら心中』とか)、無口で不器用なすっごいふつーの大学生で、恋人(斎藤くん)とは幸せになるからなんかうれしかった……(笑)。
斎藤くんは、めがっさきっれいですね!! すごいやさしくて素直なキャラなんだけど、役柄がとても合ってると思います。つーかボウケンブラックが大学生になるとこうなるんだ……ってゆうかんじ(どんなだ)。なんかそれもうれしかったんだ(笑)。
あと個人的におおーってなったのが、小物とかお洋服の使い方が、すごいナチュラルになるよーに計算されてるところですね。
例えば、主人公の男の子ふたりは、大学生なので、学生らしくお洋服をちゃんと着まわしてるのがわかるとか、ふたりが持ってる部屋のカギにおそろいのキーホルダーがついてるところとか、壊れたマグカップをあえてまだ使うとか、斎藤くんのしてる時計はクロムハーツよね? とか、細かいところが少女漫画っぽくてみょーになごみますね。
まあ総括してゆうと、劇中のしょうくん(加々美正史さん)の台詞がすべてを物語る、ってかんじかな。
「(恋愛は)無駄だからいいんじゃないの? 無駄だから楽しいんだよ」



『愛の言霊~世界の果てまで~』
河合龍之介さんが別人すぎて楽しいケン。個人的には『愛の言霊』の徳山秀典さんと斎藤ヤスカくんの「その後」で拝見したかった。


『純情』
金田監督節炸裂なイメージ。特に光の使い方。栩原楽人くんがすんごいカワイコちゃん。


『富士見二丁目交響楽団 寒冷前線コンダクター』
金田監督のリリカル部分より、リアル部分割増? な印象。おしごと関係で拝見したので、素直に鑑賞とゆうよりなんかそっち目線になる。


『タクミくん』シリーズ
これもおしごと関係で全部拝見したので、柳下大くんが後のシオン(『淋しいマグネット』)になるのかと思うとすげーとか、浜尾京介くんの目力はスクリーンを通しても健在だなとか、馬場良馬くんはやっぱリアルと別人すぎるとか、斎藤ヤスカくんがなんで高林泉(『シリーズ1 そして春風にささやいて』)と野沢政貴(『シリーズ3 美貌のディテイル』)なの? とか、高崎翔太くんは『富士見~』でもそうだったけどメガネっ子キャラがデフォなのか? とか、なんか目線がそっちになる。


『BOYS LOVE』
これはつらい。斎藤工さんがかわいそうすぎる。そしてエンディングが悲しすぎる。


『いつかの君へ』
やっぱり河合龍之介さんが別人すぎて楽しいケン。『BOYS LOVE』でかわいそうすぎた斎藤工さんが上がるキャラなのでうれしい(そっちか)。


『スキトモ』
びーえるとはちょっと違うが、斎藤工さんが男前ボクサーなので安心して観れる(どうも斎藤工さんが救われるキャラなのを求めてしまうらしい)。


『BOYS LOVE2』
同じくあたくし的にはエンディングつらい。一応はハッピーエンドとゆう意見もあるそうですが。


『禁断の恋』
うーん。つらい。


『体育館ベイビー』
びーえるなのか?


『僕らの愛の奏で』
びーえると音楽。





まとめ。

びーえるはただでさえ重いテーマなので、バッドエンドだとさらに目を覆いたくなるつらさになる。ので、日本びーえる映画鑑賞の心得としては、事前にある程度エンディングを知っておいたほうがよい。うん。







……ってなにこれ……(笑)。


びーえる映画語りと銘打ったからには、もっと男の子同士のシーンについてとか、つっこむほうがいいんだろーとは思うのだが(笑)、ちょっとおしごと関係もからむのでどーしてもなー……。


ごめんなさい(笑)。


お付き合いくださった方、もしいらしたらありがとうございます……。



次回は、『スリル・ミー』語り!!

にイくかどーかは神のみぞ知る……(笑)。




 | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: