FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

ミュージカル『スリル・ミー』2012年7月公演を語る10(グランドスラムTシャツ&柿澤せんせいに叫ぶ編) 

2012.08.29

♪ぼーくーだけーだ
こんなにーもつよくふーかく
きーみをもとめてるのはっ!!



あたくしのこんなにもつよくふかく求める気持ちが届いたせいでしょーか、『スリル・ミー』7月公演4キャスト観劇制覇記念Tシャツ仕様を拝見できますた……!!


ぎゃーーーーーーー!!!!


ありがとうございます!!!(笑)


表には、ポケット+めがねが入ってるイラスト、裏にはタイプライターから紙が出てて、そこにキャストやスタッフの方々のお名前が入っているとゆうデザインのよーで。

色はブラックっぽくて、ちょいラメ入りだとか。

ふつーにかわいいね(笑)。

つーか本編はあんなおどろおどろしいのに……!!(爆)


とゆーわけで本日もつよくふかいお言葉たち&拍手喝采を頂戴しておりまして、
まことに
ありがとうございます!!!!


『スリミ』田新(田代万里生さん×新納慎也さん)版語りにイこーとしてたんだが、この↑Tシャツにお目にかかったら、そっちへイってしまった。

っていつものことだけどな!!!!

だってかわいいし!!!!!!!



そんな中、柿澤(勇人)くんが小学校のせんせい役で出てらっさるとゆう映画『ひみつのアッコちゃん』の公開直前プレミアムイベントにおしごとでうかがったので、まんまとパンフレットをいただいてまいりますた!!!

ぎゃーーーーーーー!!!!


ありがとうございます!!!!!!!


公式HPには、柿澤せんせいのお姿どこですか状態なので、

パンフには!!! 

きっと!!! 

のってらっしゃるはず!!!!

とゆうあわい期待を抱きつつ、ページをめくってみた!!


ら!!!!!!



いらしたーーーーーーーーー!!!!!!!!!
(爆)



最後の文字ページのいちばん下に、10歳のアッコちゃん(吉田里琴ちゃん)といっしょにうつってるーーーーーーー!!!!!!

なんか白シャツに黒セーターって

なにこれせんせいっぽい!!!!!!!(爆)

とてもあの「ろくでなし全開」だった「彼」と別人!!!!

なにこの「いいひと」っぽいオーラ!!!!


きゃーーーーーーーーーー!!!!!!!!







……_ノ乙(、ン、)_




こんだけで大騒ぎできるあたくし、どんだけ柿澤くんファンなんだよ……。

つーかいまだ『春さめ』ファンなんだな……(遠い目)。

何度卒業決意s(略)




てなぐあいで柿澤くん大騒ぎで終わってしまっ……_| ̄|○ il|!



お付き合いくださった方々、いらしたらありがとうございます……(笑)。


つーかとどこおってる田新版より先に、松柿(松下洸平くん×柿澤くん)版語りにイったほーがいいよーな気がしてきた……(笑)。

もしそちらをご希望のたいへん奇特な方、いらっしゃいましたらご一報いただけると幸いです。

どうぞよしなに……(笑)。
















おまけ。

先日お贈りした「2012年夏のたしなみシリーズ」ですが、なんでかご好評をいただいており。


なんで???


マジ で!!!!!!!!(爆)


まあでもありがとうございます……(笑)。

で、なんか引き続き「スチール☆みらいの携帯カメラDE写真撮影教室」ご希望のお言葉もいただいており、もーちょっとなんか撮ったやつうpすればいいよ!! とゆうたいへん不思議なお言葉をいただいたため(ありがとうございます……(笑))、ずうずうしくもさらに最近撮ったのをさらしてみる。



FUGLEN TOKYO

ノルウェー発のエスプレッソバーで、夜はカクテルバーになるそーです。
インテリアがすごーくかわいーので、店内を撮らせていただきますた。
あ、もちろんお店の方には、許可いただいてるです(笑)。


fuglentokyo01.jpg



fuglentokyo02.jpg




■スチール☆みらいのワンポイントあどばいす
※フレーム内になんか目立つのを入れるといい

ただインテリア撮るだけだとたいくつになっちゃうので、エスプレッソバーだし!! とゆーことで、中央にエスプレッソを入れてみた。
エスプレッソぬきだと、だれかのお部屋かな? とか思われる可能性も高いんだが、エスプレッソがあると、どっかのオサレカフェ? とかわかりやすくなると思うです。
内装とか広い範囲を撮影する時は、なんかこーゆーわかりやすいアイコンみたいなのをちょこっと入れるだけで、構図的にアクセントが出るのでおもしろいYO!!(笑)



……たぶ ん(笑)。






スポンサーサイト



2012年夏のたしなみシリーズ02(暫定) 

2012.08.26

「自分でもわかりません、どーして自制がきかなかったのか……」
(courtesy of 『スリル・ミー』)



って本日も時勢にノったお言葉たち&拍手喝采を頂戴しまして、まことにありがとうございます!!!



いやーなんか「2012年夏のたしなみシリーズ」ですが、一部ミクロ同志の方々にご好評いただいておりまして。


ありがとうございます!!


なんだけれども、なんで???


あのちょうマイナーネタをなぜ受け入れてくださるのか謎!!!!!(爆)



てゆーか前回馬場良馬くんのお名前出したら、「ばばりょ語りすればいいよ!!」とゆーお言葉をいただいたので(ありがとうございます……(笑))、『タクミくん』シリーズに出てらした馬場くん&浜尾(京介)くんが、リアルでお目にかかったら別人だったケン。についてお贈りいたします……(遠い目)。


さらなるマイナーネタでまいりますので、たいへん奇特な方々のみ、お付き合いいただきますようお願い申し上げます。


気をつけ て!!!!









!!









映画『アサシン』といへば、ノワール(犯罪)ものなので、とーぜん仕様はハードボイルドです。
だもんで、アサシン(暗殺者)を演じる馬場くんは、きっと硬派な方なんだろう、と勝手に思っておりました。
でもって『タクミくん』における馬場くん演じる三洲新(みすあらた)くんも、やっぱり硬派なキャラなので、あたくしの中で、

馬場くん=硬派

とゆうイメージができあがっていたのだった。


ところが。

おしごとでお会いした時の雰囲気が全然違う!!!

もんのすごいテンション高くて、サービス精神旺盛な方でいらっしゃいました……。

心なしか、演じてる時と声も違う!!! 気がした(たぶん)。


写真撮影の際、「なんか動きのあるポーズいただけますか?」とかお願いしたら、ばっ!てジャケットの前開けて、片手を腰にあてるコレクションポーズ?(モデルさんがランウェイのキメでやるよーなポーズ)を笑顔でしてくださったんですよ。
そのノリのよさと動きのおもしろさに、思わず「ぶっ」とか本気で吹き出したあたくし(またかい)。
映画じゃあんなおさえたお芝居をなさってるのに、このギャップ!
ファンの方にうかがったら、そこが魅力なよーですね。おもしろいなあ……。



で、一方の浜尾くんは、あたくし的にタクミくんのイメージはわりとうすくて。
とゆーのも、『タクミくん』では、実際だと9歳年上の渡辺大輔さん(恋人のギイ役)と、けっこー対等に渡りあってらしたからなんですよ。なので、お年(まだ21歳)のわりにはすごーく落ちついてて、とっても寡黙で真面目な男らしい方なんだろーなー。と想像しておりますた。
したらやっぱり予想通りの方だったと申しましょーか。

ってあくまであたくしの印象なので、ご了承のほど(笑)。

『ギャルバサラ』のおしごとでお目にかかったんですが、せまい舞台にキャストやスタッフの方々総勢10名ぐらいが並んでらしたんですよね。そーゆー時間が少なくて、人がいっぱいいて、ってゆー時は、けっこー現場は騒然とするので、フォトセッションで「視線こちらにお願いします!!」とか叫んでなんぼなんですよ(笑)。
あたくしは声がでかいので、意外と気づいていただけるケースも多いのですけど(笑)、この時の浜尾くんは、真っ先にこちらを向いてくださって、じーっと長いこと視線をくださったんですね。

その目力といったら!

すごいの!

レンズ越しに圧倒されちゃって、びっくりしたんですよ。あの若さでそれだけの眼力がある方は、けっこうめずらしいと思うんですよね。
なので、かなり肝が据わってるか、ほんとに根が真摯な方なんだなあ、と。
将来がとても楽しみな俳優さんですよね。





……てなかんじでいかがでしたでしょう か


ニーズにお応えできたのかどーか……(笑)。

とゆーわけで、ちょう一部マニアな方々、お付き合いくださってありがとうございます!

次回は『スリミ』語り……にイけるといいな!!!









!!








おまけ。


「スチール☆みらいの携帯カメラDE写真撮影教室」ご希望のお言葉もいただいたので(ありがとうございます……(笑))、とりあえず最近撮ったのをあげてみる。


contrail_20120826232036.jpg


夕やけとひこうき雲。
意外とめずらしい光景だったので、記念に。

こーゆーすぐに形が変わっちゃう空とか雲とかは、その瞬間が命!!(笑)

とかゆーと、「写真は感性で撮るものだ」とかおっしゃる方々も多いが、あたくしはちょっと違うかなー? とゆう気もしている。
もちろん「気の向くまま、思ったように撮る」っつー「感性に頼る」のも大事なんだけど、「その瞬間を自分の手の中におさめる方法」を瞬時に計算して実行する「洞察力」が必要かなって。

なので、そーゆー心に響く景色が目の前に来たら、「この景色をどうやってこのままフレーム内におさめるか」ってゆーのを常に意識してシャッター切るよーにしてると、あら不思議。いつの間にかそれなりにかっこのついた「構図」で撮れるよーになる。まあ「コツがつかめる」ってことですね(笑)。

お試しあれ(笑)。



2012年夏のたしなみシリーズ(暫定) 

2012.08.22

確かにノリたいね、スリルカー……(笑)。


ミニクーペはほんとにかわいいv
そもそもミニの車は「高貴で繊細なかわいさ」を持ってるイメージなんだが、ある意味田代(万里生)さんに通じる気がする……のはあたくしだけ?(笑)

てなかんじで本日もノリのいいお言葉たち&パチパチをいただきまして、
たいへん
ありがとうございます!!!


さらに『スリル・ミー』のごかんそうやお言葉たちなどなどもいろいろいただいておりまして、重ねて御礼申し上げます。

ありがとう

ございます!!!!!

引き続き、めっちゃ楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

マジおもしろい……(笑)。



とかやってたら、ここんとこバーン=ジョーンズ展イった記念撮影写真なんぞをお披露目したせいか、「スイーツ(笑)系女子のたしなみ」をやるといいよ!! といふお言葉たちをいただいたので、じゃあやっちまうか!! とゆう考えにイきつきますた。

あ、この「『スイーツ(笑)系女子のたしなみ」は、昔から当地ご来訪同志の方々はご存じなんですが(笑)、念のため申し上げますと、ちょう素敵言葉におきかえて、「湊みらいの芸術鑑賞記録」ってところでしょーか。
ようは、拝見した美術展とか舞台とか映画とかのかんそーです。とーぜん独断と偏見にみちみちた、ド素人視点丸出しでお贈りしております(笑)。


とゆーわけで、ちょうマイナーネタでまいりますので、お時間のありあまった上、ご興味のある方、お付き合いいただけると大変幸甚に存じます。

マジでマイナーすぎる……(笑)。

気をつけ て!!!!









えーとねえ……


うーん……


「スイーツ(笑)系女子のたしなみ」としてはねえ……

最近立て続けに拝見してるのが、日本のぼーいずらぶと呼ばれるジャンルの映画なんですよ……(笑)。

つーかそもそもスイーツ(笑)系女子は、BLたしなむのか? っつー疑問があるわけだが、それはおいといて(笑)、まあおしごとの関係資料として、っつーのが正しいところです。

とゆーのも今年2月に、
映画『富士見二丁目交響楽団シリーズ 寒冷前線コンダクター』
のおしごとにうかがったんですけど、それがあたくしにとって、生まれて初めての日本BL映画だったんですね。海外のゲイ映画はメジャーなのも多いので(ショーン・ペンがアカデミー賞受賞した『ミルク』とかね)、映画好きとしてはふつーに鑑賞してきたんですが、日本の誇るBL映画の潮流ってどんななんだろう? とか思って。


で、どんなジャンルであっても、おしごとでうかがう時は、キャストやスタッフの方々についての予習はぜったいしていくんですよ。プロフィールとか、過去に手がけた作品とか、ブログやってらっしゃれば必ずチェックするし。そーすると、「おまえどんだけファンだよ!!」っつーくらいのにわか知識は、頭の中に入った状態になれるのです(笑)。

だもんで、『富士見~』に出てらっしゃる高崎翔太さん、新井裕介さん、金田敬監督については、ものっそい調べたもんね!!!(笑)


したら、意外な事実に気づいたんですよ!!

いわゆるBL映画にご出演の方々はことごとく、

映画『タクミくん』シリーズ

ミュージカル『テニスの王子様』

に出てらしたとゆうことに……!!!(爆)


しかも『富士見~』の金田監督は、もともとセクシー系映画を撮るのがお上手で、そっち系の作品も多い方なんですが、『富士見~』のほかに、
映画『愛の言霊』『愛の言霊 世界の果てまで』
『純情』
のBL作品のメガホンを取ってらっしゃるんですよ。
これ、けっこう驚きましたね。『愛の言霊』なんてちょう名作といわれるBL映画の金字塔ですから、金田監督って、セクシー系からBL系までこなすマルチな才能をお持ちなんだなーとか感動しちゃって。


『愛の言霊 世界~』つながりで、そちらにご出演の
河合龍之介さん
は、寡黙なITエリート社員(とーぜん男の子と恋に落ちる役)でいらしたんですが、その前に出てらっしゃる
『いつかの君へ』
では、ゆかいな大学生(やっぱり男の子と恋に落ちる役)で、これまたびっくりでした。
そーいえば先日拝見した
舞台『スペーストラベラーズ』
では、ハイテンションな銀行強盗(こちらはノーマル)を演じてらしたんですよね。まったくの別人だったので、最初どれが河合さん? と思ったくらいだったし。


あと、『いつかの君へ』で河合さんと共演なさってる
斎藤工さん
は、いちばんすごい!!
だって、
『BOYS LOVE』

『スキトモ』
のBL映画3本に出てらっしゃるのだもの……!


ショーン・ペンは、アメリカの政治家としては初のゲイであるハーヴィー・ミルクを演じるにあたって、恋人のスコット・スミス役のジェームズ・フランコと、リアルで同居生活を送ろうと計画したのは有名な話ですが(結局その計画は流れたそうです)、それくらい同性愛者を演じるのは難しいといわれますよね。

そーすると、BL映画にご出演の方々は、いろいろ見方はあると思いますが、基本、ほんっとお芝居がお上手なんだなあと。
「四季以外にもすごい俳優さんは、たっくさんいるんだ!!」と改めて知った劇団四季信者のあたくしでした……(笑)。



てなぐあいで、またしてもなげーなげー……。


お付き合いくださった方、いらっしゃいましたら、ありがとうございます!


なんか……日本のBL映画って奥が深いなあ。


そーいえば映画『アサシン』のおしごとでうかがった時お目にかかった馬場良馬くんと、『ギャルバサラ』の浜尾京介くんが、『タクミくん』シリーズに出てらしたのも衝撃ですた。


ってまた長くなるのでいったん切り上げ!


意外なところで、たしなみシリーズつづけてみるか!!(笑)



……マジ で?(汗)




ミュージカル『スリル・ミー』2012年7月公演を語る09(田代万里生さん×新納慎也さん版03編) 

2012.08.19

バーン=ジョーンズ展にイってみた。


ebjex.jpg



もーーーーーーー
ほんっとかわいい……!!!

特に神話とか扱ってる絵とかそれだけでめっちゃテンション上がるあたくし湊みらいでございますおいえんおう(ごきげんよう)!!!
本日もMAXハイテンションなお言葉たち&拍手喝采をいただきまして、
まことにありがとうございます!!!!!

なんでいきなりジョーンズ展の話から入ったかとゆーと、田代さんの「かわいさ」って、ジョーンズ作品の「かわいさ」に似てるなあ。ってゆう気がしたからなんですよ(真顔)。



……ええ、どんだけ毎日『スリミ』のこと考えてんだ! とゆうツッコミはおいといて、こんなかんじであたくしの脳内はいつもたいへんなことになってるので、危険を感じた方は即刻回避いただくようお願い申し上げます。

逃げ て!!!!



とゆーわけで『スリミ』田新(田代万里生さん×新納慎也さん)版語り、つづきにイかせていただく!

ちょー好き勝手な自由激情でお贈りいたしますので、そちらに耐えうる猛者の方のみお付き合いくださいまし(笑)。

でも

気をつけ て!!!!!






去年『スリミ』感謝祭で、ニイロさんが田代さんを「小動物みたいでかわいい」と称されてたのは、『スリミ』フリーク同志の方々はご存じかと思います。

でもねえ、あたくし的に田代さんの「かわいさ」って、「小動物」とはちょっと違う気がしてたんですよ。
「小動物的かわいさ」があるのは、どっちかっつーと松下(洸平)くんなかんじがしてて。

以前『ボニー&クライド』語りでも申し上げてますが、あたくしにとって「目」がすこぶる印象的な田代さんは、高貴でやさしくて「ミルクのような甘さ」を持ってるってゆうイメージなんですね。
実はその「ミルク的甘さ」が田代さんの「かわいさ」なのかなとかずっとかんじてたんですよ。
栄養価高くて喉ごしのいいミルクって、なんか「かわいい」とか思うのあたくしだけ?(笑)

で、ジョーンズ展イって『クピト』とか見てて、もおぜんぶ「すっごいかわいい……!」とかひとり大コーフンしてたんですけど(笑)、「あれ? この『かわいい』かんじ、何かに似てる……田代さんだ!」ってなったのだった(笑)。

なんつーか「高貴で繊細で神聖なかわいさ」みたいなかんじ。ジョーンズはたしかもともと神父さんになろーとしてオックスフォード大に通ってたひとなので、なんかそうゆう「かわいさ」がにじみ出る印象の絵とかデザインを生むのかなあと。



でもってそーゆー田代さんのイメージは、そのまま「私」の印象につながる。基本「情念系」の田代さん「私」は、今回の7月公演では、「情念」にこの「甘さ」とゆうか「かわいさ」が加わったかな、とゆう気がしたのでした。

それがオープニングの「待ってたよ!」に表れてたかなとか思って。あくまでもあたくし的印象ですが(笑)。

けどその前に、ニイロさん「彼」の「何がおもしろい、鳥なんか見て」のイメージもちょっと変わってた気がしたんですよ。それがあわさって、このおふたりは、全体的に基本のディープ&バイオレンスにお互いのラブぶりとゆう「甘さ」がオプションについてきた、ってゆうかんじかなあ。


例えば、3月公演は、ニイロさん「彼」は、
「『な』ぁにがおもしろい、鳥なんか見て」
ってゆーふーに聞こえた気がして(笑)、つまり「な」にいちばんアクセントがあって、その後「おもしろい」でいったん台詞を切ってた記憶があるんですが、それがやっぱり「鳥なんかみておもしろいの? おまえの趣味ってどーだかな(笑)」みたいな意味を含んだ印象に受け取ったんですね。
それに対する田代さん「私」の
「待ってたよ!」
は、初演と同様、若干テンションは落ちたものの、もーほんっと待って待ってまちこがれた!! わあい、あんなに会いたかった「彼」だ!! みたいな(笑)、心から純粋に「彼」が好きで好きで「待ち焦がれてた感」満載! なふうに思えたんですよ。

それが7月公演だと、ニイロさん「彼」の
「何がおもしろい鳥なんか見て」
は、一気に流れるようにざくっと言い放ってた。ように聞こえた(笑)。
したら田代さん「私」の
「待ってたよ♡」
が、落ち着いたかんじになってて、「どんなに遅くなっても、『彼』が来るのは当然」的な安心感が漂ってた。ように解釈できたのです(笑)。

なんかディープ&バイオレンスなカップルのくせに、深いところでお互いつながってるのを見せつけられるっつーか(笑)、「絶対的な信頼感」がにじみ出てる雰囲気があった。

そーゆー意味で、田代さん「私」の「情念系」部分がふっかつして、ニイロさん「彼」の「情念度」がちょっと上がったイメージ、と申し上げたんでした。

それは、『やさしい炎』のところでもどんどん明らかになってって、


ってまーーたなげえなげえ!!!

いつまでつづくんだか!!!!(爆)

てなぐあいでここまでお付き合いくださった方々、もしいらしたらありがとうございます!!!


ごめんなさいつづ く!!!!(笑)






……いつまで……_| ̄|○ il|!




ミュージカル『スリル・ミー』2012年7月公演を語る08(田代万里生さん×新納慎也さん版02編) 

2012.08.17

お暑うございます……。

こんな時、スリルを味わえば、涼しくなる。
そう、スリルを私に『スリル・ミー』!!!!




……_ノ乙(、ン、)_



って柿澤(勇人)くん方法で申し上げてみますた水分補給!!!!(柿澤くん的ごあいさつ)

本日も水分を含んだみずみずしいお言葉たち&拍手喝采をいただきまして、
まことに
ありがとうございます!!!!

いやーなんかもー『スリミ』にまつわるお言葉たちをいただいておりまして、とても楽しい……(笑)。

あたくしひとりが大喜びでごめんなさいなんだが(笑)、やっぱ同志の方々のお言葉たちって、本気で読みやすいしおもしろいんですよ。とにかく言葉の選び方がお上手なんですよね。いただいたのを拝見して、パソ前で何度もうなってしまう。

ほんとにねえ
ありがとうございます!!!!!!

しみじみ読み返してばっかいるので、ご連絡が遅れてて申し訳ない。だってうかがいたいことも増えちゃうんだもん!(笑)

とゆうわけで、いろいろいろいろありがとうございます……(深々)。



さて、『スリミ』田新(田代万里生さん×新納慎也さん)版語りのつづきにイこーとして、いろいろ考えながらスタバでクラシックチョコレートケーキ&ブラックコーヒーを食してたんですよ。

こないだ銀河劇場のスリミカフェでいただいた、「彼」をイメージしたとゆう『”彼”のストロベリームースケーキ』を思い出しながら(笑)。


けどねえ、ハタと気づいた!!!!

この組み合わせ、まさに田新版だって!!!!(爆)


stbchococb.jpg




まず、ニイロさん「彼」は、ダークチョコレートケーキでしょう??
だってディープでバイオレンスな「怒れる子ども」は、色的にダークブラウンだし、「私」を誘うなめらかでクセのある甘さは、まさにチョコレートだと思うんだ!!!!


でもって田代さん「私」はブラックコーヒー。
情念の深いダークブラウンは、そのまんまだと苦みがあるけど、ニイロさん「彼」の甘さに比例して味が変わるんだよ!!!

きっとそう!!!!!!(爆)




……_ノ乙(、ン、)_



まあそんなかんじで、以前もちこっと申し上げましたが、基本、あたくし的な田新版のイメージは、初演からずーっと同じなんですよ。

公式?にするとこう(笑)↓。



田代さん「私」×ニイロさん「彼」
=母性愛搭載的情念系お坊ちゃま×「略奪」経験故の「怒れる子ども」
=ディープ&バイオレンスカップル(すんごい歪んだ形でお互いの思いが成就)



で、このイメージを搭載したまま、公演ごとに「情と肉体がリンクしてる率」が増減してる、ってゆう印象かな。

またしても公式?にするとこう(笑)↓。




●2011年9月公演(初演)
田代さん「私」  +++++++++++++++++++
ニイロさん「彼」 +++


●2012年3月公演
田代さん「私」  +++++++++++
ニイロさん「彼」 +++++


●2012年7月公演
田代さん「私」  ++++++++++++++++
ニイロさん「彼」 ++++++++++




あくまでもあたくし個人の見解なので、ご了承ください(笑)。


そう、今回の7月公演では、田代さん「私」の「情念度」が上がったと同時に、ニイロさん「彼」の「人でなし度」と「情念度」のメリハリがはっきりついたなあ、とゆう気がしたのです。
だもんで、田代さん「私」をメインに考えてると、このカップルを総括したイメージって追いにくいのですが、ニイロさん「彼」の変化に注目すると、意外にわかりやすい。


まず、初演のニイロさん「彼」は、ほんっとに「人でなし」度全開で、めっちゃくちゃ大好きだったんですけど(笑)、今年の3月公演で、一気に「情のある『彼』」になっちゃったもんだから、元来「情のある」田代さん「私」とのコントラストが、若干うすれちゃったかな、とゆう印象もあったんですよね。
田新版に関しては、この「情」の交換とゆーか、そのやりとりみたいなバランスがいちばんの魅力だと思ってるので、そこが激しければ激しいほど、拝見してて楽しいってゆーか。

したら、7月公演では、オープニングの「田代さん「私」の「待ってたよ!」から、




ってまたしてもなげえなげえ……_ノ乙(、ン、)_


のでいったん切り上げ!

こんなところまでお付き合いくださった方、ほんとーにありがとうございます(笑)。


予想はしてたが、やっぱりロングラン(笑)なので、このうざさと自由激情に耐えうる方、ご期待ください!!








!!


 | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: