FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

ミュージカル『スリル・ミー』日本版を語る11(ダークメルヒが実は両思い現象について考察する編) 

2011.10.05

……あぁ……よくやった……。



……いかがでしょう?
「誉めて」みた!!!(爆)




本日も誉れ高きお言葉たち&パチパチを頂戴しておりまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!


いやーもー
連日『スリミ』にまつわるお言葉たちを多々いただいておりまして、本気でヤバいです。

だってあまりにもおもしろすぎる!!!!(爆)


いただいたお言葉たちをパソで開いた途端、いきなり吹き出す場合が多いので(メールとかだと件名だけで大爆笑)、お茶飲みながら拝見するのを控えることにした……(笑)。

もーたのむから

かんべんしてください!!!!


マ ジ 腹 い て え!!!!


ほんとにねえ、あたくしだけが楽しくてごめんなさいなんですけど(笑)、昔っから申し上げてますが、当地ご来訪同志の方々はめっちゃセンスのよい方が多いんですよねえ。

惜しげもなく絶妙なツボをついてきてくださるので、毎回毎回楽しませていただいてます。
こんだけハイクオリティのものを独り占めって、ほんとぜーたくだよなあ。


毎度ありがとうございます……。


で、たいへんエロい超大作『スリミ』語りをお贈りくださった方から、
「誉めてくれる?」
とゆうお言葉をいただいたので、
↑冒頭でお応えしてみますた!!(爆)


ちなみに新納(慎也)さん「彼」バージョンを意識したYO!!!(笑)



……引き続き、情熱の叫びをお待ち申し上げておりまする。
どうぞよしなに……(笑)。



とゆうわけで、今度はあたくしの番ですかね(聞いてない)。

お時間のありあまった豪の方、くれぐれも十分警戒の上、お付き合いいただけると幸いです。

マジ自由激情だなあ……(遠い目)。





ダークサイドに堕ちたメルヒオール・ガボール(@『春のめざめ』)なイメージの柿澤(勇人)くん「彼」ですが(笑)。

いっちばん最初に申し上げた、プラトンの「愛とはそのものすべての所有を望むことである」の原理にのっとって、「相手の心(気持ち)も体もほしくなる」のが「愛」なら、「情と肉体がリンクしてる率」が高ければ高いほど、「愛」を感じる、与えられる感性があると考えられます。

そーすると、「情と肉体がリンクしてる率」は、こんなかんじになってる気がするのであります(笑)。



ニイロさん「彼」<<<<<<<<<<<<柿澤くん「彼」<<<松下(洸平)くん「私」<<<<田代(万里生)さん「私」




公式にすると極端だな(笑)。
あくまでもあたくし個人の見解なので、ご了承ください(笑)。


そんでこの公式?を前提にしてまとめてみると、こんなかんじ。



田代さん「私」×ニイロさん「彼」
=母性愛搭載的情念系お坊ちゃま×「略奪」経験故の「怒れる子ども」
=ディープ&バイオレンスカップル(すんごい歪んだ形でお互いの思いが成就)


松下くん「私」×柿澤くん「彼」
=純粋培養素直なお坊ちゃま故の挫折を知らない「怯える子ども」×純粋培養素直なお坊ちゃま故の挫折がこわい「怯える子ども」
=キュート&スイートカップル(実は両思いなのに残念な形で成就)




……やっぱ公式にすると極端だな(笑)。
くり返しますが、あくまでもあたくし個人の見解なので、ご了承ください(笑)。


田新版カップルについては、以前うざいほど語らせていただいたので割愛しますが(その節はお世話になりまして、ありがとうございます)、今後、松柿版語りを展開するにあたり、比較対象として時々言及する場合がございますので、ご了承ください(3回目)。


……ええ、うざさが続くってことですよ。


……逃 げ て!!!!!!




で、ニイロさん「彼」よりも、「情と肉体がリンクしてる」印象だった柿澤くん「彼」は、オープニング、「私」の背後霊的登場の際、一瞬「間」を取るんですよね。

ニイロさん「彼」は、ぬおーーーっと登場なさったと思ったら、腰かけて鳥見てる田代さん「私」に、いきなりがばっと後ろから抱きしめる。もうほんと突発的に。

でも柿澤くん「彼」は、腰かけて前向いてる松下くん「私」の後ろで、1回しゃがむんですよ。そんで数秒じっとしてる。自分の気配を感じさせてるのか、松下くん「私」の様子をうかがってるのか、その位置からがっと「私」を羽交い絞めにする。

それに対する「私」の反応もとーぜん違ってくるんですよね。

田代さん「私」が驚いた後に放つ「待ってたよ!」の名台詞は、後々の解釈に意味を持たせるので、重要な役割を担うわけですが、

おもいっきし笑顔

で応えてます。
それに続く「もー来ないかと思ってた。3時だよね? 約束は」までの一連の流れは、とにかく終始笑顔。

そーすると、ほんっとにこの「私」は、「彼」が大好きで大好きで、「会えただけでうれしい」ってゆうひっじょーにピュアな感情のみを抱いてる印象になります。

「わーいわーい! 彼が来たー! 会えたー!」みたいなそれ以上でもそれ以下でもない、単純な喜びとうれしさだけで成り立ってる。


けど、松下くん「私」は、終始笑顔を浮かべないんですよね。
「待ってたよ! もう来ないかと思った!!」って、ちょっと怒ってる口調になる。それは待ちぼうけさせられたことに対し、「彼」をとがめるかんじになってて、そのじてんで、「なんだこいつらかわいいなあ実は両思いじゃん!!」とかゆう解釈になっちゃったんですよ(爆)。

なんかどこにでもいるふつーの幼なじみカップルで、彼氏(「彼」)が亭主関白入ってて、けっこーモテる。だから彼女(「私」)はモテる彼氏にヤキモキしてて、彼氏の亭主関白を振りかざすところが時々ムカつくけど、でも好き、みたいな。


自分を待ってる間、鳥をずーっと観察してる松下くん「私」を見た柿澤くん「彼」は、ムカついた気がするんですね(笑)。
たぶん松下くん「私」が、自分が来るのを今か今かとそわそわしながら待ってる姿を期待してたと思うんだ。
なのに松下くん「私」は鳥見てやがるし、べつに自分の姿を見なくてもへーきなかんじだし、なんだこいつ!! この俺が会いにきてやったのに!! とかぜってー思ったはず。つーか自分が遅刻したこと棚に上げてな!!(笑)

だから抱きつく前に、松下くん「私」の後ろで間を取って、様子をうかがったように見えたんですよね。

「ほーら俺様の到着だ! 待ってたろ!……あれ? 待ってねえ?? なんだこいつ、俺が来たのにも気づかないってどーゆーことだよ!! ムカつく!!」
とか思ってたよぜったい(爆)。

それに対して松下くん「私」の「待ってたよ! もう来ないかと思った!」は、「もーーーーーーずっと待ってたのに!! 何分待たせんの? プンプン(怒)」の意味を含んだ

長年の付き合いがあるからこそわかる
相手の悪い癖をたしなめる台詞

に聞こえちゃったんですよ……(笑)。


幼なじみカップルのよくある光景、的な(爆)。


なので「実は両思いなふたり」が惹かれあう理由は、よくわかる気がしたんですよね。「同じ人種」ってゆーのは、




ってまたしてもなげえなげえ!!!!!!


ほんっとごめんなさい……_| ̄|○ il|!

お付き合いくださった方々、ありがとうございます!!!



つづ く!!!!!!




……逃 げ て!!!!!!



スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: