FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

ミュージカル『スリル・ミー』日本版を語る10(所詮『春のめざめ』フリークのくせにそれで卒業決意したつもりかよ編) 

2011.10.04

♪もーもどれーなーいいっ


ほ ん と に な!!!


深い森に入り込んだままですけど!!!!


どーしてくれるんだ99年も!!!!(意味不明)



てなかんじで本日も深い森の迷い子の子猫ちゃんなあたくしにくりいむをなめとるごとく柔らかなお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことにありがとうございます!!!


……久々にハンシェン様ネタ使うとみょーに落ち着くねあの鐘の音!!!



……(遠い目)。



『スリル・ミー』千秋楽から一夜あけて皆様ご機嫌いかがですかあたくしはもうダメです……_| ̄|○ il|!


ひとり『スリミ』状態で脳内がたいへんなことに!!!!


なんかねえ、この『スリミ』日本版に関しては、自分で思ってた以上に五臓六腑を侵食するよーな重みがあるんですよ。
なんつーか、ボディブロウのよーにじわじわと来やがるぜ(笑)。

やっぱ最大の要因は、実在したひとたちがモデルになってるってところでしょうね。
例えどんなに脚色されてるとはいえ、リアルが最強だからなあ。

これは昔からなんですけど、どーもあたくし、元ネタとかバックグラウンドとかのほうを掘り下げていく習性があるみたいなんですよね。

『スリミ』のふたりについては、本気で英語の論文?とかまですっげー探して読んだもん(爆)。
ほんと何の役に立つのか謎なんですけど、細かいところにつっこんでくのが、所詮マニアクオリティ。


……ええ、どーかしてるのは百も承知さ!!!(爆)


そーすると、いろんな角度からネイサン(レイ)とリチャードについて考える機会があったので、今回『スリミ』日本版で彼らをはじめて知った方々とは、前もってそれぞれのイメージがあったぶん、だいぶ印象が違うと思うんですよね。

だもんで、「物語」としての『スリミ』日本版を語る際、きっかけだったはずの「柿澤(勇人)くん舞台復帰作」として以上の意味があるんですよ、あたくし的に(笑)。けっこーリアルな人物像とかも追ってたしねえ……。

加えて何度も申し上げますが、当地はほんっとにあたくしの独断と偏見にみちみちた激情を自由気ままに叫ぶ場所ですので、そこらへんの前提があることを十分ご理解いただきたく。


ほんっと昔っからこんな調子なんでねえ、当地ご来訪同志の方々は、よくもまあこの自由激情に耐えうる豪の方々だよねえとかつくづく思うです(笑)。いつもありがとうございます……(笑)。


で、『スリミ』日本版が千秋楽を迎えたので、

さーて!

のらりくらり愛でていこーかね!!(笑)


松下(洸平)くん×柿澤くんバージョンこと松柿版は、「同じ人種」で、「実は両思いじゃん!」なキュート&スイートなカップル、とゆう印象だったと申し上げますたが。

こちらのカップルに特化して語りを展開しよーとしてたんですけど、「田新版(正しくは、田代万里生さん×新納慎也さんのおとな版)との比較も入れるといいよ!」とゆうお言葉をいただいたので、そーやっていこーかと。

よくゆわれるんですけど、あたくしの比較論はマニアックすぎておかしいらしいですね。

我ながらあまりにもマニアすぎて、ドン引きされるの覚悟だったのに、『春さめ』南(晶人)くんハンシェンw/一和(洋輔)くんハンシェン語りとか、すんげーご好評いただきましたしね……(笑)。しかもロングランになっちまったしな!!!
その節はありがとうございます(爆)。

なので、かなり危険な、しかもロングランが予測されますので、十分お気をつけください。

マ ジ で!!!!



2年ぶりにお会いした柿澤くん「彼」は、

ああ、やっぱ柿澤くんだなあ。

とか思って、しみじみしちゃいますた(笑)。

高貴で繊細な雰囲気はそのままに、ますますシャープさに磨きがかかったなあ、とゆーかんじ。まさに「王子枠」は健在で進化した印象です。

つーかぶっちゃけ


メルヒ・ザ・ダークサイド


なんだよな(笑)。

まっすぐで高貴なメルヒオール・ガボールが、なんかダークな方に育ったら、「彼」になるかんじ。


ダークメルヒ。

メルヒダーク。


なんかこーゆーチョコレートありそーで、かわいいよね?(笑)


まあそれはおいといて、恋人(ベンドラ)と親友(もりもり)の死をきっかけに、「♪僕は生きる」って誓ったんだけど、時代の波におされて(設定的にナチス台頭の時代迎えるしね)「人でなし」の方向にイっちゃった、みたいな。たぶん、己の中にある「情熱」の持てあまし方を、間違った方向にもってっちゃったんだろーな、っていう。
でもメルヒはメルヒなので、表面上は「私」につらくあたるよーな「S気質」を見せてるけど、実はけっこー「情」が残ってて、知ってるひとはそのやさしさを知ってる、的な。

てゆーかドイツ語(「あうふびだぜん」)入ってて、リアルに「想像するんだ」とかぶっ放すもんだからさあ、


♪愛ををあたえてええ
(@『たっちみー』)


が脳内大音響で浮かんだのを申し添えておきます。



……ごめん、所詮『春さめ』フリークなんだ自分(笑)。


そんな柿澤くん「彼」は、ニイロさん「彼」よりも、肉体と情がリンクしてるイメージです。

とゆーのも、オープニングの背後霊的登場の際、



ってまたしても長くなったのでいったん切り上げ!(笑)

ここまでお付き合いくださった方々、ありがとうございます!!!

助長気味の自由激情に耐えうる豪の方、今後もお付き合いいただけるとたいへん幸甚に存じます。合掌。



さーて……

どこまでつづくんだらふ……_| ̄|○ il|!


スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: