FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

ミュージカル『スリル・ミー』(田代万里生さん×新納慎也さん版)を語る02 

2011.09.24

♪ぼくーだけだー
こんなーにも


お か し い の は!!!!!!



……_| ̄|○ il|!



予想はしてたんだが、『スリル・ミー』田代(万里生)さん×新納(慎也)さんバージョン拝見以来、なんかいつもと違ったかんじでおかしいあたくし湊みらいでございますわかってるだろーおおおおお!!!(←『僕ゎわかってる(Everybody Wants Richard)』@『スリル・ミー』的ごあいさつ)


本日もおかしい当地へこんなにも愛しきお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございます!!!!


なんか前回お贈りした『スリミ』田新版(略しすぎ)語り、ご好評をいただきまして……。

「本気入りましたね」とかゆうお言葉をいただきましたが、ええと……まあ……ええ……(遠い目)。

ありがとう……ございま す……。



てなかんじで、『スリミ』田新版(だから略しすぎ)語りのつづきにイかせていただきたく。

何度も申し上げますが、たいへんおかしい当地は、あたくし個人の独断と偏見にみちみちた激情を自由に吐露する場所でございますので、くれぐれもお時間のありあまった豪の方のみおつきあいいただきますよう、重ねてお願い申し上げます……(深々)。


気をつけ て!!!!!!






田代さんといへば、実ははじめてお目にかかったのが、先日おしごとでうかがった『ボニー&クライド』製作発表の時だったので、その印象がけっこー強かったんですよね。

『ボニクラ』語りでも申し上げましたが、イタリアンマフィアなスタイルなのに(クライドさんはそーゆー役です(笑))、素は柔和で「スマート」な色気のある方、とゆうイメージで。
テノールだとうかがってたので、けっこう低いお声を想像してたんですが、それ以上に高くていらしたんですよ。

ちなみにあたくしプリマヴェーラ☆みらい(爆)は、アルトだと思ってたらメゾソプラノだったらしいので、そこらへんの音域センスっつーか聴覚的なことに関しては、どっかおかしい可能性があるのでご了承のほど(笑)。

だもんで、「スマート」なんだけど、ミルクのような甘さを持ってらっしゃるんだなあとかゆう気がしてました。


で、どっからこの甘さがくるんだろう? とか考えながら、『ボニクラ』製作発表で撮った写真を整理してたんですけど(あくまでもおしごとです)、あのねえ、この方、やっぱすんごいやっさしーい目をなさるんですよねえ。

田代さんの場合、もともと歌手でらっしゃるのでお口に注目するところですが、なんかどーもあたくしは、田代さんの目ばっかりを追ってたみたいで(笑)。

撮影中は構図(いわゆる「いい画がとれるかどうか」)に集中してるので、己の志向は忘れてるんですけど、後から見てみたら、田代さんがボニー役の濱田(めぐみ)さんを、やっさしー目で見てる画がたくさん残ってました……(笑)。

この目のやさしいかんじが、「スマート」でミルク的な甘さをかもし出す要因なのかなあとか思ってみたり。


そんな前印象?を持ったままアトリエフォンてーぬにうかがったわけですが、うん、田代さん「私」は、ものの見事に「スマートでミルク的に甘い」やっさしいキャラでしたねえ。

ほんとやさしーよ、このひと(笑)。

たぶん本能的に、ニイロさん「彼」の幼児性と永遠の飢餓(これについては次回語らせていただく!!!(笑))を察した、めっちゃくちゃ母性の強いひとだと思うんですよ。

あまりにもいろんな意味で情が深いっつーか、情念的な部分は、どー見ても女性特有の傾向な気がするんですよね。「女」は、地図が読めないとか、運転がヘタとか、そーゆー「女」を語る際に、引き合いに出される現象に近い。

あのどんでん返しの計算は、どー考えても「女」的な発想なかんじがして。

♪だれかに盗られるくらいなら
あなたを殺していいですか~
(@『天城越え』、(C)吉岡治(作詞))

的な(笑)。


なので今でいうところの性同一性障害だったなら、なんかわかりやすい気がします。

当時は同性愛者ってだけで精神疾患者的な扱い受けてたよーに、「嗜好」がマイノリティ属性だと単純に罪とされてた時代でしたしね……(涙)。


それを差し引いても、とにかく田代さん「私」は、もんのすっごく「情」に関して、ふつーのひと以上に敏感とゆうか、幅が広い(深い)、とゆうイメージです。


特に、オープニングでバードウォッチングしてる時の目と、ニイロさん「彼」がやってきて、「待ってたよ!」とか叫ぶところの目が、明らかに違う!!(笑)


ああ、もうこのひと、ほんっとーに「彼」が大好きなんだなあ、ってゆーのが伝わってきて、かえってほのぼのしちゃいますよね(笑)。

そんで「これで満足か?」のキスするところで、ゲネプロ動画とちょっと変わってたっぽい気がして、よけーぐっとキタ……。

動画だと、キスされてる間、田代さん「私」はずーっと目あいたまんまで、「ボーゼンとしてる」かんじなんですよね。

でもあたくしが拝見した時は、最後のほうでニイロさん「彼」にがっと情熱的に食いついた! と思ったら、「これで満足か?」ってゆわれてはなれられちゃって、そのすかされ感がかなしい!!! みたくなってたんですよ。たぶん(笑)。


もーねー……

こんなひっでえすかされ方してんのに「満足」って、

どんだけストイックなんだよ!!!!

つーかゆってやれよ「いや、もっと」とかなんとか!!!!

そんくらい求めたって当然だ!!!!!


とか思って叫びそーになりますた(爆)。


どーも情念系のひとは、一見不器用に見えるんだけど、最後の最後で決めるところはめっちゃくちゃ大胆なことをするので、ほんと怖いですよね(笑)。

そんな田代さん「私」は、やっぱ『サロメ』かな、と。

死をもってしてヨカナーンのくちびるを手に入れたサロメは、きっと幸せだったと思うんですよ。

ひどいとか悲劇だとか、いろいろ解釈はありますが、つーかもちろん実際にあったらぜったいイヤだけど(笑)、物語上の中でいうなら、「とりあえず永遠に愛しいひとを手に入れた」んなら、それはそれで満足なはずですよね。

田代さん「私」は、「とりあえず永遠に『彼』を手に入れた」んだから、それはつまり「彼のすべてを所有した」ことにつながって、「私」としては「正しい愛」だったんだろーな、と。

そう考えると、ミルクのよーな甘いやさしさも、報われるよーな気がします。

愛と執着は違うとゆーけど、田代さん「私」にとっては、そんなことどーでもよくて、それを議論する以前の問題なんでしょーね。

ぜんぶひっくるめて、罪も死も包括する「愛」でいいじゃん。

とかしみじみ思ってしまった。

でももーちょっと幸せになってほしかったよねえ……(涙)。





……ってなげーなげー(笑)。

ニイロさん「彼」語りにもイくつもりだったのに、まさかの助長気味……_| ̄|○ il|!

おつきあいくださった方、もしいらっしゃいましたら、ほんっとーにありがとうございます!

おつかれさまでした……(笑)。


とゆーわけで、なんかロングランな気がしてきた危険兆候が見えますが、この奔放すぎる自由激情に耐えうる豪の方、次回、ニイロさん「彼」語り、ご期待ください……!(爆)





♪はめつのにほひがすーるーーーー
(にほひーがーー)



スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: