FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『マンマ・ミーア!』を語る12(置き去りハンシェン様の背景を検証編) 

2011.08.17

おお!

ベンドラソフィ(谷口あかりさん)がエーゲ海にお戻りになったよーですが。


しっかしあづいですね!!!

天然水かき氷を食すために1時間待ちしたあたくし、つくづく食いしんぼうばんざいだと思いますかりめーらさす(ギリシア気分続行中ごあいさつ)!!!


てなかんじで本日も天然水のごとく清らかなお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
ありがとうございます!!!


えー
飛び飛びでごめんなさいなんですが、

えっれえあつかったエーゲ海のないすかぽー語り、

正しくは、

『マンマ・ミーア!』における
ハンシェンペッパー(一和洋輔くん)×エルンストスカイ(竹内一樹くん)語り

やっとイかせていただきたく……。


いやあ、たいへんお待たせしました(笑)。

てゆうか、逆にないすかぽー解散後の置き去りハンシェン様(鈴木(涼太)さんスカイ、川口(雄二)さんエディといっしょの一和くんペッパー)を拝見できたおかげで、


いかにないすかぽーがナチュラルにラブいか


を再認識できますた(真顔)。


やっぱ四季公式プッシュのかぽーだし、さすが国営放送経由でラブぶりさらしただけあるよ。

すげー貫禄だったもん。

うん。



とゆーわけで、おかしな具合のヒートアップ状態に耐えうる豪の方、お付き合いいただけるとたいへん幸甚に存じます。
合掌。






さて、「大好きっ! こんな気持ちはじめてだよ!」とまでエルンストスカイに告白されておきながら、

エーゲ海にひとり取り残されたハンシェンペッパーは、

恐ろしいほどハンシェンを取り戻した。

とゆう印象でした。

ようは、一和くん自身が慣れてきたせいか、ペッパーの細かいしぐさがさらにペッパーっぽくなってるんですよ。

ペッパーの「ガサツ」感、「ヘンなひと」度がアップしてて、あたくしは微笑を禁じ得ませんでした。

それはまさに、2010年『春さめ』東京再公演で拝見した一和くんハンシェン様が、前年2009年に比べてパワーアップなさってたのと同じ!

「そんな目で見つめないでくれ!!」
が、09年版だと軽くキレ気味入ってたのに、10年版では若干照れ笑いが含まれてたよーに、瞬発力が売りの一和くんは、

ヘン度が上がれば上がるほど、魅力的になる。

とゆう気がいたします(真顔)。


「やっすー! く、くらーも!(たぶん)」
ってターニャさんに初めてごあいさつするところから、どんっどん大げさになってきてて、ああ、一和くんはやっと自分の中の「一和洋輔」を手放せるよーになったんだな、ペッパーをハンシェンみたく自分で自分を壊すことにできたんだな、とか思うと、だからエルンストスカイに置き去りにされたのかなって(爆)。


ドイツにおけるさいしょは、どー見ても恋心のベクトルが、

エルンスト→ハンシェン

だったわけですが、そっからハミングバード村(@『嵐の中の子どもたち』)で「対立」関係になりました。

エルンスト⇔ハンシェン

これはすなわち、やっとお互いが「対等」になった証拠です。


そんでとうとうエーゲ海(『マンマ』)では、ベンドラが介入することによって、

ハンシェン→エルンスト=ベンドラ

なるまさかの展開!!!

完全に立場が逆転してしまったんですね。


だもんで、ドイツからギリシアまで、ずーーーーーーーーっとハンシェンを見つづけてきたエルンストは、
「ハンシェン、きみはもうぼくがいなくても大丈夫だね。きみひとりでもやっていけるさ」
ってなったと予測できます。

ハンシェン自身、「30年後にふり返ったら」とかなんとか、エルンストのまっすぐな気持ちをのらりくらりかわしてきたツケが回ってきた証拠ですね。

自業自得だよ!!!!


ちなみに、ハンシェン×エルンスト愛好委員会のあたくしとしては、「ハンシェンに捨てられるエルンスト」がブロードウェイ版公式設定な以上、正直、

さいこうの展開

ともいえます(爆)。


だってあのエルンストがベンドラに、
「愛してる!」
って叫んで、ふたりで世界をみにいくんだよ???

「天と地を変えてしまった」ほどの運命の相手と、人生の川をわたるんだよ???


すんげーーーーーー幸せじゃん!!!!!!

ほんっとSやろうなんか見限って、正解だよね!!!!!!!!
(まざりすぎ)




とまあ、結果的にハンシェンが置き去りになっちゃいましたが、でもエーゲ海ですごしてたないすかぽーの日々は、ほんとにあつかったんですよ。

なんかやっぱお互いに信用してるっつーか、安心感が伝わってきて、本来の設定上、ソフィとペッパーが付き合い長くて、スカイはソフィを通じてペッパーとなかよくなったはずなのに、

おまいらいつからそんな親友になったんだよ!!!

てなぐらいラブかったですからね(真顔)。

ふつー逆っつーか、例えばスカイの立場だったら、自分の彼女を昔から知ってる男っつーのは、いくら彼女と自分が結婚するとはいえ、多少は牽制するもんですし、ペッパーもペッパーで、もともと「よそ者」のくせに、いきなり島の女の子と結婚まで決心するよーな男は、かなり警戒するはずだと思うんですけど(笑)。

そーゆーのをぜんぶ差し引いても、ないすかぽーのラブぶりは、

おまいらほんとに花婿と介添え人なのかよ??
実はおまいらが結婚すんだろ???

とかつっこみたくなるほど圧巻でした。



とゆーわけで、次回はそのラブぶりを、場面ごとに検証してイきたいと思います!!

……マジかい(笑)。


お付き合いくださった方々、ありがとうございます。

あつさに耐えうる豪の方、次回をご期待ください(何)。




スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: