FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

約束 

2011.03.13

本日もたくさんのお言葉たち等々をいただきまして、誠にありがとうございます。
引き続き、被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

実は今日TOEICを受ける予定だったのですが、全国でテスト実施が中止になってました。
去年の12月に申し込んで、目標点数決めて、毎日神様に祈ってたんですよね。
目標点数到達するよーにがんばるからよろしくお願いします、って。

あたしがいつも申し上げてる「神様」とゆー概念は、便宜上そういってるだけで、つまりは「自然」とか「人知をこえたもの」とかそーゆーもののことです。イエス・キリスト様とかブッダ様とか、ミカエルも阿弥陀如来も閻魔様も、怒られちゃうと思いますが、ぶっちゃけぜんぶ同じ。

前にもちこっと申し上げましたが、あたしの実家は寺系で、いとこがふつーに比叡山帰りだったりしますが(笑)、そっちは母方なんですよね。父方は神社系で、以前おしごとで、えーが『おんみょーじ』の占術監修でおなじみのそぶえみどりせんせーにお会いしたら、開口一番「あなた、海の神様ね!」とかおっしゃって、一族の神社をご存じでした(笑)。
でもってあたし自身、アメリカで暮らしてた間は、だいたい毎週日曜日は教会に通ってましたが、今週はバプテスト、今週はメソジスト、とか同じキリスト教でもいろんな派閥にお邪魔したり、イスラム教徒のお友だちがいたので、メッカの方向むいて祈ったり、ラマダン(断食月)につきあったりとか、なんだかいろいろやってました。

そーゆー意味で、あたしの「目に見えないけどなんかある大いなるもの」に対する考えは、昔から意外と冷静で、かといって盲信するわけでもなく、それはそれとしてあるんだな、文化とかの違いによって言い方が違うだけなんだ、と一貫してるんですよね。

「神様」は、あたしたちひとりひとりの中にいる。


で、なんで長々とこんなことを申し上げたかとゆーと、こんだけの被害が出て、あたしにできることはなんだろう、あたしがやるべきことはなんだ、とずーっとずーっと考えてたからなんですよ。
なんかもう泣くばっかりで、毎日捧げてるお祈りも、まったく無駄だったのかと思って。それでも余震はまだ続く。


だからさっき、神様と約束しました。
きいてもらえるかどーか謎だが、とりあえず誓った。


これ以上何が望みですか?
これだけの被害出して、もう十分でしょう?
やめてください。
そのかわり、反省して、お詫びします。
あたしは今日受けるはずだったTOEICの目標点数到達について、つまり自分の願いばっか祈ってました。
ごめんなさい。
もう自分のことばっか考えるのはやめます。
これからは、神様の計画に従って動くから、あたしを導いてください。
あたしを使ってください。
あたしをだれかのために動かしてください。
あたしはちゃんと神様の期待にこたえられるし、うまくやれる自信もあるから、
これ以上だれかを傷つけるのはやめてください。
悲しい思いをさせないでください。
どうか、お願いします。


謹啓 

2011.03.12

この度、数々のお言葉を賜り、ありがとうございます。私儀無事にすごしております。
そして、被害にあわれた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。


騒乱から一夜明け、まだ余震が続いておりますが、いろいろお気遣いくださった方々、本当にありがとうございます。


なんかもー……
さっきからずーっと泣いてばっかいる。
かなしくてかなしくて涙が止まらん。
それでも日本は、この国は、ほんとすげえいい国だ! と思ったのもたしかなんですよね。

昨日、電車とまっちゃってたので、新宿をめざしてえんえんと歩いてたんですが、日中のビジネス街をざくざくと歩く人々の群れ、ネオンがこうこうと輝いてる景色をずっと眺めてた。
あれだけの揺れがあったのに、断水とか停電どころか、街は機能してて、人々の表情は冷静だし、むしろ帰宅難民がいっぱい出てるもんだから、お店は「飲み物半額ですよ!」とか呼び込みやってるし。


なんだろうこの国は。
なんてやさしくてたくましいんだろう。


5年前、3大疾病のうちのひとつを患ったあたしは、人間の生と死について、本気で考える直面に出くわしたんですよ。
それまでてきとーにたのしく生きてきたので、せーてんのへきれきっつーか、ああ、人間の命には限りがあるんだなあってことをキョーレツに意識した。
「死ぬ」ことに対し、どんな方法でそこへ至ろうとも、すべての命は平等なんだという摂理を実感したんですよね。
それならなんで神様は、わざわざあたしを生きびさせるんだ?
なんであたしを今この場所におくんだ?
とかまで考えが及ぶと、やっぱ「おまえはおまえのやるべきことをやれ」って意味なのかなあとゆう結果に落ち着いたのです。


人知をこえたものにあうと、なぜ、なんの意味があってこんな仕打ちを受けるんだ? とか、自分の無力さを嘆いたりとか、いろいろ考えたりする。
でもそれは、魂をかけるほどの過酷さでもって、試されてるんだと思う。
この現実を目の前にして、おまえは何をやるのか、と。

愛しいひとには愛しいといおう。
会いたいひとには会いにいこう。
声が聞きたければ聞きにいこう。
ムカつくやつとは戦おう。
正当な怒りは口にしよう。
くだらない泣き言は吐き出そう。
不景気がなんだ、絶望がなんだ。
やるべきことがぜったいあるんだ。
例えばあたしが今すぐ救助にいきたくても、
救助隊員の方並の働きは無理だし、
つまりはそういうことなんだ。



どうしても叫びたくなったこと 

2011.03.10

『春さめ』みてーよ!!!!


みせろーーーーーー!!!!!!


ぎゃーーーーーーーーー!!!!!!





……なぜか会議が長引くと思う……(遠い目)。



本日もご来訪ありがとうございます……。


劇団四季『春のめざめ』ハンシェン×エルンストその後を予測する会 幕間(ハンシェン×エルンスト愛好委員会PRESENTS 古今東西ハンシェン×エルンスト事情3編) 

2011.03.09

全国津々浦々ハンシェン×エルンスト愛好委員会会員同志の皆様、会員NO.110(いとう)の湊みらいでございますおいえんおう(ごきげんよう)!!

本日もいとうるわしきお言葉たち&拍手喝采を頂戴しております。
ありがとうございます!!!!


ここしばらく
古今東西ハンシェン×エルンスト事情
をお贈りしておりますせいか、

「四季版『春さめ』の再演が厳しいから、海外版へ浮気ですか?」

とのお言葉をいただきますた。

ありがとうございます!!!(爆)


ええまあ
あたくしは基本
単なるハンシェン×エルンスト愛好家
ではありますが、もっと根本的なところは、

伊藤(綾祐)くんエルンスト至上主義

ですので、念のため(笑)。



とゆーわけで、さっさとイきたい伊藤くんエルンスト語り!! の前に、予習的にお贈りしております

古今東西ハンシェン×エルンスト事情

ブロードウェイ版オリジナルキャスト編!!

うわきかどーかどーでもいーよ!! とおっさるお時間のありあまった豪の方、お付き合いのほど(笑)。





Ernstes and Hanchenses!! Which is your favourite? Pt 2






本家アメリカ・ブロードウェイ版『春のめざめ』オリジナルキャスト
Jonathan B. Wrightくんハンシェン×Gideon GlickくんエルンストVer.




最近このオリジナルキャストを拝見してて、改めてとゆうか、今さらやっととゆうか(笑)、

ギデオンくんエルンストって、実はハンシェン様よりおかしいキャラだったの?

ってゆうことに気づいたんですよ(爆)。

あたくしのエルンスト傾倒は、もーいーよ!!! ってくらいさんざん申し上げてますが(笑)、伊藤くんエルンストがきっかけだったので、

エルンスト=一途でやさしいカワイコちゃん!

だと思いこんでたんですよね。

だもんで、このぶどう畑シーンがおかしいのは、ハンシェン様のねちっこいSさが、きわだつせいだと信じてたんですよ。
何しろ南くんハンシェン様のドSぶりは、ヤバいくらい大げさだったし(笑)。


個人的にこのシーンは、べつにお笑いでもシリアスでもどっちでもよくて、まあヴェデキントの原作だとシリアスなんでしょうけど、

ハンシェンとエルンストがラブければ
それですべておげ!!!!!

が正直なところです。

だもんで、古今東西のエルンストで最高峰に位置するのが、あたくしにとっては伊藤くんエルンストである。
とゆうことです(笑)。


あ、話が伊藤くんエルンストのほうにいっちゃった(笑)。



で、オリジナルキャストに戻って戻って。


ハンシェンのジョナサンくんは、まいどおなじみ公式ガイドのインタビューなどを拝見するかぎり、素はすごいまともとゆうか健全とゆうか、むしろとても常識的で、ぶっ飛んでるキャラのハンシェンとは対極にいるよーな印象があります。
なので、かえってぶっ飛んでる役がお上手にできるとゆうか(笑)。
結果として、キモいほどSな「俺様」なイメージですが、このエルンストへのにじりより方、見てるだけでおっかしいもんね(爆)。

そしてエルンストのギデオンくんは、やはりまいどおなじみ公式ガイドからだと、なんかとても頭の回転が早くて、まさに「スマート」な印象なんですよね。発言がすぱっと短めで、要点がうまくまとまってるかんじ。むしろイっちゃってるハンシェン様を演じると、よりお上手そうだ(笑)。
ぶっ飛んだキャラがデフォのハンシェンよりも、さらに上をゆくエルンストなイメージ。

そーするとこのカップルの将来は、

エルンストがハンシェンにあきる可能性あり?

ってゆう光景が思い浮かぶんですよ(笑)。
ギデオンくんエルンストは、「大好きっ!」の時ってけっこーイっちゃってますが、後からもんのすごく冷静になって、
「あれ? なんでぼく、ハンシェンにあんな夢中だったんだ??」
とか気づきそうなんだよなー(爆)。

でもって、ジョナサンくんハンシェンもハンシェンだから、

「んーそうだね」

とかとぼけたかんじでふっつーに返しそうなんですよね。

そーゆー意味で、オリジナルキャストって、実はかなり斬新な組み合わせだったんだなあ、と(爆)。

まーでもせいたーさんの言葉にもっとも忠実なのがオリキャスのはずだから、きっとジョナサンくんハンシェンはギデオンくんエルンストを捨てるんだろーけど、これ↑を拝見するかぎり、そんなひどい未来は別世界な気がしてます(笑)。



てなかんじで、久々にオリキャス拝見してたら、けっこー印象変わってたことに気づいた。

お付き合いくださった方、もしいらっしゃいましたらありがとうございます。


次回は、いよいよ? めちゃくちゃぶっ飛んだ印象のAndy Mientusくんハンシェン様と、なにこの実はえっらい美青年!! なBen MossくんエルンストVer. をお贈りします。

エルンストハッチ(山下啓太くん@『嵐の中の子どもたち』)のくつしたが、黒と黄色でまさにみつばち仕様だったとゆうお言葉のおかげで(ありがとうございます)、

ハンシェン×エルンストその後劇場
愛の針で君を釘づけさ! 編
 
が脳内上演され、たいへんなことになったままおいとまいたします。


ムーーーーーー



ィ!



劇団四季会報誌「ラ・アルプ」2011年3月号(vol.313)チェックの会 

2011.03.08

川島(創)くんが山賊団(@『嵐の中の子どもたち』)の次は天使(@『夢から醒めた夢』)ですって??

なにそのギャップ!!!!

なんの作戦なの???

そーやって四季は、公然と全国ハネムーンに出かけてるないすかぽーの無敵ぶりを

ますます助長させるつもりなの????


だったら
ごーるでんかぽーも
助長させてくれYO!!!!!!!(本気)




てなかんじで本日も無敵なお言葉たち&拍手喝采をたくさん頂戴しておりまして、
まことに
ありがとうございます!!!


さっさと伊藤(綾祐)くんエルンスト語りにイきたいんですけどね、助長気味でごめんなさい(笑)。


まあ春なので、たのしくのらりくらりとイきましょー(笑)。


で、そーいや劇団四季会報誌「ラ・アルプ」2011年3月号(vol.313)が、きっかり1日ちょーどにとうちゃくしてたんですよ!!

ごめんね!!

その日はエルンストケン(竹内一樹くん)のおたんじょうびだったから、そっちに熱中してたんだ!!!


しかし

どうしたんだろうアルプ(笑)。

1日とーちゃくなんて、

えらいぞ!!!

がんばったね!!!

やればできる子!!!!!


やはりこの快挙は、全国区ラブぶり制覇のないすかぽー快進撃に比例するのでしょーか??


とゆーわけで、うっかりしてると月末になっちゃうので、イかせていただく

「ラ・アルプ」2011年3月号(vol.313)チェック!!!!


毎度申し上げておりますが、お約束でちょう一部ミクロ的マニア同志の方々にお贈りいたします(笑)。






……。


……ええ。

やっぱその日は、竹内くんエルンストのおたんじょうびパーティーでえっらい盛り上がってたため(脳内が)、さくっとめくって放置してたの……(笑)。

だが

気を取りなおし て!!!!


……なんでわざわざ気合い入れる必要があるのか謎だけど(笑)。



まず食いつきどころは、

メルヒ(上川一哉くん)がエメラルドシティに!!!!!(P6)

エメラルドシティに緑のメルヒが!!!!!

ってところでしょーか(笑)。


そーいやあたくし、伊藤(綾祐)くんボックと上川くんおさるさんが共演なさってる『ウィキッド』を、拝見してたってことに気づいた。


……い ま さ ら!!!!!


このメルヒ&エルンストにイルゼ(勝間千明さん)が加わってたのかと思うと、

ヤ バ い!!!!!!

おいしすぎる!!!!!!!!(爆)


よし、大阪イこう!!!!


って


もー千秋楽とっくに迎えたんだった……_| ̄|○ il|!


しまった行き損ねたぜ……!!!!



でもってあとは、

『ヴェニスの商人』上演決定

かな。

以前ちこっと申し上げてますが、大のシェークスピア嫌いのあたくし(笑)、とりあえずちゃんと舞台で拝見したら、好きになる可能性はありそう!

なので楽しみです!

シャイロックって、実はヘタレでかわいいよね(笑)。




……こんなところかな。



……


……


……(遠い目)。


テンション低くてごめんなさい(笑)。

しょせんあたくし、

『春さめ』マニアなのよ!!!!!!


まあ春なので、「二度とは戻らない、あの春の日」を思い出す機会も多いわけですが(笑)、21世紀のやぱんに生きてる我々は、そんな過去にひたるほどヒマじゃない。

でもやっぱり「すべて壊してしまえ」って洗脳されて、てめーにこびりついてた塵とか、けずれてた肉とか、ほんとにぜんぶぶっ壊して、剥きだしのさら地になった後、脳裏をよぎるのは、「あの春の日」の残像なんだよな。

あの日の痛み、あの日の色どり、あの日の息づかい。
純粋にろ過された、まっさらな思いだけ。

それはないすかぽーのラブぶりさえ凌駕する、確実な力になる。

真実はあきれるほど単純で、そんな摂理を自分がまっとうできるなんて想像できなかったとしても、確かに捧げた熱狂は、酔狂であろーと、自己陶酔であろーと、やっぱり真実なんだ。

だれが、
なんと
言おうとも。

だから、泣くのもいいし、閉じこもるのもいいし、被害者でいてもいいし、てめーの好きにするさ。

しばらくもてあそんであきたなら、また、おいでよ。

待ってるから、ね(笑)。



«  | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: