FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

渋谷甘味倶楽部2011年開幕のごあいさつ 

2011.01.01

あけましておめでとうございます!!
昨年、ご来訪の方々には、大変お世話になりまして、ありがとうございます!!
いよいよ2011年の開幕となりましたが、今年もまた元旦から麗しきお言葉たち&拍手喝采を賜っておりまして、重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございます!!!!
引き続き、お引き立て、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。合掌。

とゆーかんじで、元旦からまたしても登場の湊みらいでございますおめでとうございますおめでとうございます!!!(めでたいので今年もたくさん言うYO!!)


1年の計は元旦にあり!!

とゆーことで、さっそく今年のもくひょうを掲げてみたいと思います!!

昨年のもくひょうは、


劇団四季文芸部(とゆうか、脚本や台詞に関して、いっさいの決定権を握ってる最高権力部)にもぐりこんで、
『春のめざめ』の例のハンシェン×エルンスト語らいシーンにおける

No, I love you Hanschen, as I have never loved anyone.
エルンスト「大好き! こんな気持ちはじめて!!」

And so you should.
ハンシェン「そうだね」


の部分を


No, I love you Hanschen, as I have never loved anyone.
エルンスト「大好き、ハンシェン! こんな気持ちはじめて!!」

And so you should.
ハンシェン「ぼくもさ」


に変える。


だったのですが(爆)、
「ハンシェン×エルンストその後脳内劇場」の中では、ものの見事に↑このとおりになり(真顔)、
実際上演された四季版『春さめ』においても、「勇者アイネイアス~」等、「台詞が一部変更(追加)」になった部分があったので、

広義的(強引)には、もくひょうを達成した。

ことになるかと自負しております(爆)。


だもんで、今年もこの調子で勢いにのってみますと、やっぱ

ごーるでんかぽーこと
南(晶人)くんハンシェン×伊藤(綾祐)くんエルンストの
ラブぶりを盛り上げる

のが、伊藤くんエルンスト至上主義者のあたくしの使命だ!!!!

と感じる次第でございます(真顔)。



したがって、昨年たいへん堪能させていただいた

伊藤くんエルンストが、いかにカワイコちゃんか

をじっくりふり返ると同時に、

ドSな南くんハンシェンが、カワイコちゃん乙女・伊藤くんエルンストにからむと、なぜ最も輝く(最大級S度を発揮する)のか

を考察しつつ、

多角的に「ごーるでんかぽーの法則」に迫ってイく所存です。


ようは昨年インプットしたものを、今年アウトプットするかんじですね。
同志の皆様ご承知おきのとーり、昨年はイヤーオブ『春さめ』でしたから!!!!



とゆーわけで、今年もハンシェン×エルンスト愛好委員会は、かっぱつな活動を展開予定です!!(爆)

愛は蒔き続けるぜ!!!!



あ、あと、できれば毎日更新しよーかな、といふ地味なもくひょうもちょっと立ててみたい。
なんせほんと自由激情なもんで、「継続は力なり」を少しはやってみようかな……とかゆう気がおきた(笑)。
そんでもって、さらにできれば月1回ぐらいで、毎月第3土曜日の夜に、とかみたく、定期的にお話会を開催してみよーかと……。
昨年は気まぐれ突発で開催しておりましたが、少し体系立ててみると楽しいかな、とか思って。

とゆーのも、ほんとにねえ、いつもいつもありがとうございます!!
毎回毎回御礼を申し上げるばっかりで、同志の方々になんとか目に見える形で感謝をお伝えするにはどーしたら? って考えたら、↑かな、とかなったんだもん……。


……って、またしてもてきとーな思いつきを……(爆)。
でもでも、いちおーそんな希望はございますので、申し上げてみた。
とりあえず宣言すると、実行できる可能性が高まるからね!!!(おのれを奮い立たせてる模様)


……豪の方々、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます……(深々)。




スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: