FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『スルース(探偵)』を語る 

2010.12.05

♪こっこっわっ えめらるーどしてぃー


kiyomizuinwgreen.jpg


……ちょっと違う(笑)。


単に清水寺内なんですけど↑、でも京都って、緑多いなあってゆう印象が強い。抹茶そばとか抹茶パフェとか。



……って食べ物の印象かよ!!!!


てなかんじで、まだまだ京都の余韻にひたるぜ!! 的にまだまだたのしく迷走中湊みらいでございますムーディ!!!


本日もエメラルドのごとく綺羅綺羅しきお言葉たち&パチパチを賜りまして、
まことに
ありがとうございますありがとうございます!!!!


えー
いろいろいろいろ重厚かつ素敵お言葉たちをいただいておりまして、こちらもありがとうございます!!!
でもあまりにも高品質なお言葉をたっぷり頂戴しておるため、かみしめて、それに対する自分の言葉をフィードバックしたりするのに、えっらい時間がかかってしまうのですよ(笑)。

だってほんっとーーーーーにそこらへんの単行本読むよりおもしろいんだもん!!!!(爆)


やっぱ力作には力作でお応えしたいじゃん!!!!!!
(限界にちょうせん)


なので毎度毎度で失礼とは存じますが、もろもろ滞っておりまして、大変申し訳ございません……_| ̄|○ il|!

今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます……(深々)。



それから、12月22日の卒業式お話会(爆)についてのご参加希望もいただいておりまして、ありがとうございます。

で、「卒業式」とかうたってるもんだから、つーか自分でもそのつもりだったんですけど、いただくお言葉たちに「卒業とは決心したものの、まだちょっと……」とおっしゃるのが多くて、どーしよっかなー?? とか思ってたんですよ。
で、昨日、『春さめ』卒業証書のサンプルをいくつか作ってみたのです(真顔)。


……したら、ごめん!!!!!


『春さめ』から卒業

って言葉書いただけで、

本気で泣けて泣けて

とまらんくなった……_| ̄|○ il|!



……なんなんだ自分!!!!!


わけわからん!!!!!!!(爆)




……だもんで、「卒業式」じゃなく、「修了式」でいいんじゃん?
とゆう気になりまして(爆)。

今年2010年『春さめ』堪能修了式ってゆーか。


それで「修了証書」作ってみたら、逆にえらい楽しくなって、ざくざくサンプルできちゃっ……(爆)。


なので、あいかわらず自由激情でごめんなさいなのですが(笑)、

12月22日(水) 23時~
2010年『春のめざめ』堪能修了式といふ名の

今年最後に『春さめ』への思いのたけを語りつくせ!!!!

の年末お話会を開催いたしたく存じますので、お時間のある豪の方々、ぜひお立ち寄りのほどお願い申し上げます……。


あ、やっぱりちゃんと「修了証」はつくるので(爆)、ご参加をご希望くださる方は、お名前とその旨を添えてご一報いただけると大変幸甚に存じます。



……ごめんなさい、ほんっとこーゆーどーでもいいアホなことやるの、大好きなんだ……_| ̄|○ il|!





とゆーわけでまたしても前置き長くてごめんなさい!!


で、お約束どーり(笑)、『スルース(探偵)』語りにイかせていただく!!!

いろいろあるので、さくっと編でお贈りいたします(笑)。

あたくしのうざい『春さめ』語りにお疲れの方、箸休め的にお付き合いいただけると幸いです……(遠い目)。











あたくしにとって『スルース(探偵)』は、四季のストプレ拝見3作目にあたるのですが、同志の方々から「すごくおもしろい」とかうかがってたので(ありがとうございます)、どんなおもしろさなのか期待しておりました(笑)。

したら、なんかすべてが「可愛い」とゆう印象。

とかゆーと、ありえん!!! なかんじですが、なんとゆうか文字通り「愛でる可(べし)」の可愛さと申しましょーか。
包括的に硬質な愛を注がざるをえないかんじ。

まずセットが可愛すぎる!!!
個人的に『クレイジー・フォー・ユー』のアメリカ的ポップなキュートさも大好きなのですが、ヴィクトリア朝的イギリスの繊細で重厚なかんじもえっらいひかれるんですよ。
なにしろオスカー・ワイルド好きなもので(笑)。

幕が上がった瞬間、
「ヤバい!! 好き!!!」
ってなって、それだけでもう十分(爆)。

伊藤(綾祐)くんエルンストにKOされた時と同じかんじ!!!!(逃げて伊藤くん!!)

特に水平さん人形がヤバいほど可愛い!!!!

なんかあーゆー重厚でえぐくて、どんよりしてるくせに緻密な高貴さは、純粋に愛でるとゆうより、人間の闇の部分としてつい愛でてしまうイメージ。


で、以前申し上げましたが、下村(尊則)さんに生でお目にかかったのは、今年4月の『サイド・ショウ』以来でしたが、「四季の下村さん」ははじめてでした。

なんか……あーこれが「四季の下村さん」だあ……ってゆーか、この方は「四季育ち」なんだなあ……ってゆーかんじ。

『サイド・ショウ』の下村さんは、しみじみ感動するほど「あー名優さんだー」ってゆう印象だったのですが、ミロ・ ティンドルさんな下村さんは、劇団四季ってゆう枠の中で、なんか「昔とった杵柄」なかんじで、軽やかに、いい意味でリラックスして演じてらっしゃるみたいです。それが心地よかった。

あとやっぱりあの甘い美声はいいよねえ……(笑)。
しっとりねっとりからみつく、虎屋のようかんみたいな甘さだと思うんだけど(ごめんなさい)どーだろう?(笑)



でもって、おとーさん(志村要さん)!!!!!!!!!


おとーーーーーーさーーーーーーーーん!!!!!!!!(涙)


『春さめ』におけるおとーさんは、田代(隆秀)さんが「陽」なら、志村さんが「隠」なイメージですね。
特にもりもりをひっぱたくおとーさんの時は、田代さんだとすっげーふてぶてしくて、志村さんだと底意地悪いかんじ(笑)。

なんかその印象もあってか、志村さんは『ハムレット』のクローディアス王といい、『ウェストサイド物語』のシュランク警部といい、ちょっといぢわるな小賢しい役がすっごいお上手な気がします。

なので、アンドリュー・ワイク先生役は、すっげーハマってらっしゃると思うの。

ラスト、市村さんミロさんにいろいろゆわれちゃうあたりの黄昏感!!!

あまりにもかっこよすぎて泣いたもん(爆)。

ああーこれがおとーさんだよ!!! とか思って!!!!!(よくわからないツボ)



なんかミロさんもワイク先生も、ゲームに興じる「敵対者」とゆーより、「共犯者」だよなあとかゆう解釈になりますた。

そーすると、
なんだこいつら愛しすぎる!!!!(爆)

たぶん本人同士も観客も、不思議な形で愛でざるをえない。どーしても愛でてしまう、まさに「愛でるべし」な愛。

それは、宗教的な美しき尊い愛とは違って、いっしょに赤信号無視して歩道渡った後のくすんだ愛に似てる。それでも愛は愛なので、感じた後はそれなりに満たされるかんじ。

そーゆー意味での「可愛い」でできた『スルース』は、丁寧な装飾の施された木箱に入れて、飾っておきたいなあ。
そんで時々ふたを開けて、しばらく愛でるんだ。
毎日だとダサくなっちゃうから、半年に1回くらいでいいかな(笑)。




てなぐあいに、お付き合いくださった方々、ありがとうございます。


寒い日が続きますので、毎日ご自身をちゃんと「愛でるべし」でおすごしくださいね(笑)。





スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: