FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)14 

2010.11.21

やっぱ『春さめ』京都公演千秋楽特別カーテンコールですが、なんかアレンジされてたよーで。

教えていただいた(笑)。
ありがとうございます!

細かいところはぜんっぜんわかんない、つーか忘れちゃったんですが(笑)、なんかドラムのリズムの取り方(ハイハットの叩き方?)が違うのかな??

いずれにせよ、動画うpはやく……!(笑)

お願いします公式!!!

例え『春さめ』のタイトルロゴが『ミュージカル 春のめざめ』ってなってるのにストプレ枠に入ってることとか、『パーポー様』の歌詞があいかわらず誤植のまんまでも、

気にしないから!!!!(爆)


てなかんじで、本日も素敵にアレンジされたお言葉たち&拍手喝采を頂戴しまして、
ありがとうございます!!!!


『春さめ』卒業式につきましても、ご賛同をいただいておりまして(笑)。
こちらもありがとうございます!!!!


といっても、ほんっと思いつきで申し上げたので、えーと……(爆)。

いや、いつもお話会とかって気まぐれに開催するので、今回はご参加くださる方々のご希望日時などをうかがって調整してから、ちゃんと告知しようかしら、と(笑)。

なので、来週あたりとか申し上げたのですけど、もし卒業式にご参加希望くださる方々がいらっしゃいましたら、年内中のいずれか土曜日とかそこらへんで、ご希望の日時等をご教示いただけるとたいへん幸甚に存じます(笑)。

記事いちばん下の拍手マークを押していただくと、まんまとあたくしにメッセージが送れてしまうたいへんな仕組みになっておりますので、お時間のある豪の方々、ご高配を賜りますよう重ねてお願い申し上げます(深々)。


卒業証書はつくるよ!!!!(爆)




さて、『春さめ』京都千秋楽からちょーど1週間たちますたが、だんだん落ちつかれた同志の方々もいらっしゃるようで。
どーゆー結果になろーとも、心臓ひっかかれてもってかれるのは、やっぱ楽しいですよね(笑)。
ちゃんと自分で味わいつくしたならなおさら。
正解は、自分だけのものだし。
あの「ガラクタ」を確かに愛した。ってだけで十分かな、とか思ってる。

でもって、語りは続くわけですが(笑)、お時間のありあまった強者の方、おつきあいのほど。



で、『春さめ』ヒロインといへば、カワイコちゃんベンドラ。
こないだ歴代メルヒに思いを馳せてみますたが、特に林(香純)さんベンドラは全メルヒとからんでらっさるわけですよね。
つーかそれ全部拝見してる自分も自分だな、とか己のマニアックさにおかしくなったのですが(笑)、やっぱからむお相手によって、同じ林さんベンドラでも印象が変わるなあ。とか思ったので、そっちを検証してみることにしますた……(笑)。


とゆーわけで、まずは林さんベンドラについてから。



■林さんベンドラ
名古屋公演の小松(加奈)さんベンドラ登場の時、ちらっと申し上げましたが、林さんベンドラは、明らかに「陽」のイメージ。あたくしにとってそのイメージが、去年の『春さめ』初演の時からずっと一貫してるのは不思議なところです。
明るくて、とにかく心からやさしい子。設定として、子どもだから「純粋無垢」な部分もあるとは思うのですが、それ以上に、性格の根っこの部分が、どこまでもどこまでもほんっとーーーーにやさしいってゆう印象。
だから大人になってもずーっと純粋無垢なままでいるので、周囲から「ほんとにいい子」とか褒められて、いつも助けてもらえるかんじ。まさに天使みたいな(笑)。

とゆーのも、例の樫の木のそば、ボランティアで子どもたちに食べ物を届けた、とかゆうシーンで放たれるこの台詞!!!

「メルヒオール、あなたにも見せてあげたかった」

あたくし、これ聞く度にぶわっと涙が出るんですよ、毎回毎回(笑)。

ほんっとにほんっとに綺麗な綺麗な心のやっさしい子だってゆーのが、よーーーーくわかりますよねえ。

だって一切自分のこと考えてないんだもん。

自分のしたこと(ボランティア)で、子どもたちに喜んでもらえて、その笑顔をメルヒにも見せてあげたかった、つまりメルヒも喜ばせてあげたい、ってほんっとーにそれだけなんだもん。


どんだけ天使だ……!!!!!(号泣)


林さんベンドラのこの台詞の言い方は、回を増すごとにどんどんどんどん艶を増す(「見せてあげたかった」は心からゆってるっつーかんじがことごとく増えていく)ので、

ああ、なんてやさしいんだ!!!!

とか思って、

天使な子に肩入れしちゃうわけですよ!!!(爆)


もーほんっとどこまでもどこまでやさしいやさしい林さんベンドラ。


だから終始一貫して「被害者」になっちゃうのは、しょーがないんですよね。
どこまでもどこまでもやさしいから、どこまでもどこまでもすべてを受け入れてしまう。蟻じごくのよーに。


だもんで、そんな天使のカワイコちゃんを汚したヤツっつーのは、
例え女子にも教師にも大人気な
天下無敵のメルヒオール・ガボールであろーとも、

ふざけんなてめえ!!!!!!

よくもよくもこんなやさしい子を!!!!!!!

ってなっちゃうんですね、どーしても(爆)。



でも結ばれるのは決まってるので(笑)、メルヒとベンドラの心の交流がほんの少しでも垣間見れれば、つまりメルヒに「生命力」のかけらが見当たれば、なんとか救われるので、それをさがすわけです。

そーすれば、

ただセックスしただけです!! 

子どもは無知なので、動物と同じです!!! 

で終わることにならないから。

第一「体の声」っつーのはなあ、動物じゃわかんねーんだよ!!!

相手を思いやるっつー人間だけが持ってる感情を伴った「生命力」があるから聞こえるもんなんだよ!!!!!


とか思うので(笑)。


で、天使な林さんベンドラが、歴代メルヒとからむとどーなるか?(笑)
ふたりが再会する例の樫の木シーンの台詞をベースに考えてみませう(爆)。



■初代:柿澤(勇人)くんメルヒ→
繊細で高貴なおぼっちゃまは、基本、扱いに困るようなイメージがあります。だもんで、幼なじみといえど、お互いがお互いを知るのに手探り状態なため、初々しく、ある意味対等な印象。


(ボランティアで子どもたちに食べ物を届けた、とゆうベンドラに対し)
「ああ、昔よくいっしょに行ったね」

「なんかそーいやそんなこともあったね」的な(爆)。
自問自答のひとなので、すでに自分の中に芽生えてる疑問(この後に続く「ボランティアって本当に社会の役に立ってると思う?」)で頭がいっぱいなかんじ。
ベンドラは昔をなつかしがってる雰囲気が強いのに、それはわきにおいといて、その些細な過去の行為をきっかけに現時点での自分の疑問を思い出すあたり、すでに「加害者」(笑)。
でも幼いながらにちゃんと社会への疑問を抱いてるじてんで、「生命力」はある証拠。



(ベンドラに近づく)
「小川のほとりで長い間考えごとをしてたから、だからもっと遅いと思っ……てた」


この「……てた」が


すげえええええええ


がわええええええええ!!!!!!!!


……ごめんなさい、ちょっとずれた(笑)。


戻って戻って。


林さんベンドラに近づくのは、特にあんまり意味ないようにも見えますたね、柿澤くんメルヒの場合は(笑)。
ふつーにそっぽ向かれちゃったから、「どーしたの?」的に林さんベンドラの次の台詞を待ってるかんじ。

その後、帰ろうとする林さんベンドラを引きとめるのも、やっぱ人なつっこい犬が、「えーどーしたの? 帰っちゃうの? まだいればいいのに」なイメージ(爆)。

ごめん、柿澤くん……(笑)。

つまり、林さんベンドラに対して特別な感情はないんだけど、ふつーにさみしいから、せっかく久々に会ったんだし、いっしょにいよーよ、的なレベル。

でもなんかどっかが「オス」としてざわざわしてるもんで、「なんだろこれ?」とかちょっと不思議に思ってる。
それがこの台詞に表れてるかんじ。

「いいから横になってごらん。……気持ちが落ち着くから」


それに対して、林さんベンドラが「じゃあ、少しだけ」って答えるまでの時間は、初演時はけっこう短かったんですよね(笑)。
上川くんメルヒになってからは、たぶん倍以上の間を取ってると思います。

逆にこの短さが、かえってふたりの初々しさとゆーか、お互いがお互いを手探り状態で、でも結果は早く知りたい的なかんじが出てた気がする。


でもって最後、

「いっしょに帰ろう。橋のところまで送るよ」

って林さんベンドラに手を差し出すところで、柿澤くんメルヒの「生命力」がちこっと垣間見えたよーで、実は泣いてたあたくし(爆)。

あいかわらず林さんベンドラに対して特別な感情はないんだけど、でも、「送る」とゆう行為、自分より小さい女の子なる生き物に手を差し出す行為は、人間が自然に持ってる感情、すなわち思いやりから出るものですよね。
それが柿澤くんメルヒの「眠る自分の熱の扱い方を知らない無知さ」として、よく表れてたと思うのですがどーでしょー?(笑)


このふたりは、橋のところで別れた後も、なんかふつーに「あー今日はいいことあったなー」的な、まだ日常にあるラッキーとゆーか、「ピノ(森永アイス)食べたら、星形の『幸せのピノ』が入ってた」みたいなレベルの雰囲気でしたね。
だから、このまだおだやかとゆーかふつーの幸せなかんじが、後々ひっでえ悲劇になる(しかもゴーカン)と思うと、べつの意味で泣けます……(遠い目)。




……ってなげーなげー(笑)。

なんでこんな長いんだろう??

おつきあいくださった方々、ありがとうございます……。

おつかれさまでした……(笑)。





明日は、対上川(一哉)くんメルヒだYO!!!!(爆)




なぜ『春さめ』は「ストレートプレイ」扱いなのかを考える会 

2010.11.20

本日もご来訪ありがとうございます。

春さめ京都千秋楽から一週間たちますたが、

小春日和の本日

全国津々浦々同志の方々如何おすごしですか?


とゆーわけで、なんかいた(笑)。



ありがとうございます……!!!





そして突然ですが、来週あたりにでも

『春のめざめ』卒業式お話会

なんぞを開いてみようかと思い立った(爆)。



いやーなんか今回の京都公演終幕後、

「私も卒業です」

とかゆうお言葉をけっこー同志の方々からいただいたので……。


卒業証書つくろうかな、とかも思ってみたり(笑)。




詳細はおいおい申し上げますねー。



ってあいかわらず気まぐれでごめんなさい(笑)。









劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)13 

2010.11.19

そろそろ『春さめ』京都公演千秋楽特別カーテンコール映像がうpされてもいいころだと思うんだけどなー……。



専門的なことはまったくわからんのですが、このカテコの『マジでFuck!』の一部、バラードにアレンジされてましたよね??


あたくしの勘違い???


伊藤(綾祐)くんジェラルドが、ちょーど舞台中央に出てきたあたりで曲調が変わった気がして、
「お、かっこいい! 東京公演カテコとはここで差別化したのか!」
とか思ったんですけど……????


まあ『春さめ』に関するあたくしの五感は、そーとーどーかしてる(たまもり花束においかぎシーンでは、あいかわらずフィトンチッドの香りがしますた(爆))ので(笑)、正解をご存じの方、もしいらっしゃいましたら、ご教示いただけると大変幸甚に存じます(笑)。



てなかんじで本日もバラードのごとくなめらかなお言葉たち&パチパチをいただきまして、
たいへん
ありがとうございます!!!!


なんかここ最近、あたくしの内乱状態に伴い?、同志の方々からいただくお言葉たちの重厚なこと重厚なこと!

すっごいうなずくし、いろいろ考えるし、とにかくおもしろいおもしろい!!!!(笑)


あたくしはどちらかとゆーと、矛盾とか違いを楽しむほうなので、べつにいいひとぶってるつもりは毛頭なく、知らなかったこととかを知ると、すっげー喜びます(笑)。

何度も申し上げますが、特にこーした文字だけでコミュニケーションをはかる世界では、性別とか年齢とか素性とか、ぜんぜん関係ないと思ってて、個人の考えや意見は、あくまでもそのひと自身がすべてだと信じてます。

もちろんひととしてやっちゃいけないこととか、世間一般でまかりとおるマナーを守った上でが大前提ですが、こんだけ交通量が激しければ、すれ違うことさえ本来は難しい。
そー考えれば、出会って、立ち止まって、意志の疎通なんか交わしちゃったら、ちょう贅沢の極みでしょー(笑)。


だもんで、せっせと愛を蒔くですよ(笑)。

刈り入れできなかったり、枯れちゃったり、思うような形にならなかったりしたら、また蒔けばいい。

そーやってあたくしたちは、『春さめ』に愛を注いできたんだ。

何を残すかは、あたくしたち自身で決めていい。

それを自分に許すことも、『春さめ』への愛になると思うんだが、どうだろう?(笑)



とゆーわけで、昨日の「歴代メルヒ比較・彼氏No.1候補はだれだ!」ですが(笑)、なんかご好評をいただいたよーで、ありがとうございます!!(爆)

俺様ハンシェンタイプが大好きなあたくしなのに、いっつもうまくいかなかったのは、

おまいも俺様タイプだからだYO!!!

とゆうご指摘をいただきますた……!!(爆)


た し か に な!!!!!


実は先週の11月11日、世間ではポッキーの日、四季ファンには横浜『キャッツ』開幕1周年の日、あたくしと戸籍上夫(あだ名はハチ)の入籍記念日でございました。
そちらを覚えててくださった方がいらっしゃいまして(!)、お祝いのお言葉まで頂戴し……。
ありがとうございます!!!(爆)

しかし、その日のあたくしは、まんまと京都をうろついており、

なぜ一和(洋輔)くんメルヒには、生命力のかけらが見当たらないのだろう?
なぜあれほど見事な光彩を放ってた伊藤くんの目には、無彩色度が増してるんだろう?
なぜごーるでんかぽーの登板は1回だけなのだろう?
なぜ『春さめ』の神様は、山下(啓太)くんと南(晶人)くんがいっしょにお帰りになるところを、わざわざあたくしに見せつけたのだろう?
なぜあたくしは、「あっ、南くんだ」とかつぶやいた後に、「ひどいよ、伊藤くんの前で、っつーか、公の場で堂々とあんな宣言するなんて!!!!」って台詞を続けなかったんだろう?
なぜ「リアルダーリン状態」ですれ違った後の南くんは、何度もこちらをふり返っていらしたのだろう?

とか考えながら、都路里で抹茶そば↓を食べてますた。


tujirisoba.jpg


(※京都食いしんぼうばんざいネタについては、余力があったら後日公開予定)



戸籍上夫(あだ名はハチ)との記念日より、てめーの趣味を最優先するあたり、

まったくもって
立派な俺様なあたくし

だと思います……(遠い目)。



それにしても、京都は色白なカワイコちゃんがたっくさんいらっしゃるね!!!!!

次から次へと出会うお嬢さんがたが、
ほんっとにカワイコちゃんばっかりなので、
かたっぱしからナンパしまくっちゃっ……_| ̄|○ il|!

だれかといっしょにいると、
「またナンパして!」
とかたしなめられるくらい、カワイコちゃんにはすぐ声かけちゃうんですけど(真顔)、だってだって、

みんな

本気で

かわいいんだもん!!!!!!!!


天 国 だぜ!!!!!!!




……とか思いながら京都劇場いったら、

史上最強のカワイコちゃんが

舞台にいらしたーーーーー!!!!!!


ええ、もちろん


林(香純)さんベンドラだっ!!!!!!


一和くんメルヒ初見の際は、

「あれはメルヒであって、ハンシェンではない。そして小山町(静岡県)で一瞬オットーと見違えたボブ(@『嵐の中の子どもたち』)でもない」

とかすごい内乱状態で、全意識が一和くんメルヒにイっちゃってたんですが、

「一和くんメルヒは無邪気な悪党、永遠の困ったちゃん」

とゆう印象に落ちついたので(爆)、林さんベンドラのカワイコちゃんぶりに集中できたわけです。


もーねー……


すごいね!!!!


『春さめ』には、白瀬(英典)くんゲオルグとゆう神がデフォでおわしますが、


雨土一切衆生の恩得を思い

己が行いを省み

貪りのこころをはなれ

ってなくらい(錯乱)

林さんベンドラは、天照大神のごときミューズとしてご降臨なかんじだったYO……!!!!!!





とゆーわけで、今までずーーーっと男子群ばっか語ってきますたが、つーか、伊藤くんエルンスト至上主義者なのでしょーがないんだけどさ(爆)、時間もだいぶあるので、やっとそろそろ女子群語りにもイかせていただこーかと思います(笑)。



でもまだまだ迷走状態はつづ く!


ので、お時間のある豪の方、お付き合いのほど……。



つぁいちぇん!(なぜか中国語)





劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)12 

2010.11.17

まちがいてせっかく書いた記事消しちゃっ……_| ̄|○ il|!


それもこれも

本家が『パープルサマー』の歌詞

まちがいてるせいYO!!!!!!



『春のめざめ』京都公演が千秋楽を迎えました



× 嵐の春も 



○ 春の嵐も 
  


うっうっ……(涙)



てなかんじで『春さめ』京都公演終幕後も嵐のごとく強烈なお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
まことに
ありがとうございます!!!!


いやーなにがすごいって、南(晶人)くんが、京都(@『春さめ』)から1日おいただけで旭川(@『えるこす』)!!!

えらいなあ……!!

伊藤(綾祐)くんも大阪ボック(@『ウィキッド』)だし、ほんっとーにはたらきものだ!!!

やっぱごーるでんかぽーは温存だったのか……!!(笑)


とか『春さめ』京都公演終幕後もまだまだいろいろいろいろ波乱含み?ではございますが(笑)。

やっぱ自分はいちおー女子として(笑)、ベンドラに肩入れしてしまうなあ。
と気づいてから、
そーいや今まで、女として主人公メルヒオール・ガボールをみた場合は、どーだったんだろう?? 
とか思考回路がそっちにイきまして。
歴代メルヒを女の立場から考えてみることにしますた……(爆)。


ちなみに、以前にもちょりっと申し上げてますが、
まいどおなじみ『春さめブロードウェイ版公式ガイドブック』こと
'Spring Awakening: In the Flesh' (MELCHER MEDIA)
によりますと、すてぃーぶん・せいたーさんは、
メルヒに関して「将来は哲学者か作家になって、ナチスに抵抗し続ける」
とおっさってます。しかも地元(ドイツ)に残りながら。
すっごい「鉄壁の意志を持つひと」ってゆう設定なんだろなー。





初代:柿澤(勇人)くんメルヒ→
高貴で繊細なおぼっちゃま。無知さは世間知らずによるものなので、根底にある熱のくすぶりの扱い方を知れば、化ける可能性大。ゴーカンなるおいたをしてしまったが、そのせいで相手を死に至らしめた衝撃と後悔と罪悪感から、必死で生き延びると思われる。でもやっぱり基本が繊細なので、苦悩に押しつぶされないよう注意。自問自答のひと。せいたーさんゆうところの「哲学者」になるか。


2代目:上川(一哉)くんメルヒ→
ワイルド&タフな紳士。穏やかな表面とは裏腹に、内に秘めたる情熱は炎のごとし、それに気づいた瞬間すべてもっていかれてしまうため、ある意味女の敵。最強モテ要素満載。崩壊と再生を自然にできる勇気のひと。好奇心で女をはらませ、死に至らしめるとゆう、齢15にしてすさまじい罪を犯したが、それさえ生きてく糧にするほどしたたか。贖罪として生きることを選ぶので、「作家」になるパターンか。


3代目:一和(洋輔)くんメルヒ→
すでに大人の手が加えられた「被害者」のため、子ども特有のかわいげがない。だもんで、「お子ちゃま」とゆうより「ガキ」。「大人と子どものはざま」のまま永遠にいきそうな頭でっかちくん。でもオスなので、その機能を最大限に生かし、うっかり女をはらませた挙げ句、死に追いやったとんでもない悪党。自らの無知ゆえの傲慢さが引き起こした罪にもかかわらず、「あいつら」のせいにしてるあたり本末転倒。コトの重大さを自覚してないぶんタチが悪い。おまけに、死んだ女が幽霊になってまで心配するほど、手のかかる困ったちゃん。
ただ、この手のタイプは、ある種の女には絶大な支持をほこるので、系統だった組織(コミュニティ)内では十分生き延びる。哲学者や作家になるには、客観性が完全不足のため、ヘタするとナチス……って、やっぱハンシェンかよ!!!!!!(爆)



個人的に、ふつーの女子として、3人メルヒの中からひとり選べとゆわれたら、とーぜん上川くんメルヒです(笑)。こーゆー健全な男の子は大好きだ!
でもあたくしみたいなわがまま女は、絶対選んでもらえねー運命なんだよな(爆)。

すごいどーでもいーけど、前にもちこっと申し上げますたが、正直、メルヒみたいな王道優等生・ヒーロー街道まっしぐらタイプには、昔っからあんまり心ひかれないんですよねー(聞いてない)。
だいたい友だちのだれかが必ず好きだから、「あーうん、わかる。かっこいいよねー」ってゆうふつーに好きってゆーか、女子ならみんな好きだよね、みたいなレベル。

じゃあどんなタイプにひかれるかとゆーと、

完全にハンシェン

でした……(遠い目)。

いやーほんっとに俺様ナルシストが大好きで大好きで!!!(爆)
特にドS南くんハンシェンが実際いたら、ちょー好みド真ん中!!!!
一生かけて口説き落とすよ!!!!!(爆)

この手のタイプって、めちゃくちゃアグレッシブだから、いっしょにいるとすっげー楽しい!!!(笑) 頭も手際もいいし、すごい勉強になるんですよね。
でも、基本すべて「勝負」なので、情の扱い方が下手くそなのがネック。
だもんで、いっつもバトルになって終わるんだよなー。そのくり返しで疲れちゃってさー……ってなんの話してんだよ!!!!

ちなみに、戸籍上夫(あだ名はハチ)は、エルンストタイプですね……(笑)。

しいていえば、やっぱ伊藤くんエルンストに近いなー。
竹内(一樹)くんエルンストほどお笑い要素は少ないし、山下(啓太)くんエルンストほど男前度は低いし。
あたくしより年上で、けっこータッパもあるほーだと思う(177cm)んですけど、カワイコちゃん率がめっちゃくちゃ高い!!(爆)
おまえどんだけ乙女だよ!!
ってくらい、あたくしよりうんと乙女なんですよね……(遠い目)。




……??


あれ???


おかしいな????


あたくし、女子としてメルヒをみた場合を考えてたはずなのに……????



とゆーわけで、お付き合いくださった方々、ありがとうございます……。
おつかれさまでした……_| ̄|○ il|!


京都公演終わったのに、あたくしの迷走状態はまだまだ続きます!!!!!(爆)

いつ終わるのだろう……(遠い目)。




劇団四季『春のめざめ』京都公演を語る(暫定)11 

2010.11.15

余韻にひたる。

とゆう選択肢さえ残されてないかんじですね、『春さめ』京都公演は(笑)。

公式ホムペでは、
『春のめざめ』京都公演が千秋楽を迎えました
の記事は出たものの、なんか演目が千秋楽を迎えても、作品紹介(ステージガイド)の記録がしばらく残ってたりする場合も多々あるのに、

『春さめ』京都公演はソッコー削除の上、「劇団四季の代表作」枠に入れられてる

あたり……(遠い目)。

しかも「ストレートプレイ」カテゴリなんですけど??

『エクウス(馬)』のとなりだし!!!!

つーか、『春さめ』って「ミュージカル」だとゆう認識だったのですが……?????


いずれにせよ、オンタイムで記録が残るっつーのが本来正しい姿なのですが、昨日の千秋楽のキャスト表には、「今まで『春さめ』を愛してくださってありがとうございました」的な一言が入ってたそーですし、「長年のご愛顧、誠にありがとうございました」みたいな閉店廃棄宣言とも取れる……。


……って、考えすぎ?(笑)


でもって間髪入れずに、伊藤(綾祐)くんはボック(@『ウィキッド』)だし、南(晶人)くんはジョン(@『えるこす』)だし、ほんっと余韻にひたってられないほどはたらきものだなあ……。


……もしかして、ごーるでんかぽーの登板が1日だけだったのは、このために温存してたってこと???(爆)




てなかんじで、いろいろ深読みしてしまふあたくし湊みらいでございますムーディ!(久々の形でごあいさつ)

本日もあたくしを永遠に余韻にひたらせるがごとく印象深いお言葉たち&拍手喝采を賜りまして、
ありがとうございます!!!!


まあ公式がそのつもりなら(笑)、こちらはこちらで楽しくやりましょー(笑)。
実はまだ東京公演の分も、名古屋公演の分も、収穫祭残ってるしな!!!!(爆)

とりあえず、今後の予定といたしましては、いろいろ混乱をきたしておるため、つーか毎度のことですが(笑)、先に収穫祭の意味も含めた京都公演語り、次に、東京&名古屋分の収穫祭をじっくりふり返る方向でイかせていただけたらと……(遠い目)。

だってだって、
名古屋がいちばん幸せだったもん!!!!!(爆)



とゆーわけで……引き続きいろいろいろいろいただいておりますが(笑)。

ありがとうございます!!!


うん。


やっぱねえ、ほんっと同志の方々はすごい!!!(笑)

どこまでもどこまでもセンスがよくて、説得力はあるし、躍動感はあるし、鋭いし、深いしで、あたくしずーっとうなってばっかだもん(笑)。
『春さめ』みていろいろもってかれた後に、同志の方々からのお言葉たちで、さらにまたいろいろいろいろもってかれるってゆう事実。

ほんっとーに贅沢だ!!!!(笑)

いつも思うが、こんな高品質なものを、あたくしひとりで拝見してていいのだろーか……。


だもんでまたいろいろあたくしの自由激情炸裂なので、お覚悟のほど(笑)。
しばらくお待ちくださいまし……。



そんでまあ、なにからイこーかな(笑)。
もうほんとゆっくりしみじみ余韻にひたろーとゆうか、かみしめてく方向なので、お時間のありあまった豪の方のみ、お付き合いのほどよろしくお願いしますねー(笑)。




で、あたくし個人の『春さめ』京都公演の全体像は、先日申し上げたとーりです(笑)。

なんかほんとすっごい変わっちゃった。

一和(洋輔)くんメルヒの印象で、ぜんぶ。

それがいいとか悪いとか、間違ってるとか正しいとかでもなく、「被害者」が「被害者」に手を下すってゆーのは、それだけでつらい。
加えて、やっぱあたくしは女子なので(笑)、どーしてもベンドラに肩入れしてしまうのだなあ、とゆうことによーやく気づいた(笑)。

「いつの時代も女が被害者」的な考えは毛頭ありませんが、この世に男と女とゆう性別だけがあるのなら、生物の構造上、「子どもをはらむ」とゆうつくりの女は、どーしても男に比べてうんとリスクが高い。
「命を宿す」とゆう最も神聖な行為をしておいて、でもその理由が単に情動にかられただけで、すでに大人に手を加えられた「被害者」だからしょーがない、なんて、女のあたくしからしてみたら、あまりにもひどすぎる。

どんなに理想を掲げても、どんなに高尚な言葉を口にしても、そこに「生命力」とゆう名の「行動」がなければ、すべては意味がない。

あの神様も何も信じない、親友かばって教師を論破しよーとするほど勇敢で、熱い理想を抱えたはずのメルヒオールが、実際に起こした「行動」が、結局はただの性行為だけだった。ってことになってしまう。


……そんなのいやだああああああ!!!(爆)


てか、やめてよ!!!!!!!

「こいつ、自分の女はらませておいて、知らなかったんだってさ」
って台詞が見事当てはまるほど、メルヒはそんな薄情な口先だけのダメ男なんかじゃないわ!!!!!!


だから一和くんメルヒに、せめてほんの少しの「生命力」でもあったらいいのに、そーすれば、「新しい世界を築くんだ」ってゆう言葉が、「絵に描いた餅」じゃなくて、実際に実現する可能性が見えるはずだから、と思ってたのですが、やっぱ「被害者」は最後まで「被害者」だった……_| ̄|○ il|!


……ほんとつらいよ、これ(笑)。


笑いごとじゃねーけどさ(笑)。


したらあまりにもつらすぎて、脳の回路が不具合を起こしたんでしょーね。
ラストのお墓シーンにおける

「ベンドラ・ベルクマン。貧血のため、死亡」

の台詞が、

「ベンドラ・ベルクマン。金欠のため、『千房』」

にすりかわってしまいますた……(驚愕)。


そーすると、あとはもう
「お好み焼き劇場」
になってしまっ……_| ̄|○ il|!


一和くんメルヒが手に持ってるナイフで、千房のお好み焼き切りながら、すごい勢いで食べてるのを、
「食べすぎだよ」
って止めるたまもり幽霊(玉井晴章くんモリッツ)。
すでに「息子が心配で心配で、幽霊になってまで出てきた『お母ん』」のイメージになってしまった林(香純)さんベンドラ幽霊も、
「もう食べたらあかん」(なぜか関西弁)
っていっしょに止める。ってゆう。




……なんやそらーーーーーーー!!!!!!!




ほんっとごめんなさい……(遠い目)。


でもでも、

このおかげで何とか全面通して最後まで拝見できたんだもの!!!!!

何度も直視できなくなるほどつらかったんだもの!!!!!!


まあまさにこれこそが、自分の命が危機に瀕した時に回避するための「生命力」だとゆー気もしますが(笑)。



で、あまりにも混乱をきたしたあたくし、
「なんで一和くんメルヒには、『生命力』のかけらが見当たらないのだろう??」
とかずーっと考えてたんですよね。
したら、11月12日のオフステトークイベントで、偶然一和くんメルヒ&石井(亜早美)さんクリスタチームになったもんだから、えっらい驚いた(笑)。
『春さめ』の神様は、そこまでしてあたくしに一和くんメルヒと対峙しろとおっしゃるのか、とか思って(爆)。

このイベントに関しては、いろいろな方がレポなさってるので、詳細はそちらにおまかせするとして(笑)、簡単に申し上げますと、前半に、参加者が自分のチームのキャストの方々にいろいろ直接質問できるとゆうフリートークコーナーがあったのですよ。

正直申し上げますと、「ネタになる答えを引き出す質問をする」のは大得意なので(爆)、先陣切ってイっちゃおーかなと思ったのですが、ハタと気づいてやめますた。

「名古屋公演の時、伊藤くんエルンストにしてたキスと、さっき林さんベンドラにしてたキスは、かなり温度差があった気がするんですけど、それは伊藤くんエルンストに本気だったからですか?」
とか、
「名古屋公演の時、本来のお相手(竹内(一樹)くんエルンスト)は何ておっしゃってましたか? 『浮気したら許さないよ!!』とかそーゆーことですか?」
とか、
ダメだ、今のあたくしは、「一和くんハンシェン」に対する質問をしてしまう!!!!
とゆーか、「質問」じゃなくて、「詰問」になってしまう!!!!!!!


あまりにも己のハンシェン×エルンスト好きをキョーレツに認識したあたくし、大人しくほかの方々の質問を待つことにしました。
すると、「メルヒの役作りにあたって、何をしたか」的な質問が出て、それに対する一和くんの答えに、なんかすべて納得した。

「できるだけ僕は演技をしないっていうか、お芝居をするというよりは、その役を生きるという考え方をしておりまして。できるだけ自分の自然なところで、メルヒに近いところを引き出してやっております」


そーゆーアプローチの仕方なら、あーゆーメルヒになるよね。確かに。


その後、「反抗期はなかった」とか「姑問題で悩んでるお友だちが観に来て、『マジでFuck!』はすごいわかるといってた」とかゆーよーなことをおっしゃってました。


やっぱ一和くんは、お年のわりに、俳優さんとゆうおしごとのわりに、ほんっとーーーーーーにほんっとーーーーーーに純情だよねえ……(笑)。






生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ
――『生命は』吉野弘





«  | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: