FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『春のめざめ』2010年版東京公演を語る こころの激情・終わりなき夜 文字Remix Ver. 4 (5月4日ステージツアー参加報告その0 編) 

2010.05.04

拝啓
時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
同志の皆様におかれましては、ご機嫌麗しく、如何お過ごしでしょうか湊みらいでございます。



かくのごとき口調でお贈りしておりますのには理由がございまして、それはあたくしの正気を保つためでございます。さもなければあたくしは、劇団四季自由劇場近くの旧芝離宮恩賜庭園に住み着き、「気持ちが落ち着くから」((C)メルヒオール)とかひとりで呟きつつ、木陰(かしの木希望)で暮らす日々を送るであろう可能性が高いからです。


といったように、すでに崩壊のきざしが見えておりますが、なぜこうなったかと申しますと、


本日2010年5月4日(火)、
東京劇団四季自由劇場において上演中『春のめざめ』に、
伊藤(綾祐)くんが
アンサンブルとして
ご登場になった


からでございます。




……gy





……落ち着いて、あたくし……。




……いt



……



……いとu



……落ち着くのよあたくし!!!!!!!




とゆーわけで、そちらに関する情報に加え、すばらしきお言葉たち、拍手喝采、本日も同志の方々からたくさんたくさん賜っておりまして……。
ほんとーに心からお礼申し上げます。
マジ うれし い!!!!!
ありがとうございますありがとうございます!!



……って、実はですね、アルプ最新号(2010年5月号)のとーちゃくが遅れたせいで、っていつものことですが(笑)、あたくし昨日の記事でさんっざん悪態ついたので、スッキリしちゃったんですよ(爆)。
でもって、『春さめ』ステージツアーイベントもあるし、突発しちゃおーか……とか思って、

本日5月4日公演分を
拝見してまいったところなのでございます。



……だもんで、あたくしの壊れっぷりはたいへん尋常じゃないのをおわかりいただけますでしょうか……(遠い目)。

自制しないと、ほんっとーにたいへんなことになるので(真顔)。




で、本日公演拝見分のネタ的には、


1.半年ぶりに生でお目にかかった伊藤くんが動いていらっしゃるケン

2.新エルンスト・山下(啓太)くんは、(竹内一樹くんエルンスト+伊藤くんエルンスト)÷2の系譜っぽいケン

3.ステージツアーにうっかり参加してみたケン


があるのですが、
どれからいったらよいものか……(真顔)。



1と2はすんげー長くなる予感大なので、さっくりイけそーな3からにしよーかな??


あ、きのーアルプ最新号チェックしてて気づいたのですが、


P20-21 『美女と野獣』
細部に宿るディズニーと四季の精神
写真・文=飯塚友子 氏

の記事が、

見出し:17文字(MAX、字間ベタ)
リード:なし
本文:14文字×105行=総文字数1470文字

で、

P38-39 『オペラ座の怪人』
迷宮と怪人の謎に迫る!
――『オペラ座の怪人』バックステージツアー密着レポート――

の記事が、

見出し:17文字(MAX?、字間ベタ)
小見出し?(サブタイトル):33文字(MAX?、字間ベタ)
リード:23文字×6行=138文字
本文:14文字×131行=総文字数1834文字


とかなってて、だいたいレポート関連ものは1500字前後らしい。
だもんで、そんなかんじに真似してお贈りしてみよーかと(笑)。



とりあえず見出しまわりから(笑)。
そっちはP38-39スタイルにあわせよう……。でも、リードはなしね。




劇団四季『春のめざめ』
'10年版公演の鍵は「手動」にアリ!?
――「四季の会」会員限定イベント・ステージツアー参加レポート――


取材・文=湊みらい(渋谷甘味倶楽部)








……本文は後ほど……(笑)。



同志の方々には、ほんとーに心から感謝です。

ありがとうございます!!

大好き!!!!!(笑)




スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: