FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季会報誌「ラ・アルプ」2010年4月号(vol.302)を呼び込む会 

2010.04.04

早くいらしてアルプさいしんごう……!!



本日もヴんだばあお言葉たち&パチパチをいただいておりまして、誠にありがとうございます!!!

昨日のお話会でも、お目にかかれた方々、重ねてお礼申し上げます……!

ありがとうございます!!!!



えーと、お話会のぎじろくですが、あれが見えやすさMAXのものです。ごめんなさい……(笑)。

いや、べつに何もやましいことはないつもりですが(笑)、『春さめ』開幕も近いせーか、本家四季の当地チェックが頻繁になってきてるみたいなんですよ(爆)。


だもんで、ちょっと遠慮してみた。


……あれで?

とゆーツッコミはおいといて、同志の方々からアルプ最新号についてとか、『春さめ』お稽古画像についてとかの情報をいろいろいただいておるのですが(ありがとうございます!)、


アルプ待ちわび状態


のため、申し上げたいこととかが、若干滞っておる状態でございますこんばんわんわわわわわわわん!!!!!!!


……とりあえずアルプ呼び込むために鳴きすぎてみた。





それにしても、
なぜあたくしはこんなにも、
アルプをとめられてるのかしら??


あたくしがあまりにも紙媒体ヲタクで、へんしゅードしろーとが作ってるっぽいアルプにいちいちつっこむから??
(可能性としてはありうる)


それともこないだくりーむしちゅうのおふたりにお目にかかった時、あれだけ「うえだちゃんねるにふれてください」ってゆわれたのにいっさいスルーしたから??
(違う方向から飛び火した可能性もある)



な ぜ だ!



つーか、すでにめぼしい情報(『春さめ』の東京公演千秋楽日決定とか!)は、公式HPでチェックできちゃうのだから、こんだけとうちゃく遅れたら、ぶっちゃけ会報誌の意味をなさないだろーよ……(笑)。
こーゆー「情報」を主体にした紙媒体(「情報」がメインの商品)は、スピードが命なんだからさー。
紙媒体には紙媒体の長所と弱点があるけど、かといって、インタビュー記事とか「読み物」系の記事(じっくり読めるもの=紙媒体の長所)が多いかといえば少ないわけだし、そこに重点を置いてる読者(会員)もいないんだから(あの総ページ数で、毎回MAXでも6ページの読み物にだれも期待しない。あくまでもオプション的なおまけとして期待する)、最後の砦=「情報の早さ」が遅れたら、むしろせっかくの紙資源がただの無駄になっちゃうよ。


まあたかが会報誌にこんだけつっこむっつーのは、あたくしが紙媒体をこよなく愛してたためで(笑)、それで商売が成り立たない過渡期をリアルに体感してきたからなのでした。
前からずーっと申し上げてるが、四季は演劇集団だから、物事を3Dで捉えるのはとっても上手だし、そこが大好きなんだけれども、むしろメイン商品が「舞台」とゆう刹那的一過性のもの(後に残らない。お客さんの心とか感動とか、そういう抽象的なものとしてのみ残る)なので、パンフとか会報誌とかの二次作用的な紙媒体に、力を入れる必要はそもそもない。
とは思うのだが、そこをちょこっと意識変えて、紙媒体にもほんの少しの工夫でもこらしたら、もっと目に見えて売上げ上がるし、読者(会員、お客さん)ももっと喜ぶはずなんだよね(笑)。

実際会社員時代は、ヘタに肩書きがついてたせーで、紙媒体が瀕死の市場で、いかに売れる商品を作るかっつーことばっか考えてたから、四季見てると、すばらしい土台を生かしきってない現実に、「もったいない」と思っちゃうのですよ。単純に。
こんだけの組織力と理念と信念と、優秀な人材と商品力と顧客を抱えてて、着手すれば確実にサービス向上につながる部分が、なんで手抜きなの? っていう(笑)。


そもそも紙媒体を作る時、昔あたくしが新卒で入った会社の上司にゆわれたのが、
「誤植がこわくて作れるか」
ってことだったのですけど、まあ、誤植は少ないほうがいいに決まってる(笑)。
けど、何があっても、どーしても絶対に間違えちゃいけないものはあるわけですよね。例えば、人の名前とか。特に四季の場合、「商品」たる「演目」のスケジュールとか、価格とか。そこがお客さんにとっての要たる「情報」なわけだし、組織への信用に直結してる。

それなのに、「アルプP○に掲載の先行予約チケットは、都合により発売延期となりました」とかって、

ありえねえだろーーーーーーー!!!!!!!(爆)

いくら入稿する時がそのスケジュールだったからって、紙媒体でその情報知った読者は、単純に鵜呑みにして、スケジュールを楽しみに立てるひとも多かろう。だったら一言でも、「現時点ではこの予定ですが、変更になる可能性もございますので、随時HPはチェックしてください」とかなんとか添えといてくれると親切よね!! ってゆーだけの話。



……うん。
単純にそーゆーことなんだよ。

四季ファンにはいろんな方々がいらっしゃると思うが、こんだけマイナーな存在の会報誌とかの紙媒体につっこみたがるのもめずらしーし、こーゆーヘンなファンがひとりぐらいいてもいいかな、って(笑)。


とゆーわけで、アルプ最新号を呼び込むための呪文でした!!




……どこが?(笑)



スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: