FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『春のめざめ』ハンシェン×エルンストその後を予測する会 幕間(脳内劇場オーバーチュア編) 

2010.03.18

すがすがしい陽光を背に、つむがれた台詞。
「終わりにしよう、エルンスト」

一瞬意味がわからず、ぼくは短く返す。
「えっ?」

すると優雅な唇は、同じように動いた。

「終わりだ、エルンスト」

あざやかな初夏、むせかえる緑。これから旅立つ希望の記念日に。
「僕らもお互いから卒業しよう。明日から僕はハイデルベルクだし、君はバーダーボルンだもの。それぞれ新しい世界で生きていこう」

衝撃のあまりぼくはただ、優雅な唇が動くのを見つめる。

「お互いそのほうがいい。そもそも恋の真似事だったしね。……実に楽しかったよ、エルンスト。君も楽しかったろ? 機会があれば、また会おう。さよなら」

きびすを返す広い背中。何度も見た、脳裏に焼き付いて。
退屈なラテン語の授業中、早足で向かうぶどう畑、月明かりが差し込むシーツの上。
祈りにも似た思いと共に。


待って、ハンシェン。

そう言おうとしたが、声が出なかった。
全身の力が抜けたぼくは、その場にしゃがみこんだまま、陽光を浴びていた。
腹が立つほどすがすがしい、絶望的な日。いつまでも、いつまでも。




てなかんじの

ハンシェン×エルンストその後劇場
オーバーチュア編

が脳内上演されてて、幕間になったので、ふと顔を上げたら、


一和(洋輔)くんハンシェンが
飛び跳ねてる図が

目に飛び込んできた。


つまり、

『春さめ』の中刷り広告の下に立ってたあたくしin JR線。



なんだこのシンクロ率……。


どんだけ自分、『春さめ』好き?

とか思って、マジ驚いた湊みらいでございますおいえんおう(ごきげんよう)。

そんなあたくしと深いところできっとつながってる同志の方々、今宵も高シンクロ率なお言葉たち&拍手喝采をいただき、ありがとうございます!


エルンスト・レーベルさん脳内基本設定その2とかいきたいんですけど、なんせ自由激情(笑)なもんで、あっちこっち飛んじゃうんですよねー。




飛ぶといへば、飛び跳ねる一和くんハンs



……また来週!




スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: