FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『春のめざめ』ハンシェン×エルンストその後を予測する会 幕間(ハンシェン・リーロウさん脳内基本設定考察編) 

2010.03.15

あらっ??

『エビータ』東京公演終わっちゃっ……??

『アイーダ』やってるからつい忘れてたYO!!!!!!


だって『エビータ』と『アイーダ』、似てるんだもの……(真顔)。



てなかんじで、あいかわらず素でうっかりの湊みらいでございますおいえんおう(ごきげんよう)。

本日もあいかわらず愛あふれるお言葉たち&パチパチをいただいておりまして、ありがとうございます!!!!!!


なんかいたるところで卒業式に出くわすせいか、脳内、

ハンシェン×エルンストギムナジウム卒業式劇場

が展開されててどーしたらいいんでしょう……(聞くな)。


いやーあたくし的には、このふたり、卒業式に、いったんハンシェンがエルンストに別れを告げて、それぞれ新しい世界(大学)へ旅立ってゆき、6年後にふるさとの地で再会する、っつーパターンが王道になってるんですよねー。

だもんで、それぞれどこの大学(土地)に行くのかしら、そもそもふたりの故郷はどこが設定なの?? とか思って、真剣に調べたりしておるのですが、って、

何をやってるのか……(遠い目)。


でもさー
楽しいんだからしょーがないわ!!!!!!!!!!



とゆーわけで、脳内が大変大爆走中なので、

ハンシェン×エルンストその後劇場

へ続く基本設定などを考えてみた。

あいかわらずどーかしてるので、お時間のありあまった豪の方のみ、お付き合いください(笑)。




●ハンシェン・リーロウさん基本設定

今まで四季版『春さめ』の一和(洋輔)くんハンシェンと、南(晶人)くんハンシェンのイメージが強すぎて、そもそも「ハンシェン」といふ男の子が、どーゆー家族設定で、どーゆー育ち方してきたのか、とかあんまり深く考えたことなかったんですよねえ。
原作とか読んでみても、やっぱり前出のおふたりの印象がすでにデフォルトなので、

ハンシェン=S

ってことだけは確立してたんですが(笑)。


で、そっからさかのぼっていくと、あんだけドS(特に南くん)になるっつーことは(ごめん)、育った背景によっぽど鬱屈した経験、あるいは環境があるだろうと予測(笑)。典型的な愛情不足から来る反動だよねえ。
加えて、お子ちゃま純情エルンストに手を出して、懐柔するまでの見事な手腕は、自我に多大なる自信(「俺様ナンバーワン」のアイデンティティ)があってこそ、成し遂げられるというわけです。

そーすると、リーロウ家は、代々続く地元の名士で、お金持ち。ってところでしょーか?

たぶんねえ、おじーさんとかおとーさんは、市議会議員とか政治系のおしごとについてるんだよ。
そいで、家にはメイドさんとか執事とかもいて、おかーさんは政治家のおとーさんのサポート業務もこなす必要があるから、婦人会とかでいろいろ忙しくて、やっぱ家にはあんまりいない。
で、リーロウ家を継ぐべく長男(ハンシェンのおにーさん。8歳ぐらい年上)がいて、両親の愛情は、そっちに注がれやすい、と。

そーすると、子供のころから、乳母とか家庭教師に育てられてきたハンシェンぼっちゃまは、肉親の愛情をあんまり受けられず、でも元のお家柄のよさとかがあるから、「自分は選ばれし者」ってゆう確固たる自信があって、それとどこかゆがんだ愛情への飢餓感があいまって、ドSになってゆくわけですね(笑)。


おとーさんゆずりの策士力を備え、おかーさんの愛情不足のおかげで、いい意味でも悪い意味でも女性に期待しない=同性(エルンスト)に手を出しても平気(道徳価値観が意外とリベラル)、でもやっぱり愛情飢餓で心が成熟してないから、平気でエルンストを捨てられる。



……なんか書いててせつなくなってきた(笑)。


で、そんなハンシェンぼっちゃまは、早熟な子供になるわけで、女性家庭教師にセックスについてやら、いろいろ教わるわけですね(笑)。
って、これは原作にありますが。

あたくしの憶測ですが、たぶんハンシェンぼっちゃまは、その女性家庭教師に、具体的な事柄もいろいろ教わったと思うんですよねえ。
だから自分で自分を慰める、っつー行為もひとりでできるし、女の子とそーゆー行為をしたら、妊娠するっつー危険性を十分わかってるから、やってみたいけど危険回避のために、御しやすい同性エルンストで試す、ってゆうパターン。


そんでギムナジウム卒業までは、好奇心でさんざんエルンストを翻弄して、楽しいこととかいっぱい試すうちに、いつしか本気になってるんだけど、でも自分の気持ちに気づかないんだよ!!!!!
(だんだんおかしくなってまいりました)


だって俺様ナンバーワンだから、自分から手出した相手に本気になるなんて!! とか絶対思ってるし、なんだかんだと根本が愛情飢餓なので、実はエルンストより心の成熟度が低い気がするし!!!!!!


そいで大学進学が決まって、
「よーし僕は大学デビューだ!! この僕をもってすれば、高めの女を手に入れられるに決まってる!!」
とか思って(俺様だからね)、あっさりエルンストを捨てて、意気揚々と大学生活に突入するわけですが、

付き合う女は、みんなどこかエルンストに似てる。

ってゆうね!!!!!!!!
(おかしさ臨界点突破しそうです)



で、女とキスする度にエルンストとのキスがフラッシュバックして、
女を抱こうとする度にエルンストを思い出して抱けない。


っつーくらい
ダメになってればいい!!!!!!!!
(おかしさ臨界点突破しました)



つまりそんだけ自分の気持ちにしょーじきにならなかったせーで、自分もずっと傷ついてたんですよ。たぶん(笑)。


いいなー……
ちょう理想!!!!!!!(爆)


Sハンシェン、実は自分にもSすぎて、本来の自分も見失うってゆうね!!!


で、やっと自分の気持ちに気づいたハンシェン、大学(経済学科)卒業して、実家に戻って来て、地元の銀行に就職するんだけれども、心はさらに空洞化(笑)。
思い出すのは、エルンストと過ごしたあの日々!!!
ふたりで笑いあったあのぶどう畑!!!!!
もう二度と戻らないあの日々……(涙)。



そんなかんじで、空しい日々を送ってるハンシェンぼっちゃまに、信じられない情報が入ってくるのだった……!!!!




……つづく(笑)


スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: