FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『春のめざめ』再演に向けての予習その1 (原作版VS四季版比較 男子キャラ・メルヒオール&モリッツ編だが、2010年3月13日(土) 22:30~24:00前後 またお話会開催ですよ早速の参加表明ありがとうございますVer.)  

2010.03.10

さーーーーーーーーーーーむーーーーーーーーーーーーいーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!


3月だとゆーのに

雪って……!!!!!!!!!!


もーさっさと伊藤(綾祐)くんボック、『ウィキッド』大阪から東京に戻ってYO!!!!!

このままじゃ、笑顔率が著しく低下中のハンシェンレイヨウ(南晶人くん)がさみしさのあまり凍えちゃう!!!!!!!

キリンさんはやくーーーーーーーー!!!!!!!(意味不明)



てなかんじで、極力寒さに弱いくせに冬生まれのあたくし湊みらいでございますおいえんおう(ごきげんよう)。

本日も外気の寒さを緩和するほどのあたたかいお言葉たち&拍手喝采、頂戴しております。

ありがとうございます!!!!!!!!

加えて、早速ですが、今週末開催予定のお話会への参加決意表明もいただいており、重ねてお礼申し上げます。

ありがとうございますありがとうございます!!!!!!!!



とゆーわけで、

劇団四季『春のめざめ』をさらに理解するためのその1
原作版と四季版の比較をしてみましょー のシリーズ、

今回は原作版にも四季版にも登場する
男子キャラクター・メルヒオールとモリッツについて 編!


でもって、あいかわらず伊藤くんエルンスト至上主義のあたくし湊みらいフィルタがかかっており、あくまでもあたくしの独断と偏見による解釈だったりしますので、やはりお覚悟を召された鵜呑みにしない(笑)おとなの豪の方のみ、ご高覧のほどよろしくお願い申し上げます(深々)。


どーでもいーけど、マジでいちわかだんなください(謎)。
『ダロワイヨの夜その後』も!!!!!!!!!!!!(切実)




有名な話ですが、メルヒオール・ガボールの名前は、ヘブライ語で「光の君」の意味で、モリッツ・シュティーフェルは、ギリシア語の「黒」に由来するそーです。

つまり、メルヒともりもりは、「光と闇を象徴」してるらしい。

それを念頭において原作を拝見すると、確かにわかりやすい流れなんですよね。

メルヒは自ら「無神論者になった」とゆってますが、結局なんだかんだと「創造主」なわけですよ。いちおーベンドラと子どもをもうけてますからねえ(笑)。

四季版メルヒは、ベンドラに対して、
「君の鼓動が聞こえる……」
とかゆって(ぎゃーーーーーーー!!!!! なにこの恥ずかしい台詞!!(爆))、どっか理性があるっつーか、例えきっかけは情欲だとしても、どこか「好き」ってゆー人間的な感情があるんですよね。
だからゴーインだけど、一応は何とか四季版『春さめ』を、「ラブストーリー」とゆっても大丈夫だろうと(笑)。ギリギリだが(笑)。

けど、原作だと、ほんっと救いよーのないバカなんですよ(ゆった……)。
ベンドラに対しては、まがうことなきゴーカンですからね。犯罪ですよ。
「君の鼓動が……」ってゆう台詞もいちおーはゆってるんですけど、その後、
「俺は君をちっとも愛しちゃいない、君が俺を愛してないのと同じさ」とかほざいてますからね!!
しかも自ら認めてますしね、「娼婦ですませて、がまんすべきだったんだ」とか。
まあそれが「子どもの無知ゆえに悲劇を引き起こす」っつー作品のメインテーマになってるわけですが、でもそれで「光」ってふざけんな!! とか思って(笑)。
ただ、すっげーゴーインに素敵な解釈をするとすれば、「ひとひとり殺して(ベンドラ)、親友(もりもり)の死に対しても意外と平静でいることで、こうした無知から抜け出し、光となった」とでもなるんだろーか?(笑)


一方のもりもりは、なんとゆーか、生まれた時から闇を背負ってる、っつーイメージ。闇の申し子とゆうか、呪われた子ども、みたいな。
だから最初っから、あんまり長生きしない雰囲気を漂わせてる。ほんとに引き金引く前に、自らピストル自殺ほのめかすよーなことゆってますからね。
前にも申し上げましたが、死に対する感覚が、なんか太宰っぽいんですよ(笑)。
ふつーの人間は、死に対して恐怖を感じるものだと思うのですが、なんか原作もりもりの場合、「隣町にドーナツ買いに行く」みたいな勢いで、「死の国へ行く」かんじ。
つまりいい意味でも、悪い意味でも、「死」と「生」の境目がない感覚を持ってる子ども。

だからなんとゆうか……自殺する場面も、最後幽霊になって自分の頭抱えて出てくる場面でも、どっかコミカルなんですよ(笑)。ってあたくしだけ??

なんかかわいい……とゆうか、一種の軽快さを漂わせてる(笑)。ほんと「うっかり死んじゃった」みたいなかんじ。

だもんで、四季版もりもりだと、一般的な解釈として、「大人たちからの理不尽な攻撃に逃げ場を失って、自らを殺した」なイメージになって(特にみくもり)、もり墓シーンでは号泣する方々続出になるけど、そこではどーしても泣けない大の悲劇嫌いのあたくしは、原作版のがずっとお気に入りなのでした(笑)。


まあ終始このふたりは、原作でもなかよしなかんじなのは、四季版と同じですね。
ただ四季版の場合、メルヒが完璧ないいヤツキャラすぎる分(優等生で、かっこよくて、親友かばう清々しいほどのナイスガイ。うっかり女の子妊娠させても、15の若さで将来設計を考えるほど器がでかい)、もりもりのヘタレ感が際立つとゆう弊害がありますが、原作の場合は、結構対等。メルヒはちょっと俺様系入ってて、もりもりはちょっと気弱、ってゆうくらいのイメージ。
でもやっぱ最後、幽霊もりもりがメルヒを死に誘おうとしてだますところは圧巻で、そこでこのふたりは「対等なんだ」っつーことがよくわかります。


うん、あたくし、原作のもりもり好きなんだよ(笑)。メルヒは嫌いなんだけど(笑)。
四季版拝見してから原作読んだので、こーゆー結果になっちゃいましたが、逆だったらどーなってたかなー??
たぶん四季版もりもりの自殺シーンでは、ちょー号泣してたと思う(笑)。そんでメルヒにも入れあげてた可能性が高いぞ(笑)。だってあんな完璧ハンサムな柿澤くんだもんねえ……。「きゃー!!」ってふつーになってたかも(爆)。


でもやっぱり本命は
伊藤くんエルンストなので!!!!!!!!!
(結局そこか)



てなかんじで、お付き合いくださった方々、ありがとうございます。お疲れさまでした(笑)。

次回は
ハンシェン&エルンスト編 
をお贈りいたしまつ。







ん☆





スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: