FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『コーラスライン』を語る(feat.『春さめ』キャスト編) 

2009.11.04

あたくしも大好きです!!!!

ってなんのことかといーますと、『春さめ』パンフにのってる
南(晶人)くんのちょージャンプ!!

がっごえええええええええ!!!!!

すっげーーーハイジャンプ!!!!!!

ほんま間接やわらかいんな!!!!!!!←?


そう、まだ続いてるのよ、『春さめ』パンフネタ(笑)。
「XXページのXXしてる伊藤(綾祐)くんが、すげーかわいい!!」
とかディープな方向でヒートアップしております湊みらいでございますぐーてんたーく!!
だけどお外は急にめっきり冷え込みましたね。
本日もご来訪の方々(ありがとうございます!)、風邪など召されぬようくれぐれもご自愛を。


てなかんじで、すっげー具体的にパンフネタに食いついていきたいところなのですが(笑)、先に劇団四季版『コーラスライン』語りにイかせていただく!!
だってもう千秋楽決まっちゃったんだもん!!
はえー!!!
と思うのあたくしだけですか??
福岡劇場でやるそーですが、秋劇場に移動して、もっと東京で上演していただきたかったYO!!!

とゆーわけで、生きてるみくもり(三雲肇くん)にお目にかかるのを、めがっさ楽しみにしてたのです!!!
あのヘタレカワイコちゃんが、ダンサーって……!!
どんだけ頼もしいんだーーーーーー!!!!!

とか思って拝見しにいったら、

みくもんの名前
なかった……(遠い目)。


みくもん……
天国でも幸せかな?
幸せだといい……(違)。



※湊みらい用語解説
・もりもり:『春のめざめ』に出てくるモリッツのこと。
・みくもり:三雲肇くん演じたモリッツのこと。時折「みくもん」とまざる。
・みくもん:三雲肇くんのこと。時折「みくもり」とまざる。
・がんもり:厂原時也くん演じたモリッツのこと。あるいは、厂原くんそのものを指す。



だが、キャスト表みて一気に浮上(笑)。

オットー(玉井晴章くん)がーー
いるーーーーー!
きゃーきゃー!

そして
イルゼ(石塚智子さん)もーーーー!
きゃーきゃーきゃー!

『春さめ』チーム好きとしては、これだけでも十分(笑)。

おまけに昔ラムタさま(武藤寛さん)にお目にかかるのも久々だし、加藤敬二さんが舞台をなさってるのを拝見するのもはじめてなので、とてもうれしい!!!!
かしこみかしこみ。


で、内容については、もぉBunkamura版でおもっきし語ったとーり、ちょう感動でずーっと号泣してたのですが、やっぱ四季だと日本人俳優さんが日本語で「ブロンクス出身のディアナです」とかゆってるので、若干の違和感があるのは否めない(笑)。
え? プエルトリコ人……の設定なの? 的な(笑)。

でも、それもさいしょのうちだけなんですよねえ。
やっぱストーリー展開がおもしろいから、途中でその違和感忘れちゃうの。
ラストのラインダンスは、ほんっと圧巻だったなーーー!!


で、期待のオットー(玉井くん)は、オットー以上に元気でよかった!!(笑)
役はマークで、医学書読んでおかしなふうに思い込むキャラなんだが、これってもりもりっぽいよね(笑)。
明るいもりもりなかんじで、ちょっとうれしかった。
これをみくもんがやってたら、自殺しちゃうもりもりが救われたかんじするんだけどなー。みたかった!!
でも玉井くんて、オットーの時は、伊藤くんエルンストにむちゅうで気づかなかったんだけど、すっげーキレのあるダンスするんですねえ。声ものびやかだし! 
『春さめ』の時、もっとオットーみとくんだった(笑)。すごい期待のダークホースだぜ!!(笑)

でもって、イルゼ(石塚さん)は、イルゼとまったく別人キャラのヴァル役で、

すんごい
かわいい。

かなしいイルゼのイメージが強かったのだが、思いっきりはじけてるキャラで、なんか涙出た(笑)。
ぜんぜん違うんだけど、

よかったーーーーー!
イルゼが元気になったよーおかーさーん!

とかそんな心境になったので(笑)。

もりもりとダブルで歌う時の、シャツ1枚だけ着てるイルゼの足が、すっげー細くてきれーだなーと思ってたのですが、それが明るいかんじな健康美! になっててほんとうによかった! 石塚さんは、こーゆーふっきれたキャラのほうがあう気がしますね。声とかもしっかりのびるように聞こえるかんじだし。

このふたりが最後オーディションで合格した時、「わーい」みたいに抱きあうんですよねー。

そこでなんか泣けた(笑)。

オットーとイルゼがーーーーーー!!!!!

ってなって(笑)。

なんか一瞬、『春さめ』唯一の常識人・オットーと、『春さめ』随一の不幸体質少女・イルゼが抱きあう図にみえて、
「ああー……あのイルゼが……やっと報われた……(涙)」
なかんじになってしまったのですよ(笑)。

これが玉井くんのかわりにみくもんだったら、もっとヘンなふうに号泣してたと思います(笑)。

もりもりとイルゼがーーーーーーー!!!!!!!

あの悲しいコンビが、大喜びしてるーーーーー!!!!

的な(笑)。


久々にお目にかかった武藤さんは、なんかゲイ役なんだけど(笑)、やっぱりみてて安心感がありますねえ。
歌もダンスも絶対裏切らないほどお上手だし、独特の安定感がある。ラムタさまのしなやかさも垣間見れて、うれしかったお!!


で、特筆すべきはザックの加藤さん!!!

もーーーーーーーーー
すごいね!!!
はじめて拝見しますたが、

これが生きた伝説か!!!!

と思いました(笑)。

劇中のザック(加藤さん)は、客席の一番後ろに座って、舞台のダンサーたちに向かっていろいろ指示を出すのですが、実はちょうどその前の列の席に座ってたのですよ、あたくし。
だもんで、失礼とは思いましたが、ついチラ見してしまひますた(ごめんなさい)。

だってさー
なんかすごいんだもん、オーラが!!!
オーラっつーか、地響きを起こしてるイメージなの。
例えがわかりづらいんだけど、
土の神様っぽいのですよ。大地を統べる神様。
すっごいどっしりしてて、安定してて、怒ると地割れを起こす激しさを持ってるかんじ?
さいしょわかんなくて、だんだん地鳴りがしてきて、足元が崩れてく……的な怒り方するんだろうな、とかふと思った。だからきっと雷神とかの天の神様よりこわいんだろうなあ(笑)。

でも、こーゆーひとに鍛えられたら、実力は相当つくよね。着実な基礎というか、足元が安定する力を得られる気がする。

なんか……加藤さんの部下になりたいとか思いました、ふつーに(笑)。


そーゆー意味じゃ、予想外のおもしろさがあったなーとゆう印象の四季版『コーラスライン』。
でもそれを差し引いても、やっぱ名作ですよね、ほんとに。
単純とゆわれればそれまでだが(笑)、王道の美しさは燦然と輝くのねえ……。
それがあの最後のラインダンスの衣装なのかと思うと、やっぱひとりひとりの人生は輝くようにできている! のだね、きっと。
と思えるのであります!! わんっ♪


スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: