FC2ブログ

渋谷甘味倶楽部

日々是好日。今日も元気だ、ごはんが美味しい♡

劇団四季『春のめざめ』キャスト陣を語る(男子群編8)  

2009.09.29

に゛ゃー!!

ずいぶん間があいておったにもかかわらず、
連日にわたる拍手喝采!!

ありがとうございますありがとうございます!!!!

いきなりネコで登場しますたが、ネコチケ(『キャッツ』のチケット)が届いてたので、先走ってみた。

♪はーやくこーいこーい
じぇりくーるにゃー♪
(『お正月』の音で)


ラムタさま!!!!!!!!!

やっと……
やっとお目にかかれますのね!!!!!!(涙)


※ラムタさま:ラム・タム・タガー(プレイボーイ猫?)のあたくし的呼び名。本気で好きです!!!!


でも本命は、
伊藤くんエルンストなので!!!!!!
(聞いてない)



で、昨今ボック(伊藤くん。もうなんだか全部まざってきた)にむちゅうになりすぎて、危険な兆候が出てきておりましたが、

とうとう
ケガに
はってんしますた。

あーびっくりした(笑)。

このあいてた間、あたくし、ジェットスキーをたしなんできたのですが(ちゃんと特殊小型船舶操縦士免許持ってるので、自分で運転するですお)、なにしろ夏限定のしろものなため、なんつーかこう

太陽!
海!!
ギラギラ!!!!!

的なかいほーかんとゆーか、のーみそ溶ける度アップとゆーか、そんな状態になってしまうわけですね。

で、ここぞとばかりにちょうスピード出して海の上を走ってると、やっぱテンション上がるわけですよ。

そいでふだん叫んでる

伊藤くん大好きーーーーーー!!!!!!

とかを実際口に出してみたくなり、叫んでみたわけですよ、いい年した大人のあたくしったら。

したらなんかもぉ、無駄に伊藤くんのことばっかが頭を占めて、どんどんどんどんテンション上がってって、

気づいたら、海の上に落っこちてますた(爆)。


あーあ、とーとーやっちまった!!!!

あごぶつけてアザになったもん(笑)。

口の中もちょっと切れてたんで、一応お医者さんいったんですけど、
「なんでこーゆー切れ方してんの??」
とゆわれますた。
日常生活ではふつー切れない切れ方(笑)。
まあ、ジェットスキーでぶつけた、とはゆってるんですが。

ほんともーここまできたか、ってかんじで、我ながら感心しましたね。

そんなに伊藤くんが好きか、自分!!!!!!

そーゆー意味じゃ、名誉の負傷(笑)。

まーでもみんな山登りで頂上いくと、
「ヤッホー!!!」とか叫ぶでしょ!!
それと同じだよね!!!


とかネタにしてますが、真面目な話、ジェットスキーって実は危険極まりないので、笑いごとじゃないんですけどね。
アザぐらいでよかったですよ、ってのがほんとのところなんですが。
なので、よい子は絶対まねしないように!!!!!

のりもの運転中は、絶対他のこと考えちゃダメだよ!!!!!!

どんなに好きでも、好きなひとのことは特にね!!!!!!!!!



とゆーわけで、教訓めいたオープニングでだいぶひっぱってみた。
ごめんなさひ☆

で、『春さめ』原作と舞台版のキャラ比較!!!

とかゆってたんですが、

四季HPみてたら、

『ドリー民具』(ミング、の変換がおもろいのでこのまま)に厂原(時也)くんが、

『コーラスライン』に三雲(肇)くんが、

なんか出てるっぽいので、モリッツ語りを先に!!!!

することにしますた。

うーん……
こんな自由でごめんなさい(笑)。
ふつーは主人公(柿澤くんメルヒ)からいくよねえ……(笑)。


ところで、写真ちっちゃくてわかんないんだけど、
『ドリーミング』に伊藤くん、『コーラスライン』に上川(一哉)くん
が、いる……ような……気がする……のだが、
どうでしょう??????


で、本題。


●モリッツといふ男の子
以前、ハンシェン語りにて、

一和(洋輔)くんハンシェン→「陰」ハンシェン
南(晶人)くんハンシェン→「陽」ハンシェン

のイメージがしますお。
と申し上げますたが、もりもり(実はモリッツのことをずっとこう呼んでますた)の場合も、これと同じかんじ。

厂原くんモリッツ→「陰」モリッツ
三雲くんモリッツ→「陽」モリッツ

だなー(笑)。

結局もりもりは自殺しちゃう子なので、陰も陽も何もあったもんじゃねーだろ!! な部分があるかもですが、
基本あたくしは、自殺ってものをニュートラルに捉える(悲しいのは残されたほうであり、自殺した本人は、もしかすると幸福になったなら、それはそれでいいだろう、的な捉え方)場合が多いので、この上記おふたりの演じたもりもりが、自ら死を選ぶに至るまでのプロセスは、まったく対照的なイメージとして残ってるのが、いちばんおもしろいですの。ほんとに。

プイグ原作の『蜘蛛女のキス』映画ラストシーンで、

彼が幸せに死んだかどうかなんて、だれにもわからない。

とかゆう台詞があったと思うのですが(字幕うろ覚え。英語音声では、Nobody knows if he died happy or not. だった……気がする)、まさにこれだと思うんですよ、もりもりに関しては。

なので、何度もくり返してしまいまつが、最大の泣き所・もりもり埋葬シーンでは、絶対に泣けないんですよね。
まあ、メルヒの歌とか、おとーさんの崩れ落ち感とかで、うるっとくる時はありますが、「もりもりが死んだ」とゆう意味では、ちっとも涙が出てこない。
それはたぶん、もしかするともりもりは、死んで幸せになったかもしれないから。
「真っ暗だ……」
で終わっちゃうけど、キリスト教的には認められない方法だけど(ご存知の方も多いでしょうが、念のため。「自殺」するとちゃんと教会に埋葬してもらえません。神に逆らう行為とされるらしい)、でも、もりもり本人の魂は、救われた可能性があるわけだから、それを残されたほうが、我々観客も含めて涙を流すのは、エゴな気がするからなのです。
悲しい、さみしい、つらいのは残されたほうであって、もりもり自身じゃない。
もりもり自身が幸せになったなら、こっちは悲しいけど、何とか喜んであげたほうがきっと救われる。
だから劇中で「死」が出てくると、なんか観客として地味に「この人は、幸せに亡くなったか?」とか考えてから、黙るか、怒るか、泣くかをしますね。

基本あたくしは、アンハッピーエンド、絶望的に終わるものが大っ嫌いで、「名作」と呼ばれる『トゥーランドット』『椿姫』『ラ・ボエーム』等々でさえ、ことごとく嫌いです(笑)。だって必ずひとがふつーに死ぬし、抑制されて自らの命を引き換えにするとかいう「酔狂な美徳」に、心底腹が立つんですよね。
特に一番嫌いなのは『蝶々夫人』。あまりの結末に怒り心頭になって、「ブラーボ!」がスタオベで響く中、「ふざけんな(Fuck off)!!!!」とか叫んだお行儀の悪い子です(遠い目)。
まあ、そんだけ感情移入が激しい性格なのですが(汗)。

とゆうわけで、もりもりに関する一般的な解釈は、
「大人に追いつめられて自殺を選んでしまう、無力なかわいそうな子」
だと思うのですが、あたくし的には、
「単にアホな子(世間知らず、無知)」
であり、ある意味、
「けして正攻法じゃないけど、自らを殺す方法で自らの魂を救ったとゆう点では、自分に正直な英雄」
なのですね。
もちろんけして自殺を推奨してるわけでもなし、それで魂が救われるとか思ってもいませんが、『春さめ』のもりもりは、少なくともそうゆう解釈「も」できると思ってます。

劇団四季が『春さめ』上演にあたって、「命の大切さを伝える」とゆー意味では、四季の方針に沿ってるので選んだ、とかなんとかゆってたと記憶してますが、まさにそーゆーことな気がするのですよね。

『夢から醒めた夢』は、「消えていった命たちへのはなむけ」つまり鎮魂への挽歌であり、
『ライオンキング』は、乱暴な言い方をすれば、「ぶざまでも生き延びろ」っていう強烈なメッセージであり、
『春さめ』エンディングも、表面上は希望へ向かって終わることになってます。
あたくしは、この最後の「冬の時期は過ぎ~春は必ずやってくるものだから~♪」的な強引さが、そこだけ取ってつけたようで、納得いかないし、大嫌いです(笑)。
でも実は、その最後にまで至るプロセスは、「自殺するモリッツ」というキャラクターを通して、

「自らの魂は、自らの手で救うべきであり、自ら以外はだれも救えない」

を伝えてる気がするのです。

天は自ら助くものを助く

とゆうか。
強烈な自尊心・独立心を促すメッセージ性があるとゆうか。

すげえうがった解釈だとも思いますが(笑)。

最後にいきつくところはそこなんだけど、でも、厂原くんと三雲くんがそれぞれもりもりを演じると、やっぱ印象が若干変わるので、さてどうなるでせう?

てなかんじで、次回!



……うーん……
実はもりもり大好きキャラなんだよな(笑)。

伊藤くんエルンスト以上に長くなってしまったごめんなさい(笑)。


スポンサーサイト



劇団四季『春のめざめ』キャスト陣を語る(男子群編7’幕間)  

2009.09.18

わーいわーい♪
パチパチたくさんありがとうございます~♪

今日もこのままイっていいですかー?

イイデスヨー

はいっ、コール&レスポンス、サンキュー!!


てなかんじで、仕事中のお供映像は、あいかわらず
ようつべ『Totally Fucked(マジでFUCK)』
のあたくし・湊みらいが、同志のあなたv(ラブ!!)にお贈りしております(仕事しろ)。

『春さめ』男子群キャラ原作比較語りにいこーとしてたんですが、今回はちょっと休憩。
なぜなら、さっき発見したことを、

どーしてもどーしても
いいたくてしょーがないので、
いわせていただく!!!!!!!!!


『どーもキニナル』出演中の『春さめ』男子たち。


『The Bitch of Living(ぶち切れそう)』熱唱中、


一和くんハンシェンが

カンニングしてる!!!!!!!!!!
(4:33のぐらいのところ)


がわええええええええええええええ!!!!!!!!



ぢっと手を見る((C)石川啄木)

なかんじで

すっげえええええええ
がわいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!


伊藤くん映像の代わりに(つーか、伊藤くん映像は、市場にほぼ出回ってないので……(涙))、『春さめ』オリジナルキャストの方々が出てる映像ばっか見てるのですが、あたくし的に、

一和くんハンシェンが
キてます。


……ちょっと遅いけど!!


伊藤くんエルンストの唇うばった人として注目はしてた(どんな位置付けなのか)のですが、ここ毎日みてると、王道のプリンス柿澤くんメルヒよりもひかれる。


あとねえ、白瀬くんゲオルグの「♪あのおっぱいを~」の後に続く
♪爆発する あ あ あ
 このからだが~

の「♪あ あ あ」にあわせて、
一和くんハンシェンと
モリッツ(『どーも~』では三雲くんだが)が
中央に寄って、ヘッドバンキングしながら下がるでしょー。

この時のふりつけ(?)が

すっげええええええええええツボ!!!!!!!!

えっらいかわいいいいいいいいい!!!!!!


で、そこばっかみてしまうですよ……。


なんかだんだん危険なことになってきてるので、かなりヤバイとは思うのですが、とまらん。

昨日など、友だちに、
「あたし、今度の劇団四季のオーディション、受けるから!!」
とかすげえ血迷ったことを口走ってるくらいです。
「おーすごいじゃん!! 受けるんだ!!」
「受けちゃうもん! そんで毎日、伊藤くんのボック飛びとか見るんだよ!! 一和くんのサルティンバンコとか!!(意味不明) 夢のような日々を送るの!!!」
「いいねー! 何部門で受けるの?」
「え、ファン部門とか」
「ねえよ、そんな部門」

あーーーーーーーおかしい!!!(あたくしが)


そーいえば、8月の下旬ごろ、劇団四季で編集デスクの人材募集してたんですよねえ。
今さら遅いが、これに申し込んどけばよかったな!!!!!
『ラ・アルプ』とかパンフレットの編集が、主な仕事だそーらしい(伝聞)。
したら毎号伊藤くんインビューとかいって会えるし、舞台稽古風景も取材とかいってみにいけるし、

サイコーの仕事じゃん!!!!!!!!

って部下に力説してたら(仕事中)、
「うん、サイコーな仕事ですね。それよりこれ、どーすんですか。先方、レス待ちですけど」
とあっさりスルーされますた……。

あーーーーーーーーダメ大人!!!!!(あたくしが)



もーなんかいろいろほんとーにごめんなさい……_ノ乙(、ン、)_

でもあれもこれもどれもすべて

伊藤くんエルンストがかわいいせいよ!!!!!!



……壊れたまま終わる。





テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

劇団四季『春のめざめ』キャスト陣を語る(男子群編7)  

2009.09.17

きゃーきゃー!!
なんかすっごい賛同してくださる方々が増えている!!
うれしいいいいいいいい!!
(でもびっくり……)
ありがとうございますありがとうございます♪

いやーほんと
同志の方々はありがたいですねv
オヤジ全開でごめんなさい……なのに、受容してくださる方々v
やさしいいいいいい!!!!

同志のあなたのおかげで、
あたくし、今日もオヤジ全開で生きていけます(真顔)。

やっぱり人って生かされているのね!!!!!!(叫ぶ)

ありがとうございますーーーーーーーー!!!!!!!
(九州まで届け!!)


さて、伊藤くんエルンスト語りについては、ある程度満足したv

ので、

他のキャスト陣について語る!

とか思ってたのですが
(何より柿澤くんメルヒについての言及が、未だほぼ皆無なのは、我ながらモグリだとは思うが(笑))、

原作(『春のめざめ―子どもたちの悲劇』(長崎出版)フランク・ヴェデキント【著】、 酒寄進一【訳】)
読んじゃいましたよ!!!!!
したら、もう!!!!!
なんか四季版舞台と比較したくなるのが
人間の性!!!!!!!!!!!!!

とゆうわけで、もーちょっと続く
『春さめ』キャスト男子群を語る・原作比較編!!

まずその前に!


●原作一気読み感想一挙羅列
・原作少年たち(当時の中3生)は、えらい賢い。
・ギムナジウムだから当然か?
・でも自分が中3の時より、彼らのが300倍くらい賢い。
・モリッツでさえ。
・だから、みんな知識ばっかの頭でっかちすぎて、体と心の成長が追いつかない。
・こりゃー全部悲劇になるわ(汗)。
・メルヒ×ベンドラは、ほぼゴーカンだった……(絶句)。
・ひどいぞメルヒ!!
・頭悪すぎるぞメルヒ!!!!!!
・四季版メルヒ(柿澤くん)は、理性があった分、まだマシ!!!
・ベンドラ報われない。
・同じ女として、怒りが!!!!!!!!
・自分の頭を手に抱えて登場の幽霊モリッツかわいい!!!!!!!
・『ドン・ジョバンニ』か(笑)。
・霊の取り憑いた?銅像とお話しするドン・ジョバンニ。メルヒは将来この系譜に育つかも?
・ラストはモリッツの台詞で終わる。こっちのがいいよー!!!!!
・四季版のゴーインな希望への歌で終わるより、ずっとこっちのが説得力あっておもしろいのに!!!!!!!!
・原作だと、お墓で絶望してるメルヒに、「こっち来なよ」って(死に)誘う幽霊モリッツ。
・幽霊ベンドラは出てこない。
・かわりに、仮面の紳士とかゆう神様みたいのが出てきて、メルヒを誘う幽霊モリッツを牽制、そんでメルヒに「おまえに世界を見せてやる」なかんじで、メルヒを連れてって終わる。
・舞台版には、幽霊モリッツに仮面の紳士キャラまぜちゃえばいいのに。
・または幽霊ベンドラにまぜちゃいなよ!
・モリッツが試験結果を、職員室?にこっそり盗み見にいった時、ひとりモリッツをなじる?のはハンシェンだが、実は違う登場人物男の子(四季版には出てこない)だった。
・ハンシェンはただ、「エルンストはどうだった?」って聞くだけ。
・エルンストも落第する可能性あったのか……(遠い目)。

・エルンストの心配する

ハンシェンvvvvvvvv


・自分なぐさめシーンのハンシェン、あまりにもオカズが高尚すぎて、よくあれでイケるなあと感心。
・だって神話とか文学作品に出てくる女性キャラたちなんだよ?
・オカズは女神とか……!!(驚愕)
・すごいぞハンシェン!!!
・かわいすぎるぞハンシェン!!!
・なんて想像力が豊かなのか!!!

・シェイクスピアをオカズに

イケるハンシェン!!!!!!


・男だね!!!!!!

・むしろおねーさんが君をオカズにしたい(壊)。
・でも当時はAVとかないし、みんなあんなかんじでシてたんだろなあ。
・そーゆー意味じゃ、モリッツはまじめすぎた。
・女の裸にうなされるなんて、15歳男子じゃ健全だぞ!!!
・ハンシェンみたく上手に処理すれば!!!!!
・わざわざ死を選ぶとは!!!!!!!(ちょっと違う)
・死に方が太宰っぽい。
・太宰は、隣町にドーナツでも買いにいくよーな感じで、三途の川を渡ったという(かなり違うが、奥野健男さんかだれかの記述。うろ覚え)。
・モリッツも、自殺するギリギリまで迷ってたらしい。
・とにかく幽霊モリッツはかわいい(戻った)。
・イルゼー! 銃返せー! 証拠物隠滅かーい!
・モリッツが自殺用に使った銃を、自分で持ってきちゃってるイルゼ。
・「銃声が聞こえたもの」
・たのむ! 死を決意しかけたモリッツを、もーちょっと引き止めてやってくれ……(涙)。
・その銃を見たがるマルタ。最強。
・モリッツはとにかくおぼっちゃま。世間知らずのぼんぼんがスネて、周囲の気を引こうとしただけなのに、まちがって死んじゃった。なパターン。
・どんだけうっかりさんなのか!!!!!!!!!
・モリッツお墓シーン。四季版ではおとーさんが崩れ落ちてるが、原作ではおとーさんがずーっと「不甲斐ない」ばっかゆってる。
・確かにな!!!!!!!!!!
・うっかり死んじゃったモリッツはかわいい。
・うっかりさんすぎてかわいい!!!!!!!!!!!!!!
・伊藤くんエルンストよりもかわいい!!!!!!!!!!!!!!!(え?)

・おかげで、最大の泣きどころ

とされる四季版のあのシーンは、

最大のギャグ山場

「モリッツうっかりさん劇場」に

なってしまった。


・台無し。
・ハンシェン×エルンスト。ブロードウェイ版の裏設定では破局って噂(そうなの? よく知らん)。
・もしそうなら、それはブロードウェイ版作った人が、実生活で恋人と破局して(あるいは、過去にそーゆー経験があって)、たまたま作ってた『春さめ』のハンシェン×エルンストに、八つ当たりしただけに違いない(断言)。

・原作における

ハンシェン×エルンストは、

いきなり

ラブラブ(♪あなたに~)。


・しかも最初に誘うのは

エルンスト!(驚愕)


・四季版だと最初は受け身イメージのエルンスト(竹内くん、伊藤くん共に。伊藤くんは途中から攻めに転じる)なのに!!
・しかも同じ台詞2回もゆってハンシェンを誘うエルンスト!!!!!
・かわいすぎるぞ!!!!!!!
・どんだけカワイコちゃんだ!!!!!!!!!!

・エルンストは

誘い受けである。


・大好き!!!!!!!!!
・完 敗_| ̄|○ il|!(ツボに入った)
・四季版エルンスト(竹内くん、伊藤くん共に)より、うんとお子ちゃま度が低い。とゆうか、皆無。普通に賢い子!!
・ハンシェンと対等にものをしゃべる。
・すんごく冷静に将来を見据えてる。
・ありえねえほど細かい将来設計。
・見事なキャリアビジョンだ!!
・君なら確実になれるよ!!!!!!!

・攻めなのに、

心なしか気弱なハンシェン。


・四季版ハンシェン(一和くん、南くん共に)は、「策士」臭がぷんぷんしたが、皆無。
・自らを「子猫ちゃん」と称する俺様ナルシストハンシェンは、どこにもいない。
・普通に賢くて、要領のいい子。特に自己主張するわけでもなく、まあ、毎日それなりに安泰で、将来それなりに出世してうまく生きていけりゃいいや的な。現代の日本の子供に近いものがある。

・むしろ四季版ハンシェン

(特に南くん)の

ドSさが懐かしい。


・ちなみに「ハンシェン」は、「ヘンスヒェン」なる表記。「ヘンナヒトン」ぽくてなんかいい。名は体を表す?
・ヘタレ攻めもいい。
・むしろ好き。

・エルンスト名台詞は健在。

「きみに出逢わなかったら、

こんなに心穏やかで

いられなかったよ。

――愛してる、ハンシェン、

他のだれよりも……。」


・ぐわあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

・やっぱこいつら、

絶対ハッピーエンドな

はず!!!!!!!!!!


(絶叫したままフェイドアウト)



テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

劇団四季『春のめざめ』キャスト陣を語る(男子群編6)  

2009.09.15

びっくり!!!
あたくしだけが楽しいつもりの『春さめ』語りですたが、
なぜか日に日に
賛同してくださる方が増えておりまする……!
いつもパチパチありがとうございます!!!

驚きを隠せないのですが、
同志の方々がいるのかと思うと、
ほんとーーーーーーーに心強い!!!
ありがとうございますありがとうございます!!!!
(深々と頭を下げ、地面にめり込んで球根になった)

今日も本気でボックエルンスト(伊藤くん)に思いをはせていたあたくしですが、微妙に仕事に支障がでてまいりますた。

危 険!

仕事中はずっとパソコンに向かってるのですが、
ようつべの『Totally Fucked(マジでFUCK!)』
ずーっと流しっぱなしで仕事してたら(ちゃんとイヤホンはつけてる)、
いつの間にか体がリズムを取って揺れてた上、
質問にきた部下(なぜか肩書きがついてる)の存在にも気づかなかった……。
「みらいさん、ノってるところすみません」
とかゆわれるダメ大人っぷりを発揮。

しっかり!!!!!!!!

とゆうわけで、
あたくし&最近同志と判明のあなたv(どうぞよろしく)が楽しい
ハンシェン×エルンストカップル別考察、トリを飾るのは!



4 南(晶人)くんハンシェン×伊藤(綾祐)くんエルンスト

ガチっぷり最優秀賞とゆえば、このカップル!!!
他の追随を許さないほどのハマりぶりに、会場は

オールスタンディングオベーション

の勢いだと思います!!!! ブラボー!! ハラショー!!!!

明るいセクハラ大王(ごめん)南くんハンシェンに、
ちっちゃくて「恋する瞳」搭載カワイコちゃん伊藤くんエルンストは、もう!
飴いっぱいあげたいくらい

がわいいいいいい!!!!!!!!


まあ、伊藤くんエルンストのかわいさで、すべて盲目状態なのは否めませんが、特筆すべきは、

南くんハンシェンの
徹底した明るいセクハラ大王感が
よいスパイスになってること

です。


一和(洋輔)くんハンシェンのむっつりスケベぶりもちょう素敵vv
なんですが、伊藤くんエルンストの「恋する情熱」を受け取るには、ちょっとパワー不足なかんじなんですよねえ。
好奇心ベースの一和くんハンシェンは、「反応」さえわかれば、それで満足しちゃうと思うので。
情熱的で一途な伊藤くんエルンストが、マイペース俺様の一和くんハンシェンを、本気にさせることは十分可能なのですが、えっらい時間がかかりそう(笑)。

とゆうわけで、
「狙った獲物が狙い通りの反応をしてくれるのを見て楽しむ」タイプ、小ずるさ搭載の南くんハンシェンは、ビンゴ!!!!!

受け身一辺倒なイメージの竹内(一樹)くんエルンストに比べて、積極的伊藤くんエルンストは、狙い以上の反応をしてくれた感があります。
それだけで大喜びだよねえ(笑)。


なんつーか、このカップルって、

キテレツ×コロ助
(『キテレツ大百科』)

の流れを汲んでるんですよ。

からくり人形(ロボット?)「コロ助」を作る驚異の小学生・キテレツくん。
コロ助とゆう「命」を自ら作り出した点では、明らかに神をも恐れぬ行為です。
よって、ドSでナルシストの俺様気質搭載のはず!!

一方のコロ助は、
キテレツくんによって「命」を吹き込まれた
=すべてキテレツくんにインプリンティングされる。
当然何の疑いもなく、全面的にキテレツくんを信じるはずです。
純粋な赤ちゃんと同じ。

つまり、
南くんハンシェン(キテレツくん)が、
恋とゆう名の「命」を、
伊藤くんエルンスト(コロ助)に吹き込んだ。
そこに伊藤くんエルンスト(コロ助)の意志は一切関係なく、南くんハンシェン(キテレツくん)の 意志によってすべて左右される。
伊藤くんエルンスト(コロ助)を生かすも殺すも、
南くんハンシェン(キテレツくん)次第、
とゆうわけです。


そーゆー意味じゃ、一和くんハンシェンよりタチ悪い南くんハンシェンに、引っかかった伊藤くんエルンストは、やっぱ気の毒なんだけど、絶対に太刀打ちできないマイナス分を、情熱でカバーする気がする(笑)。

「ごめん、遊びだったんだ」
とか南くんハンシェンに謝られると、お子ちゃま竹内くんエルンストは、むしろかばうイメージですが、さらにお子ちゃま度の高い伊藤くんエルンストは、絶対「思い込んだら一途」なはず!

「え、遊び……? ひどいよ!!!!」
とかその場では南くんハンシェンをなじるんだけど、ちょっと落ち着いたら、あるいは、南くんハンシェンの反応次第で(例えば情がわいちゃって、「いや、でも本気になりかけてきてて……」とかフォローしてみせたりとか)、
「いいよ、わかったよ。僕は本気だから、君にも本気になってもらうからね!!」
とか、かえって闘志燃やしそう(笑)。

そいでガンガン南くんハンシェンを押していくんだよ!
GO!! ITO!! GO!! ERNST!!!!!
(伊藤くんエルンスト応援チアガール)


でも結局ブリキ男になっちゃったのは、
南くんハンシェンに
心を奪われたまんまだったから
なのね……!!!!!!(違)


かわいそう!!!!!!!!!!!(号泣)


ハンシェン×エルンストは破局、
となってるそーですが(やっぱハンシェンは遊びで、エルンストを捨てるとか?(笑))、
南くんハンシェン×伊藤くんエルンストは、

違うはず!!!!!!!!

伊藤くんエルンストのピュアさで
きっと覆せると思うの!!!!!!!!!

だってあんなかわいいんだよ?
「ミルク?」とかあんなかわいくリピートするんだよ?
ひざのり「ちょこん♪」だよ?
あんな純粋な目で「大好き! こんな気持ちはじめて!!」ってゆうんだよ?

したら、いくら小ずるい俺様ナルシスト(南くんハンシェン)だって、

か ぶ り つ く に
決 ま っ て る !!!!!!!!!!!

そのせいか(たぶん気のせいだ)、
ひざのり伊藤くんエルンストを抱える南くんハンシェンの目、

すっごいだらしなかったもん(真顔)。


あの小ずるい南くんハンシェンが、

伊藤くんエルンストに押されて、

顔 面 総 崩 し

だったもん!!!!!!!!

おまけに、伊藤くんエルンスト抱えてる手!!!

なにあれ!!!!!!!!!

ちょうセクハラオヤジのまんまじゃん!!!!!!!!

なんかすっごいエロくなでまわしてんじゃん!!!!!!!!

あんなデレデレで骨抜きにされた南くんハンシェンなんか、

俺様ナルシストじゃない!!!!!!!!!!!!!
(だんだんおかしくなってまいりました)


まあ、あたくしの脳内では、悲劇に終わったメルヒ×ベンドラカップルに代わって、このカップルがハッピーエンドを迎えることになっております!!!

妄想上等!!!!!!!!

よってここに、『春さめ』キスシーンでは、いちばん長時間で情熱的だった(湊みらい的体感速度調べ)
南くんハンシェン×伊藤くんエルンストに、
ベストカップル賞を差し上げます!!!!!!

わーわーわー!!!
おめでとうございます!!!!!!


……って、いらねえ!!!!!!!!!!!!!



★おまけ
更正施設シーンにおけるこのカップルは、

例のキスシーンで、なんかもう

でき上がってる感全開!!!!!!

なので、

まったく別ものとしてはみれません(真顔)。

少年Aと少年Bじゃなく、

まるっきりハンシェン(南くん)とエルンスト(伊藤くん)が、

そのままメルヒと同じ更正施設に入ってるのね。

とみまがうばかりでございます。


正しくは、


少年A(南くん)「こいつが俺の分も出すってさ」(うろ覚え)

少年B(伊藤くん)「なんだと?!」

(略)

少年A(南くん)、メルヒに馬乗り、少年B(伊藤くん)、取り囲む。


な流れですが、


ハンシェン(南くん)「こいつも俺たちと遊びたいってさ」(うろ覚え)

エルンスト(伊藤くん)「なんだと?!」

(略)

ハンシェン(南くん)、メルヒに馬乗り、エルンスト(伊藤くん)、3Pに加わる。


に見えなくもない。



……ごめんなさい(ダイビング土下座)。



だってさー
英語のウィキみたら、

〔登場人物〕
Hanschen, a classmate of the boys who easily seduces Ernst.

ハンシェン:軽々しくエルンストをそそのかす少年
(湊みらい翻訳研究所による意訳)

Ernst, a naive classmate of the boys who falls for Hanschen's seduction.

エルンスト:あっという間にハンシェンの誘惑に陥落する、ナイーブな少年
(湊みらい翻訳研究所による意訳)


ってあったんだもん!!!!!


伊藤くんエルンストは、鉄板ナイーブだから(竹内くんエルンストは、ナイーブでもお笑いが勝る)、ハンシェンのゆうことは、絶対何でも聞いちゃうと思うもん!!!!!!!


ごめんなさい伊藤くん!!!!

でも、ほんとに大好きなの!!!!!!!

エルンストには、幸せになってもらいたいだけなのよおおおおおおおお!!!!!!!
(絶叫したままフェイドアウト)




劇団四季『春のめざめ』キャスト陣を語る(男子群編5)  

2009.09.13

わーいっ♪
応援拍手&コメありがとうございます~vvvv
ラブ!!!!

なんかぐんぐん調子にのって、このままイってしまいますが、
いいですか(笑)

イイデスヨ

ありがとーーーー!!!!!

とゆーわけで、
オヤジ面全開DE素を出したほーが喜ばれるとゆう矛盾を抱えつつ、
まだまだ続く
ハンシェン×エルンストキャストカップル別考察!
今回は!!!!!!!!



3 南(晶人)くんハンシェン×竹内(一樹)くんエルンスト

一言でゆうと、


悪代官×町娘


「おやめくださいっ」
「そうは言っても、体は正直なものよのう」
「あっ……」

てなイメージのこのカップル。

ご、ごめんなさい……(汗)。

でも、↑上の台詞当てはめると、意外とハマると思うのですが如何。

あっ、石投げないで!


南くんハンシェンは、一和(洋輔)くんハンシェンに比べると、

明るいセクハラ大王感

が出てて、大好きです!!
なんか全部わかっててやってるよーな小ずるさがあるから、されたほうも、目くじら立てて怒れない。

「もぉ~課長ったら、エッチなんだからあ~☆」
的な、ひと昔前の昭和時代オフィスでみられたよーな光景(『釣りバカ日誌』とかの系譜)が、くり広げられるイメージです。
しかも課長(南くんハンシェン)、ハンサムだから人気者で、セクハラされたほうも、実は内心うれしい、みたいな。
課長本人は、全部それ知ってるんだよ~。ずるいなあ(笑)。

そんで、例のキスシーンとなると、お笑いデフォルトの竹内くんエルンストのリアクションでダメ押し!
見事なセクハラコメディシーンに早変わり、とゆうわけです。
そーゆー意味じゃ、全体的に重いテーマが中心の『春さめ』で、安心してみれる清涼剤のようなかんじですね(?)。

とにかく南くんハンシェンは、小賢しさデフォルトの一和くんハンシェンより、一枚上手のイメージ。
自分がどうすればいいか、どうやったら相手が予想どおりの反応をするかをちゃんとわかってる。
だから、竹内くんエルンストが、
「大好き!」
とかゆうのを聞いて(この場合、竹内くんエルンストからおもろさは差し引いて考える)、「してやったり」な表情してるようにみえるんですよ(笑)。
動作もいちいち一和くんハンシェンより大きいから、竹内くんエルンストの足を抱えてる手が、ハンパなくいやらしくみえる……(笑)。

一和くんハンシェンが、
「へえーこうゆう反応するんだ」
的な、あくまでも好奇心ベースで、自分のアクションに対するリアクションを観察して楽しむのに対して、
南くんハンシェンは、
自分の中でシミュレーションしたことを実際にアクションしてみて、それに対するリアクションが、自分の予想どおりなのを確認して楽しんでるかんじです。

そーするとやっぱり、竹内くんエルンストが始終押され気味なのは、一和くんハンシェンの時と同じなんですが、お子ちゃまな竹内くんエルンストは、一和くんハンシェンより、よけいタチの悪い南くんハンシェンに引っかかったかんじで、若干の気の毒さも漂う。
絶対太刀打ちできないだろーから、リアクションだけは笑えるんだけど、
「ちょ、ダメだよ! 『大好き』とかゆっちゃって……!!」
とかヘンな心配をしてしまうのですよ(笑)。

かといって、このカップルの結末は、最後まで南くんハンシェンが遊びだったとしても、竹内くんエルンストはきっとうらまないかんじがしますね。
「ごめん、遊びだったんだ」
とか南くんハンシェンがあやまっても、竹内くんエルンストは、
「え?……あ、そうなの?」
とか答えそう。
竹内くんエルンストのお子ちゃま具合に救われるかんじ?
でもって、
「ほらみろよ! やっぱりあいつ(南くんハンシェン)は、ずるいやつだったろ?」
とかまわりの友だち(ゲオルグとか(笑))にゆわれても、
「ん……でも、(南くん)ハンシェンは、僕の知らないいろんなこと教えてくれたから……。何より僕が大好きだったし、いいんだv」
とかかばいそう!!!!!
健気!!!!!!!

てゆーか、

知 ら な い こ と っ て
ど ん な こ と!!!!!!!!

(だんだんおかしくなってまいりました)

やっぱこの構図、

悪代官(悪い奴だが権力者なので許される)×町娘(どこまでもよかった探しをするウブなやさしい子)

がピッタリです。

「……そうだね」
(↑この台詞は、南くんハンシェンがいうと、さらに明るいセクハラ感が出てとてもいいと思います)



★おまけ
恒例?の更正施設シーンにおけるこのカップルですが(笑)。

実は意外と違和感がないの。

なんでだろ??

と一瞬思ったのですが、

やっぱ別れても後腐れのないふたりなので、なんかふつーに友だちとしてやっていけそうだからかしら、とゆう気がします。

少年A(南くん)に、「なんだと!!」って殴りかかろーとする少年B(竹内くん)の声は、やっぱ高くてちょっと笑っちゃうんだけど、でも、後腐れないから、ふつーの男の子どーしのケンカと同じなんですよね(違)。

でも、メルヒに馬乗りになって、ベンドラ手紙を読み上げる少年A(南くん)は、

なんかわざとメルヒをいぢめて楽しんでる感

がすっごい出てて(一和くんの場合は、わざとってゆーより、単にメルヒの反撃を押さえ込んでからかうだけ、にみえる)、


なんだ、南くんは、

きっと素がドSなんだね。



ってゆう結論に落ち着きました。


……たぶん違うけど。

ごめんなさい、南くん……。

でも、あの太陽のようにまぶしいセクハラ大王感が、大好きなの!!!!!!
わかって!!!!!!!!!


 | HOME |  »

プロフィール

mintmir

Author:mintmir
湊みらい(みなと みらい)
詳細はこちらから。どうぞよろしくお願いします♪

カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
リンク
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: